Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全仏オープンいよいよ開幕! -男子編-
2010年05月22日 (土) | 編集 |
女子につづいて今度は男子です。

ラファエル・ナダル、クレーキング奪回にむけて

まずはやっぱり我らがラファことナダルくん。今年の前哨戦は例年以上にパーフェクトに近い戦いでしたね。去年の教訓があったからか、地元のバルセロナを欠場してマスターズ3大会に絞ったのがよかった。その3大会ですべて優勝!おいしいところを独り占めしてしまいました。とくにモンテカルロは強かったなあ。ローマやマドリッドでは苦しい試合もあったけども、持ち前のメンタルタフネスと勝負強さで乗り切り、自信もまるっとついて満を持してのパリ入りとなりました。

といってももちろん不安要素がないわけではない。サーブゲームで攻められてブレイクのピンチになることが多すぎて…強いといってもそれは結果だけ見てのことであって、内容では相変わらずひやひやの場面も数多くありました。ローマやマドリッドではショットやプレーに精彩を欠く場面もありましたが、それでも負けない。しばらく影をひそめていたバックの強いショットがまた復活してきているなあという印象があります。あれがあるとないとではフォアにかかる負担度もずいぶん違うしね。ちなみに同じ年にマスターズクレー全制覇は史上初、そしてマドリッドの優勝でアガシを抜いてマスターズシリーズ優勝回数でも歴代単独1位となりました。

以前フェデラーが最強だったころ(てか今も1位だけど)、「フェデラーの敵は彼自身」と言われていたことがありました。今のクレーのナダルくんも同じだと思う。今の彼にとって、怖いのは相手以上に自分自身。ひざに爆弾を抱えているし、ただでさえ怪我の多い選手ですからね…だからといって負けたときに怪我を言い訳にするわけではないけれど。試合では何が起こるかわからない。

とはいっても、とりあえず、アクシデントやトラブルが起こらず、ナダルくん自身のいつものプレーができれば、普通に優勝するんじゃね?と例年になく余裕かましているんだがよいのだろうか。。。過去のようなびくびく感は私は持ってない。もちろん負ける可能性はいつだってあるし怖さはなくはないけど、それはほかの選手にも言えることだし、万が一負けたらそれはそれで仕方がないさ。去年の悪夢を経験したので、たいがいのことにはもうびびりませんよ(- -)。せっかく前哨戦こんなすばらしい結果を残してるのだし、ラファを信じてネガティブなことはあまり考えず楽しく応援していこうと思ってます。

そのほか続き以降で。


[READ MORE...]
スポンサーサイト

全仏オープンいよいよ開幕! -女子編ー
2010年05月22日 (土) | 編集 |
お久しぶりです。最近家庭の事情などでテニス観戦からもブログからもだいぶ遠ざかっていましたが、そうこうするうちについに全仏開幕前日になってしまいました(汗)。身の回りのこともだいぶ落ち着いてきたので、ブログ再開~。長いこと更新しなくてすみませんでした。

今年はテニス情報をあまり追っかけていないので正直あまりよくわかりませんが(^^;)、とりあえず明日から開幕する全仏オープンを前にいろいろと書いてみたいと思います。まずは女子編。

前哨戦の結果

レッドクレーのプレミア大会は4大会行われます。今週ワルシャワがあっているけども、そのほかドイツのシュトゥットガルト、ローマ、そしてマドリッドの3大会は終了。優勝したのは、それぞれエナン、マルチネス・サンチェス、そしてレザイと、フレッシュ(一部そうでないけど)な顔ぶれとなりました。

エナンは、今年現役復帰してからのシングルス初タイトル。やはり過去にもこのシュトゥットガルトでは数々の活躍をしてきただけに、強かったですね。準決勝のヤンコビッチ戦では対戦成績を10連勝負けなしとまた強さをみせつけました。女子の場合はクレーとハードなどほかのサーフェスでそれほど力関係が変わらないとはいえ、やはりクレーは番狂わせが起こりやすいと思います。パワーだけでない、クレー独特のあのスライドフットワーク、それを苦手にしている選手も多いみたいだし。そんな中エナンの技術、クレーの実績ともダントツです。エナンの調子、体調が万全であれば、やはり私は全仏優勝候補一番手だと、思います。ていうか希望でもあるんですが^^。

マルチネスサンチェスはこれが3度目のシングルスツアー優勝ですが、プレミア大会優勝は初めてのようで、しかもウォズニアッキやヤンコビッチといった強者を破っての優勝。スペイン選手だからクレーはなんとなく強そうという短絡的なイメージしかなくてすみませんが、全仏に向けて大きな弾みになりそうです。

マドリッドは、フランスのレザイが優勝!プレミアでの優勝はこちらも初めて。しかも初戦でエナンを破ったあとヤンコビッチにも勝って決勝ではビーナス・ウィリアムスにストレート勝ち。これはすごい。。全仏は地元だし、これは気合が入っていることでしょう。

プレミア以外にもアカプルコやその他ISの大会も数多く行われましたが、フォローしきれてません。。。

続きのあとにもいろいろと。

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。