Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラファエル・ナダル インタビュー
2005年08月27日 (土) | 編集 |
よくTennis Weekのインタビューをここに載せているけれども、プロ選手でもトップ選手になればなるほど、なかなか単独インタビューというのは難しくなる。しかし今回は、おなじみラファの単独インタビューを見っけた。さすが天下のSports Illastrated。というわけでさっそくご紹介。こういうネタは絶対に外さない私(笑)。テニス以外のことも、たくさんしゃべってくれているよ。

マスコミからグラディエーター(剣闘士)とか、ワンダーボーイ(神童)とかジェロニモとかヘラクレスなどのニックネームで呼ばれることについて
ラファエル・ナダル:ラファエルって言われるのがすきだけど、好きなように呼んでもらっていいよ。

彼の故郷である、地中海に浮かぶ島、マジョルカ島について
:小さな村なんだ。みんなお互いよく知ってる。僕は海の近くに住んでて、夏になると浜辺に行ったり、ゴルフをしたり、魚釣りをしたりするんだ。8月の最初の週はモヤとまぐろを釣りにいって12匹も釣れたんだよ!

英語
:いつも外国へいくからあまり授業を受けることはないんだ。僕の英語は今はよくないけど、でも勇気を出して話してる、それは僕にとって大きなことだよ。英語は難しい言葉じゃないしね。たくさん練習すればなんとかなると思う。ポルトガル語とイタリア語も少しは理解できるけど、話すことはできないなあ。

読書
:1ヶ月前にLa Tapadora(ジョン・グリシャムの「The Partnerのスペイン語訳)を読んだよ。それから最近Isabel AllendeのLa Ciudad De Las Bestias(The City of the Beastsのスペイン語訳)も読んだ。今はなにも読んでない。忙しすぎて。

左ききのプレーヤーで右手でやっていること
:全部だよ。テニス以外は。書いたり、ゴルフをしたり、食べたりするのも全部右手なんだ。どうして(左手で打つようになったの)かはよくわからないんだけど。モヤが逆だよね。彼はテニスは右だけど他は全部左手だ。

話題になっているあのテニスウェア
:僕はぜんぜんデザインには関わってないんだ。ナイキがあの(7分丈)パンツを穿いてみてくれって持ってきたんだ。僕がそれを気に入ったと言ったんで、それからあれでプレーするようになったんだ。見た目もとても僕にしっくりきてると思うよ。

音楽
:ManaやAlejandro Sanzみたいなラテン音楽が好きなんだ。今はブライアン・アダムスのベストアルバムの「The Best of Me」をよく聴いてる。とても好きなんだ。

他のプレーヤーから盗みたい技術
:フェデラーのフォアハンド。あれがベストだ。

好きなアメリカの街
:ニューヨークとマイアミ。ニューヨークのほうがちょっと好きかな。とても華やかなところだしね。街そのものも、建物も、街の雰囲気も。"Espectacular"だよ。

フレンチオープン優勝して変わったこと
:特にはないよ。友達も同じだし。自分の町に帰ったら、同じ人と同じことをしてる。

ハードコートについて
:マイアミでは決勝まで行ったし、全豪では4回戦まで行った。そんなに悪くないと思ってるよ。でももちろん、クレーみたいに気持ちよく、ていうわけにはいかないけどね。全米オープンは特に目標は決めてない。ベストのプレーをしなくちゃいけない、て思ってる。

子供のころ見ていた選手
:サンプラスとアガシ。小さいときからよく覚えてる。もちろんモヤのようなスペイン選手もね。

大家族
:一緒に住んでて何も悪いことはないよ。家族ともとても仲よくやってるし。家で一緒にいられる時間は短いから、とても貴重なんだ。

関連記事
First person(SL.com)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
まぐろが12匹釣れた!て無邪気に喜んでるところなんて、いかにもナダル君らしいですよね。かぁ~いいv-229
モヤちんは本当に彼にとって大きな存在なのでしょうね。モヤちんがいなかったら今のナダル君もない、といっても言いすぎじゃないかも。
モントリオールの表彰式では、だいぶ英語もうまくなってるように感じました。もちろんネイティブのアガシみたいにはいかないけど、でもああやって話すことが大事なのだと思います。英語のほうが私にも理解できるから、英語をたくさん話すようになって欲しいですね。スペイン語じゃ何がなんだかさつぱり…。
2005/08/28(日) 08:57:11 | URL | さっち #-[ 編集]
相思相愛
グラディエーターと呼ばれているんですか(笑)そのまんまだ、ラファ君v-20
彼の外見と打って変わって、内面は、素敵な素朴な青年のイメージですね。インタビューの内容もほのぼの。v-266
ところどころにモヤ氏の名前が出てくるのもほほえましいです。モヤ氏もラファ君との交流をいろんな意味で楽しんでいるみたいだし、二人とも相思相愛v-238
英語はともかく、ポルトガル語もイタリア語もちょっとはわかるんだ。すごいな、ラファ君。フェデラーのように母国語じゃなくても英語ぺらぺらになってくれ。
2005/08/27(土) 22:11:22 | URL | kyoka #4A6q7cVk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。