Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ガオラリーチ-シンシナティ 8/18
2005年08月19日 (金) | 編集 |
昔は俺が勝ってたのになぁ…

Olivier Rochus and Roger Federer

@Yahoo!sports


Western & Southern Financial Group Masters

3回戦

Robby Ginepri(USA) 6-3 6-4Carlos Moya(ESP)

おお!ジネプリが勝ってベスト8進出!こりゃうれしい!ここまで全部クレー巧者との対戦ですね。まモヤちんはちょっと違うかな。でも、元No.1のモヤちんに勝ったのだから、こりゃすごい。…しかし…今回はビッグネームがことごとく勝ち上がってるから、ジネプリの話はほとんどどこにも載ってない…ふん!いいもんね!ここでは一押し選手なんだから。

んで、次はいよいよサフィン戦ですな。サフィンも膝が悪いといいながらなかなか調子を上げているようだから厳しい試合になるだろうが、ジネプリ、がんばれ!サフィンに勝ったら今度こそ君が大注目だよ。

⑤Marat Safin(RUS) 6-0 6-3 Dominik Hrbaty(SVK)

んでそれを迎え撃つサフィンですが。ドミニクと今年よく対戦しますね。これで3回目かな…?第1セットは1ゲームも落とさずに完勝でしたね。これでドミニク戦7勝7敗の五分。結構苦手にしているようである。「できるだけ積極的に攻めて、試合のテンポを早くするように心がけたよ。彼のプレースタイルは、適応するのにとても時間がかかるから。」「彼(ドミニク)は、いつも最初から注意して集中していかなければいけない相手だからね」。…でもそれはどんな相手でもそうなんじゃないかと思うけれど…。

ところで、サフィンは去年優勝している中国の大会には今年は出ないようですね。エントリーの期限が過ぎてしまったので。あとは出場するにはWCをもらうしか道がなくなりました。この時期はデ杯準決勝があるし、膝のこともあるからあまり無理はできない、ということなのかな。そういえば、アジアツアーの途中にデ杯があることを以前愚痴っていたっけな…。過密スケジュールに不満があるのなら、文句を言うだけじゃなく、それを自分にあったものに調整する必要は誰にでもあるでしょう。去年優勝しただけに出たかったでしょうが、までもデ杯のほうが大切だしね。それに中国はマスターズカップで行けるしね。いいんじゃないかな。

⑤Andy Roddick (USA) 7-6(4) 6-2Juan Ignacio Chela (ARG)

昨日フェレロとの大熱戦を制したアンディ、今日はワシントンでも対決したチェラとの再戦でしたが、よい勝ち方でした。第1セットは途中雨が降ってきて44分中断したようですが、中断後のタイブレークでは145マイルのサーブも飛び出したようです。やはりビッグサーブはタイブレークで非常に助かるね。第2セットでは早めにチェラのサービスをブレイクして優位に立てたのがよかったようです。

しかし、昨日のフェレロ戦でみせていたような早いサーブはあまりなかった、というようなことも書いてあった(いまいち訳がよくわからなかった…)が。「(サーブの出来は)アドレナリンがとても関係していると思う」。自律神経は自分でコントロールできないからねぇ。そこが難しいところです。

でも、試合の中では常にアグレッシブであらねばならないということはアンディは心得ています。「努めて自信をもってサーブを打とうと心がけてるよ」。「もっと積極的にならなきゃいけないと感じてる。積極性が僕の武器だから」。…。私はこの「agression」という言葉の意味あいがいまひとつよくわからないのだけど。プレースタイルでってことかな?それとも、闘争心ってこと?プレースタイル、という意味で言っているのならいいけども、闘争心、というつもりで言っているのなら、ちょっと心配だ。闘争心、ていうのは必要があるとかないとかじゃなくて、自然に湧き出てくるものじゃないかと思うんだけれども…必要に迫られて無理やり闘う気持ちをつくり出しているとしたら、それは「闘争心」とは言わないと思う。そこんとこ、どうなのよう、アンディ。

Mikhail Youzhny(RUS) 4-6 6-1 6-1 Gael Monfils(FRA)

モンフィス君惜しかったね~!第1セットはうまいこととったんだけど、やはり自力と経験に勝るユーズニーにあっさり逆転されてしまいました。ましかし、3回戦まで進んだことはすばらしい。フランス人では今回一番勝ち上がったんじゃないかな。先週はマシュ~くんが活躍したし、フランス勢はいつも元気よね~。一方、ロシア勢もこれで3人がベスト8入り。強いね!さすがデ杯ベスト4。
③Lleyton Hewitt(AUS) 6-1 6-4 Mario Ancic (CRO)

あぁ~だめだったか、マリオ君。うーんレイトンあまり調子よくなさそうだったけど、マリオ君もここんとこいまひとつな感じだもんなぁ…。「ボールがうまく打てているからうれしいね、それに動きもずいぶんよくなったし」。先週はほとんどゲームができなかったので、全米前の最後のこの大会、しっかり調整したいとこです。「この何週間かほとんど試合をしてないから、僕にとっては動きが一番重要なところかな」。フットワークが身上のレイトンとしたらやっぱりそこが一番気になるところでしょう。そいえばニューヘブンは…どうすんのかな。やっぱ出ないのかな。

レイトンといえば、あの妙ちくりんなはちまき(あれはやめてくれ~帽子後ろ前かぶりを激しく希望)とウェアが話題になってるけど、どうやら、やっぱしヨネックスになるみたいですね。米山さん喜んでるだろうなぁ~。ついにフルヨネックスのトップ5選手の誕生です。ラケットだけ、ということならもうウィルソンやバボラに引けを取らないくらい(というのは言いすぎかな)そうそうたるメンツを揃えているけれど、フル装備となるとぐっと少なくなるもんね。でも、ナルやヨアキム、デメなど結構有名選手がいるし。ウィルソンやバボラ、ヘッドを使ってる選手はだいたいウェアは違うとこだもんね。ぜ~んぶ自分のとこのを使ってる選手を一番多く抱えているのは実はヨネックスなんじゃなかろか。次のターゲットは…やはりアジア選手ということで、スリシャパンのフルヨネックス化を予想。マリオ君もラケットはヨネックスだけど、やっぱ彼はナイキのままがいいなあ。

Jose Acasuso(ARG) 7-6(5) 7-5 Luis Horna (PER)

ん~微妙だな…この2人の対戦にはなかなかコメントがしづらい…しかしこのハードコートでよくここまで勝ち上がってきました。そして勝ったのはなんとアカスソ。これもちょっとびっくり。まあアカスソはあのハードヒットがあるから速いサーフェスでもいけそうな感じもするが。しかし次が王者戦なので次はロジェ君が順当にガオラ出演決定にスーパーひとしくん人形3個かけてもいい。

⑥Nikolay Davydenko(RUS) 6-3 6-4 Fernando Gonzalez (CHI)

おーニコちゃんもがんばってますね。ロシア3人目のベスト8です。先週はベックに僅差で敗れてしまってベスト8を逃したけど、今週は決めてくれました。そういえば、9月にはデ杯準決勝があるけれど、シングルス2番手はユーズニーとニコちゃんとどっちがなるんだろうなあ。まランキングから言えばニコちゃんなのかな。ユーズニーはフランス戦でも調子あんまりよくなかったようでダブルスにしか出てなかったしね。でも、2002年にはユーズニーが大活躍したしねぇ。この大会と全米で活躍したほうが選ばれたりして。それなら、ぜひボトムハーフ準決勝はニコちゃん3号VSユーズニーのデ杯シングルス出場決定戦、ていうのも面白いかもね。まあでもアンディが順当に勝つでしょう。

①Roger Federer(SUI) 6-3 6-4 Olivier Rochus (BEL)

お待たせしました、王者の登場。別に出し惜しみしてたんじゃなくて、ロイターの結果に最後に書いてあったから。夜の試合だったんですね。今年のマイアミのとき以来の古きよき友人同士の対決。今回もやはり王者に軍配が上がりました。オリビエ君がなかなかいいこと言ってます。「彼を倒すのなら、1回戦だね。試合をするごとに、彼のプレーはよくなっていく」。たしかに!なかなか的を得た発言。これは次回の「今週の一言」有力候補だなぁ。ロジェ君も実際こういっています。「前の2試合より積極的にいけてるかな。おそらく、ベースラインからのプレーがよくなってるからかもしれない」。

「前回のマイアミのときも今回のときも、サーブをよくいれて、積極的に攻めて、チャンスを作って、プレッシャーをかけなくてはいけなかった。彼(オリビエ君)のカウンターパンチはすごいからね」。ロジェ君の作戦はほとんど全部うまくいきました。14のエースをたたき出し、グランドストロークの応酬もみせ、ネットにもすかさず詰めていきました。それに対してオリビエ君もときにはロブやパッシングショットで対抗する場面もありましたが、容赦ない王者の波状攻撃にはさすがに力尽きてしまいました。「いいゲームはできた。彼(フェデラー)がほとんどすべての面で僕を上回ってた」。

でも、昔はそうでもなかった。ジュニア時代はダブルスパートナーとして、ウィンブルドンジュニアタイトルも一緒に勝ち取ったこの2人の戦いは、それまではいつもオリビエ君が勝っていたそうです。「僕らが13才のときだった。彼は14才以下の大会で、どんな相手でも、0-6、1-6とかいうスコアで負けてたんだ」。

それから11年という月日が流れ、24才になったロジェ君は今、世界No.1を81週継続中。時の流れというのは本当にすばらしい力を持っているものだと思う。「僕らは彼のことを笑ってた。そして今は彼が僕らのことを笑ってる」。

もちろんロジェ君が本当にそんな笑ってるっていうことはないだろうけど、まあこれは言葉のあやというか、象徴的にというか、なんというかそんな感じで。オリビエ君なかなかうまい言葉を言うねえ。テニス界のユリウス・カエサルと名づけちゃうぞ。

私はウィンブルドンでのロジェ君がインタビューで言ったあの一言が、いまだに忘れられない。あれはキョーレツだった。毎週いろんな印象に残る「今週の一言」を紹介してるけれども、あれに勝る言葉はいまだに、ない。というわけで、その私がとても好きなロジェ君の一言を書いて、今日の試合報告を締めることとしよう。


-Q:どうしてそんなにいつもハイレベルのプレーができるんだい?
「うん、若いときに勝つべき試合をたくさん負けたからかもしれないね。そして変わったんだ。今は負けてもおかしくない試合で勝てるようになった」。


関連記事
Safin, Hewitt also advance(ESPN)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ガオラ三昧
スーパーひとしくん人形の意味がわかってもらえてよかったです…ま長寿番組ですしね。て実は私はあまりあの番組そんなに熱心に見たことないんですが(爆)。あまり決め付けてもアカスソに悪いけど、土曜日にロジェ君の勇姿が拝めるのは間違いないでしょうねー。

サフィンも好きなんですが、USオープンシリーズ前半戦でジネプリのことにたくさん触れたので情が入ってしまったので、今回はジネプリを応援しようかと。それにサフィンのほうが応援する人が多いだろうから、一人くらい(笑)。
2005/08/19(金) 23:29:23 | URL | さっち #-[ 編集]
いよいよ...
さっちさん、こんばんわ~
いよいよベスト4が決まり...放送がありますね~うふっ""
私としては...ロビー・ジネプリくんよりもマラトくんを応援してるんですけどーっ(爆
テレビ放送を賭けて、さっちさんはロビーくんを、私はマラトくんに大声援を送りましょう!!!(笑

>ロジェ君が順当にガオラ出演決定にスーパーひとしくん人形3個かけてもいい
には大笑い~アハハッ
これは私も賛成っ!
可哀想だけど...調子を取り戻し好調のロジャーさんに勝てる確率は...0%?!

2005/08/19(金) 22:35:58 | URL | ふみネー #pRW1T4WY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。