Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


WTA Doha Finalの結果と最新ランキング・女子編
2009年11月02日 (月) | 編集 |
今週は男子は3大会もあって女子はドーハの最終戦があったりして盛りだくさんだったので、今回は男女分けて書くことにしました。男子はひとつ前の記事でランキング更新しています。

そして、女子はいよいよシーズン最終戦のトップ8人によるファイナルが開催されました。ドーハでは去年に引き続き2回目ですね。来年までドーハで行われるそうです。

それでは予選リーグというか、Round Robinの結果から。

dohawhite.jpg

ホワイトグループにいるべき人の名前がない…(泣)。大会開催直前の時点で1位だったサフィーナは、初戦のヤンコビッチ戦で背中の痛みが悪化してしまい2ゲームしただけで棄権となってしまいました。
3ヶ月ほど前より痛みが続いていたとのこと。痛み止めを使い続け大会前にはステロイドの注射までして臨んだそうですが、うまくいきませんでした。今年は膝の怪我に悩まされ、やっとそれから解放されたと思ったら今度はスランプに陥り、最後は椎間板ですか…今年前半は念願のランキングNo.1にも輝き、前途洋洋のはずだったのに。全仏の決勝敗退から大きく歯車が狂ってしまっています…。来年はブリスベンから復帰する予定だそうですが全豪はフィジカルが100%戻るかどうかわからないようですね。うーん心配ですが、約2ヶ月あるので、じっくり治して、リフレッシュして来シーズンまた元気なサフィーナを見せてほしいと思います。

このグループではなんといっても2日目のウォズニアッキVSアザレンカ、が大きなハイライトでした。前日ヤンコビッチ戦で会心のストレート勝ちを収め、台風の目になるかと思われたアザレンカ。第1セットも左足の怪我をかかえるウォズニアッキを圧倒して、これは3戦全勝もあるかな?と思った矢先。ウォズニアッキの粘りに苦しみ始め、ファイナルセットも5-3とリードして有利な状況だったのに、粘り負けしてしまいました。最後は明らかに精神的にまたキレてしまって警告2回でブレイクされるという最悪の展開。そしてウォズニアッキが劇的な勝利をあげました。

アザレンカはそれでも第3戦、サフィーナの代わりのズボナレワの代わりのラドバンスカ(ああややこしい)に勝てば勝ち抜けだった。そしてまたしても第1セット調子よくとっていながらの逆転負け。ファイナルセットは今度は足にけいれんがきてしまい、最後のほうは涙まみれで見ていられないような悲しい途中リタイア、予選敗退となりました。最後自分の足にまでキレてた。

アザレンカは才能豊かな選手で将来を嘱望されているけど、このメンタルがネックになってるみたいですね。メンタルは形となって見えない分余計にややこしい。あんまりいうとかわいそうだけどやっぱりウォズニアッキとのメンタル力の差を少し感じてしまいました。でも、この経験を糧に、この悔しさをバネに、来年もっと活躍して来年もドーハに来てほしいね!おつかれさまでした。

ズボナレワは棄権したサフィーナの代わりに登場してウォズニアッキと戦いましたが惜しくも破れ、そして次の試合棄権。去年は決勝進出しただけに今年はやや残念な結果ですが、1試合戦えたので、ドーハに来たかいは、ありました。
一方ラドバンスカは補欠2番目だったけどなんと出番が回ってきて、勝ち抜けの望みはなかったもののがんばりました。アザレンカ戦はほんと粘って勝利!いいプレーぶりだったみたいですね。来年はぜひ8位以内でレギュラーで出てほしいな~。

というわけで、このグループはサフィーナの棄権で勝ちをもらったヤンコビッチが最後ウォズニアッキにしっかり勝ってチャンスをものにして勝ち抜け、ウォズニアッキも怪我で連戦でタフな試合ながらアザレンカの最後の敗退により準決勝進出となりました。


dohamaroon.jpg

一方こちらはマルーングループ。カタールの国旗にこの色が含まれているということでこの名前になったそうですね。今年グランドスラム優勝したキム以外の2人+ビーナス+デメというかなりの激戦グループになってしまいましたが、セレナが3戦全勝でトップ通過。一見圧倒的な強さで勝ち抜けのようにも見えるけど、クジー戦はストレートながらタフな内容だったし、ビーナスとはファイナルタイブレという超接戦でした。しかし負けないあたりはさすがセレナ。サフィーナの棄権により年間女王の座もとりもどしました。

セレナ以外の3人は最後まで横一線でした。ビーナスVSデメはすごかった。最初ビーナスが圧倒してたのに、徐々にデメのストロークが鋭くなってきてビーナスにミスが目立ち始め…最後まで緊張感たっぷりの試合をデメが制して、ビーナスが2敗したときはさすがに予選敗退濃厚かと思われたけど、デメが最後にクジーに負けてしまい1勝2敗で横並び、獲得セット数でビーナスが勝ち残りました。デメは最後勝てば勝ち抜けだったのになあ。クジーに決して劣っていたとは思わないけど、やっぱサーブが足をひっぱってしまっているように思えました。ストロークは抜群にいいだけに、惜しすぎる。

クジーは最終戦常連ですがなかなか決勝Tに進めませんね。これで5年連続RR敗退です。うーん。組み分けも厳しいグループだったしね。クジーは10代の頃から活躍してるからなんかベテランぽいけどまだ24才なんだよね。まだまだ先は長い、来年こそは勝ち抜けだ!

続いては決勝Tの結果。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

No.1の条件
2009年05月10日 (日) | 編集 |
毎年テニス中継に力をいれてくれているガオラだけども、最近は女子の大会も生放送するようになりましたね。数週間遅れて中継されるのが常だけど、ときどきこういうLIVE放送をやってくれるのは、うれしい。今週はマスターズ大会もありませんでしたしね。

ローマ大会 決勝

Dinara Safina 6-3 6-2 Svetrana Kuznetsova

久々に女子の試合を生でじっくり見ることができました。ネットの記事もいいけど、やはりテニスのことを語るには実際に試合を見ないと、ね…。
実力伯仲の2人の決戦だけに、こりゃ長丁場になるぞ!と気合を入れて見てたんですが、やや肩透かしな感じであっさり終わっちゃいました。しかし内容は、スコアが示すほどワンサイド、というわけでもありませんでした。

これが2週連続の決勝戦という体力的にはしんどそうな割に、2人とも疲れも見せずガチンコ打ち合って見ごたえあるラリーでしたね。ショットに力強さを感じました。サフィーナは腕っ節が相当強そうだなあ。気の強さもすごそうだけど…。どちらかというとクジーのほうがラリーの主導権はとっていたようけど、決めのショットでミスる場面が数多くあったように思います。…とくにゲームポイントやブレイクポイントでそういうのがありましたね。んでもたもたしているうちに相手に流れが…。決めきれないクジーに助けられた感もあったけど、それを巧く自分の流れに結び付けてサフィーナがポイントを重ねていっていたという印象でした。

最初からブレイクポイントのオンパレードで、どのゲームもほとんどDEUCE、40-15とかなってても簡単にゲームがとれない。序盤はお互いにゲームを支配できそうでなかなかとりきれない、という感じでしたが。こういうとき、何が決め手になっていくのか、全く予想できませんね。ちょっとしたミスやスーパーショットなどがちょっとした流れを産んで、チャンスをうまく掴んだほうが結果的にセットを支配する、というのは実力が拮抗している場合はよくありますが、こういう試合は見ているほうもハラハラドキドキ、です。

サフィーナは逆転の女王、といってもいいくらいほんと逆境に強い。先行逃げ切り型の選手にとっては恐い恐い相手。そういう逆転型の選手が、逆に自分が先にリードすると、返って調子が狂ってしまってうまくいかなくなることがあります。しかしこの日のサフィーナは、崩れませんでした。第2セットも先にブレイクアップしたものの、その後取り返されクジーに流れがいきかけましたが、踏ん張りました。クジーのミスも多かったけど、サフィーナが逆転を許さなかった、ということでしょう。今日はサフィーナの日、という感じでした。

逆転して勝っていくのは気持ちがいいし意気もあがるものだけど、やっぱり最初にリードしておくに越したことはない。優勝を狙う選手にとっては、連戦になるのは当然のことだし、体力的にも、やはりフルセットよりストレート勝ちのほうが望ましいのは当然のこと。サフィーナのこの勝利は、女王としてこれから戦っていく上で、優勝以上に大きな収穫があったことだろうと思います。

以下READ MOREに続く

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。