Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第1クオーター終了、クレーシーズン突入
2010年04月06日 (火) | 編集 |
ずいぶん放置していてすいませんでした…汗汗汗。このところ家庭の事情などがありなかなかテニスを楽しむ余裕などもなく、twitterにはちょこちょこ書き込んではいましたががっつりブログに取り組むことができないでおりました。

が。

いよいよクレーシーズン突入!これはさすがに書かなくっちゃ…というわけで久々に更新。今回はアメリカのインディアンウェルズ・マイアミと、シーズン序盤のハードコートが一段落したということで、この2大会を中心に。
ランキングは、きちんと書く余裕がないので割愛します…すいません…。

WTA

ヤンコビッチ、インディアンウェルズ優勝

女子はインディアンウェルズはウィリアムズ姉妹が毎年欠場するし、それ以外のトップ選手もマイアミを重視して欠場する選手が多く、やや淋しい内容になりがちです。しかし大会規模としてはグランドスラム以外では最大級、ポイントも賞金もがっぽり、この大チャンスを逃す手はありません。そして今回その大チャンスをものにしたのが、ヤンコビッチでした。最近は大きな大会でなかなか勝てずWTAの主役というわけにはいきませんが、それでもイバノビッチと違いトップ10をキープしているあたりはさすがです。今回も、次世代の一番手といわれるウォズニアッキに貫禄のストレート勝ち。個人タイトルは12個目、そしてそのうち8つがプレミアと、手堅く結果を出しています。

準優勝のウォズニアッキは現在ランキング2位ですね。うーんしかし、彼女の2位というのはなんかしっくりこない…もちろん今までこつこつと勝利を積み重ねの結果で堂々の2位だけど、グランドスラムでやっぱ結果出してないからなあ。もちろん全米は準優勝だったけど、まあドローに助けられた部分も大きかったし。ウォズニアッキに足りないものは、グランドスラムで、トップの選手を破ってのビッグな勝利、だと私は思います。トップといってもそれはランキングではなく(だって自分が2位だし)、セレナ、ビーナス、キム、エナン。この4人の現・元女王たちにグランドスラムで勝つ。それが欲しいな。

キムVSエナン、ベルギーライバル対決!

そしてマイアミはすごい対戦がありましたね~。キムとエナン、やっぱこの2人の存在はでかいわ…。準決勝で対戦、試合はファイナルタイブレまでいく壮絶な戦いになりましたね。最後のタイブレだけみましたが、キムが6-3になって決まりかと思いきや、エナンが6-6に追いつく。いやはやすごかったです。最後はキムがねじ伏せましたね。事実上の決勝戦といってもいいでしょう。そしてキムは決勝でビーナスを破って、見事マイアミ優勝、ランキングもいよいよトップ10入りです。
元女王として再び1位を目指すのか?という質問には、1位にはこだわらない姿勢を見せていますね。シーズンをフルに戦うつもりもなく、やはり子供との時間を大切にしながら、グランドスラムやその前哨戦を中心に大会を選んでその中でベストを尽くす。ランキングのことはほとんど気にしていないでしょう。
テニスはグランドスラムの重要性が他と桁違いだし、グランドスラムを勝ってなんぼという世界だから、ランキングと実際の勢力図にずれが生じてくるものですよね。そこらへんはプロテニスを見ない人にとってはわかりにくいところかもしれません。

ちなみにエナンが22位にこちらもランクアップしてますね。エナンもキム同様大会を選んで出場するだろうからまた1位へ、というのはやや考えにくいけど、子供はいないし独身だからキムよりはテニスだけに打ち込めるかもね。

バイディソバ結婚、引退へ

なんと!20才のバイディソバが男子テニス選手のステパネクと結婚し、そのまま引退しちゃうそうです。へええ~。んまあ最近は成績もぱっとしなかったし、予想外というわけではないけど、ちとびっくりしました。でも、愛する人と一緒になるというのはすばらしいことですよね、おめでとう!ステパネクもついに年貢の納め時がきたか。
2006年と2007年、グランドスラムベスト4入り、17才でランキング7位と将来を嘱望されていたはずでしたがその後はずるずる後退、最近はニュースに名前さえあまり見かけなくなっていましたね。でも、キムやエナンの復活のあとだけに、…数年後また復帰するんじゃね?と思っている人は私だけではないと思いますが。とりあえず、おつかれさまでした。

今年のクレーシーズンはどうなる?

マイアミが終わりいよいよシーズンも第2ステージ、クレーシーズンへ突入です。女子は男子と違ってサーフェスが変わっても力関係はそれほど変わらないものだけど、それでも、ハードコートを得意とする選手が多いだけにこのクレーは少し鬼門というか、パワーだけではおしきれないだけに、いろんな選手にチャンスがでてくるような気がします。
クレーといえばやはりエナンが注目です。エナンのクレーでの強さは他を寄せ付けないものがあります。技術的なことはよくわからないけど、フットワークや球種の使い方や選択、試合運び、メンタル、どれをとっても、エナンが飛びぬけているように思えます。…といっても、それは、エナンが体調万全で好調であれば、の話。復帰して3ヶ月、そろそろ試合カンも戻りつつあるとは思いますが、ローランギャロス勝ちまくったあの全盛期にどれだけ近づけていけるか。体も小さく怪我も多いだけに、コンディション次第というところなのかな。
あとはサフィーナも比較的クレー強いけど、腰の怪我でまだ復帰のめどが立っていない状態なのでなんともいえない。キムはクレーはそれほど得意ではないというイメージがあるけど、もともとの力があるだけに、やはりあなどれません。セレナやビーナスもしかり。ローランギャロス優勝経験のあるクジーや、ファイナリスト経験のあるデメたんなども気になります。

私はエナン大好きなのでまたエナンに活躍してほしいなあ…なんちて。でももちろん他の選手の活躍にも期待しています。クレーは何が起こるかわかりませんものね。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。