Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全仏オープンいよいよ開幕! -男子編-
2010年05月22日 (土) | 編集 |
女子につづいて今度は男子です。

ラファエル・ナダル、クレーキング奪回にむけて

まずはやっぱり我らがラファことナダルくん。今年の前哨戦は例年以上にパーフェクトに近い戦いでしたね。去年の教訓があったからか、地元のバルセロナを欠場してマスターズ3大会に絞ったのがよかった。その3大会ですべて優勝!おいしいところを独り占めしてしまいました。とくにモンテカルロは強かったなあ。ローマやマドリッドでは苦しい試合もあったけども、持ち前のメンタルタフネスと勝負強さで乗り切り、自信もまるっとついて満を持してのパリ入りとなりました。

といってももちろん不安要素がないわけではない。サーブゲームで攻められてブレイクのピンチになることが多すぎて…強いといってもそれは結果だけ見てのことであって、内容では相変わらずひやひやの場面も数多くありました。ローマやマドリッドではショットやプレーに精彩を欠く場面もありましたが、それでも負けない。しばらく影をひそめていたバックの強いショットがまた復活してきているなあという印象があります。あれがあるとないとではフォアにかかる負担度もずいぶん違うしね。ちなみに同じ年にマスターズクレー全制覇は史上初、そしてマドリッドの優勝でアガシを抜いてマスターズシリーズ優勝回数でも歴代単独1位となりました。

以前フェデラーが最強だったころ(てか今も1位だけど)、「フェデラーの敵は彼自身」と言われていたことがありました。今のクレーのナダルくんも同じだと思う。今の彼にとって、怖いのは相手以上に自分自身。ひざに爆弾を抱えているし、ただでさえ怪我の多い選手ですからね…だからといって負けたときに怪我を言い訳にするわけではないけれど。試合では何が起こるかわからない。

とはいっても、とりあえず、アクシデントやトラブルが起こらず、ナダルくん自身のいつものプレーができれば、普通に優勝するんじゃね?と例年になく余裕かましているんだがよいのだろうか。。。過去のようなびくびく感は私は持ってない。もちろん負ける可能性はいつだってあるし怖さはなくはないけど、それはほかの選手にも言えることだし、万が一負けたらそれはそれで仕方がないさ。去年の悪夢を経験したので、たいがいのことにはもうびびりませんよ(- -)。せっかく前哨戦こんなすばらしい結果を残してるのだし、ラファを信じてネガティブなことはあまり考えず楽しく応援していこうと思ってます。

そのほか続き以降で。


[READ MORE...]
スポンサーサイト

全仏オープンいよいよ開幕! -女子編ー
2010年05月22日 (土) | 編集 |
お久しぶりです。最近家庭の事情などでテニス観戦からもブログからもだいぶ遠ざかっていましたが、そうこうするうちについに全仏開幕前日になってしまいました(汗)。身の回りのこともだいぶ落ち着いてきたので、ブログ再開~。長いこと更新しなくてすみませんでした。

今年はテニス情報をあまり追っかけていないので正直あまりよくわかりませんが(^^;)、とりあえず明日から開幕する全仏オープンを前にいろいろと書いてみたいと思います。まずは女子編。

前哨戦の結果

レッドクレーのプレミア大会は4大会行われます。今週ワルシャワがあっているけども、そのほかドイツのシュトゥットガルト、ローマ、そしてマドリッドの3大会は終了。優勝したのは、それぞれエナン、マルチネス・サンチェス、そしてレザイと、フレッシュ(一部そうでないけど)な顔ぶれとなりました。

エナンは、今年現役復帰してからのシングルス初タイトル。やはり過去にもこのシュトゥットガルトでは数々の活躍をしてきただけに、強かったですね。準決勝のヤンコビッチ戦では対戦成績を10連勝負けなしとまた強さをみせつけました。女子の場合はクレーとハードなどほかのサーフェスでそれほど力関係が変わらないとはいえ、やはりクレーは番狂わせが起こりやすいと思います。パワーだけでない、クレー独特のあのスライドフットワーク、それを苦手にしている選手も多いみたいだし。そんな中エナンの技術、クレーの実績ともダントツです。エナンの調子、体調が万全であれば、やはり私は全仏優勝候補一番手だと、思います。ていうか希望でもあるんですが^^。

マルチネスサンチェスはこれが3度目のシングルスツアー優勝ですが、プレミア大会優勝は初めてのようで、しかもウォズニアッキやヤンコビッチといった強者を破っての優勝。スペイン選手だからクレーはなんとなく強そうという短絡的なイメージしかなくてすみませんが、全仏に向けて大きな弾みになりそうです。

マドリッドは、フランスのレザイが優勝!プレミアでの優勝はこちらも初めて。しかも初戦でエナンを破ったあとヤンコビッチにも勝って決勝ではビーナス・ウィリアムスにストレート勝ち。これはすごい。。全仏は地元だし、これは気合が入っていることでしょう。

プレミア以外にもアカプルコやその他ISの大会も数多く行われましたが、フォローしきれてません。。。

続きのあとにもいろいろと。

[READ MORE...]
第1クオーター終了、クレーシーズン突入
2010年04月06日 (火) | 編集 |
ずいぶん放置していてすいませんでした…汗汗汗。このところ家庭の事情などがありなかなかテニスを楽しむ余裕などもなく、twitterにはちょこちょこ書き込んではいましたががっつりブログに取り組むことができないでおりました。

が。

いよいよクレーシーズン突入!これはさすがに書かなくっちゃ…というわけで久々に更新。今回はアメリカのインディアンウェルズ・マイアミと、シーズン序盤のハードコートが一段落したということで、この2大会を中心に。
ランキングは、きちんと書く余裕がないので割愛します…すいません…。

WTA

ヤンコビッチ、インディアンウェルズ優勝

女子はインディアンウェルズはウィリアムズ姉妹が毎年欠場するし、それ以外のトップ選手もマイアミを重視して欠場する選手が多く、やや淋しい内容になりがちです。しかし大会規模としてはグランドスラム以外では最大級、ポイントも賞金もがっぽり、この大チャンスを逃す手はありません。そして今回その大チャンスをものにしたのが、ヤンコビッチでした。最近は大きな大会でなかなか勝てずWTAの主役というわけにはいきませんが、それでもイバノビッチと違いトップ10をキープしているあたりはさすがです。今回も、次世代の一番手といわれるウォズニアッキに貫禄のストレート勝ち。個人タイトルは12個目、そしてそのうち8つがプレミアと、手堅く結果を出しています。

準優勝のウォズニアッキは現在ランキング2位ですね。うーんしかし、彼女の2位というのはなんかしっくりこない…もちろん今までこつこつと勝利を積み重ねの結果で堂々の2位だけど、グランドスラムでやっぱ結果出してないからなあ。もちろん全米は準優勝だったけど、まあドローに助けられた部分も大きかったし。ウォズニアッキに足りないものは、グランドスラムで、トップの選手を破ってのビッグな勝利、だと私は思います。トップといってもそれはランキングではなく(だって自分が2位だし)、セレナ、ビーナス、キム、エナン。この4人の現・元女王たちにグランドスラムで勝つ。それが欲しいな。

キムVSエナン、ベルギーライバル対決!

そしてマイアミはすごい対戦がありましたね~。キムとエナン、やっぱこの2人の存在はでかいわ…。準決勝で対戦、試合はファイナルタイブレまでいく壮絶な戦いになりましたね。最後のタイブレだけみましたが、キムが6-3になって決まりかと思いきや、エナンが6-6に追いつく。いやはやすごかったです。最後はキムがねじ伏せましたね。事実上の決勝戦といってもいいでしょう。そしてキムは決勝でビーナスを破って、見事マイアミ優勝、ランキングもいよいよトップ10入りです。
元女王として再び1位を目指すのか?という質問には、1位にはこだわらない姿勢を見せていますね。シーズンをフルに戦うつもりもなく、やはり子供との時間を大切にしながら、グランドスラムやその前哨戦を中心に大会を選んでその中でベストを尽くす。ランキングのことはほとんど気にしていないでしょう。
テニスはグランドスラムの重要性が他と桁違いだし、グランドスラムを勝ってなんぼという世界だから、ランキングと実際の勢力図にずれが生じてくるものですよね。そこらへんはプロテニスを見ない人にとってはわかりにくいところかもしれません。

ちなみにエナンが22位にこちらもランクアップしてますね。エナンもキム同様大会を選んで出場するだろうからまた1位へ、というのはやや考えにくいけど、子供はいないし独身だからキムよりはテニスだけに打ち込めるかもね。

バイディソバ結婚、引退へ

なんと!20才のバイディソバが男子テニス選手のステパネクと結婚し、そのまま引退しちゃうそうです。へええ~。んまあ最近は成績もぱっとしなかったし、予想外というわけではないけど、ちとびっくりしました。でも、愛する人と一緒になるというのはすばらしいことですよね、おめでとう!ステパネクもついに年貢の納め時がきたか。
2006年と2007年、グランドスラムベスト4入り、17才でランキング7位と将来を嘱望されていたはずでしたがその後はずるずる後退、最近はニュースに名前さえあまり見かけなくなっていましたね。でも、キムやエナンの復活のあとだけに、…数年後また復帰するんじゃね?と思っている人は私だけではないと思いますが。とりあえず、おつかれさまでした。

今年のクレーシーズンはどうなる?

マイアミが終わりいよいよシーズンも第2ステージ、クレーシーズンへ突入です。女子は男子と違ってサーフェスが変わっても力関係はそれほど変わらないものだけど、それでも、ハードコートを得意とする選手が多いだけにこのクレーは少し鬼門というか、パワーだけではおしきれないだけに、いろんな選手にチャンスがでてくるような気がします。
クレーといえばやはりエナンが注目です。エナンのクレーでの強さは他を寄せ付けないものがあります。技術的なことはよくわからないけど、フットワークや球種の使い方や選択、試合運び、メンタル、どれをとっても、エナンが飛びぬけているように思えます。…といっても、それは、エナンが体調万全で好調であれば、の話。復帰して3ヶ月、そろそろ試合カンも戻りつつあるとは思いますが、ローランギャロス勝ちまくったあの全盛期にどれだけ近づけていけるか。体も小さく怪我も多いだけに、コンディション次第というところなのかな。
あとはサフィーナも比較的クレー強いけど、腰の怪我でまだ復帰のめどが立っていない状態なのでなんともいえない。キムはクレーはそれほど得意ではないというイメージがあるけど、もともとの力があるだけに、やはりあなどれません。セレナやビーナスもしかり。ローランギャロス優勝経験のあるクジーや、ファイナリスト経験のあるデメたんなども気になります。

私はエナン大好きなのでまたエナンに活躍してほしいなあ…なんちて。でももちろん他の選手の活躍にも期待しています。クレーは何が起こるかわかりませんものね。

[READ MORE...]
五輪もいいけどテニスもね・ランキング更新2/15
2010年02月16日 (火) | 編集 |
WTA

2/15 付

1位 Serena Williams 8995p
2位 Dinara Safina 6480p
3位 Caroline Wozniacki 5995p
4位 Svetlana Kuznetsova 5861p
5位 Venus Williams 5526p
6位 Victoria Azarenka 4960p
7位 Elena Dementieva 4855p
8位 Jelena Jankovic 3765p
9位 Agnieszka Radwanska 3605p
10位 Na Li 3441p


先週はトップ10ではデメたんことデメンティエワが第1シードとしてパリのインドア大会に登場。若手からのすさまじい挑戦を退け、見事優勝、おめでとう!トップシードとして優勝するのは決して簡単なことじゃない、そして今までなんども惜しいところでタイトルを逃してきたこの大会でついに優勝できてうれしいと、語っていました。
これで今年はシドニーに続く2勝目。2つともプレミアと大きな大会ですね。…でもその間のもっと大きな全豪がほんとうに不憫だったよなあんとに…(涙) 。セレナやビーナスがすごいのはわかるけど、こうやってこつこつがんばっているデメたんにもちっとは微笑んでくださいよグランドスラムの女神さま。


そのほか注目

11位 Flavia Pennetta 3230p
14位 Vera Zvonareva 2940p


ペンネッタはフェドカップ明けでしたが元気にベスト4。準決勝で敗れています。最近はトップ10前後を行ったり来たりという感じですね。そういえば「モヤちんの元カノ」ということを最近忘れてた。それだけ最近は本人の活躍がすばらしいということで。

そして先週行われたもうひとつの大会、Pattaya Cityではズボナレワがこちらも第1シードで登場して見事優勝!おめでとう!準決勝はShvedovaに大変苦労しましたが、決勝では地元の第一人者、ツアーでもおなじみのタナスガーンに会心のストレート勝ちです。昨年も優勝してこれで2連覇だそうです。以前メンフィスで連覇を達成したことがあり、これが2大会目の連覇ですね。

39位 Lucie Safarova 1575p

パリの大会決勝進出、デメたん相手に第1セットはタイブレークを制しながら2、3セットとられて逆転負けでしたが見事な準優勝でした。この大会は過去も決勝進出の経験がありそのときも3セットで敗れたそうで、今回雪辱なりませんでした。しかし準決勝では第2シードのペンネッタに逆転勝ち。最後の数ポイントまでどちらに勝負がころぶか全くわからないという緊迫した試合を制しました。バレンタインデーはやっぱベルディヒにチョコを上げたのかな。てかそういう習慣はあちらにはないかな。

42位 Melanie Oudin 1447p
43位 Yaroslava Shvedova 1424p


うどんちゃん(ウダン)が久々に上位進出でした。パリの大会ベスト4入り、準決勝でデメたんに敗れています。しかし第1セットを奪う健闘でした。そういえば去年の全米はこのデメVSうどんちゃんがありましたっけ。あそこからうどんちゃんのシンデレラストーリーが始まったんだよなあ。あれも2回戦だった…デメたんはほんと最近グランドスラムついてないなあ…。そのときの借りを返された格好のうどんちゃんでしたが、負けるにしても十分デメを苦しめたようで、やはり相性いいのかな。全米のときは、テンポよくライジングで打つデメの速いリズムに比べ、一瞬間があるうどんちゃんのストロークのリズムが噛みあわずにデメが苦しんでいたのをよく覚えています。

そしてこちらもベスト4、Pattaya Cityで準決勝進出、第2セットとりかえしてフルセットに持ち込みましたが最後は優勝したズボナレワに敗れましたShvedovaです。ツアーでの準決勝は昨年のタシケント以来ですね。2007年にWTAツアー初優勝をして以来ややタイトルから遠ざかっています。ちなみにこの人は私と誕生日が全く一緒です。どうでもいいかそれは。

75位 Tamarine Tanasugarn 858p

地元タイのPattaya Cityで行われた大会で、さすが地元のエースだけあって活躍、決勝進出。決勝戦はさすがにズボナレワにやぶれてしまいましたが、32歳になるタナスガーン、まだまだ若いもんには簡単には負けません。昨年は芝の大会でも優勝しましたっけ~。あーそういえばタイといえば男子のスリシャパンが映画に出てたなあ。まさかタナスガーンはないよね…いや別にあってもいいんだが。そしてタナスガーンはダブルスでErakovicと組んでこちらは優勝です、おめでとう!

139位 Sesil Karatantcheva 421p[GREATEST GAINER]

今回一番のアップ率だったのは、最近すこしずつ名前を見るようになりましたね、カラタンチェワ。Pattaya Cityでベスト4。準決勝でタナスガーンに敗れています。今年全豪でも1回戦でタナスガーンに敗れていて2連敗中かー。若者がんばれ。
薬物違反による停止処分はもうだいぶ前に解けて、最近ツアーでもこうやって少しずつではありますが活躍してくるようになりました。全仏でビーナスを破ったのは、15才だったか16才だったか忘れたけどずいぶん若いころだったよなー。もう20歳になりました。



[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。