Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


天国ではありません-ニューヘブン 8/22
2005年08月23日 (火) | 編集 |
僕も86年組だよ

Scoville Jenkins

@Yahoo!sports


Pilot Pen Tennis

今日のスタートは地元アメリカ勢の大金星から。来月19才になるジェンキンス君が、WCで登場しましたが、なんと、ビッグネームキラーとしてすっかり有名なじゃこ君(ニミネン)に勝っちゃった!じゃこ君…だから言ったんだよ…今度は自分が金星を上げられないように気をつけなよ、って…。でも、こうやって負けたのがニュースになる、ということはじゃこ君もすっかりATPではおなじみの顔になった、ということかな。

第1セットは2回のサービスブレイクに成功したじゃこ君が27分で簡単にとりましたが、第2セット、第6ゲームで今度はジェンキンス君が先にブレイクに成功!そして自分のサービスゲームはブレイクピンチが1回もないという充実ぶりでした。そしてファイナルセットは一転、ジェンキンスは第2ゲームで4回のブレイクピンチをしのぎ、第7ゲームでこれまた先にじゃこ君のサービスブレイクに成功!最後のゲームは、3回ダブルフォルト、3回ブレイクピンチと、若さ所以か荒削りな内容ながらもなんとかやっとこさキープに成功し、ついに勝利を手にしました。

「第1セットは神経質になってしまったよ。勝ったときは興奮したけど、まだ1回戦なんだよね」。でも、この1回戦を勝てなければ、次もないし、準決勝も、決勝も、当然、ない。1回戦を勝つというのは本当に大変な、そしてとても重要なことなのだよ。名選手と呼ばれる人ほど、1回戦の大事さ、怖さを知っている。そしてその難関を突破したジェンキンス君、次はシード選手、ロブレド君との対戦です。

このジェンキンス君は1986年生まれ。ナダルガスケモンフィス世代ですな。最近このくらいの年齢のいい選手がいっぱい出てきている。アメリカの次の世代の期待の星となれるかな?まだまだ3人にはちょっと水をあけられているけど、同年代だし彼らと戦っていく日も、そのうちくるでしょう。

続いては、あ~スタン君負けちゃった…残念だわ。第1セットは第6、第2セットは3、5ゲームと、いいところでブレイクを重ねたソルニエ君がストレート勝ちです。ちなみにソルニエ君はここんとこシングルス11連敗中でしたが、ようやく連敗ストップできました。最後に勝ったのは、今年4月のクレー、モンテカルロ。長かったね…。トンネルを抜けると、そこは、ハードコートだった…。
続いてはイタリアンのおじちゃん軍団の一人、サグネッティ。もうすぐお誕生日ですね(25日)。今日は活躍が期待された地元のキムさんをストレートで破って、うれしい2回戦進出です。1stサーブは52%くらいしか入りませんでしたが、入ると70%ポイントがとれました。そして8回のブレイクピンチのうち7回はしのいで、自身は2回のブレイクに成功。ストレートで勝負を決めました。キムさんもこれで全米オープンシリーズ終了してしまいました。そして同じ地元のレイノルズも、1回戦で姿を消してしまいました。

しかしこの人は勝ち残りましたね、ギメルストフ。これまたすごい接戦で、G-ロペス君をファイナルタイブレで振り切って、なんとか2回戦進出。昨日の夜の最後の試合でした。ギメルストフのATPトップレベルの試合はウィンブルドン3回戦以来でした。

続いては。おっベルちん勝ちましたね!今日はヘルニッヒにストレート勝ち、しかも第1セットはわずか18分、タコくんでの快勝です。こりゃいいね!ちなみに…ベルちんはこれがUSオープンシリーズ初登場…かな?

うひゃあ~フルセットタイブレ…2人ともお疲れ…ハネスクVSホルナ。2時間46分もかかってしまいました。獲得総ポイントは2人とも同じ127ポイント。エースはハネスクの14に対してホルナ15。ブレイクの数はお互い第2セット1つずつ、ファイナルセット2つずつ。本当にがっぷり4つの勝負でしたが。最後、2ポイントの差でした…。ホルナ、きっとそのうちいいこともあるさ…。

要注意人物として警戒していた2人がともに負けてしまった。ツルスノフと、ミュラー。ツルスノフは第1セットは調子よくとったのに、逆転されてしまいました。そしてミュラーも、ジブ相手にフルセットでしたが負けてしまいました。ツルスノフは全米は予選からの出場になるのかな。でも、予選のドロー表にはツルスノフの名前はなかったなあ。でも118位だからストレートインはできんのじゃないかなあ。う~ん、わからぬ。あ、WCもらったのかな。彼はロシア生まれだけど「カリフォルニア・ボーイ」というのを見たことがあるぞ。でもやっぱりわからぬ。ま、いいか。

試合結果 1回戦
Scoville Jenkins(USA) 2-6 6-3, 6-4 Jarkko Nieminen(FIN)
Davide Sanguinetti(ITA) 7-6(6) 6-3 Kevin Kim(USA)
Stefan Koubek(AUT) 6-3 6-4 Bobby Reynolds(USA)
Andreas Seppi(ITA) 1-6 6-3 6-4 Dmitry Tursunov(RUS)
Igor Andreev(RUS) 6-3 6-4 Juan Monaco(ARG)
Victor Hanescu(ROM) 6-7(4) 7-6(5) 7-6(5) Luis Horna(PER)
Cyril Saulnier(FRA) 6-3 6-2 Stanislas Wawrinka(SUI)
Fernando Verdasco(ESP) 6-0 6-4 Jan Hernych(CZE)
Tomas Zib(CZE) 6-4 3-6 6-3 Gilles Muller(LUX)
Justin Gimelstob(USA) 3-6 7-5 7-6(4) Guillermo Garcia-Lopez(ESP)


関連記事
Jankovic loses second straight first-round match(ESPN)
Jenkins Wins First ATP Match in New Haven(ATP official)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。