Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デビスカップ・順当のSFと大波乱のプレーオフ
2007年09月24日 (月) | 編集 |
やってきましたデビスカップ、デ杯ファンの私としてはこれは外せない(笑)。3日間スコアだけですが堪能しました。今回は記事とかあまり読む暇なかったので、ほぼ自分の感想ばかりになってますが。

World Group semifinal 2007


Russia VS Germany

R1. Igor Andreev 6-2 6-2 6-2 Tommy Haas
R2. Nikolay Dabydenko 7-6(5) 2-6 2-6 6-4 5-7 Philipp Kohlshireiber
R3. D.Tursunov/M.Youzhny 3-6 6-3 6-7(4) 6-7(5) P.Petzschner/A.Waske
R4. Milhail Youzhny 6-4 6-4 3-6 6-3 Philipp Petzschner
R5. Igor Andreev 6-3 3-6 6-0 6-3Philipp Kohlshireiber

ロシアはやはり強かった…!今回サフィンがいませんが、なんだかちっとも戦力が変わっていないような気が…(いやサフィンはとってもチームに必要な人材だと思います)。それにしてもアンドリエフ君強い。初日にハースに圧勝、そして最後に決勝進出を決める貫禄勝ち!すごい!さすが、クレーコートはオレにまかせろ、て感じ(?)かっこいい~。
ちなみに初日にともにNo.2がNo.1を破るという珍しい展開になってましたね。ダブルスでドイツが先に王手をかけたんですが、やはりシングルスの差があったか。



Sweden VS USA

R1. Joachiem Johansson 6-7(4) 6-7(3) 3-6 Andy Roddick
R2. Thomas Johansson 6-4 6-2 3-6 6-3 James Blake
R3. S.Aspelin/J. Bjorkman 6-7(11) 2-6 3-6 B.Bryan/M.Bryan
R4. Jonas Bjorkman 2-6 6-7(3) 3-6 Andy Roddick

やったーアメリカ決勝進出!うれしいな♪2004年のあのスペイン戦以来の決勝ですね。
今回はアウェーだったわけだけどもスウェーデンがありがたいことに(?)クレーではないコートを選択しました。マッケンローなどはスウェーデンはなんでクレーにしなかったんだ?と呆れているようですが…しかし、1回戦のチェコ戦はクレーで勝ったわけだし、クレーだったら負けていたとも限らない。…まあもっと苦しい戦いになったであろうというのはいえるかな…。

今回久々にヨアキム・ヨハンソンが復帰してきました。いきなり初日で持ってくるなんてビランデルもなかなか考えましたね。思い切った作戦に出ましたが結果が出ませんでした。結構スコアではいい勝負をしていたみたいだけども、内容はどうだったのかなあ。

というわけで。決勝はアメリカVSロシア。だいたい下馬評どおりという感じになりましたかね。オフィシャルページのアンケートも大多数がこの2国を予想していたし。しかしロシア強いなあ…去年優勝したばっかりなのに、2年連続決勝進出。だってあの選手層の厚さを考えたら当然か。アメリカは前回の決勝はアウェーでスペインの土に痛い目に遭わされたけども、今回は、ホームです!ということは絶対クレーではない(笑)。ハードコートになるんだろうなあ。アメリカ国内の誘致合戦が激しくなるでしょうね。どこになるのかな~ま、遠く離れた日本の私にとってはどうでもよいことだが。


そして注目はプレーオフ。今回は下克上が目立っています。来年のデ杯はか~な~り~フレッシュは顔ぶれになりそうですね。その模様は続きを読むのとこで。


[READ MORE...]
スポンサーサイト

2007年グランドスラム総括
2007年09月14日 (金) | 編集 |
ご無沙汰してます。ウィンブルドン後にブログを休止してから約2ヶ月、…いやぁ~まったり過ごしました(笑)。さみしくなってすぐに再開しちゃうかな?とか思いましたが、その後引越ししたり自分の生活が忙しく、新しくブログ始める気力もなく結局ごえもんもそのまんま(^^;)。


全米もたっぷり見れました。夜中4時まで毎日見ていたので生活崩壊しまくりでした…以前はこれにプラスブログまで書いてたのかと思うとつくづくよくやってたよなあーなんて妙に感慨深く思ったものでしたが。

その全米もつつがなく終了し、今年のグランドスラムも終わりましたね。というわけで、まだシーズンは残っていますが今年のGS総括をここでしてみましょう。

2007年グランドスラムまとめ

優勝者:
ロジャー・フェデラー 3つ(全豪、全英、全米)
ジュスティーヌ・エナン 2つ(全仏、全米)
ラファエル・ナダル  1つ(全仏)
セレナ・ウィリアムス 1つ(全豪)
ビーナス・ウィリアムス 1つ(全英)

これだけか!?少ない…

グランドスラム初優勝:なし

残念!今年の優勝者はすべて優勝経験のある人、さらにいえば同じ大会優勝したことのある人ばかりでした。来年に期待。

グランドスラムファイナルデビュー:
フェルナンド・ゴンザレス(全豪・準優勝)
アナ・イバノビッチ(全仏・準優勝)
マリオン・バルトリ(全英・準優勝)
ノバク・ジョコビッチ(全米・準優勝)

思えばゴンちゃんは1月が一番輝いていたなあ…(遠い目)。そしてバルトリも大健闘。あとは躍進いちじるしいセルビア勢を反映していますね。
いつも見ていて思いますが、グランドスラムのファイナルというのは特別な雰囲気がありますね。どの大会でも決勝は特別というけども、グランドスラムの決勝はさらに特別だ。ただよう雰囲気、空間がもうなんか見てるだけでも前日の準決勝までとは全然違う。なんかこう、異次元の世界みたいな。たとえ負けても、この雰囲気を経験することは選手としてとても大きなステップになるのだろうなという気がします。さすがに4人ともベテランに優勝を阻まれましたが、やはりベスト4と準優勝には大きな差があるものだろうなと思います。

お別れグランドスラム:
キム・クライシュテルス(全豪)
ティム・ヘンマン(全米)
ウェイン・アーサーズ(全英)
パオラ・スアレス(全英・予選かな?)

うえぇ~ん(涙)。みなさんおつかれさまでした。他にもたくさんいらっしゃると思いますが…

グランドスラム本戦デビュー:
タミラ・パスゼック(全豪・2回戦進出)
アーネスト(?)・ガルビス(全仏・2回戦進出 全米で活躍したラトビア人のあの子ですね)
森田あゆみ(全英・2回戦進出)
ジョン・アイスナー(全米・3回戦進出)

他にもたくさんいると思いますが、とても全部調べきれません。

そのほかグランドスラム初○○:
シャハール・ペール(全豪・初ベスト8)
ルーシー・サファロバ(全豪・初ベスト8)
イゴール・アンドリエフ(全仏・初ベスト8)
リシャール・ガスケ(全英・初ベスト4)
ミカエラ・クライチェック(全英・初ベスト8)
ジェームス・ブレイク(全米:初5セット勝利)
アンナ・チェクベタゼ(全米:初ベスト4)
ドナルド・ヤング(全米・GS初勝利)
ダビド・フェレール(全米・初ベスト4)
アグネス・サバイ(全米・初ベスト8)
ロジャー・フェデラー(オープン化以降で(それ以前もしばらくなかったような)初全英全米back-to-back4連覇)


主な金星(厳選)
マリオン・バルトリ(全英・第1シードのエナンを準決勝で破る)
ルーシー・サファロバ(全豪・前年優勝のモレスモを4回戦で破る)
リシャール・ガスケ(全英・準々決勝でファイナリスト2回のロディックをフルセットで破る)
アグネスカ(?)・ラドワンスカ(全米、3回戦で前年優勝のシャラポワを破る)
ダビド・フェレール(全米・4回戦で第2シードのナダルに勝利)


こう全体的に見て思うのが、毎年注目の若手がたくさん出てきて特に女子は10代の躍進が著しかったけども、やはりベテラン、経験豊富なトップ選手との差は簡単には埋まらないかな、と。特にウィリアムス姉妹なんて去年は全然だめで前哨戦でもいまいちなのにこうやってグランドスラムでは2人とも優勝してしまう。あのマリアちゃんでさえセレナに全く歯が立たない。男子に至っては優勝者は去年と全く変わっとらん。もちろんジョコビッチの3大会連続ベスト4やイバノビッチの準優勝、ヤンコビッチの全米全仏ベスト4、サファロバの連続モレスモ攻撃、など新しい世代の台頭も目にはつきますが、エナンやロジェ君の充実ぶりを振り返ると、まだまだ、まだまだ…というところなんでしょうか。ましかし優勝したトップの選手でも若いころからずっと強かったわけではないし、いろんな経験をしてきた積み重ねがあって今の強さがあるのでしょう。

しかし今絶頂期のロジェ君やエナン、土のナダル君や復活をとげたセレナ、ビーナスが年をとって力が衰えた頃に若手が追い抜くのではなく、今最高のレベルでプレーしている彼らを撃破する若い選手の出現を希望する。なぜなら、たとえばロジェ君が3年後あたりに今よりちょっと弱くなってからジョコビッチやナダル君や他の若い選手が勝つようになったとしても、真の意味で王者を追い抜いたと言えるだろうか。今の最高の王者を破ってこそ、テニス界全体が次の時代に向けてレベルが向上していけるのではなかろうか。女子にしても同様で、今年のエナンの強さに誰も勝てそうにないけども、エナンが弱くなってからではなく、今最高の強さにあるエナンに勝つことが、女子テニス界が賞金額だけなく真に男子と肩を並べてやっていくために必要なことではないかという気がする。
そういう意味で、今年グランドスラム初優勝者が特に若い世代から出なかったのは、ちょっとさみしかったかな。。まそれだけベテラン勢が貫禄を示した年であったということでしょうか。そういう年があってもいい。

考えてみれば、ロジェ君だって20才くらいの頃はもちろんジュニアでは大活躍だったけども本戦ではそこまで強くなかったようだし。でもエナンとかキムとかは20代前半ですでにすごーく強かったというイメージがあるのだが。今のヤンコビッチやチェクベタゼやイバノビッチと当時のエナンキムセレナビーナスカプリアティを比べてもなんかエナン達のほうが力強かったような気がしてならないんだけども、まあ気のせいでしょう。キムがいなくなった今、ベテラン勢と対等に戦える新しいスターが必要だと思う。若い選手が今のエナンたちと将来肩を並べるような選手になれるのか。ぜひそうなってほしい。そういう意味では来年はぜひ!グランドスラム初優勝者が出ることを期待したいと思います。

男子についてはジョコビッチがいろんな意味で(笑)スターになりました。前半はフェデラーVSナダル一色だったのに、いつのまにか…ものまねで2人を食ってしまった(^^)。個人的にはアンディのサーブのものまねが一番気に入ってます(笑)。あれまじ似てる~!ナダル君のやつも超ウケる(笑)。気分がすぐれないときはしょっちゅうYouTubeでジョコのモノマネ見てます…。来年こそはグランドスラム優勝できるといいですね。

若手の話ばかりしましたが、ベテラン勢というか、中堅選手も活躍しました。ゴンちゃんの準優勝…しかしゴンちゃんは最近さっぱりですね…レイトンやアンディなども、最近やや若手におされ気味ではありますがやはりまだまだ存在感はあります。アンディは全米健闘しました。30敗してでも挑戦すると言っていたから、まだ14敗か…あと16回くらい負けたら次勝てるかも(そんなのいやだ~)。あとはフェレル君やアンドリエフ君、ニコちゃんなど、コアなテニスファンにはうれしい選手の活躍もありました。そしてさらに上の世代になってモヤちん!全米大活躍でしたね。ビョークマンやサントロ師匠なども、引退なんて全く考えられない充実振りなのがうれしい限りです。

国でいえば、男子は相変わらずスペイン勢強いですが、最近アルゼンチン勢活躍してますね。チェラも全米がんばってたし、デルポトロやモナコなど若手もぐんぐん力を伸ばしています。カレリも全米ではレイトンに勝ってました。一時はアルゼンチン全盛時代で、そのあとちょっと勢いなくなったかに思われたけどカニャスの今年の2大会連続フェデラー戦勝利をきっかけにまたアルゼンチンが力を取り戻してきたように思います。ところでコリアは?
アメリカもアイスナーという新しいいい選手が出てきたし、ヤング君やクエリー君などもいるから楽しみです。あそうだもうすぐデ杯SFですね。

女子は、一時のロシア全盛時代はちょっと収まったかな。でも相変わらず強い。シャラポワと他の選手との差が詰まってきているような気がします。そして全米で10代の選手がずいぶん活躍してましたが、東欧の比較的小さな国の台頭が目立ちますね。ベラルーシ、オーストリア、ハンガリー、そしてセルビア。決してテニス大国とはいえないこれらの国々からこういう選手が出てきたのは、テニスが世界的に広まってきているということでしょうか。

日本勢では、エースの杉山さんをはじめとして中村さんや森上さんなどグランドスラムの常連になりました。そして森田あゆみちゃんもグランドスラムデビューしたし、ますます楽しみです。そして男子では錦織圭くんという将来性豊かな若者が出てきたし。ギルバートさんが錦織くんのことめっちゃ誉めてましたねー。あれはうれしかったなあ。早くGS本戦デビューはたしてほしいなあ。来年の全豪あたりどうかなあ。そして鈴木貴男くんにはぜひロジェ君とまた対戦してほしいなと思います。

久々に長文失礼しました。次回はTMCに向けてランキング更新を。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。