Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プロでも迷うガットのテンション-ニューヘブン 8/24
2005年08月25日 (木) | 編集 |
このラケットがなあ…

Nikolay Davydenko

@Yahoo!sports


Pilot Pen Tennis

今日もシード選手が続々登場ですね。まずは、今大会トップシードのニコちゃん。しかし、なんと初戦で姿を消すことになってしまいました。番狂わせを演じたのは、チェラ。最近チェラがんばってるもんねぇ。第1セットは調子よくとったチェラだけど、第2セットは3-0からニコちゃんに追いつかれてしまいます。そして、タイブレーク、最初はニコちゃんが4-1とリードしていたのに、チェラがなんとそこから5連続ポイント!そして最後はニコちゃんが長いラリーに耐え切れず、クロスショットをサイドアウトしてしまい、試合終了。

チェラはこれでニコちゃん戦4連勝。相性がよいようです。ニコちゃんのストロークのリズムがどうもチェラに合っているらしい。

ニコちゃんは今年のクレーコート、ラケットを変えて成功していましたが、今日は完全にラケットの選択で失敗してしまいました。今日はコートサイドに5本ラケットを持ってきていたニコちゃんですが、そのうち4本をいつもより高めのテンションにしていました。「ここはシンシナティとコートもボールも違うから、コントロールしやすいようにラケットのテンションをちょっと変えて多めにしたんだ」。しかし第1セットはチェラに一方的にやられてしまいました。「練習のときはよかったのに、天気が違ってたせいかな、手も足もでなかった」。

そこで、残りの1本の、今まで使っていたちょっと緩めのテンションのラケットを使ったところいいプレーができるようになって追い上げることに成功しました。しかし、6-5のところでそのラケットのガットが切れてしまい、またテンションの高いラケットを使うはめに。結局タイブレでも最後逆転されて負けてしまいました。「(負けたのは)ラケットのせいだったのか僕自身のせいなのか、わからないよ」。

「でも、第2セットとれていたとしても、(合わないラケットしかなかったから)、ファイナルセットも第1セットみたいな6-1くらいのスコアで負けていたと思う。これが全米で起こらなくてよかった。少し休めるし準備もできる」。そんなにショックでもなさそうですね。

そんなニコちゃんはロシアの選手ですが、ロシアといえば人懐っこくて親しみやすいサフィンがいます。しかし、ニコちゃんはどうも、キャラクターに関しては、サフィンよりか、気難しい性格のカフェルニコフのほうを受け継いでいるようですな。ペトロワがロジェ君の試合を見るのが好き、という発言をしたことを受けてのことでしょう。「女子の試合を見ることはあるか?」とたずねられたニコちゃん、間髪入れず、「No」。

「男子のテニスと女子のテニスは、違うスポーツだ。サッカーとホッケーくらい違う。僕は女子のテニスを見ることはない」。じゃあこの大会みたいな男女共催というのは、どうよ?「ここには人が多すぎる。男女が一緒にやるとなると、大会が大きくなって運営が大変になる」。大会の運営まで君が心配する必要はなかろう…。まあ確かに気持ちは分かるけど、そんなあっさり言わなくても、ねえ。男子のほうが運動能力があるというのはどうやっても変えることのできない事実であり、その中で女子だって懸命にがんばってるのにさ。筋力では劣っても、精神は男なんかより女性のほうがずーーっとたくましいんだぞ。現役の間は強けりゃ何を言っても許されるかもしれないが、引退したあともそんなんじゃあ君、苦労するよ、いろいろと…。

続いては第2シードのゴンちゃん。こちらは順当に勝ちました。とはいっても、ギメルストフ相手にフルセットの結構接戦でしたね。地元アメリカのビンスおじちゃんことスピーディア。イタリアのセッピをストレートで退けました。今年7月にニューポートで決勝まで進んで以来の勝利となりました。
続いてはジェームス君登場。今やすっかり人気者の彼ですが、ここコネチカットにあるフェアフィールド高校に通っていたらしい。「僕にとって、いわば、家みたいなところだよ。全米前に帰ってこれて、すばらしい気分さ」。思い出のいっぱい詰まった親しみのある場所なら、連戦でもきつくないよね。今日も、第10シードのボランドリにストレート勝ちです。第1セットをとるのに16分しかかかりませんでした。「全てがうまくいっていた以前の時期と同じような感じだった。ゲームを支配できている気がする。彼はサーブでフリーポイントがあまりなかったけど、僕にはあったしね。」。

3号は負けてしまいましたが、1号のニコちゃんは順当勝ちです。…といっても、予選勝ちあがりのラムにちょっと苦戦してしまいました。第2セットではマッチポイントも握ったニコちゃんでしたが、そこから逆転されてしまいフルセットに持ち込まれてしまいました。結局最後も12ゲームかかってやっとラムを振り切ることができました。エースの数はラムの11に対してニコちゃん2と、だいぶ下回っていましたが。

「第2セットではマッチポイントがあったのに、そこからまずいプレーをしてしまったね。第2セットを彼に上げてしまったよ。実際もっと早く試合を終わらせることもできただろうけど、まあテニスってこんなもんだよね。物事はは急に変化するものだし。そして結局一番大切なのは終わった後の結果だ。ファイナルセット7-5で勝ててよかったよ」。なかなか悟ってますなあ、ニコちゃん。

サントーロも昨日、今日と連戦ですが、今日も勝ちましたね!しかも今日はモントリオール活躍していた13シードのマシュ~君、そしてこれで3回戦進出です。そのサントーロを彷彿とさせるのがベルギーのオリビエ君。しかしこちらも番狂わせにあい、負けてしまいました。惜しかったなぁ…タイブレ2つ…。アンドリエフ君がんばりました。そしてこちらも番狂わせ、あ~モンフィス君、初シードされての登場でしたが、コウベックにフルセットでやられてしまいました。

第3シードのフェレル君も勝ちましたね。ジブ相手に8つのエースを奪い67分で勝負をつけました。「今日の勝敗を分けたのは、僕が早い段階でブレイクできたことだろうね。今日は序盤から優位に立てたし、ずっとそれをキープできたよ」。フェレル君はクレーコートスペシャリストという印象が非常に強いけれども、今年はマイアミでもそういえばベスト4に進んだんだっけ。ハードコートでも自信をつけつつあります。「クレーほどの自信はないけれど、リターンがうまく返せれば、このサーフェスでもたくさん勝てると思う」。

そして今日の夜の試合ではハースが登場。相手はロクス兄弟のお兄ちゃん、クリストフェ君です。お兄ちゃんがんばりましたね!フルセットとハースに善戦しましたが、最後は力尽きてしまいました。この試合は夜の試合で、ほとんど記述がない(笑)。というわけでしょうがないからまたDEUCEネタ。ハースが初めてテニスで賞金をもらったのは15才のとき。ハワイで行われたサテライトの大会だったそう。準決勝まで進んで110ドルか120ドルもらったそうです。とても誇らしくて、額に入れて飾っとこう、と、もらったそのときは思ったそうですが、結局そうはしなかったらしい。使っちゃったのかなあ。何を買ったのかな。

試合結果 2回戦
②Fernando Gonzalez(CHI) 6-2 3-6 6-4 Justin Gimelstob(USA)
Juan Ignacio Chela(ARG) 6-1 7-6(5) ①Nikolay Davydenko(RUS)
Igor Andreev(RUS) 7-6(1) 7-6(2) ⑧Olivier Rochus(BEL)
James Blake(USA) 6-1 6-3 ⑩Filippo Volandri(ITA)
Fabrice Santoro(FRA) 6-4 7-6(2) ⑬Paul-Henri Mathieu(FRA)
⑫Vince Spadea(USA) 6-3 7-5 Andreas Seppi(ITA)
Philipp Kohlschreiber(GER) 6-4 6-1 ⑪Jurgen Melzer(AUT)
⑦Nicolas Massu(CHI) 6-4 5-7 7-5 Andy Ram(ISR)
③David Ferrer(ESP) 6-3 6-3 Tomas Zib(CZE)
⑥Tommy Haas(GER) 6-2 4-6 6-0 Christophe Rochus(BEL)
Stefan Koubek(AUT) 4-6 7-5 7-5 Gael Monfils(FRA)


関連記事
Pilot Pen Tennis notebook(Connecticut Post)
Spadea Through to Round Three; Blake Zooms Past Volandri(ATP official)
UPDATE 2-Tennis-Davydenko ousted in New Haven, Mauresmo cruises(Yahoo!sports)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こころは全米…
>ふみネーさん
どうもありがとうございます!海外の記事も全米のことが中心で、このニューヘブンが脇役になっているのがちと切ないのですが…(まあ当然ですが)しかし全米を占う上でなかなか注目ですね。全米のドローと照らし合わせたりして見ています。

全米は本当に楽しみですね~!今年最後のGSですし。といっても「王者+そのほか」という感じになってますが(笑)。このままロジェ君の一人勝ちでは面白くないので(笑)なんとかみんなで盛り上げて欲しいですね。

>CATさん
ありがとうございます!そういうコメントいただけると励みになります。といっても、詳しいというより、ただ他の記事を写してるだけなんですが…i-229ニコちゃんの言うことはよくわかるんですが、あそこまで言わなくてもねぇ(笑)。

まあこうやっていろんな選手のことを書いていますが、心はもうラファ一色…(笑)全米が楽しみ、というより、心配だぁ~。でも、彼の活躍を信じてまた一緒に応援していきましょうね~v-237
2005/08/26(金) 08:21:50 | URL | さっち #-[ 編集]
こんばんわ
さっちさん、こんばんわ。本当にふみネーさんの書かれていらっしゃるとうり詳しいですよね~。読ませていただくのが楽しみです。感謝に近いかも。

ニコちゃんたら、ずばりホントウのことを・・・皆分かってるんだから言わなくても・・・

2005/08/25(木) 23:15:37 | URL | CAT #-[ 編集]
こんばんわ~
今週は何かと忙しく...大会チェックをしてません...
でも、さっちさんの所を覗くと...ふむふむ、よぉ~く分かるっ!
いつも詳しく大変ですね~
でも、私のように楽しみにしてる人がたくさんいるだろうから...ヨロピクぅ~♪と

ところで、いよいよ来週からですね~
わくわく・どきどきの日々の始まりだよぉ!!!
2005/08/25(木) 22:31:40 | URL | ふみネー #pRW1T4WY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
程よい飛びと打ち応えが感じられるストリングスです。打感はマルチフィラメントのものに比べればやや硬い印象ですが、それが気にならないほどフィーリングは良かったです。耐久性に関しては普通だと思います。ただ、冬場に張ったときは張り上がり後に非常に硬く感じたのと、
2007/09/08(土) 12:05:35 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。