Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


USオープンシリーズ終了です-ニューヘブン 最終日
2005年08月29日 (月) | 編集 |
あー今日は暑かった~。8月も終わりに近づいて、だいぶ暑さも和らいできたかなと思ったら。忘れたころにやってくる、この残暑。今日は34度だった…昼間、得意先のとこにいくため車に乗り込んだら、まさに、地獄。うぅぅ~。暑さには比較的強い私ですが、今日はさすがにちょっと辛かったです。

優勝おめでとう
おれもアーサーアッシュキッズデー出たかったなぁ~

James Blake

@Yahoo!sports


Pilot Pen Tennis

決勝

James Blake(USA) 3-6 7-5 6-1 ⑤Feliciano Lopez(ESP)

ジェームス君が逆転で優勝を決めました。おめでとう!よかった、ほんとによかったね…この思い入れのある地元のコネチカット、一番優勝にふさわしい人が優勝しました。。やっぱり事実は小説より奇なり…?ちょっと違うかな…でも、小説に勝るとも劣らないドラマが事実には用意されているもんですね。しかもパイロットペン大会の初代チャンピオン、だよ!(まあ1年でこの大会がなくなるということはないでしょうが…)彼自身にとって2002年のワシントン以来の2回目の優勝、そして今年5人目のノーシードでの優勝者となりました。

第1セットはロペス君の速いサーブがジェームス君を苦しめ、24分でロペス君がとりましたが、第2セット途中で雨の中断。それがやっぱりここでも流れを変えることとなりました。中断後ジェームス君が流れを自分のほうに引き戻してファイナルセットに持ち込むと、あとは、自転車が坂道を滑り降りるごとく。一旦ついてしまった勢いを止めることはロペス君にはできませんでした。結局ファイナルはジェームス君の一方的な展開で、見事にみんなの期待に応えましたね。

ワシントンでは決勝進出に進みながらアンディに力負けしてしまいました。でも、今回は優勝できた。これは本当に彼にとって嬉しいことでしょう。「夢が叶ったよ。今週初めにはこんなこと考えられなかった。家族や友達の前で最高のパフォーマンスができた。これからフェアフィールドでお祝いがあるんだ」。まあ、全米がもう始まっちゃうから、ほどほどに、ね。

一方久しぶりの決勝進出でしたが惜しくも優勝逃したロペス君。「(雨の中断は)そのことを話すのはとても辛いよ。あのときは僕のほうに流れが来てたから。彼がブレイクして、僕がブレイクバックした。そこまでは接戦だった。でも、彼に2セット目をとりかえされて、形勢が変わってしまったね」。

そういえば、ジェームス君は今年の初めごろはチャレンジャーに出てたんだよね。そしてローランギャロスも予選を戦っていたっけ。数ヶ月前は200位にも達していませんでした。「しばらくは、元に戻れるか全くわからなかったよ」。努力は実りました。ワシントンでは決勝進出、この大会もランキングを67位まで上げて乗り込んできました。「ひとつひとつの試合が、これで終わりじゃないんだ、て教えてくれた」。

それにしても地元の利というのは、すごい力があるものです。ジェームス君はいつもの自分のベットで寝て、家族や友達と食事をとって、コートに足を踏み入れるたびに沸き起こる拍手喝采を心から楽しんでいました。「夢がかなった。フルセットの試合を何試合もやって、もう足が棒みたいだけど、あなた方が私の足となってくれたんです」。お客さんとともに、勝ち取った優勝でした。

しかし…なんだかロペス君かわいそ…これじゃあ四面楚歌、だ。実際、これほどお客さんと一体化した選手は見たことがない、というほどだったみたいです。雨の中断中も、ジェームス君の名前を叫びまくり、ときどき、ロペス君を野次って、「no more」という意味のスペイン語の「no mas」という言葉を連呼したりもしていたそうな。…やな感じ。だからアメリカの観客は…て言われるんだよ。地元の選手を応援するのは当然だけど、相手選手をけなすなんて、つまらない人たちだ。全米でそんなシーンがみられないことを祈るばかりです。

までもこういうのは、サッカーでも、野球でも、野次というのはかならずあるものだし、仕方がない。アメリカには「ビーフ」という言葉があって、お互いに、けなしあうことをよしとする風潮がある。私がよく聞くHip Hopもビーフが当たり前のように行われてる。今日のロペス君はそんなお客さんにちょっと負けてしまったのかもしれないね。でも私は人を野次る人の心理が全く理解できない。そんなふうに無意味に人をけなすというのは、言った人がその人以下、なのにね。

でも環境がどうであろうとゲームには関係ないし。そんな周りのこと気にしちゃいけないよ、ロペス君。周りの騒音に惑わされることなく自分の力を出さなきゃいけない。辛いとこだけど、それも、勝っていくには必要なことだと思います。今週は、友達との対戦、四面楚歌での戦い、ロペス君にとってはいろんなことを学ぶことができた、実り多き週だったんじゃないかな。この経験を全米で、生かしてくれることを願っているよ。

関連記事
Blake Rallies for Second Career Title(ATP official)
Blake battles back, wins Pilot Pen final(ESPN)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。