Fere libenter homines id quod volunt credunt.
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


旅立つ君に幸あれ
2008年05月26日 (月) | 編集 |
kuerten.jpg


5月末から6月にかけてのこの時期に行われる赤土の祭典、ローランギャロス。いよいよ開幕です。明るい初夏の太陽の下でまぶしく輝く褐色の土、それをやさしく見守る暖かな赤色のブーゲンビリア、周りに縁取られた緑の外壁、色とりどりのファッションに身を包むお客さん、いつもと変わらぬ光景です。おそらくこの光景は、十年後、二十年後も変わることなく続くことでしょう。しかし、変わっていくものもある。ここで、この土に負けないくらいに輝き、このローランギャロスの地に愛される選手たちも、いつか必ず別れを告げる日がやってくる。

ディフェンディングチャンピオンが出席して厳かに行われるドローセレモニー。そこに、去年3連覇を果たした彼女の姿は、ありませんでした。私はこの光景を写真で見たときに、ああ本当にエナンはいなくなったのだと、改めて強く実感しました。

エナンは、復活をかけて挑んだベルリンの大会でサフィーナに破れた直後、現役引退を発表しました。昨年優勝のローランギャロスを間近に控えての、しかも現No.1の引退というWTA史上初めてのことに、本当にびっくりしました。全仏大丈夫かなあと思ってはいたけど、まさか辞めてしまうなんて…そこまで追い詰められていたのか…。

各選手それぞれに、いろいろな紆余曲折があり、波乱があり人生にドラマがあるでしょうが、エナンのテニスキャリアも、本当に波乱の連続だったように思います。


[READ MORE...]
スポンサーサイト

明日天気になあれ♪
2008年05月12日 (月) | 編集 |
優勝おめでとう
鷹のトロフィーがすてきです

Dinara Safina




男子のローマ大会は今週いろいろありましたが、最後はいい決勝戦になりました。なんといってもスタン君が初ガオラ、初AMS準決勝、決勝進出してくれました(^^)。決勝戦も1セットとって、ひ、ひょっとして??とちと期待してしまいましたが、やはりジョコ強かったね…でもずるずるいかずにファイナルセットも粘りを見せてくれました。バックハンドがやっぱり冴えてましたね。エナンとちっとも変わらないくらいきれいだったよ…丸山さんがすごく誉めてくれてたのが聞いててうれしかったです(*^^*)厳しい場面でもよく我慢してしのいでキープ、というとこもたくさんあって敗戦ではあるけどとてもいい内容でした。最後は力尽きてしまいましたが、相手は世界No.3なのだし向こうが強かった。。。そしてスタン君は、なんと…ランキングが10位となりました!トップ10入りです!いやこれは…・゚・(ノД`;)・゚・正直こんなランキングまで来るなんて、思ってなかったな…いつだったかなー、スタン君が50位前後くらいのときに、もうひと伸びしてトップ20くらいに入るといいのになぁ…なんて書いていたのがもう昨日のことのようだす( ̄ー ̄)…2005年のデビスカップ1回戦で一生懸命プレーしてるのを見たときから、結果が出るときも出ないときもずっとひそかに応援してきましたが、本当に感無量という気持ちです。もちろんこれがピークではなく、まだ上り坂の途中であると、思っていますよん。これからも、がんばっておくれ!そして次こそはAMSタイトルをぜひ獲っておくれ!Allez、Stan!

そしてジョコビッチ優勝おめでとう。苦しい試合をよく勝ちきりました。さすが、ジョコビッチの強さが光った試合でしたね。序盤はあれでしたが、やはりクレーで必要な動き、守備力、という点で力の差をみせつけてくれました。私はナダルくんも好きだけどジョコビッチも大好きなので、ジョコがどんどん上の2人に追いついてきてくれるのは非常にうれしいです。でもちょっぴり複雑な気分ではあるが…全仏の第2シードは誰になるのか、ナダル君が死守できるのかジョコが差しきって奪い取るのか、の戦いも楽しみなところです。



Qatar Telecom German Open

決勝

⑬Dinara Safina(RUS) 3-6 6-2 6-2 ⑦Elena Dementieva(RUS)

今週はベルリンも波乱が多かったですね。日没順延などもあったりして。そしてその混戦レースを制したのは、やはりサフィーナでした。おめでとういやはや、本当に優勝にふさわしい。勝ちあがりがすばらしかった。エナン、セレナと優勝候補をフルセットで撃破。両方とも第1セットを失ってからの逆転勝ちでした。劣勢になっても崩れなかった。キレやすいという印象のある(兄の影響?)サフィーナでしたが、今週は本当に我慢に我慢を重ねていたんでしょうね。そして決勝戦も、すごくタフな試合になりました。

ガオラで放送されてましたねー。見よう!と思ってがんばってたんだけど、寝てしまった…zzz。でも序盤見た感じではデメのほうがショットの精度もよく、動きもサフィーナはいまひとつな感じでした。実際自分でも動きが悪かったと言っている。デメはサーブが、思いのほか?入ったようで、第1セットは、ダブルフォルトが1つ!…やっぱりサーブさえ克服すればデメだってやれるんだよなあ…サーブさえ入ればなあ…。

しかし第2セットに入ると徐々にサフィーナが調子を取り戻すようになり、1stサーブがよく決まっていたようですね。そしてドロップショットを多用したのがよかったと、語っていますね。実際強打でデメを後ろに下げといて前にポロリ、ていうショットがありましたね。ショットの強さも効果的で、かなり激しいストローク戦が続きましたが徐々に主導権を握るようになりました。最後のセットはまた起きて見ましたが、サフィーナの攻めが完全に上回っていた感じですね。デメも必死で食らいついていたけども、第2セットとって勢いを取り戻したサフィーナの強打を覆すのは、難しかったようです。

デメは、ヤンコビッチ、イバノビッチとセルビア2強を下しました。これも見事な勝ち上がりです。イバノビッチは日没順延になって試合が続いてしまったのがちょっと不運でしたね。OOPの後のほうに組まれる選手はどうしてもこういうことが起こりうる。雨の中断などもそうだけども、こういうゲームと関係ない要素も入ってくるから、大会を勝ち抜くというのは本当に難しいものだと思います。

というわけで、女子の全仏前哨戦はあとローマがありますねー。今度はマリアちゃんが登場するのかな。エナンはエントリーしてたんですね~知らなかった。でも結局疲労ということで欠場、罰金のおまけつき…こういう罰金って必要なんですかね。きついのにムリして出させて何のいいことがあるというの。


全仏にむけての前哨戦も、いよいよ終盤戦です。来週は、男子がハンブルグ、女子がローマと、またまた大きな大会が控えています。ハンブルグは、AMSとしての開催が今年で最後ということのようです。ということは…ナダルくんがハンブルグのタイトルをとる最後のチャンス、ということになるんじゃないか?と勝手に考えてます。ていうか出場できるのかなー。足はよくなったのかなー。なんでも痛めたとこの出血がひどくて注射器で抜いてたほどで、それが痛くて痛くてたまらんでタオルを噛んでいたらしい…う~んそんなんでだいじょぶなのか?しかし先週末ゴルフやってたらしいから、大丈夫みたいよ~、とNeil Harmanさんが書いているので、まあそれを信用して期待することにしましょう。

今日の1曲
Better Days/Goo Goo Dolls


86年デビュー。最初のころはなかなか売れなかったようで下積みがながかったようですが、やがてブレイクして「ベスト・アメリカン・ロック・バンド」といわれるようになった、とありますねー。ネームやアイリスといったヒット曲が有名ですね。やさしく包み込むようなメロディーがたいへん美しく、聴いていて心があったかくなれる感じです。この曲は2005年と比較的最近の曲ですね。

ここんとこ、選手がツアーに関して協会に疑問を投げかけたり、抗議をしたり、不満を述べたりすることが多くなっています。マリアちゃんの写真撮影に関するWTA批判しかり、ナダルくんのクレースケジュール批判しかり、スペインのデ杯開催地問題しかり…今週はその不満が爆発した形になりました。…そしてローマではリタイア続出で、不幸にもナダルくんの予言どおりとなってしまいました。協会側がよかれと思ってやっていることが、選手たちを苦しめる。選手たち、ファンの望みが、組織には届かない。どうしてこんな風になってしまったんだろうか。テニスを、すばらしいスポーツとして愛している、みんなの気持ちはひとつのはずなのに…みんなこれ以上、争いごとを、したくないし見たくない。なんとか、解決策を見出して、欲しい。すばらしい選手たちが、充実した、いいツアー生活が送れるように。

you ask me what I want this year
And I try to make this kind and clear
Just a chance that maybe we'll find better days
Cuz I don't need boxes wrapped in strings
And desire and love and empty things
Just a chance that maybe we'll find better days

I wish everyone was loved tonight
And somehow stop this endless fight
Just a chance that maybe we'll find better days

あなたは僕に今年何が欲しいのか聞いた
そして僕はそのことについてはっきりさせたい
今よりすばらしい日を見つけられるたったひとつのチャンス
リボンで飾られた箱なんていらなのさ
希望とか愛とか、中身のないものよりも
明日を今日よりいい日にするためのチャンスを 
たったひとつでもいいからほしいんだ

今夜、すべての人が愛されますように
こんな終わりのない争いが終わりますように
たった一回でいいから、僕らがよりよい生活ができるようになる
チャンスが与えられますように


(聴いてみる)



眠れぬ夜は君のせい
2008年05月09日 (金) | 編集 |
ATPへの嘆願書署名はこちらから

今週のローマとベルリンはなにかといろいろあっていますね(- -)。…悪い予感はよく当たる…ナダルくんやっぱり足を痛めて負けてしまった・゜・(PД`q。)・゜・やはり連戦で相当足の裏に負担がかかっていたのだね…ナダルくんはサイア人でも宇宙人でもなく、やはり地球人だった…。でも重症な感じではなさそうなのが不幸中の幸いですかね(いやもちろん相当ひどい肉刺なんだけど、腱や筋肉とか中身じゃなさそうという意味で)。それに、あの状態ならフェレロにたとえ勝ててもスタン君に負けていた可能性が高いし、…どうせならスタン君に金星を上げてほしかっ…いやいやうそです、冗談です(^^;)

そしてこうなった大きな原因として今年のスケジュール問題があるんだけど、この1ヶ月か~な~り~不満をぶちまけていましたね。たしかにどう考えても今年のスケはおかしい。「じゃあバルセロナをスキップすればよかったんじゃない?」…そんなことを言う人は何もわかっちゃいない。スペイン人の彼にとってはバルセロナはAMS同様か、それ以上に価値のある大会だ。それはフェレル君にしても同様。バレンシア→モンテ→バルセロナと連チャンさせといて翌週ローマでATPブログ…そしてフェレル君も同様に初戦敗退…せつない。

ナダルくんのランキングポイント495点は、ATPが奪ったのだ。

というわけで、ファンがATPへ抗議の署名を提出することになったそうです。今回のことでATPに対して大いなる疑問や怒りをお持ちの方はぜひどうぞ。のびたさんのサイト(SMASHING HOURS)やnannanさんのサイト(Masters of the Game)、れいこさんのサイト(テニあれ)などに貼ってあるのをお借りしています。

こういうことは以前からあった。ロジェ君がいつだったかカナダ優勝した翌週シンシナティでマレイ君に負けたのも同じ。AMSを2週連続で開催するのが無理なことも(今回のバルセロナはAMSじゃないけどスケがタイトという意味で似たような状況なので)、数年前からずっと言われてきたこと。なんで性懲りもなく同じこと繰り返すのか?わかんないのかな?ATP役員ってバカの集団?…まあ日本の政治家見てもあまり知恵のありそうな人はいないし、トップってどの世界もこんなんなのかな…。そして欠場すれば義務違反と称して罰金を課し、一方でアメリカ人がモンテカルロに参加しなくても何のお咎めもない。

結局さぁ…世の中すべて、カネなんさね、カネ。カネカネカネ。

今回のスケジューリングは、北京オリンピックという隠れ蓑を武器に、視聴率を持っていかれそうなNCAAと時期がかぶらないためにマイアミを1週遅らせた。そのしわ寄せがクレーシーズンに来てるというわけなのさ。結局アメリカのいいなりなんだよね。アメリカは一番カネ持ってるし、大きな大会も開催できる。グランドスラムもある。ATPもWTAもITFもUSTAに頭が上がらないのさ。テニスというスポーツのクオリティよりも、儲けることが最優先。クレーで優位に立てないアメリカにとっては、クレーシーズンがどうなろうとどうでもいいんだろう。大事なのは春と夏のハードコードシーズン。
スペインのデ杯開催地問題も同じ。マドリッドでやればたしかに経済的にはいいだろう。強敵アメリカをホームで迎え撃つというこの状況を全く無視して金もうけに走るスペインテニス協会。戦う選手やファンのことを全く無視した会議室での非現実的価値観。

こういうことはテニスだけじゃないです。野球でも選手の意向を無視した合併問題でストライキがあった。柔道でもそう。柔道を「JUDO」にするために柔着に色つけてたたみを黄色くして…黄色い畳ってなにさ!たたみってのは緑に決まってんだよ。礼を重んじ一本を目指す格調高い武道である伝統を完全無視してただの格闘技にして人気高めて金もうけしようっていうフランス人のいいなり。
たしかにお金は、生きていくために大切だ。私だってお金は大好きだ。でも、お金は、人の心を、変える。非常識が常識になり、真実がみえなくなる。
どこの世界も、人として大切なものが、だんだん失われていく。

とまあこの2日間いろいろ考えてたらなんかちっとも眠れませんでした(←正真正銘のバカ)。
それはともかく、ナダルくんの代わりといっちゃなんですが、我らがスタン君ことバブリンカ選手が、今週ローマで準々決勝進出!これはうれしい。フェレロに勝ったということは…間接的にナダル君に勝ったことに…ならないか(^^;)あーやっぱ直接当たってほしかったな…バルセロナでもチャンスあったんだけどね…でも実際当たったらスタン君は手ごわそうなのでRGでは当たらないでほしいな…そのスタン君は、今日なんとジェームスブレイクと対戦!これはスタン君…ガオラ初登場のチャ~ンス!!絶対勝て!しんでも勝て!この機会を逃したら、準決勝以降しか放送されないガオラに出ることなんて一生ないかもしんまい。絶対がんがれ超がんがれ超超がんがれ!!どんな手段を使っても(おい)絶対負くんなよ!超がんがれ


それでは本日のメイン、女子のベルリン大会を続きで。



[READ MORE...]
柔よく剛を制するコート
2008年05月05日 (月) | 編集 |
柔体は剛球を制する?

Jelena Jankovic




世はゴールデンウィーク真っ只中…一応わたくしも暦どおりの休みではありますが(- -)。ああ…もうあと1日か…休みってなんでこんなに過ぎるのが早いのだ??昨日おとといとちょっと遊びすぎて今日はつかれきってます。残り少ない休みを有効に過ごすにはどうしたらよいかと考えあぐねているうちに休みが終わってしまいそうなので、ブログでも書くことにする。

クレーシーズンも真っ盛りです。男子は今週からAMSローマ、ハンブルグといよいよ佳境に入ってきた感じです。先週はナダルくんとゴンちゃんが優勝しましたね。2人ともおめでとうしかしうれしいんだけど心配だ…ナダル君はまだ4週連続RG前哨戦シリーズのやっと半分が終わったばかり。そして今度はまたきっついローマだなんて…連戦が続いて疲れがたまると怪我や病気などのリスクがもりもり上がって心配で見てられない(まあ見てますが)。もちろん結果も欲しいけれども、怪我や、病気のないように、それを一番に祈っている。ローマ大会も、くれぐれも、体調に気をつけて、心身ともに幸せな状態が続きますように。毎日、カエサルにおねがいすることにしよう。

そして女子のほうは、今週いよいよ!ベルリン大会がスタートしますね。女子のほうは、全仏前哨戦としては、このベルリンと、来週のローマが、ティア1ということもあり、最も全仏に向けてのポイントとなることだと思います。しかも、ベルリンは、トップ10のうち7人が参加、そしてトップ1、2、3、4(今はマリアちゃんが3位なので5が参加です)が全員参加と、もう垂涎ものの顔ぶれになっている。マスターズシリーズ並ですな。とくにエナンは毎年この大会に参加していて、翌週のローマには参加しないので、よりこの大会が全仏の行方を占うにあたり重要なものとなっているような気がする。というわけで、今週はこのベルリン大会をちょっと注目してみていくことにします。(まあそんなに毎日は書きませんが)

どう考えても、今の女子のクレーを考えたとき、エナンを抜きにしては語れません。現在全仏3連覇中ですから。しかし今年エナンはあまり調子がよくないようです。No.1らしからぬ敗戦が続いています。全豪のシャラポワ戦、マイアミのセレナ戦と、信じられないくらいいいところがなく一方的に敗れています。まあマリア戦はある程度は予想できた部分もあったけど、セレナ戦は…どうしちゃったの?あとから結果見たときびっくりしました。たしかにセレナ強いかもしんないけど、2ゲームしかとれないって…
どうやらエナンは右膝に問題を抱えているようですね。手術も考えたというくらいだから軽いものではないのでしょう。しかし25才という年齢を考えたとき、今手術をしたら復帰は少なくとも半年はかかる。それからまた一から…というのはんもう考えただけで辛い…そのままフェードアウトしてしまう危険性もある…。数年前ウィルスにやられて復帰するのに本当に苦しんで、やっとここまできたところなのだ。まあエナンがそう考えたのかどうかはわかりませんが、手術しないという選択肢を選びました。それが吉とでるのか凶とでるのか、それは、”We will see in a few month…”ていうところなんでしょう。

そういうわけで、技術でいえば当然No.1ではあるけれどもフィジカルに問題を抱えるエナンが今年全仏を乗り切って再び栄冠をつかむことができるのかどうか、はこのベルリンがある程度試金石となりうるのではなかろうか。

そして、エナンの4連覇を阻止すべく立ちはだかるライバルたちにとってもそれは同様。女子の場合、男子に比べて「クレースペシャリスト」というのはあまりないように思う。クレーだから○○が強い、とか、サーフェスによって勢力図があまり変わらないのが女子の特徴だ。クレーでもトップ10選手は総じて強い。しかしやはりハードコートとは、やや赴きが違ってくるところも当然あると思うのだ。
では、どこがクレーではポイントとなるのだろうか。


[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。