Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビルボードチャート
2005年07月31日 (日) | 編集 |
いかん…音楽記事が最近すっかり滞ってしまってる…。やっぱ1週間に大会が3つっていうのはちょっときついねー。おかげで最近テニス記事ばっか。音楽のことも書きたいけど、全然書けん。ま、来週からはやや大会数が減るので、音楽記事ももう少し充実して書けると思います。

ということで、また遅くなってしまいましたが、今週のビルボードチャート更新。

8月6日付

シングル

1位 We Belong Together/Mariah Carey


まだ1位なのか!いい加減飽きた(笑)。ほんっとに強い。ところで昨年ジャネットの乳ポロリが大変問題になりましたが、危うくマライアもその二の舞をふむところでした。ドイツの生番組に出演中に衣装のトラブルで危うく見えそうになった!…しかし、ジャネットのこともあってスタッフがあの教訓をちゃんと心得てました。すばやく証明を落として見えなくしてしまったそうな。照明が落ちている間にマライアは衣装を直して、無事番組は進行したんだって。よかったよかった。せっかく復活したのに、またトラブルになったら大変だもんね。

2位 Pon de Replay/Rihanna

先週に続いて2位キープですね。1位が強いからなかなか動けないけど、ひょっとして栄冠を勝ち取る可能性もあるかもね。この人はDef Jam一押しの新人さんです。Def JamのCEOに成り立てのJay Zが自ら契約書にサインした、とのことです。かなり期待されてるようですな。その期待にたがわぬ今回の躍進です。

3位 Don't Cha/The Pussycat Dolls feat.Busta Rhymes

お~こちらもじわじわ上がってきましたね。このちょっと謎めいた感じのトラック、聴くとやみつきになるね。バスタのラップがいい感じでスパイスになっているので単なるポップス、で終わってない。これも次の1位強力候補。ラジオでよくかかってそう。(知らないが)

4位 Lose Control/Missy Elliott feat.Ciara & Fat Man Scoop

こちらも。ついにトップ5内に入ってきました。ミッシーはもう実力者だけど、この総合チャートで1位をとったことってあるのかしらん。私の記憶ではあまりないんだけど…ラップチャートでは常連1位でしょうが。

5位 Let Me Hold You/Bow Wow feat.Omarion

赤丸つきで上昇中ですね~。アルバムチャートでも健闘してますが、それに引きずられて上がってきてる感じ。おこちゃまからすっかり若者、という感じになって、まだ面影は残ってるけど、ずいぶん大人っぽくなりました。もうキッズラップ、とは言われないね。この曲は、メロウで切ない恋心を歌って(ラップ)してますね。でも、ちょっとまだ背伸びしてる感じかなあ。でもそこがまたかわゆい。オマリオンともいいコンビです。

そのほか注目

9位 Pimpin' All Over The World/Ludacris feat.Bobby Valentino

この曲はかなりお気に入りになりつつある。やっぱボビー君が出てるのが大きいかな。ボビー君のヒット曲「Slow Down」とちょっとトラックの感じが似ているような。あれをもうちょっと明るくした感じ。秘蔵っ子のボビー君と一緒にリュダもいつもの軽快なラップを披露してくれてます。

アルバム

1位 Now 19/Various Artists


今週の初登場はこれのみ。いきなり1位スタート。2週連続1位だったR.Kelly蹴落とされちゃいました。やはりNOWは強いねー。今回は、ウィル・スミスやアメリー、シアラちゃん、ボビー君などブラック系が多いかな。でも、3 Doors Downやボンジョビなどロックもちゃんと抑えてますね。あと、BSBやグウェン、コールドプレイなどメジャーどころもしっかり入ってます。私的おすすめは、ボビー君の「Slow Down」と、伝説(ジョン・レジェンド)の「Ordinary People」、そしてFrankie Jなんかかな。今旬の人がいっぱい入ってるので、洋楽何を聴こうか迷ってる人にはいい一枚かも。でも私はたぶん買わない。

2位 The Emancipation Of Mimi/Mariah Carey

先週4位だったんですけど、また上がってきた。これも長いなあ。もう書くことないので、次。

3位 TP.3 Reloaded/R. Kelly

1位から落ちちゃいましたがしっかりトップ5はキープです。このアルバムはバラードだけじゃなくて、ラップアーティストをフィーチャーしたアップナンバーが秀逸です。特に最初の2曲、これはいい!左サイドバーのR.Kellyのサイトにいくと部分的にアルバムの曲が試聴できます(自然に音がでてくる、結構音でかいのでご注意)ので、ぜひお試しください。1曲目と2曲目、これがよい。

4位 X&Y/Coldplay

こちらもしぶとくトップ5をキープ。UKスタジアム・ツアーを経験したばかりのコールドプレイですが、フロントマンのクリス・マーティンは「でかすぎた」と話しているそうです。「あれがウマくいったのは、オーディエンスが素晴らしかったからだよ。でも、俺たちはスタジアム・バンドじゃない。この次、イギリスでやるときは屋内だけでプレイしたい。スペースを活かしきれてないと思うんだ。まだボン・ジョヴィの域には達してないよ」。小さいとこのほうが確かに、一体感は得られるかもね。

5位 Wanted/Bow Wow

先週からはちょっと落ちましたがなかなか健闘してます。今このBow Wow君のサイト(左にリンクしてる)でこのアルバムの曲が部分的に聞けるのでそれ聴きながら書いてますが、なかなかよろしいではないですか!ちょっと地味目だけどスルメ的要素満載、という感じ。こりゃ買い、ですな!気にいったのは、1、4,7曲目。こういう低音が効いた重たいトラックが好きなのです、私。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。