Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DEUCEネタもちょこちょこと-ニューヘブン 8/23
2005年08月24日 (水) | 編集 |
こっちがバグダティス!
Marcos Baghdatis

@Yahoo!sports


Pilot Pen Tennis

今日からいよいよシード選手の登場。まずは第15シードのスリシャパン。USオープンシリーズフル出場、今週でいよいよ最後だね!昨日シングルスの11連敗に終止符を打って気分よく挑んできたソルニエ君相手に、7つのエースを放って2回のブレイクピンチをしのいだスリシャパン、タイブレーク2つという厳しい勝負で勝ち上がりました。ということは、この試合はサービスブレイクはなかったのかな。ソルニエ君も惜しかったねぇ~。今度はここから11連敗しないと、いいね。

お次は地元の人気者ジェームス君の登場。今日はダブルススペシャリストでサーブ&ボレーを得意とするロドラとの一戦となりましたが、ストレートで退けましたね。1時間かかりませんでした。サーブが入ると79%ポイント獲得というサービスゲームの充実ぶりで、4回のブレイクピンチも全部しのぎきりました。

このジェームス君が試合に登場するときは、この会場の北のほうに「J-ブロック」なる区域が作られるそうな。友人や親戚など、関係者約100人ためのチケットがその場所に用意されるんだそうです。100人か…大応援団だな…。

そのロドラの相棒のサントーロもシングルスで今日登場。相手は同じおじちゃん軍団のカールセン。しかし今日のサントーロは強かったね!エースも6つ放って、4回きたブレイクチャンスを全て成功させ、62分で勝ってしまいました。

さっそくDEUCEネタ。HEAD 2 HEADコーナーでこのサントーロとサフィンの対戦が特集されてましたね。サントーロが圧倒的にサフィンをカモにしてるんだけれども(7勝2敗)。ショートクロスに角度のついたボールで相手をネットにおびき出しておいて、完璧なロブで裏をかく。ん~サフィンは確かにこういう選手は苦手そうだな…オリビエ君もそんな感じよね。小さくてちょこちょこ動く人が苦手なのかな。サントーロに5連敗した後サフィンが言った言葉。「彼はコートで僕をクレイジーにさせる唯一の人物だ」。そんなサントーロ、次は、同国の後輩マシュ~君です。マシュ~君もクレイジーにさせちゃうことができるかな?

チェラは今年のUSオープンシリーズ、なかなかがんばって出場しているのじゃなかろうか。スリシャパンに負けじとこちらも5試合目の登場です。そして今日も勝ちました。相手は、85年組の期待の星バグダティス。う~んやっぱしチェラ強かったか。バグダティスのサーブを3回破り、自身はブレイクピンチさえ1回もなく、68分での勝利。

このバグダティスとチェラ、Yahoo!での写真でお互い名前が逆に紹介されてた。天下のヤフーが間違えるなよ…というわけでかわいそうなのでここでちゃんと紹介しておこう。彼がバグダティスです。

バグダティスは次世代の期待の星としてベルディヒとともに注目されているキプロス島出身の85年組の一人。DEUCEにも特集されていました。今年は全豪で4回戦まで進出して(その後王者と当って玉砕)、今年の目標であったトップ100位以内を早くも実現させた彼ですが、その後は手の手術をするはめになり、しばらく戦列を離れていた時期がありました。しかし3ヶ月たって元気に戻ってきましたね。ローランギャロスでも1回戦ナルに善戦していました。そのバグダティスの言葉。テニスプロとして最も素晴らしいと思うことは?「ボールを追いかけること」。最もきついことは?「好きでやっていることだから、きついことなんて、ないよ」。
久しぶりに登場、お魚くん(フィッシュ)。長いこと手首の怪我で戦列を離れていましたが、インディアナポリスでようやく復帰。しかしまたすぐに怪我してしまい、なかなかプレーができません。このニューヘブンで全米へのきっかけをつかめるかな…しかしやはりそううまくは行きませんでした。コールシュライバーにストレート負けしてしまいました。

次はロクス兄弟のお兄ちゃんです。今日はクレーコーターのマーティン相手でしたが、第1セットはサービスゲームを2回落としたものの3回ブレイクを決めちゃうという、なんだかクレーの試合みたいな展開でとりました。第2セットは、一気に4ゲーム連取して流れを引き寄せましたね。

またまたDEUCEネタ。選手って、試合の前日や当日、そして試合直前まで一体どんなことをしているのでしょうか。お兄ちゃんが答えてくれました。まず、試合が何時からあるのか正確にチェックする。ロッカールームで長く待たなくていいように、とのこと。前日は、ホテルにいると試合のことを考えすぎてしまうから、努めて出かけるそうな。映画を見たり、友達とカードをしたり、外食したり。

んで試合当日の朝食は、ストレスがかかっていてあまりたくさんは食べないそう。シリアルやジュース、コーヒーをちょっと。もっと直前や試合中にも、シリアルバーやバナナを食べます。試合前の練習はあまりたくさんはやらない。20分くらいできりあげる。体をあたためる程度に、ということらしい。練習をたくさんしても試合でうまくいかないこともあるし、その逆もあり。

んでいよいよ試合直前。他の選手もだいたいそうみたいだけど、お兄ちゃんも、やはり音楽を聴いているそうです。あるいは静かにしていることもあるらしい。でもプレイヤーラウンジやロッカールームでは、一人で黙っていると試合のことを考えすぎてしまうから、コーチや他のプレーヤーと話をするように心がけている、そうです。そして、いざ、コートへ出陣!となるわけですな。明日もこんな風にするのかな。お兄ちゃんがんばってね~。

昨日トップ50選手に大金星を上げて話題になったジェンキンス君でしたが、やはり今日はシード選手のロブレド君にはかないませんでした。…とはいっても、フルセットにもちこんでるから、大健闘と言えるのではないでしょうか。

G-ロペス君は負けてしまったけど、Fのほうは元気です。昨日勝ち上がってきたサグネッティにストレート勝ちです。それから、おぉ!ベルちん今日も勝ちました。ソダーリングにこちらもタイブレーク2つと厳しい勝負をものにしましたね~。そして厳しい勝負といえば昨日の試合はすごかった、ハネスク。今日はちょっと楽に勝てたかな。

試合結果
2回戦
⑮Paradorn Srichaphan(THA) 7-6(3) 7-6(5) Cyril Saulnier(FRA)
④Tommy Robredo(ESP) 6-2 3-6 6-4 Scoville Jenkins(USA)
Victor Hanescu(ROM) 6-3 6-2 Ivo Minar(CZE)
Fernando Verdasco(ESP) 7-6(3) 7-6(4) ⑭Robin Soederling(SWE)
⑤Feliciano Lopez(ESP) 6-4 6-3 Davide Sanguinetti(ITA)
1回戦
Philipp Kohlschreiber(GER) 6-4 6-4 Mardy Fish(USA)
Juan Ignacio Chela(ARG) 6-2 6-4 Marcos Baghdatis(CYP)
Andy Ram(ISR) 6-1 6-4 Ricardo Mello(BRA)
Christophe Rochus(BEL) 7-5 6-1 Alberto Martin(ESP)
Fabrice Santoro(FRA) 6-3 6-0 Kenneth Carlsen(DEM)
James Blake(USA) 6-1 6-4 Michael Llodra(FRA)


関連記事
Srichaphan Defeats Saulnier; Blake, Robredo Also Advance(ATP official)
Pilot Pen Tennis notebook(Connecticut post)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。