Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ATPランキング更新 8/1
2005年08月01日 (月) | 編集 |
月曜恒例ランキング更新。今回もトップ10に大きな変化がありました。

8月1日付

1位 ロジャー・フェデラー 910p
2位 ラファエル・ナダル 737p
3位 アンディ・ロディック 446p
4位 レイトン・ヒューイット 354p
5位 ギジェルモ・コリア 333p
6位 ニコライ・ダビデンコ 331p
7位 マラト・サフィン 321p
8位 ガストン・ガウディオ 317p
9位 マリアノ・プエルタ 268p
10位 アンドレ・アガシ 245p


アガシが久々に優勝を決めてポイントアップ、ついにトップ10に入ってきましたよ~!アガシのハードコートでの実績を考えると、今後アガシがぐんぐん伸びてくる可能性ありあり。去年はあと1人のとこでマスターズカップを逃してしまいました。それだけに、今年はアガシに出て欲しいと切に願っています。

ガストン君とコリアが優勝してそれぞれポイントアップ。…あれ?コリアは先週はガストン君より下だったのに、今週はガストン君を追い越してる。しかもキッツビュールのほうが大きな大会だったはずなのに…???と一時頭が?マークだらけになったが、しばし考えてその理由が今回はわかった。以前、ブッチさんが教えてくださったように、このレースポイントは、参加して無条件にポイントが加算されるのはグランドスラムとマスターズシリーズだけで、あとの大会はたくさんポイントをゲットできた順に5大会分しか加算されないんでしたね。ガストン君はこれで5つめのタイトルで、全部インターナショナルシリーズなので、今回優勝した50pが加算されるのと引き換えに、前回まで加算されていたガスタドの35pが無効になるので、その差額分の15pしか入らない、というわけか。

一方コリアは、まだ優勝はこれが初めてだし、第一インターナショナルシリーズ今まで5大会しか出てないので全部加算されていて、そのうち1回戦負けのマルセイユの1点が今回のウマグ優勝の35pと引き換えに無効になるので、差し引き34pが加算されるので今回ガストン君を逆転しちまった、ということですね。あー疲れた。ランキングの話は難しいね…。

ということは、ガストン君は今後インターナショナルシリーズのゴールドで優勝でもしない限り、GS、マスターズ以外の大会でがんばってもほとんど点が入らないということか…う~ん。今回のソポト、スキップして来週のモントリオールに備えたほうがよかったんじゃないかなあ?までも、エントリーランキングはもちろん全部の大会のポイントが加算されるわけだけどね。それにポイントを気にせず自らのクレー道を突き進む彼の姿勢は評価すべきものである。

そういう意味では、ナダル君がウマグやソポトに出ず重要なマスターズシリーズであるモントリオールに備えたのはある意味正解かもしれないね。ソポトがんばって優勝しても規定大会には入らないので、全くレースポイントに加算されません。まああんまりポイントのことばっかり言ってもしかたないんだけどさ。それに休んだからってモントリオール結果が出るとは限らないし。までも、可能な限りの最善の準備を考慮してこの2週間の休養なので、やっぱこれでよかったのだと思う。へんに膝を悪化させたりしたら大変だしね。何事も早期発見、早期治療、これが大切ですしね!あー虫歯が気になるな…。

なんだかランキングポイントの話でえらく長くなってしまいましたが、そのほか注目を。

38位(←53位) フェルナンド・ベルダスコ 111p

キッツビュールで準優勝のベルちん、当然のことながら大幅ランクアップ!トップ50入りを果たしました。どんどん上に上がってきておくれ。

45位(←57位) マリアノ・サバレタ 94p

こちらも。シュトゥットガルトで活躍しトップ50に肉薄してましたが、キッツビュールではそれを上回るベスト4。当然ランクアップ、こちらもトップ50突入です。

56位(←78位) ニコラス・マスー 80p
64位(←87位) ギレス・ミュラー 70p
96位(←108位) ニコラス・ラペンティ 40p


トップ50以下で注目の3人。今週はニコちゃん軍団の活躍が光りました。特に、2号のラペンティ、久々のベスト4に入る活躍で、トップ100内に入りました。そして1号も、最近調子をどんどんあげているようで、トップ50内まであと少し!ミュラーも、決勝進出で大幅アップ。ハードコートシーズン、ミュラーは要注目かもしれませんね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
欠場か…
そうですが、やはりアガシは今週は出ないのですか…。まあでも来週のモントリオールのことを考えたら、休んで正解かもしれませんね。

全米観に行かれるのですね!いいなああああ。やっぱアガシがいるといないのでは大違いですよね。私もアガシが全米に万全の体調で出られるように祈ってます。
2005/08/02(火) 07:57:56 | URL | さっち #-[ 編集]
アガシ
今年のアガシはあまり大会に出てる印象がなかったのですが(勝手な印象です)いつの間にかトップ10ですね。さすがです。
そのアガシですが、今週のワシントンの試合を棄権しましたね。自分は全米を観にいくので当然アガシがいた方がいいです。今回の棄権で体を休めてもらいたいですね。
しかしこれでロディックの優勝は近づいた??逆にプレッシャーにならなければいいのですが。。
2005/08/02(火) 06:38:23 | URL | サントライズ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。