Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


冷静と情熱の間
2008年07月09日 (水) | 編集 |
優勝おめでとう

5度目の栄冠

Venus Williams




一昨日の男子に続いて今回は女子のランキング更新です。ていうか女子のランキングのこと書くのはこれが初めてかも。
男子同様、ここではいわゆるふつう表現されるランキングではなく、今年のみのレースランキングを表示しています。

Race To Doha 2008


7月7日付

1位 Ana Ivanovic 2761p
2位 Jelena Jankovic 2645p


去年から今年にかけて、男女セルビア勢がテニス界を大いに沸かせましたが、今回のウィンブルドンはそれが影を潜めた結果となりました。とはいっても全仏までの貯金と上位の崩れのおかげもあってセルビア2人がトップ2をキープしてますが。イバノビッチは、先週も書いたけども、やはり全仏からの準備があまりにも足りなさ過ぎた感じです。特にフィジカルに問題があったとは思えないので、やはりメンタル的なものでしょうか。あれだけ気力を振り絞って全仏という大きな栄冠に初めて到達した後は、どうしてもややバーンアウト気味になってしまうのは仕方がないことかもしれません。今度の全米は前哨戦もたっぷりあるし、仕切りなおす時間に余裕があるので、やはりイバノビッチはキーウーマンとなってくるでしょう。全米まで1位をキープできるか、というのもみどころですね。

ヤンコビッチは逆に、フィジカルに問題を抱えながらの戦いとなりました。ミドルサンデーは練習がろくにできなかったようで…タナスガーンに敗れました。去年の後半から、ヤンコビッチは連戦による疲労と怪我が課題だと多くの人が指摘していました。それが今年に入ってもまだ続いているようです。そんなにパワーで押す、というタイプではないし技巧派なところが私は好きなんだけども。リタイアこそ少ないけど、試合中のインジャリータイムがあまりにも多いという印象がある。そのへんを克服できれば、初グランドスラムも見えてくるのではないでしょうか。というかまだ決勝進出も果たせていませんが。もうそろそろ決めないと…なんかずるずるいっちゃいそう…。去年からトップ選手の仲間入りをして、もう一段階ステップアップするためには、ここらでどかん!とひと爆発が欲しいところです。

3位 Serena Williams 2465p

去年の全豪で衝撃の復活優勝を遂げたあとはことごとくエナンに道を阻まれGSでは敗退してきたセレナ。そのエナンが引退して、やはり実力者がこのウィンブルドンで力をみせました。以前の姉妹対決ではセレナが女王だった勢いそのままに姉を圧倒していましたが、今回の姉妹対決は違うものになりましたね。セレナは妹らしく闘志をむき出しにして戦いましたが、冷静さや緻密さで姉のほうが上回っていた分敗れてしまったのかなという気もします。セレナはパワーテニスが身上だけども、年齢も20代中盤になって、筋力や体力も衰えてくるし、若い選手もどんどん出て来ているし、今までと同じ戦い方では勝ち続けるのは難しくなっていくのではないでしょうか。

4位 Maria Sharapova 2455p
5位 Elena Dementieva 2051p
6位 Svetlana Kuznetsova 1821p


今回のウィンブルドンで一番びっくりした番狂わせをひとつ挙げるとすれば、私はマリアちゃんの2回戦敗退です。たしかに前哨戦をせずにぶっつけ本番ではありましたが、100位以下の相手にあんな負け方をしてしまうとは。優勝するかと思ってたのに…う~ん。全豪での本当に充実したプレーぶりを見て、「こりゃ今年はマリアがくるな」と思いましたが、なかなかうまくいきません。他の選手が実力をつけてきて、マリアちゃんのパワーにうまく対抗する術を身につけてきたということかもしれませんね。しかしこれからは夏のハードコートシーズン、マリアちゃんがもっとも得意とするサーフェスシーズンがやってきます。巻き返しを期待したいです。

一方のデメはこのところ調子を上げてます。グランドスラムでも安定して上位進出するようになりました。やっぱりサーブがすごくよくなってる!ストロークの実力はトップクラスだから、サーブの問題さえ解決すればこういうことになるのはごく自然なことです。デメの場合はパワーもあるけどスピードというか、切り返しのうまさというか、そういうのをすごく感じます。デメは白がとてもよく似合いますね。顔はマリアちゃんに負けないくらい美人なのにウェアがいまいちなせいで(すいません)なんか垢抜けなくみえてしまう…でもそこがデメの魅力でもあるんですが。今回のウェアは割りとよかったような気がする。全米や全豪ではほかのメーカーの色とりどりのおっされ~なウェアに比べるとどうしても見劣りしてしまう○○ッ○○…いいんだ。テニスはウェアじゃない。プレーで勝負。



以下は続きで。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

不思議な壁
2008年07月07日 (月) | 編集 |
優勝おめでとう

マルカの一面

Rafael Nadal




久々にランキング更新です。

Road To Shanghai 2008

7月7日付

1位 Rafael Nadal 955p


ナダルくんウィンブルドン優勝おめでとう!!!!!

すばらしい、本当に感動した試合でした。あまりにすごすぎておなかいっぱい…何を書いたらいいのかわからない…というか極度の睡眠不足で頭が働かない…。でも本当に、勝ててよかった…しかし負けたロジェ君の気持ちを思うと胸が痛い…でもやっぱうれしい…複雑な心境です。。最初2セットとてもよい感じで先取できて、3セット目もマッチポイントがあって、これで決まりかと思いきや…そんな世の中甘くはなかった…ロジェ君が真価を発揮して、そこから逆転されて、さらに4セット目もタイブレ大逆転されてファイナルセットも7-7。いい動きとショットで王者を苦しめているのに、なかなか勝ちきれない…あぁやっぱりだめなのか…一時は見るのが本当に辛かったです。本人が一番辛かったでしょう。そこをよく耐えて、耐え抜いてくれたと思います。リードしていて追い上げられるときの特有の恐さというのが本当に感じられました。しかもその相手が芝のフェデラーだもの。。。これ以上恐い相手はいません。

2セット先にとれたのがよかったのかもしれませんね。これが1セットオール、とかだったらなかなか芝生では気持ちで優位に立てない分実績十分のロジェ君に先手をとられていたかもしれません。といってもファイナル7-7までいったのだしどっちが勝ってもちっともおかしくなかったのだけど…しょせん結果論かもしれませんが。

ローランギャロスも感動したけども、この芝で、ナダル君が優勝カップを持つ日がくるなんてなあ…もちろんそうなることを信じて応援してきたけども、こうやって現実になるとなんかまだ信じられない感じです。土以外ではなかなかうまくいかないことも多かったけど、でもこの数年年芝で努力してきたのがついに実りました。去年の決勝でのつらい敗戦の経験を糧に、今日の王者の追い上げを交わして、ついに芝で勝ちきることができた。これからのキャリアにおいて、重要な一勝になると思います。

試合中はひざに不安があるようでしたが、大丈夫なのかな。それがちと心配です。2005年のときのようなことにならないように、ここでしっかり休養して、また夏のハードコートシーズン元気な姿を見せてほしいです。本当におめでとう!おつかれ~!

2位 Roger Federer 685p

ロジェ君もがんばりました!3、4セット奪い返したのは見事だった…マッチポイントもありながら…5連覇中の王者がストレートで負けるわけにはいかないという、気迫と根性を感じました。この決勝を歴史的試合にしたのは、間違いなくロジェ君のすばらしさがあったからだと思います。本当に接戦で、ブレイクポイントもいっぱいあって、勝つチャンスはいくらでもあった。しかし、先行逃げ切り型のロジェ君が2セットダウンというのは、いつものパターンでないだけにちょっと厳しかったのかなとも思う。それだけナダル君のストローク、球の強さがすごかったということなんだろうけども。でも後半は、追い詰められて開き直ったかのような力の抜けたすばらしい王者らしいプレーで、さすがNo.1でした。
しかし、2セットダウンから追いついた後さらに追い抜く、というのは本当に難しいことなんだと思いました。もちろん2セットダウンからの大逆転は今大会何度か見られたし、そうなる可能性もたくさんあったんだけども。最後はやや疲れでポイントを失ってしまっていたようにも思えました。

勝負の世界は厳しいと本当に思います。2人ともが同じくらいがんばってて同じくらい強くて、全く5分5分の試合でも、勝者になれるのはただ一人。どんな形でも、決着をつけなければいけない。どちらかが敗者になるのは本当に残念なこと。でも敗者がいるからこそ、勝者が生まれる。その残酷さの上に成り立つ優勝という栄冠に向かって、こんなに全力を振り絞ることから、こんなにすばらしいドラマが生まれるのでしょう。こういうとき、やっぱグランドスラムのファイナルセットはタイブレじゃなくこういう2ゲーム連取、という形がいいのではなかろうかと思いますが。今回は残念ながら敗者になってしまったけども、間違いなくロジェ君はナダルくんと同じくらいすばらしかったと思うし、形の上では勝者は1人だけども、ロジェ君もみんなの心のチャンピオンであると、思います。

しかし…試合が終わったのが、5時すぎ…結局完徹(- -)…いつぞやのローマの決勝戦を思い出すなあ。あのときも超接戦で、5時間越える試合でやっとこさ紙一重でナダル君が勝ったのが朝6時すぎで完徹で月曜へろへろだったっけ…今日もへろへろでした。しかし土はともかく芝で5時間近くという試合はなかなかない。しかもGS決勝戦で…雨の中断もあったけども、4時間48分の熱戦でした。雨といえば、来年からはセンターコートに屋根がつくから、決勝戦が雨で中断、というのはこれが最後になりましたね。あのセンターコートでのスタッフのすばやいコートカバーかけはウィンブルドン名物だったんだけども、ちょっぴりさみしい気もします。


以下は続きで。




[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。