Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ATP今週の大会-ニューヘブン
2005年08月22日 (月) | 編集 |
Pilot Pen Tennis(コネチカット州・ニューヘブン/ハード)

いよいよ全米目前、今週が全米前最後の大会となりました。今週は、これ1こしかない…やった!楽ちんだ!まあまたグランドスラムになるとTV観戦とブログ書きで大変な日々を送るはめになるから、今のうちにゆっくりしとこうっと。

この大会はATPとしては今年が初めての大会となります。この時期は男子ではロングアイランドで大会が行われてましたが、よく知らないけどなんかの事情により今年の開催をあきらめて、シカゴとニューヘブンの間で誘致合戦が行われてましたね。最初はシカゴが好条件を出していて有利だったようですが、最終的にはこのイベントを買ったUSTAが、すでに行われていたWTAとの共催という形でニューヘブンで開催することに決定しました。まあニューヘブンのほうがシカゴよりだいぶニューヨークに近いしね。男子の決勝は全米開始前日の日曜日だし、その日に試合をしたからって天下のグランドスラムで1回戦を特別にずらしてくれる、なんてこともなかろうから、選手からしたらやはりニューヘブンのほうがよかろう。

コネチカット州はニューヨークシティから車で1時間程度というかなり近いところにあります。アメリカの、んも~東のはじっこですね~。すぐそばは大西洋。世界初の憲法が起草採択された地、らしい。特に有名な名所はないそうですが、自然に恵まれた静かな町並みが多く、落ち着いて勉強したい人にはおすすめだそう。ニューヘブンには名門エール大学がありますね。んで、今回のこの大会もこのエール大学内のテニスセンターで行われます。UCLAのときも思ったんだけど、こんな世界的な大会が大学の構内で行われるって、すごいね。日本じゃ絶対考えられないよ。アメリカの大学の懐の深さというか、環境のすばらしさをつくづく感じます。

今年はロジェ君やサフィンなど、前哨戦を長く休んでいた選手が多かったし、ナダル君がハードコート未知数だったため、もしモントリオール&シンシナティで振るわなかった場合に出場もありうると、このニューヘブンへのビッグネームのエントリーを関係者は心待ちにしていたようでしたが、結局3人とも出場せず。特にサフィンはいったん出るといいながら膝が調子悪いからやっぱやめた~となって主催者をがっかりさせてしまいました。んなら最初から出るなんて言うな!と言いたいところだが。最初から諦めてるのより、希望があって望みが叶わないほうがガックリくるもんだよね。

おまけに出場予定だったティムやガスケ君まで欠場。2人も体調があまりよろしくないらしい。ティムは胃腸の調子が悪いらしい…ティム…大丈夫かなぁ…心配だ…このUSオープンシリーズ散々だったからなあ…。去年は全米でベスト4まで進んだティムだけど、今年はちょっとまずい。マレイ君以外にルゼにもちょっと勢いで負けてるからなあ…ティム、全米がんばってね!ガスケ君はアキレス腱を痛めているらしい。う~ん心配だ…全米までに、治るといいな。

それでは「続きを読む」以降では出場選手をドローとともにご紹介。
この大会は見かけ64ドロー、つまりシード選手は1回戦不戦勝の48ドローですねー。第1シードはニコちゃん3号ことダビデンコ。そしておぉ久しぶりにバグダティスの名前が。1回戦チェラか…結構きびしいね。そしてモントリオールの活躍が記憶に新しいマシュ~君が13シードで登場。3回戦でニコちゃんに挑戦します。

それから、WC出場のジェームス君もこのブロックですね。全米でもめでたくWCがもらえることになりました。1回戦はこちらもサーブ&ボレーが得意なロドラとのなかなかおもしろそうな対戦となりました。

続いて第4シードロブレド君のブロック。お~ちょっと久しぶりにじゃこ君(ニミネン)登場。シュトゥットガルトではロブレド君やられちゃってます。今回はサーフェスも変わって、シード選手の権威を回復できるかな。そして、おぉ~モンフィス君にもシードがついている!16シードです。ま上位陣があんまり出てないっていうのもあるけど、でもシードがつくというのは彼にとっては初めてのことじゃなかろうか。そしてルゼもいますね。

つづいて第3シード、フェレル君のブロック。いきなりモナコVSアンドリエフ君か…クレーでみたい対戦ですなあ。シンシナティせっかくWCがもらえるはずだったのに怪我で欠場してしまったフィッシュですが、今回ようやく登場です。大丈夫かな…。そして、おぉスタン君久しぶり!ハードでも君の活躍を祈っているよ。2回戦のスリシャパン戦が山かなあ。そしてこちらも注目、ミュラー。マスターズシリーズは本戦出場が叶いませんでしたが彼はなかなかハードコートでも要注意人物。フェレル君ちょっと危ないかも。

そして最後、第2シードゴンちゃんのブロック。ロペス君が第5シードですね~。そして地元ではキムさんがここに。ジネプリがシンシナティでだいぶ活躍して名を上げたから、キムさんも負けてられんね。今回はジネプリが出てないようだし。そして彼らの先輩格のビンスおじちゃんが第12シードで入ってるけど、これまた要注意人物のツルスノフと2回戦であたりそう。インディアナポリスのアンディ戦はすごかったからなあ…あなどれませんぞ。

そして、おぉ!久しぶりにベルちん(ベルダスコ)の名前が!いまやすっかりお気に入りになってしまったベルちん、これは応援せねば!君がいなくて寂しかったよ~(忘れてたくせに)。そして、ウィンブルドンではレイトン戦での人間飛び魚が話題になったギメルストフの名前も久しぶりにありますね。また飛んでくれるかな?でも草の上と違ってコンクリートは痛そうだしなあ。あまり無理はしないどくれ。

まそういうわけで、トップ4シードがなかなか新鮮な顔ぶれ、しかも結構意外な選手がシード選手になっていて(失礼)、なんだかへんな気分。でも、それだけになかなか面白そうです。全米前なので怪我には気をつけてみんながんばっておくれ~。

そして、忘れちゃいけないのが、この大会がUSオープンシリーズ最後の試合ということです。全米そのものはこのシリーズには含まれないみたいですね。ボーナスマネーは果たして誰の手に?といっても、なんかもうアンディで決まっちゃってるような感じもするんだけど…。

関連記事
アメリカ留学(留学ネット)
2005 PRESS RELEASES(Pilot Pen Tennis)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。