Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


実はアガシに勝ったことあります-ロサンゼルス 7/30
2005年07月31日 (日) | 編集 |
muller.jpg大金星狙ってます

Gilles Muller

@Yahoo!sports




Mercedes-Benz Cup

準決勝

①Andre Agassi(USA) 6-4 6-2 Juan Ignacio Chela(ARG)

アガシ順調に決勝まで勝ちすすんできました!今日はチェラに70分の快勝でした。痛みもないようで、体もよく動いており、ドロップショットありオーバーヘッドあり、ハードヒットあり、機械のように正確なダウンザラインあり、多彩なショットでチェラを左右に振り回し圧倒したようです。

第1セット序盤から、アガシはチェラの動きをよく観察します。チェラが最初からすごい闘争心で向かってきたからです。「彼が最初からあんなにアグレッシブに来るとは思ってなかった。すぐに対策を練る必要があったね。彼がきっかけをつかみそうだったし。僕は自分のプレーのレベルを上げないと彼に主導権をとられてしまうと思った」。そして、アガシにうまく攻撃をかわされた後、チェラにややミスがでてしまいます。「彼(チェラ)がちょっと気負いすぎているような気がしたよ」。

一方、年輪を重ねた(失礼)アガシはそんな場面でも冷静でした。でも、必要なときには一気に勝負にでます。第7ゲームで先にサービスブレイクを決め、そのアドバンテージを守って第1セットをとることに成功します。「内容の濃い第1セットだったね。いつのまにかブレイクできていたよ」。「自分のプレーを上げていかなくちゃいけないことは分かってたし、試合が進むにつれてそれができた」。してやったり、のアガシ。百戦錬磨ですな。試合の駆け引きのうまさ、相手の観察力と臨機応援の判断力、見事です。

これでノッてきたアガシは第2セットもオープニングゲームでチェラのサービスをいきなりブレイク。第5ゲームではチェラもピンチをしのぎますが、また第7ゲームでブレイクを決めて、最後は、昨日同様エースで試合をしめくくりました。

今日のアガシは体もよく動いていたようで、コートカバーリングも素晴らしかったようです。チェラの放ったドロップショを懸命においかけネットに詰めていく場面や、ベースラインからの走りながらのショットもたくさんみられたそうですね。1回戦のときからだんだんと調子が上がってきているとのこと。「ひとつひとつ試合をするごとに調子がよくなっていく大会があるとしたら、これがそうだね。これが続いてくれることを願ってるよ」。

昨日スリシャパンとのフルセットでの熱戦をしたこともあり、今日の試合を大変重要視していたようです。「昨日は2時間、激しく動いたし持てる力を全部ラケットにつぎ込んだから、今日は大きな一日だったよ」。今日どんなプレーができるのか自分でも興味津々だった、とのこと。そして今日のこの出来。「すばらしい気分だよ。明日にむけて、とても大きな自信になった」。明日もためらわずに試合に臨みたい、と頼もしく語ってくれました。

一方負けたチェラ、やはり第1セットがポイントだったようです。「アガシは最初からとてもいいプレーをしていた。サーブも、リターンもよかった。でも彼がだんだんプレーのレベルを上げてきて、ブレイクされてしまった。それがすべてだった」。

これでアガシはなんと今年初めての決勝進出!そうだったっけ…。SFまでは進んでましたね。ローマのときとか。んでタイトルは、去年のマスターズシンシナティが最後となっています。それからほぼ1年たって、その間にはいろんなことがありましたが、またこうやってコートに戻ってきてくれました。それだけでもすごく嬉しい。でも、やっぱり、…期待しちゃうね。

Gilles Muller(LUX) 4-6 7-6(4) 6-1 ②Dominik Hrbaty(SVK)

こうなると、決勝ではアガシの引き立て役という可哀想な(笑)役割となってしまいそうなのがこちらの勝者ですが、でもやっぱ勝ちたいよね!んでその挑戦権を得たのは、ミュラーでした。第2シードのドミニクをマッチポイントもとられる厳しい試合でしたがなんとか破りました。

第2セット第12ゲームではドミニクに2回マッチポイントがあったそうですが、ミュラーよくしのぎました。そして「タイブレークをとれたことで、とても自信がついた」というミュラー、ファイナルでは「全てをつぎ込んで、それが全部うまくいった」というように、結構あっさりとっちゃいました。ドミニクちょっと疲れちゃったかな…。でも、先週はベックがSFまでいき、今週はドミニク。スロバキア勢もなかなかがんばっているのではないでしょうか。デビスカップ勝利でまた勢いついたかな。

「ファイナルで伝説的選手と戦えるなんてとても嬉しいよ」という控えめな言葉とは裏腹に、このミュラーは実は去年ワシントンでアガシを破って決勝に行ってます。(決勝ではレイトンに玉砕)だから、ハードでは結構実績もある。勝ち進んでも全然おかしくない選手なのだ。ビッグサーブがあるから、速いサーフェスでは力をやはり発揮してきますね。

だから、明日はアガシの優勝を信じて疑っていない人が多いかもしんないけど、そんな簡単にはいかないと思う。このミュラーが大金星を挙げちゃう可能性も十分あると思っている。ミュラーは当然最初から全力で向かってくるでしょう。すべては、アガシの調子次第、てところかな。

関連記事
Agassi Looking for First Title in 2005(ATP official)
Agassi crushes Chela to reach final(Eurosport)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。