Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


嵐の前の静けさ… -ウマグ 7/28
2005年07月29日 (金) | 編集 |
癒し系No.1です

Carlos Moya

@Yahoo!sports


Croatia Open Umag

今日のウマグはとても暑かったみたいです。まあ真夏だしね。どこも似たような天気なのでしょう。今日で2回戦も終了。いよいよ明日からベスト8のあつ~い戦いが始まるけれども、その顔ぶれをご紹介。まずは第3シードのロブレド君。ほとんどこの大会をのっとってる状態(笑)のスペイン勢の中でトップシードだし、こんなとこで負けられんよね。今日はTipsarevicに快勝です。

第1セット、先にサービスブレイクに成功して4-2とリードして、第2セットもオープニングゲームでいきなりブレイク成功。Tipsarevicの反撃のチャンスも切り抜けて、最後は4ゲーム連取で完勝です。

これでロブレド君は今年5回目のQF進出。ドバイ、エストリル、ローランギャロス、バスタド、そして今回。んでドバイとバスタドではSFまで進んでますし、エストリルは決勝まで。なかなかいい結果が出ているような感じもするけど、まだ優勝がありません。去年はバルセロナという大きな大会での優勝もあったロブレド君ですが、それ以来タイトルはなし。RGでのサフィン相手の力強いテニスを考えるとどこで優勝してもおかしくない感じするんだけどなあ。

あのときは、サフィンの高いレベルのテニスに引きずられてロブレド君もいいテニスができていたような感じもある。だから、下位の選手が上位選手と対戦して結構いい勝負をするのは、無欲で無心で戦えるからというのと、相手のテニスのレベルに引き上げられるから、という面もあるんじゃないかしらん。そういうことが続いていくうちに自然と自分自身で高いレベルでプレーできるようになる。練習量がどうとかいう話はあるが、試合そのものが練習になってるんですね。試合でしか得られないことはたくさんあるでしょう。それが自分より高いレベルでプレーする人ならなおさら。だから、ノーシードの選手がいきなりトップシードと対戦することになっても、それは運が悪いんじゃなく、むしろある意味ラッキーなこととも言える。みんな強い選手と対戦したいのだ。

そのロブレド君と次に対戦するのは、第8シードのボランドリ。G-ロペス君にこちらも2ゲームしか与えない完勝ぶりでした。ボランドリも今年はなかなか調子よい。冬(まあっちでは真夏だが)の南米シーズン初戦のビラデルマでいきなりベスト4に入ったし、春のクレーシーズンでもカサブランカでベスト4。そこでプエルタ君に負けてしまったけど、モンテカルロではそのプエルタ君を破ってベスト8。ハンブルグとアカプルコでもベスト8でした。やはり得意のクレーではなかなかがんばっているし、今年はランキングも一時は自己最高の28位まで上げまました(今は37位)。しかしこの夏のクレーシーズンはあまり上位進出ができてません。グスタドでも地元のスタン君に初戦でやられてしまっていました。久々にベスト8に来ましたね。このボランドリもよく怪我でリタイアするよなぁという印象があるんだけど(ごめん)、今回は大丈夫みたいです。

第4シードのフェレル君も順当勝ち。今回も同国選手との対戦となりましたが、第1セットは2回ブレイクを決め、第2セットでは第3ゲームで2回のブレイクのピンチを逃れると、また4-2とブレイクアップに成功、試合の流れを決定づけました。

フェレル君の今年の活躍はもうみんな知ってますよね。ベスト8以上の成績は今年実にこれで7回目。なんといっても、マスターズシリーズのローマとマイアミでベスト4。クレーじゃないハードのマイアミでガオラに登場するとは思わなかった。まああれは半分退場になったサビエル君のおかげとも言えんこともないが…あのサビエル戦で負けそうだった試合で勝ちを拾ったことで、彼の活躍にスイッチが入った感じもしますね。それにモンテカルロとローランギャロスでもベスト8。フェレル君は大きな大会での活躍が目立ちます。それもあってランキングも今年はぐんぐん上がって今は21位です。

ただしフェレル君は癇癪もちですぐラケットを投げたりするね。あれがちょっと好きじゃない。まあラケットを壊すといえばあの人の右に出る人はいないんだけど、フェレル君も結構凶暴な部類に入る。ローランギャロスで椅子壊してたしね(笑)。いらいらを発散させるのも時には必要なことかもしれないが、その矛先をラケットに向けるのは、やっぱり何か間違っているような気がする。叩くなら自分の頭でも叩くがよい。

そして今日勝ち上がった4人のうちで唯一今年不振で苦しんでいるのが、モヤちん。去年はローマで優勝、マスターズカップにも出場できたのに、今年は今んとこ28位でかなり厳しい状況。去年得たポイントを失ってしまい、今年はエントリーも現在29位まで下がってしまってます。チェンナイで優勝したときには、「やっぱ今年も強いなぁ」と思ってたのに。肩の怪我がその一因となっているのは確かですが。あとはブエノスアイレス、アカプルコ、モンテカルロでプエルタ君に3連続やられた、ていうのもちょっときつかった。モンテカルロ1回戦でプエルタ君に負けた後、「こんなドローないよなぁ」と半ばグチっていたのが記憶にある。そしてその後プエルタ君はご存じの活躍。モヤちん完全に踏み台にされてしまった…。

しかも同じ故郷のナダル君が活躍するのと入れ替わるようにモヤちんが下がってしまっているのがちょっと悲しい。今年のナダル君のこの躍進をモヤちんはどんな心境で見ているのでしょうか。

そんな哀愁ただようモヤちんですが、今日は快勝です!あーよかった。これでベスト8。そして次は同郷のフェレル君との対戦ですね。今までの対戦はモヤちんの4勝0敗だけど、今年のこれまでを考えると、どう考えてもフェレル君に分がある。ランキングもフェレル君が上に来ちゃってるし。モヤちんちょっとピンチかもです。

というわけで、今年のそれぞれの活躍なども交えて今日は書きましたが、まシード選手が全部スコッと勝って、あまり波乱もない静かな今日のウマグでした。嵐の前の静けさ…そんな感じもするなあ。しかし明日からは強烈な嵐になること間違いない!特に大一番、あぁぁコリアVSフェレロ、うぅぅ気になるぅ~!ここからコリアに念力をおくって応援するぞ。コリア、がんばれ!君の勝利を信じているよ。

試合結果 2回戦
③Tommy Robredo(ESP) 6-3 6-1 Janko Tipsarevic(SCG)
④David Ferrer(ESP) 6-2 6-3 Fernando Vicente(ESP)
⑥Carlos Moya(ESP) 6-3 6-1 Kristof Vliegen(BEL)
⑧Filippo Volandri(ITA) 6-1 6-1 Guillermo Garcia-Lopez(ESP)


関連記事
Robredo moves on in straight sets(ESPN)
All Seeded Spaniards Through to Quarterfinals in Umag(ATP official)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。