Fere libenter homines id quod volunt credunt.
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年一年間ありがとうございました
2005年12月27日 (火) | 編集 |
あぁ~やっぱり…ナダル君1月のチェンナイ欠場だってさ…しくしく。ま予想はしていたから驚いてはいませんが。それに「この何週間かハードに練習はしていた」らしいから、プレーできないわけではないんでしょうが、大事をとって、ということのようである。確かに一番大事なのは全豪だから、そこに万全の状態で臨むための前向きな欠場ととらえれば、そんなに悲しむことではないんだけどね。ね!と、理屈ではそう自分に言い聞かせていても、やっぱり、「pull out」の文字を見るとなんとなくくらぁい気分になるね…。足は本当に大丈夫なのか!?本当に全豪間に合うのか?あぁぁもう~ぢぐじょう~。こんなときにぃ~。せっかくの年末年始なのに気になって楽しく過ごせないじゃないのさ!

来シーズンが始まるのが楽しみ、て言うのは強がりで、正直言って、恐い。また一喜一憂(百喜百憂?)の日々が(笑)待っているかと思うと、気が重いよ…。時がこのまま止まってくれたらよいのにね。いっそのこと、ナダル君のことをちょっとでも嫌いになることができたら、どんなにか楽に見れるだろうか。…今からこんなんじゃあシーズン始まったら大変だなこりゃ(笑)。やば!

とまあ今年も終わりになってちょっとへこみ気味な(またかよ)私ですが(笑)、今年はブログのおかげで楽しい思いがたくさんできました。応援してくださった方々、激励の言葉をくださった方々には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。足を向けては寝れません。今年テニス記事で明け暮れたこのブログ、最後の締めもやはりテニスネタで。人生、出会いがあれば別れもある。といったらちと大げさかな。楽しみな若手選手がたくさん出てきた一方で、コートを去っていった人たちもたくさんいました。テニスネタにたんまり情熱を注いできたこのブログ、今年最後の記事は、そんな、ひとつのピリオドを打った人たちの特集です。

一応「retire」と明確に表明した人だけをご紹介してます。だから、マスターズカップのとき「やめるかも~」て言っていたけどはっきりしてなかったWayne Blackとか、引退がささやかれてるけどはっきり明言されてないマルチネスとかはどうなのかなあ~。はっきり「やめる」と書いてあった記事がなかったので一応除いてますが。Blackは1月に子供が生まれるらしいから、マイホームパパになりたいとか言ってたっけな…このままフェードアウトしちゃうのかなあ。あと、引退するかも、て言ってたコスタやサントロは来年も続行するようですね。

こうやっていろんな辞めていく人を見ていると、終わり方も人それぞれです。満足のいく形で最後を飾れた人、怪我やアクシデントでラケットを置くことを余儀なくされた人、なんとなく後ろ髪ひかれる思いを断ち切れない人、笑顔でコートを去っていった人、完全燃焼できた人、まだ火はくすぶっているけれどもう一度その火を燃やすことができないと悟った人…。ここに紹介した人はほんの一部、一度もスポットライトを浴びることなく去っていった人も、いやそういう人のほうがたくさんいるはずです。全ての人をご紹介したいところですが、さすがにそりゃ無理なので…。抜けている人が多数あると思いますので、他に思いついた人がありましたらコメント欄にでも記していただけると嬉しいです。

彼らにとって今年は、人生が大きく変わるターニングポイントであったのは間違いないでしょう。でも、あくまでひとつの通過点。まだまだ終わりじゃない。この先に、どんな素晴らしい人生が待っているかわからない。それは自分自身が決めていくこと。彼らのこれからの未来が、光輝くものであることを、祈っています。でも、とりあえず今は、おつかれさまでした。ゆっくり休んでね。

というわけで、ちょっと早いですが、年末いろいろ忙しいので、今年の記事はこれでおしまいです。一年間ありがとうございました。来年はいつから始めるかわかりませんが、そんなに遅くなく始められると思います。来年もどうぞよろしくおねがいします。それでは皆様、よいお年を~♪ほ~た~るの~ひ~か~り~まど~の~ゆ~き~、ふ~み~よむ~つ~き~ひ~か~さ~ね~つつ~、いつ~しか年~も すぎ~のとを~ あ~け~てぞ~け~さは わか~れゆく♪
[READ MORE...]
スポンサーサイト

今年最後のヘビーローテーション
2005年12月25日 (日) | 編集 |
今年もあと数日になってまいりました。なんか最近こんなことばっか書いてる気がするな…。というわけで、このコーナーも今年最後!勝手にヘビーローテーションのコーナーです。今年最後にお送りするのはこの2曲です。

邦楽 追憶のライラック/東京スカパラダイスオーケストラ feat.永積タカシ(ハナレグミ)

通称「スカパラ」です。90年にメジャーデビューしてますね。メンバーは、えーと、一応10人くらいいるらしい。いわゆるバンドというか、といってもロックじゃなくて、トランペットとかサックスとかああいう管楽器がたくさんある系統のバンド(説明下手ですいません)。とにかくそのホーンセクションの華やかさというか強烈さはインパクト抜群ですねー。んで結構ソウルフルな要素もあったりで、音楽的にもなかなかツボにはまるものがある。メンバーの脱退や死去といった悲しい出来事も乗り越えて、昔も今も変わらぬいい音楽を届けてくれています。

そんな彼ら、4年前にゲストアーティストをフューチャーして出した「歌モノ3部作」シングルが好評でしたね。そしてそのシングルを含めたアルバムも大ヒット。そして今回またその3部作が復活しました。私は以前のとき奥田民生さんが歌ってたやつがかなり好きなんだよなあ。んで今回の第1弾も、それと似たようなメロウな感じの曲。歌っているのは、ハナレグミの永積タカシさんという人らしい。これがまた、過ぎ行く年を惜しみつつの今日このごろにぴったり。永積さんの素朴な声と、いつものテンションがちょっと抑え目のバックのホーンのしっとり感がたまりませんなあ。

「鍵をかけてしまいこんだ思い出を 開いて出かけてみたんだ 風に吹かれ歩いて空を見上げたら 新たな未来が巡るよ」…ん~はまるぜ…。

ちなみに第2弾は、4年前も通して初めての女性歌手起用!Charaをフューチャーしてのリリースが決まっているそうです。またこの曲とがらっと雰囲気変わりそうでそれも楽しみだね。

東京スカパラダイスオーケストラ オフィシャルサイト(最初に大きな音が出ます)
「追憶のライラック」30秒試聴(WMP)



洋楽 Shelter In The Rain/Stevie Wonder

最後にお届けするのは、巨匠スティービーです。アルバム出したときに紹介しそびれちゃったしね。
明日12月26日で、東南アジアのスマトラ沖を襲ったあの大津波からちょうど1年になります。なんだかずいぶん昔のことのような気がするけど、まだ1年なんだね…。1年たって、復旧・再興は徐々にすすんでいるんだろうけど、まだ20万人以上の人が避難生活を余儀なくされているらしい。

そしてその悲しみも癒えぬ約半年後の7月、今度はアメリカ南部を大型台風ハリケーン「カトリーナ」が襲い、これも多数の犠牲者が出てしまいました。そこに立ち上がったのが、我らが巨匠です。95年の「conversation」以来10年ぶり(!)のオリジナルアルバムを10月にリリースしましたが、その中にカトリーナ被災者救済チャリティーソングとして入っているのがこの曲。もともとは去年亡くなったSyreeta Wright(最初の奥さん)に捧げる歌として2年前に作られたものらしいけれども、「君を雨(涙)から守るシェルターになりたいよ」と歌うそのメッセージは被災者の人々にそのまま贈られるものとなっています。

これはシングルカットもされ、売り上げはスティーヴィーの慈善活動団体「ワンダー基金」を通じて義援金として寄付されるということです。ほんとに素晴らしいバラード。これは一聴の価値大有りです!ぜひぜひ聴いてみてください。

んでその感動のこの曲のプロモーションビデオが見れるサイトを探したんだけどさ~なかなかなくって…やっとこさ1こ見つけた。これが韓国のサイトなんだけど、なんかリンクが張りづらいなこれ…しかも最初にあけたときなんだか広告をダウンロードしなくちゃならないという極めて商業的構造になってる(笑)。しかも広告が長い。だからちょっと最初見づらいですけど、30秒くらいCMを我慢して見ていただくと、無事にPVに到達できます。(AOLでも見れるらしいけど、私のパソコンではなぜか見れない…アメリカじゃないとだめなのかな…)。mp3.comでも見れますが、これはアメリカの人しか見れません。ちぇ。

そういやテニス界でも今年はロジェ君が中心になって津波救済のエキシビジョンが行われたり、カトリーナ救済チャリティーオークションなども行われましたね。来年も…いやいやそういうチャリティーを行うような不幸な災害が発生しないのが一番なのですが…。

地震、津波、台風…毎年必ず世界のどこかで自然災害による悲劇が繰り返される。自然相手だからどこに怒りをぶつけたらいいかもわからない。自然相手だからこそ対策が難しい。そして今、日本では、まれに見る寒波と大雪でまた多くの被害が出ている真っ最中。そしていつ大地震がやってくるかわからない。今年は福岡でも大きな地震があり、正直九州の人間にとっては今まではあまり実感のなかった地震への恐怖というのを肌で感じさせられた年でもありました。人間同士が争ってる場合じゃない。自然という途方もなく強大な力に立ち向かうにはまず人間同士が一致団結しなくちゃならないのに、世界中では相変わらずドンパチやってるし、日本では災害対策どころか小金を惜しんで手抜きの建物作って他人の命を危険にさらす始末。なんかおかしいよね。

Stevie Wonder ハリケーン・カトリーナ被害救済ソング「Shelter In The Rain」(fm761)
「Shelter In The Rain」PV



というわけで、音楽関連記事は今年はこれでおしまい。まあテニス関連が7割、いや8割近くを占める中細々とやってまいりましたが(笑)、数少ないこの音楽記事にもコメントやトラックバックなどいただきまして大変ありがとうございました。来年はもーちょっとテニス記事に負けないようにたくさん書…いやそれはちょっと…体はひとつしかないからな…まあまた細々とやってまいりますので(汗)、ビルボードチャートコーナー共々来年もよろしくおねがいします。

2005年ミラクル総括
2005年12月25日 (日) | 編集 |
今年も残り少なくなってきて、メディアでも今年の総括みたいなことをいろいろやってますね。というわけで、ここでもやってみることにした。ま、さっち杯ATPアウォードがいちおテニス関係の総括みたいなもんだったのだけど、それとは別に、私の個人的総括。

テニスも他のスポーツもそうだけど、スポーツのいいところは、「筋書きのないドラマ」。予想を大きく覆すような試合が今年もたくさん生まれました。ほとんど負けると思っていた状況での勝利、逆に勝利を信じていたのに悪夢の敗北…必ずしも楽しい思いばかりじゃなくときには悲しいドラマもあるけれど、それも含めて、やはりスポーツは私たちの日常生活をより色あざやかにしてくれる何かがある。だからスポーツを見るのは楽しいのだ。

今年のスポーツ界でも、いわゆるミラクル劇がたくさんありました。その中で、特に私の心に残ったミラクルをランキング形式でご紹介。

来年は、トリノオリンピックがあるし、サッカーのワールドカップもある。もちろんテニスも野球も今年と同じだけ試合がある。いろんなスポーツで、どんなすごいミラクルが生まれるのかな。今から待ちきれないね。来年もたくさんの素晴らしいミラクルをここに記すことができたらいいなと思う。
[READ MORE...]
薬物問題で大荒れのテニス界
2005年12月24日 (土) | 編集 |
今年のテニス界はいろんな出来事があったが、2006年にむけてまだ解決していない大きな宿題がある。ダブルス問題、スケジュール問題、そして、もう今年も1週間あまり、年の瀬も押し迫ってから、3つめの宿題をたたきつけられることとなった。今年7月にも問題になった、薬物問題である。

今年13位でシーズン終了したマリアノ・プエルタ、27歳。ノーシードからローランギャロス決勝という大きな晴れ舞台を経験した彼にとって今年はよいシーズンだったと言えただろう。9月までは。10月初旬、フランスのレキップ紙によって、プエルタ君がそのRG決勝戦後に尿から薬物が検出されたというショッキングな報道がされテニス界は一時騒然となった。

そしてそれから2ヵ月、みんながそのことを忘れかけていた12月も下旬になって、ITFから決断が下された。プエルタ君のRG決勝での尿検査から、エチレフリンというアドレナリン製剤が検出されたことを受けて、彼に8年の出場停止と、RG決勝以降の賞金とランキングポイントの剥奪という処分が下された。8年というのはテニス選手が受けた制裁としては史上最長である。

プエルタ君は2003年にも薬物検査陽性で9ヶ月の出場停止処分を受けている。喘息患者でもある彼はその治療のためクレンブテロールというステロイドを服用していたが、そのことを当局に手続きしておらず、治療のためのステロイドが違法とみなされてしまったのだ。そして今回も、やはり彼の不注意からくるものだった。

WADAの判断基準に沿ったやりかたであれば、2回薬物違反が発覚した場合はほぼ生涯にわたって選手生命を絶たれてもおかしくない。それが今回は8年という中途半端な数字になった。それがどういう理由でそうなったのか、そしてプエルタ君自身はこのことについてどう考えているのか、いろいろと記事があるので拾い読みしてみた。


[READ MORE...]
さっち杯ATPアウォード・おまけ
2005年12月23日 (金) | 編集 |
無事にアウォードも終わりましたが、これのことを書くのをすっかり忘れとった!アンケートの最初に性別をおたずねしましたが、なんであんなことを聞いたかというと、これをやりたかったからなんだ~えへへ。性別ごとのクロス集計を作ってみたかったのである。ま要するに、男性と女性でどういう傾向の違いがあるのがちと見てみたかったというわけなのである。

最も男性より女性のほうが倍近く得票があるので単純に比較するのはなかなか難しいとこでもあるんですけど、まあそこはおいといて。あまり深く考えずさらっと見ていただければ十分です。なかなか興味深いことになっているものもあって、楽しめますよ。たとえば最初の設問、ベストマッチの場合、こうなった。

ベストマッチ賞
<男子>

ふむふむ、男女とも全豪のあの試合が圧倒しているのは確かだけども、女性陣からローマ票が集まっている。一方男性陣からは、先日のTMCファイナルとマイアミ。男性陣の票はいずれもロジェ君がからんだものになってますね。


<女子>

一方女子は、男女で票の中身がずいぶん違っている。全豪の票はいずれも男性から。逆にWTA選手権はいずれも女性から。そして受賞したウィンブルドン決勝は女性からの支持が多かった。ウィン準決勝、全豪決勝といずれもマリアちゃんがらみの試合が男性票の約7割を占めている。

まこんな感じで、各賞について性別ごとのクロス集計やってます。
[READ MORE...]
第1回さっち杯ATPアウォード結果発表 その2
2005年12月22日 (木) | 編集 |
今朝は極寒だったのでネットをチェックするまもなく出勤。んでまさに寒さに身を切られるような思いで(笑)疲れきって帰ってきて、インターネットを開けてみるとコメントが…。がーん。例のプエルタ君のニュースが。昨日の夜はカラタンチェワのニュースだけだったのになあ。さすがにこれはスルーできん。というわけで近くこのニュースについても詳しくお伝えする予定ですが。まずは!乗りかけた船、じゃなくて、書きかけた記事を仕上げてしまわなければ。というわけで、ATPアウォードの結果発表ようやくお伝えします。ハプニング賞までのパート1は前の記事をごらんください。そして演技賞以降の後半部分をここでお伝えします。中間発表から逆転しているのもありますね。

このアウォードは本家のATPやWTAアウォードをヒントにして、手法はアカデミー賞やグラミー賞を真似て作ってるのだけど、やはりノミネートは5つというのがちょうどよいようですね。あまりノミネートが多いと票がばらけ過ぎてしまうし、少ないのもあまり面白みがない。5つというのは、多くの経験から導きだされた一番ちょうどよい数字、ということなのだろうね。

んではパート2をどうぞ。
[READ MORE...]
第1回さっち杯ATPアウォード結果発表・その1
2005年12月22日 (木) | 編集 |
いやはや今日もまたさぶかった…昨日から雨が降って雪に変わって、風がめちゃ強かった!台風みたいだったな…玄関のドアががたがた言って恐かった。さすがに今は少し落ち着いているようであるが…。全国的にも大雪で今日は停電やら事故やら多発しているようです。まだ12月。これから年末年始にかけてまた街は人の出入りが激しくなる。そして1月、2月、寒い季節はこれからが本番…いつまで続くのだろうかこの寒波…心配になってきた。特に雪深い地方にお住まいの方々はお気をつけくださいまし。

んで。お待たせしました、さっち杯ATPアウォードの結果発表で~す。今回男性9名、女性22名(うち1つは私自身)計30票いただきました。投票してくださった皆様本当にありがとうございました。それでは結果発表してまいります。例によって、内容が多いので、2つに分けて、まずは前半。
それにしても、円グラフの青い部分の数字が見にくいこと!JPEGに圧縮しているのでそうなってしまうのであるが。う~ん。photoshopとかでもっときれいに補正することもできんことはないのだろうが、あまりそんなことする余裕もないので、青い部分のとこの数字を文頭に青文字で表示することにしました。しかも偶然にも、青いところがなぜか得票が妙に多くなっていたりする…そういうわけで、文の最初に書いてある青い○%というのは円グラフのとこの数字を表しているものです。

んでは、ハプニング賞までのパート1をどうぞ。
[READ MORE...]
2005年ビルボード年間チャート・アルバム編
2005年12月20日 (火) | 編集 |
つい先ほどさっち杯ATPアウォードの投票を締め切りました。たくさんのご投票本当にありがとうございました。あんまり少ないとかなりさむい企画になるところでしたが、なんとかこれでうまく終われそうです。できるだけ早く集計して結果発表したいと思います…が…明日はちょっと無理だなあ…21日か22日には…ひょっとしたら23日になるかもな…まあそこらへんで(アバウトすぎる)。23日までには確実に発表できると思いますのでお楽しみに。

話変わりますが、このたびRSSを外してしまいました。なんか最近あれ調子が悪くてなかなかちゃんと表示されないので。しかもあれのせいでブログ全体の表示までうまくいかなくなってしまったので、思い切ってぜ~んぶ外してしまいました。結構便利だったのにな…今や猫も杓子もRSSの時代なんだから、FC2もロリポップみたいに標準でRSSリーダーつけてくれよぅ。…とこそっと要望を書いてみたりして。なのでよく読ませていただいているブログはお気に入りに追加することにした。RSSリーダーはティッカー型やデスクトップに表示するものやら今いろいろあるので、これからはそういうやつを使おうかと思っている。

いやしかしRSSを外したらなんだかすっきりした!(笑)。最近たくさん貼り付けすぎてましたからなあ。やっぱ多すぎたのがまずかったのかな…。というわけで、近く適当に自分でお気に入りブログ項目を作る予定です。

先日お送りしたビルボード年間チャート、今度はアルバム編です。最近はネット配信というやつが本当に浸透してきて、CDの売り上げは世界的に落ちているそうな。たしかに便利だよな…まあでも日本のiTunes Storeはまだまだなので私は利用してないけど。アメリカくらい充実してたら利用しちゃいそうだな確かに…。そしてiPodをはじめとするHDDタイプのポータブルプレーヤーの普及もそれに拍車をかけている。今や音楽を聴くにもパソコンが必要ということか…。私もiTunesはよく利用するけど、でもやっぱりCDを直に聴きたいときもあるのさ。それに、コンピュータでお気に入りの曲だけ聴くようになると、アルバムのもつ良さがよくわからないままで終わってしまうことがあるんだよね。はじめはちょっとつまらんなあと思ってても、アルバム通して何度も聴いてると、次第にどの曲も愛着がわいてくる、ていうか。でも買ったそばからどんどんiTunesやiPodに入れるとなると、やっぱし、ぱっと聴いて気に入ったやつだけ、ていうことになるよね。そうすると、せっかく苦労してアルバム作ってもシングル曲とかキャッチーな曲しか聴いてもらえなくなる。それではアルバムの真の良さが伝わらないと思うし、アーティストの意向もうまくつかみとれないような気がする。だから最近ベスト盤が流行ってるのかな。ベスト盤なら人気曲ばっかりだからね。でもベスト盤はあくまでベスト盤で、オリジナルアルバムとは違う。ベスト盤はお得感はあるけど、実際はそれほど好きではない。

おっといきなり前書きが思いがけなく長くなってしまった。こんなに書く予定なかったんだけどな…。というわけで、そんなCD不況の時代にもがんばった2005年アルバムベスト10をご紹介。
[READ MORE...]
年間ビルボードチャート 2005年・シングル編
2005年12月18日 (日) | 編集 |
お久しぶりです。しばらく更新さぼってました。いやはや、一旦書くのをすっぱりやめてしまうと、更新するのが信じられないほどにおっくうになる…やばい(笑)。までも、書かないけどもテニスサイトは結構チェックはしてるんですけどね。来年のためにエネルギーを貯めてるんです(言い訳)。んで来年記事を書くときのためのネタをしこしこ集めている最中なのであります。オフシーズンもいろいろとニュースはあるようですが、そこらへんは来年あたりにまたどどーんとご紹介する予定ですので。とりあえず今年はご勘弁を。

しかしそれにしても…さむい!!なんなんだこの寒さは…まだ12月中旬なんですけど…なんでこんなに寒いのだ!?なんでこんなに雪が降るのじゃ!許せぬ!(寒いの大嫌い)うぅこんなに寒いから動きたくない…こたつから抜け出せない…。年末からこんなんじゃ、1月とかどうなるんだろう…こわい…。とりあえず今日は一日一歩も外に出たくないので、昨日たんまり食料を買い込んできた。んで今日はさすがにもう年賀状を書かなくちゃならない…結局まだ1枚も書いていないのである…いや先週は忘年会でちょいと忙しくて…今日中に年賀状書きを終わらせる予定である!

その前に。今年もいよいよあと2週間になってしまいましたが。定期的にお送りしているビルボードチャートも、今年の年間チャートが発表されましたので、今日は今年最後のビルボチャート紹介、シングルとアルバムの年間トップ10をご紹介。今回はシングル編。今年もいろんなヒット曲が生まれました。ちょいと振り返ってみましょう。そのうちアルバム編もお送りする予定です。
[READ MORE...]
身も心も寒い今日この頃のヘビーローテーション
2005年12月12日 (月) | 編集 |
今年もあと20日足らずですか…なんか全然実感がない。ていうか年賀状まだ一枚も書いとらん!まずい!いっつも気が付いたら28日くらいになってあわてて書くはめになる…やっぱ元日に着くように出したいもんなあ。しかしそうすると20日くらいには出さねばならない…やば。

しかし寒さのほうはもうすっかり真冬…うぅさむ。福岡でも久しぶりに12月に雪が降りました。しかも今日はまた極寒…なんで九州なのにこんなに寒いのだ!ちくしょう!雪というのは車を持つ者にとっては辛い…雪国の人なら慣れているんでしょうが、ここらの人はろくにチェーンの付け方も知らない人ばかりですから(汗)。一応持ってはいるんですけどね。一度も使ったことない…ぴっかぴかです。できたら使い方を知らずに春を迎えたいものだ…。

そして、ただでさえ寒いのにまた寒くなるような話題が…我らがホークスの超いい男和田毅君が、結婚だって~!がぁあん。そうか…もうそんな年なのね…と思ったら、まだ24才。ちと早いんじゃないか?しかしああいういい男は女がほっとかないからなあ。お相手はタレントさんだって。…ちっ、結局美人が好きなのか。(←相当ひがみ根性強い)まあ別にいいんですけど(笑)。これで和田君が来年今年以上に大活躍してホークスが来年こそ絶対に!優勝できるように支えてあげて欲しいと思います。ご結婚おめでとうございます。
しかしこれで和田くんが結婚しちゃって、そのうち渚くんやむねりんもいつかはいってしまうのだろうなぁ…あぁむねりんの結婚話なんて考えただけで寒気が…でもGFくらいはいるだろうから、そんなに遠くない話かもねぇ。

とまあ身も心も寒い今日この頃ですが、せめて音楽でも聴いてあったかい気分になりたいものですなあ。久々にこのコーナー更新。
[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。