Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハース負けちゃった-ロサンゼルス 7/27
2005年07月28日 (木) | 編集 |
ぼくちんのことも忘れないでね~

Dominik Hrbaty

@Yahoo!sports



Mercedes-Benz Cup

キッツビュールでも第1シードが敗れるという波乱がありましたが、ここロスでは、去年のチャンピオンが早くも負けちゃいました。あ~ぁ。昨日大々的にハースの特集したばっかりだったのに…やっぱあのときひねった足がまだいまいち回復しきれてないのかな。

サビエル君はハースにこれまで2勝8敗。しかも最近は4連敗中と、全く歯が立ちませんでした。しかし今日はサビエル君ついに!連敗を止めました。第1セットは「完璧なプレーができていた」というハースに簡単に取られてしまったけど、第2セットにややハースのサーブで精彩を欠くゲームがあり、サビエル君にブレイクを許してしまいます。これが悪夢の逆転劇の始まりでした。これで勢いづいたサビエル君が第2セットとりかえします。ハースにもブレイクのチャンスがあったようですが、サビエル君を攻め切れません。

そしてファイナルセット、サビエル君が先にブレイクして3-2と一方リード。その後ハースにもまたブレイクチャンスがあったけど、またもや。サビエル君を攻めきれません。結局、チャンスをものにできなかったハースと対照的に、18もエースを出し、総ポイント数ではわずかに2ポイント差だったものの、確実にブレイクに成功したサビエルが、やっとハースに勝てました。

今年はマイアミでの試合で判定に逆上してしまい、審判に暴言を吐きなんと4週間の出場停止。その後は今のところは…やらかしてないようです(笑)。まあまだほとぼりが冷めたとは言えないから、今度またやらかしたら大変だしね。本人もそのことはよくわかっていることでしょう。

一方、敗れたハース。ウィンブルドンで負傷して戦列を離れたことは言い訳にしてません。「今日は実際、しっかりプレーできたとは思った。少しミスがでてしまって、チャンスを生かせなかった。それがどんな試合でも鍵になるね。」そして、サビエル君のサーブ力のアップにとてもびっくりしていたようです。「あんなに安定したいいサーブを彼が打ち続けるのは見たことなかったよ。しかもいいプレースメントだった。それに対して僕は何もできなかったよ。今日の彼のサーブはまさに勝利に値するね」。

ん~、昨日、「人生のピンチを切り抜けたハースには次はチャンスが待っているでしょう」と書いたが、まだこの大会ではそれは訪れなかったようです…でもいつか絶対ハースが大きなことをやってのける日がくると思うんだけどなあ。あきらめずにがんばってくれ、ハース!この歌でも歌いながら…じぃ~んせいら~く~あ~りゃ~く~もあ~る~さ~♪

そのサーブについてですが、サビエル君曰く、「モーションをちょっと変えたんだ」。そしてその新しいサーブを生かすために練習してきたのがうまくいきつつある、とのこと。「いいリズムでプレーできたし、調子はよかったよ」。

お次は第2シードの割りに存在感が今ひとつの(ごめん)ドミニク。まあ地味な存在だろうが、勝っていけばそのうちみんな気づいてくれるさ!というわけで、今日は、前回フルセットで負けているヘルニッヒとの対戦。ヘルニッヒはアングルショットやクロスのいいショットが多いのでタフだ、とかなり警戒していたようですが、それがいい方向に作用したのか、ストレートで下しました。6回のブレイクチャンスのうち5回成功したそうです。

「今日はベースラインからのプレーがよかったね、それに何本かいいボレーもあったし。僕としてはあんまりミスが多くなかったと思うし、1stサーブもどっちかというと入れにいってたんだ。だって2ndにあんまり自信もてないからね。まあとにかく、今日のゲームはよかったよ」。
おつぎはチェラ。最近元気なかったはずなんだけど、今日はツルスノフをフルセットで下しました。あ~ぁ。私はちょびっとツルスノフを応援してたんだが。もともとは棄権した魚&デントの恩恵をうけて出場。しかし相手も同じラッキールーザーだったのが幸いして、見事1回戦勝利し、この2回戦も、まだ最初のうちはラッキーが続いていたようで第1セットは最後4ゲーム連取でとりました。そして第2セットもツルスノフが2ゲーム連取。そこまではよかったんだが…。

そこからなぜかチェラが巻き返してしまいました。なぜそうなったのかあまり詳しく書いてある記事がないのでよくわからないけれど、チェラはその後6回ブレイクに成功したそうです。まランキングはチェラのほうが上ですし、順当勝ちなのではありますが。ややツルスノフのミラクルを期待していた私としてはちと残念。

最後は、ブラジルのメロ。南米人というとクレーが好きそうだけど、メロは結構ハードにも出てますね。今年初旬はデルレービーチにも出てたし。今日は、ATPレベルの試合で初めて一昨日勝ったという予選あがりのHadad相手でしたが、あまり苦労することがなかったようです。「今日は最初から最後までずっといいプレーができたよ。すごく集中できた。僕にとっては、1週間に2回勝てるというのはとてもよいこと。自信になるよ。次の試合も同じようになるといいね。同じように集中して、いい試合をしたい。」。次は第2シードのドミニクです。

②Dominik Hrbaty(SVK) 6-4 6-2 Jan Hernych(CZE)
Xavier Malisse(BEL) 1-6 6-3 6-4 ④Tommy Haas(GER) 4
Juan Ignacio Chel (ARG) 3-6 6-4 6-2 Dmitry Tursunov(RUS)
Ricardo Mello(BRA) 6-3 6-1 Amir Hadad(ISR)


関連記事
Doubles Dominates Play in L.A. on Wednesday(ATP official)
Malisse advances to quarterfinals with three-set win(ESPN)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。