Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あれから1年たちました
2006年03月20日 (月) | 編集 |
2005年3月20日、午前10時53分、福岡県や佐賀県を中心に、最大震度6の地震が発生しました。死者1人、負傷者約1200人を出し、住宅被害は5220戸。特に玄界島は壊滅的な被害を受けて、700人の全島民が福岡市内の体育館での避難生活を余儀なくされました。

福岡市の中心部も大きな被害を受けました。天神のオフィスビルの窓ガラスは粉々に砕け散って、「ガラスの雨」といわれました。埋め立て地が多い百道浜では液状化現象がみられ、大名地区の住宅街でもガス漏れや大きく地面が割れたりといった大きな被害が相次ぎました。

昨日から今日にかけて地震から1年ということでいろいろ地元テレビでは特集も組まれていました。あれから一年経ったのか…私はあのときちょうど車を運転していたので、震度6の揺れがどんななのか正確に体感することはなかったけども、地上にいた人にいわせると、それはもう恐ろしい揺れ方だったそうだ。実際、家でも職場でも棚や食器、本など信じられないくらい散乱していて、ステレオが壊れていた。この家の中にいたら怪我してたかもな…。

九州の人間にとって、地震というのはやはりどこか縁遠いもの、というへんなおごりというか、慢心があったような気がします。確かに、神戸や新潟では大きな地震があった。スマトラ沖でも大きな地震と津波があったばかりだ。いつどこで大地震がくるか誰にもわからない。でも、九州ではまずないだろう、という、どこからそんな根拠もない結論がでてくるんだという感じの固定観念というか、勘違いというか、そういう風潮みたいなものがこの地域にはあった。人間というのはなんでも自分の都合のいいように考えるもんなんだろうなあ。それが根底から覆されたのが、あの地震でした。

それから1か月後の4月20日にまた震度5くらいの大きい余震があって、次の5月20日がくるのが非常に恐かったのをよく覚えている。でも5月以降は20日にはとりあえず何も起きてません。でも、あの地震の後しばらく断続的に余震が続いてやっぱりとても恐かった。震度3くらいの余震がちょこちょこやってくる。揺れている間の恐怖はたまらない。「これ以上大きくなるんじゃないか…」といういいようのない不安がおしよせてくる。たいがいは大きくなることもなくおさまっていたけども。そういえば最近余震がこなくなりました。

台風や大雪と違って、地震というのは予測ができないのが辛い。もちろん台風も大雪も大変だけども、前もってわかっている分だけまだ準備ができる。でも地震はそうはいかない。フツーに生活していて、いきなり突然やってきて、たった何十秒かでそれまでの生活すべてを破壊してしまう。最近地震を予測する技術も進歩してきているらしいけども、それでも発生する数分前とかそんなだもんなあ。

だからって、いつくるかもわからない大地震のためにびくびくして生きていくわけにもいかないし。明日のことは明日になってみないと何もわからない。今日のうちからいろいろ思い悩んでもしょうがないよね…。でも備えはやっぱしておかないといけないね。保険に入ったり、いざというときのためにこれだけは絶対に持っていくっていうものを考えておいたりしとこうかな。

だいたい私はあの地震のとき都市高速に乗っていて結構スピードも出てた。だから状況によっては危なかったんだ。前後左右に車がいなくてほんとよかったよ。いたら絶対接触してたし、大事故になっていたかもしれなかった。今こうやってこれ書いたり普通に生活しているのも、数えきれない偶然の産物なんだろうなあ。


…というようなことを考えながら昨日かおとといか、こたつにごろごろ寝っころがって天井を見ていたら。…へんなものを見つけてしまった…うちの天井の壁に…ひびが入ってるじゃないか…しかも2か所も…あんなの前からあったっけ…地震が原因だろうか…引っ越してきたときあったかな…長さは30cmくらいだけども…ああいうのって徐々に広がっていくんじゃないのか…あれが伸びていったらどうしよう…上には人が住んでいる…あの天井が落ちてきたらいやだな…この部屋の下の天井も同じようにひび入ってたりして…下に落ちるのもいやだな…まだ死にたくない…私がここで先に死んだらうちの父ちゃんと母ちゃんが悲しむ…それは絶対にいやだ…崩れるんならできたら昼間家にいないときに…そういう問題じゃないよ…ううう耐震構造に問題が?まっさか。うー。気になって仕方ない。あのひびがあと30cmのびたら管理会社に相談してみよう…。

スポンサーサイト

立春のつぶやき
2006年02月04日 (土) | 編集 |
今日は、2月4日。暦のうえでは、「立春」。…めちゃくちゃ寒かったんですけど!(怒)よりによって立春にこんなに寒くならんでもよかろうに。昨日の夕方ごろからなんだかさむ~くなって、今朝起きてみると、…雪が積もっている~!といってもたかだか1cmですが。ここらでは1cmの積雪が重大ニュースになるのです。

そのせいでさぁ、都市高速が朝から全線通行止め。今日は朝から出かけなきゃならなかったんだけど、こんなときに雪なんて降りやがってよぅ…。おかげで道路は大渋滞。土曜日なのになんで渋滞に合わなくちゃならないのだ!ちくしょう。それに。このくらいの天気で全線通行止めするか??ちょっと首をかしげてしまった。こんな雪くらいで通行止めしてたら東北の人に笑われるぞ…。

しかしこのあたりの人はろくにチェーンも巻かないで雪道を平気で走る。私もです。チェーン巻いたことないです…。巻けません。だから、雪国の人たちが雪道で重装備して運転するのよかかえって危険なのかもしれない。

立春といえば、昨日は節分でした。さすがにこの年になって、「おにはーそとー」てやることはないが。誰かがご丁寧に豆を買ってきてみんなに配っていて、多少おすそわけをもらって食べた。あれってさー、年の数だけ豆を食べる、ていう習慣があるでしょ。んで、私も自分の年の数だけ数えてもらっているのを横目でみていた後輩Hが一言、「そんなにたくさん食べれていいですねー」。…喧嘩売ってんのかお前(--;)。てめぇだって大して変わらんだろうが!4つしか違わんだろうに!(しかしその4つの差は大きい…)あたしゃあ売られた喧嘩は買う主義じゃ。回し蹴りを食らわしてやろうかと思ったが、この太平洋のように広い心で足カックンで許してやった。

そういえば!東レですよ東レ!ヒンギスがマリアちゃんに勝ちましたねー。夕方帰ってきてみてびっくり。Yahoo!Japanのトップ項目にのっていたのはびっくりしたが。マリアちゃんが勝つだろうなあと思っていたので、このストレート勝ちにはびっくりだなあ。よっぽどヒンギスが調子よくて、マリアちゃんが調子悪かったのかな。そりゃヒンギスに失礼か。試合見たかったなあ。明日の決勝戦が楽しみ。明日はちゃんと見るぞー。

ヒンギス絶好調。全豪でもミックスダブルスで最終日までオーストラリアにいて、疲れもたまっていることだろうに。すごいなー。3月のアメリカのハードコートシーズンはキムが欠場の可能性が高いことを考えると、こりゃまたヒンギスが大暴れしてくれそう。う~ん楽しみ。トップ10は確実でしょうなあ。ただでさえ上位が混戦のうえにヒンギスがこの充実ぶり…今年は男子よか女子のほうがこうやってみるとおもしろそう(?)。

この東レはGAORAで土曜日の19時から放送って書いてあったので、てっきり今日のことだと思ってたら、…来週なのね…。今日はTBSだったのかー。なんかやだね~。せっかくGAORAはATPもWTAも普段から力を入れて放送してくれていて、この東レも初日からずっと生放送してきたのに、おいしいとこだけ地上波が持っていくなんてよ…普段はシャラポワのことしか言わずにテニスなんてちっとも関心ない地上波が。男子のことなど王者ロジェ君のことさえまともに口にしたこともないTBSが放送するなんてよぅ。。もうひとつのデメVSミスキナなんてデメのデの字も当然ありゃせん。(TBSでは言っていたのかもしれませんが、NHKニュースでは少なくとも一言もなし)

あとさ、ひとつ注文。マリアちゃんを妖精と呼ぶのはいい加減やめたまへ。妖精っていうのはさー、小っちゃくてすばしっこくてかわいい、ていうもんだろ?妖精というにはデカすぎる。かわいいっていうのはまあ合っているが…。すばしっこいかどうかは、…あまりそういうイメージはないが…。あの「白い妖精」といううたい文句を見るたびに違和感が増す。妖精って言えば、かなり昔ですが、名古屋グランパスの外人選手で、「pixy」て言われてた人がいましたね。あの人ちょっと好きだったなあ。…名前が思い出せない…(--;)

しかしマリアちゃんもアンディと噂になるとコケるね。恋するといろいろ邪念が入っちゃうのかな。まあアンディとくっつこうが離れようがどうでもいいけど、本当につきあってるのならこそこそ隠したりしないでででーんと2人でおててつないで登場、ていうくらい堂々として欲しいね。それをちょっと見てみたい気もする(^^)…。

しかし日本のマスコミはどうしてこんなにマリアちゃんばっかり報道するのかなー。美しいっていうことからかもしれないが、それならばミスキナだってデメだって十分綺麗なのに。やっぱブロンドっていうのは大きいのかなー。(デメはブロンドだが…)やっぱりねー、黒髪の日本人からしたらブロンドっていうのはあこがれちゃうからなあ。隣の芝生は金色にみえる、というやつですか。かといって日本人が金髪にしても顔が東洋人だからいまいちだしね。逆に西洋人は黒髪にあこがれたりするのかしらん。シャンプーのASCIENCEみたいに(笑)。でも、だからってあっちの人が黒い髪にしてもこれもやっぱりいまいち違和感あるしね。やはり持って生まれたものが一番よいということか。私は黒髪ですが多少茶色にしていますが。でも、ブロンドだと、白髪があまり目立たなさそうで、それもちとうらやましい。ミスキナは黒髪がよく似合ってるけど、金髪もいけそうだね。

グラミー賞のことを書くつもりだったのに、前フリが思いがけなく長くなってしまったので、これでおしまいとする…。

東京といふ街
2005年11月23日 (水) | 編集 |
あぁ…疲れた。やっと福岡に帰ってきた。この何日か東京に行ってきましたが。しっかしいつ行っても人が多いとこだよなあ。一体どこからあんなに人がたくさんやってくるのだ??しかも、平日の朝8時に山手線に乗って新宿へ行くという暴挙をやらかしてしまった。「あぅ~ぐ、ぐるじい~!」「押しつぶされる~!」…。普段車で移動することが多いので、この電車を乗り継いで移動ってやつもきつかった。んで、降りてからのあの人の波がまた!なんか「民族大移動」みたいで正直こわかったぞ(笑)。同じような顔をした会社員やらOLさんやらがみんな一様にうつむきかげんで同じ方向にすごいスピードで歩いていくのさ。んで、ちょっと自動改札でつまづこうもんなら、「ちっ早く行ってよ」的な視線を浴びるのが辛かった…。そりゃあ、あんた達はSuicaがあるからピッ、で終わりかもしれんが、こっちはそんなもん持っとらんのじゃ、いちいち切符を出さにゃならんのじゃ~!

全くどこへ行っても人人人…すっかり人酔いしてしまったよ…おかげで新しくなった羽田空港を探検する元気はもう残っていなかった…。あと六本木ヒルズにも行きそびれたなあ。一度行ってみたいなあ。(まだ行ったことない)って言ったら、行ったことある知人曰く「ただのビルだよ」。あっそ…。夢を壊すなよ…。

東京という街はとてつもなく大きな街だ。すぐ近くにこ~んな高いビルが立ち並び、遠くにもさらに大きそうなビルがたくさん。そしてどこまでも絶え間なく続く首都高速のランプ、あまりきれいとはいえない東京湾にかかる見事なレインボーブリッジに、ブラウン管を通しておなじみのフジテレビのあのユニークな建物。モノレールから見えるそれらの風景は、同じ日本とは思えないほど、私が住んでいる街と比べたらなにもかもが桁違いの規模である。まあ東京に普段住んでいる人にとってはごく普通の風景なんだろうけど…。東京には何度も来たことあるけれども、来るたびにこれらの風景に圧倒されてしまう私でありました…。

んでモノレールから見えるその風景を見て思わずつぶやいてしまった。「ドラえもんの22世紀みたい」。…ゲラゲラ笑われた…。「ぶははっ!あほか」「いい年こいて何言ってんの」「メルヘンチックやなあ」「田舎もんと思われて恥ずかしいから大きな声で言わんで」…。しどい(T T)。なんでこんな冷たい人間しか周りにはいないのじゃ。だいたいメルヘンチックなんて、死語なんだよ死語!そんな言葉を使うお前のほうがよっぽどあほじゃ~!田舎もんで何が悪い!

しかしやっぱり福岡に帰ってくるとホッとした。飛行機の車輪が地上に着いた瞬間、「よかった…ちゃんと墜落せずに着いた…」ひと安心。どうも飛行機はねー、やっぱ恐い。フランスのHaehnelほどじゃないけど、私も飛行機はあまり好きではない。落ちたらいやだよぅ、とつい考えちゃうんだよね。「んなことないさ~」とみんなに半ば呆れられるんだけど、やっぱねえ。絶対に墜落しないとは、100%言い切れないっしょ。もしここで墜落しちゃったら、このブログも尻切れトンボで終わってしまうところだった。ちゃんとこうやってまた書けました(笑)。

たったこれくらいの距離でもなんだか不安になってしまう。だから世界をまたにかけるテニス選手は大変だよね。でもねえ、だからって新幹線で行くには東京はちょっと遠いしね。大阪くらいの距離だったら新幹線で行くんだけど、さすがに東京はちょっとなあ…。

まあそういうわけで無事に(笑)戻ってこれてまたブログを続けることができました。しばらくネットをチェックしていない間にもいろいろニュースもあるようだ。あっ!岩佐さんにデメのBiofileを先に書かれてしまった!ちっ。まあいいか。ここんとこ忙しくてあまり書く時間なくてのびのびになっているうちに先を越されてしまった…。ATPでは今年の総括してますが、…まだ早い。まだデビスカップ決勝が残ってますからね。それが終わったら、大々的に今年の総括をやる予定ですから。ふっふっふっ…。あーしかし今年のチャンピオンズレースは終わったからその最終結果は書かないといかんなあ。までも今日はもうさすがに疲れたので、また明日~。

珍しく映画のお話
2005年09月19日 (月) | 編集 |
私は映画にはあまり興味がなくてほとんど見ないのだけど、土曜日と日曜日の夜は珍しくWOWOWで映画を見た。やっぱせっかく月2100円も払ってるので、年3回のテニスだけじゃもったいないもんね。

で、何を見たのかというと。2つとも偶然音楽と深くかかわりのあるものでした。ほんとにたまたまだったんだけど。でもやっぱりすごくおもしろかった。

スクール・オブ・ロック

1本目は、こちら。これ日本でも結構話題になりましたよね。学校でロックを教えちゃうってやつ。や~こりゃなかなかおもしろかった。熱苦しい(笑)ジャック・ブラックが最高!最初から最後まで笑い転げてました。この人はコメディアンでもあるそうですね。
ロックの魂だけは熱いけどどうやっても成功しないアマチュアバンドのデューイ。ついにメンバーからも見切りをつけられクビに。んで居候している教師の同僚の彼女にまで「家賃払ってよ!」と嫌われ追い出されそうになったところへ、その同僚にきた臨時教員の募集の電話に金欲しさで自分がなりすましちゃう。んでそこの生徒にロックを教えちゃうっていうお話。

なんかこれって「天使にラブ・ソングを…」にちょっと似てるね。ありえない場所でありえない音楽を教えていって、最後には生徒たちがノリノリで大成功する、ていうとこが。これもそのパターンで、規律の厳しい学校で生気を失っていた子供たちがみるみる元気になって、ロック・バトルで大ウケするんだけど、最後のステージの場面は圧巻!んで、猛反発していた親たちも最後はノリノリになってるとこが笑える。

音楽好きな人にはこの映画は痛快なんじゃないかな。まいわゆるヒューンマンドラマなわけだけど、ロックのうんちくがいろいろ出てくるから、特にロックファンは2倍楽しめそう。「レッド・ツェッペリンを知らない!?学校は何を教えてるんだ!?」…んなこと言ったってあーた(笑)。劇中に出てくる音楽も当然全部ロック。サントラもロックの名曲がいっぱい出てくるから、聴きごたえありそうです。

もちろん学校の勉強だってとても大事。でも、人生にはもっと大切なことだってたくさんある。特に小学生くらいの子供のうちは、そういうことを教えてほしいな、と先生にも親にも思う。この映画ではそれを音楽、”ロック”を通じて偽教師のジャックが見事に伝えていると思います。学校の授業でこれを見せてもいいかもね(笑)。ここのサイトでロックの歴史が学べますよ。

[READ MORE...]
しばらくお休み
2005年08月13日 (土) | 編集 |
えー以前から言っていましたように、しばらくブログお休みしま~す。せっかくの休みなので、テニスのこともブログのことも忘れてのんびり…てナダル君が準決勝に勝ち進んでる!これじゃちっとも忘れられんじゃないか~っ。んで、今日の残り2試合のQFも土曜日に延期になったようですね。…ということは、今日のガオラの放送はどうなるのかなあ?…ま、私にゃ関係ないからいいのか…とほほ。あぁぁしかしモントリオールが気になるぅ~。うぅ~なんでこんなときに旅行など計画したのじゃ!私のバカアホー!しかし、今さら取りやめるわけにもいかんしね…仕方がない。断腸の思いで出かけることにしよう。

というわけでわたくしのモントリオール報告は終わってしまいましたが、来週のシンシナティについてはもう書いてあります。PV特集のしたのほうにありますので…んで、おもしろPV特集も、お暇なときにでもぜひご覧ください。出先からでも携帯からコメントなどは読めるので、何かありましたらぜひどうぞ。携帯から何か投稿することがあるかもしれません。

帰ってくるのは来週木曜なので、またその日の夜には再開できるかな…。モントリオールの決勝くらいはちょこっと書くかもな。優勝者の写真くらいは載せないとね。そしてシンシナティの2回戦が終わったとこでしょうから、そのへんからまた再開いたします。まあせっかくの休みなので、のんびりコンピュータから離れた生活を楽しもうと思います。しかしやはり気になるなぁ…。ネットカフェなんか見つけても絶対行かないぞー!(笑)。

あ、私のいない間もごえもんの相手などしていただければ嬉しいです。

それではみなさましばらくの間、ごきげんよう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。