Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全米オープン 8/30 男子編 パート2
2005年08月31日 (水) | 編集 |
Gilles Muller

@Yahoo!sports


Fernando Verdasco(ESP) 6-4 6-2 6-2 ⑫Tim Henman(GBR)

パート2しょっぱなから…こんなつらい結果…とほほ…なんでこんな悪い予感ばっかし当るんじゃ、ちくしょう! ううう~(泣)。しかも、ストレート、かなりスコ負けに近い。40のエラーを重ね、サービスゲームを5回落とし、わずか1時間45分で、負けてしまいました。

背中の調子が悪かったのも、原因のひとつらしい。「筋肉が、一旦炎症を起こすと、生体反応で痙攣を起こし始めるんだ。ショットを打つためにそこの筋肉を使うたびに、後ろからナイフで刺されるような感覚になる」。

キャリアタイトルは11、去年は、タイトルはなかったにもかかわらず、全仏と全米のベスト4、ウィンブルドンベスト8とGSで安定した成績が出せたことで、年間ランキングは6位、マスターズカップにも出場しました。しかし今年は…グランドスラムでも、全くふるわず、クイーンズ以来2回戦を突破できていない状態。今年あと5大会を残しているというティム、ゆっくり休んで、来年をいい状態で迎えるために、今季の残りをがんばると、言ってくれていました。

「この夏は、とても辛いシーズンだった。何も結果が出なかった。でも、僕の目標は、もっともっと改善していくことだ。だから、正しいことをしていれば、きっといい結果がついてくる」。

しかし、ルゼとティムが負けた同じ日にマレイ君が劇的な勝利…これでイギリスのメディアのティム離れとマレイよりがますます加速する…。思うに、アメリカではアガシがあんなに大事にされているのに、イギリスのマスコミは、ルゼやティム、特にティムに対しての敬意が足りないと思う。以前はさんざん期待してプレッシャーかけまくっていたのにさ。ちょっとうまくいかないと、すぐこれだ。まったくよう。

Vince Spadea(USA) 6-4 6-2 6-0 Glenn Weiner(USA)

地元対決でしたね。ビンスおじちゃんの貫禄勝ちです。

①Roger Federer(SUI) 6-1 6-1 6-1 Ivo Minar(CZE)

おっとここできた、王者ロジェ君。今日は話題豊富だから、なんだか王者の試合の影が薄いな…第1シードなのに!しかし…強かった…もうスコアみてもぜ~んぜん心配することなし。やっぱロジェ君の応援は体によい。

「願っていた一番ベストのスタートがきれた。リターンもうまくできたし、彼(ミナル)にほとんどポイントを与えなかった。サービスゲームは楽にキープできた。」「ベースラインでも、焦ることは全くなかった。大会の最初からこういう感触が持てるのは本当にいいことだよ。スランドスラムではこういうことはそんなにないからね。いつも自分のリズムを早くつかめてる。今日もそうだった。上出来、だよ」。

そして…2回戦の相手は、えーと、サントーロですね。すばしっこくて、サフィンが大の苦手にしてる選手。しかしロジェ君なら、大丈夫でしょう。ロジェ君には絶対に、少なくとも決勝までは勝ちあがってもらいたい。優勝という栄冠にふさわしいのは、王者か、王者を破った選手だけ。そう思うからです。今までの3つのグランドスラムは、全部そうだった。今回も絶対にそうあるべきだと思う。ロジェ君、たぶん大丈夫だろうけど、次もこの調子でがんばっておくれ!怪我だけには注意してね。


心の優しいロジェ君は、以前はスコ勝ちすると相手に申し訳なく思っていたりもしていたそうですが。「僕の悪い部分だった。相手のほうが自分より勝つに値するのに、なんて思ってたりした。(←訳がいまいちわからないのですが)恐ろしい感情だ」。

でも今は、そういう感情は、持ってません。当然です。勝つことより先立つ感情があっては、トップにのしあがっていくことなんて、できない。ニューヘブンでのロペスVSベル戦で同じこと書いたような気がしますが、ロジェ君はやっぱり、ちゃんとそこらへんは分かっています。

「ただ、勝つために完全燃焼する、それだけさ。いつも1番になりたいと思いながらね。勝っても負けても、コートの上で楽しみたいと思ってるんだ。別に戦争をしてるわけじゃないんだし。僕らは、最後には、楽しかった、て思えるんだ。チャレンジするのがすきなのさ。試合が終わったら、また元通り、人生が続いていくんだから。」

⑥Nikolay Davydenko(RUS) 6-2 6-0 6-4 Tomas Zib(CZE)
Paradorn Srichaphan(THA) 6-4 6-3 6-0 Younes El Aynaoui(MOR)
Florent Serra(FRA) 6-1 6-4 4-6 6-4 Stefan Koubek(AUS)
(30)Max Mirnyi(BLR) 6-2 7-5 6-2 Justin Gimelstob(USA)


ミルミル初戦突破しました!やった!今なにかと話題のギメルストフにストレート勝ち。今年はこれでウィンブルドン、全米と2回初戦突破できましたね。ウィンブルドンは4回戦まで行きました。全米は、それより上に行ってくれると、いいなあ。

ギメルストフのブログがすごく話題になってるけれども…なんというか、おもしろいというかくだらないというか、…。あの女子選手がロッカールームで選手のガールフレンドや奥さんとどーたらこーたらってややつ。でもなかなかおもしろいね。男というものはああいうふうに女性を見ているのだなぁということが、わかる。勉強になりますな。

んで、2つめのやつが、「世界のスポーツでいかにテニスが素晴らしいか」。野球やサッカー、バスケ、アメフトなどと比較して、テニスのほうが素晴らしいと思う理由についてご丁寧にかくかくしかじか、書いてある。思わず読んでしまった。まあテニス好きの人には痛快な文章だけど、あれもな…他のスポーツをディスってると思われても仕方ないような気もする…にらまれそうだ。なかなか面白いブログです。初戦敗退して、ブログ書く時間が増えたかな。


(21)Fernando Gonzalez(CHI) 4-6 6-4 7-5 7-5 Wesley Moodie(RSA)

ムーディは、予選上がりではあるけれど、長身でビッグーサーブもあるし、ボレーもうまい。ミュラーみたいな感じの選手かな。ゴンちゃんの強打とどんな打ち合いをするのだろうと思って楽しみにしていた。まあスコアしかわからないんだけども。どのセットも結構詰まってていい試合だったみたいですね。見たかったな。

Dmitry Tursunov(RUS) 6-4 6-3 6-7(7) 6-2 Marcos Baghdatis(CYP)

やはりツルスノフが強かったか。全豪では4回戦までいったバグダティスだけど、今回は相手が強かったかな。でも、まだまだ若いし。これからだよね。

このツルスノフは、もう強打強打、打って打ちまくる、選手。だから、当ると強いけど、外れるともろい、言ってみれば「all or nothing」という感じの人かな。ちょうどゴンちゃんと似たような感じかしらん。だから、その2人が当ったら豪快で面白いだろうなぁ…と思ったら!な~んとその2人が2回戦で当る!こりゃおもしろい!きっと、接戦か、スコ勝ちかのどっちか、でしょうね。両方ともが「all」「nothing」だったら、接戦、それが分かれたら、スコ勝ち。見たいなあ。ジェームス君の試合みたいに、ここに書いたら放送されるかな(笑)。まあ、これはさすがにないでしょうなあ。残念だわ。

Bjoern Phau(GER) 6-1 6-3 6-3 Alexander Popp(GER)

サフィンが膝の怪我で欠場になってしまいました。そのおかげでLL出場となったポー。チャンスを生かして、初戦突破です。

Arnaud Clement(FRA) 7-5 7-5 6-1 ⑳Juan Carlos Ferrero(ESP)

クレメンが勝ちましたか。ちょっと意外。これも番狂わせって言っていいかな。しかもストレート勝ち。こないだアンディも苦しめていたフェレロにこの勝ち方、うーん予選あがりとは、とても思えないよね。

王者ロジェ君の優勝がもう確実視されている今年のこの大会だけど、唯一落とし穴がありそうなとこを上げるとしたらこのフェレロ戦ではないか、というのは多くの評論家の人の意見の一致するところでした。ギルバートさんもご自身のホームページでそう書いてましたね。たしかに、ドバイではかなり追い詰めましたもんね。そのフェレロが先に敗退…これで王者ますます磐石。世の中、なんか不公平な気が…。

(27)Olivier Rochus(BEL) 5-7 6-2 6-2 6-2 Robin Vik(CZE)
Nicolas Kiefer(GER) 6-4 6-2 6-3 Jiri Vanek(CZE)


チェコ勢がそろって負けてしまいました。オリビエ君はロジェ君のいるとこまでは勝ち進みたいところです。
Gilles Muller(LUX) 7-6(4) 7-6(8) 7-6(1) ②Andy Roddick(USA)

アンディ負けたか…。まさか本当にミュラーが勝つとは。しかし、そんなに驚くことじゃ、ない。ミュラーの、ウィンブルドンのナダル戦で見せていた左ききの強いサーブとネットプレーの連携はすばらしく、しかもタイミングもばっちり、効果的でした。あれがはまれば…という感じはあった。しかし。ミュラー君、君はまさに、じゃこ君以上のビッグネームキラー、だね!ウィンブルドンと全米でともに第4シードを倒しちゃうのだから。それに去年はアガシにも勝ったしね。

しかしなぁ…全部タイブレーク。しかもそれを全部ミュラーがとるなんて。こりゃ胃にも心臓にも悪すぎる…今回アンディ応援してなくてよかった…応援してたら、もうショックで倒れてたかもしんないからね(笑)。うーん他の95人の誰が来る可能性もあったのに、よりによってこの人が対戦相手に…世の中って不思議なもんだ。

この試合の記事は数も量もどえらい多くて、読むのがしんどいな…もういっかな…日本時間の昼間だったから私はもちろんこの試合を見てはいないので、どういう内容だったかはよくわからないのですが。でもビッグサーブ同士だと、だいたいこういうスコアになるよね。

英語を読むのがきつくなってきたので、他の人のブログなどを読むと、ん~かなりきわどい勝負だったようですね。特に第2セット。あそこをアンディがとっていてセット1-1にしていたら、流れは大きく変わっていたでしょう。

しかし、まタイブレークは水もの、とはよく言うけれど、それを3回連続で落としてしまうというのはどうなんだろう。単純にタイブレをとる確率が50%としても、3回連続タイブレを落とす確率は、8分の1しかない。つまり、8回のうち7回は起こらないことが、今日起こってしまったのだ。それを、運が悪かった、ツキがなかった、で済ませてしまうのには、やはり無理があるでしょう。

やはり、アンディには勝つための何かが足りなかったんだと思う。負けるべくして負けたんだ。私は、アンディには決勝にはきて欲しくなかったから、これでよかったと思ってます。決勝にきたって、どうせ王者にまたあっさり負けるだけ。そんな光景はもう飽き飽きしました。それならいっそ、早く負けてしまったほうが、いい。なまじ決勝進出とかいい結果がでると、満足してしまうからね。

それに、最近のアンディには浮ついた話が多かった。特に、マリアちゃんとのいろいろ、彼女のパーティにわざと出席してまた周囲を騒がせたり。そんなんじゃあ、いい結果なんて出らんのが当然じゃ。確かに、プライベートは何をやっても自由だし、別に恋愛が悪いとは全然思わないけどね。ただ、その方法や、内容に問題があるのはまずい。

テニスは他のスポーツ同様メンタルな部分に多くを依存する。そのメンタルというのは、普段のなんでもない生活をどういう心持で送っているか、というところから形作られる。別に品行方正にしろとはいわないけど、やっぱり、同じ人間がするのだから、コート外でしてる行動が、形をかえてもコートの中でも同じように表れてくるんじゃないかな。「無意識」の力は、「意識」よりはるかに強いのだ。普段の生活が安定していない人が、コートで安定したプレーなんて、できるわけない。

あ。そういやアンディ今日誕生日だった…う~むナダル君やサフィンは誕生日に大きな勝利を挙げたのにね。そしてあさって誕生日をむかえるモンフィス君も負けた…誕生日ジンクスが微妙~に変化してきている…。それに、せっかくUSオープンシリーズ優勝したのに。全米賞金の倍って…。やっぱし、ボウリングでスペアとったあとガーターしたような気分だ。

閑話休題。だから、今回のことは、アンディにとってはすごく貴重ないい経験になったと思う。これで目が覚めて、一気に爆発してロジェ君に勝てるようになるかもしんない(?)。まあ、こんなこともあるさ。ジェームス君だって、去年あんなに散々なシーズンを送ってて、今年は見事に復活した。だから、アンディがこれで一念発起して奮起してくれることを期待してるよ。全豪はまた応援すっから!あ、その前にマスターズカップか…出場できるんでしょうねぇ!?

Robby Ginepri(USA) 6-3 6-2 7-6(5) Guillermo Garcia-Lopez(ESP)

最後、ジネプリ。今年初めてGS1回戦突破しました!そして、ジネプリの次の相手は、アンディではなく、ミュラー。今日のすばらしいミュラーを見てるとなんだか危ない感じだけど…でもアンディよりは、いいと思うよ。やっぱアンディよりミュラーのほうが相当やりやすいでしょう。

大きな番狂わせをした直後にあっさり負けてしまうことは、よくあるもんね。やっぱり強い選手とやると、無欲になれるし、普段の力以上のものが出せる。それを、格下あるいは同じくらいの選手にも出せるか、というと、なかなかそうはいかない。その日の調子も日々違うだろうし。だから、私は結構楽観視してるんですけど…もちろんジネプリにとって厳しい試合になるでしょうが。ジネプリ、がんばっておくれ。


関連記事
Henman: 'It's been a difficult summer'(ESPN)
Federer Flies Through First Round(Tennis Week)

”間抜けなことも 人生の一部だと 今日のおろかさを笑い飛ばしたい なにかをひとつ 失くした時に 人は知らずに なにかを手にする”
-♪Kinki Kids「全部だきしめて」

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
>サントライズさん

mi-koさんにコメントを書いたのとほぼ同時期に書いてくださったようで。またまた登場。

ミュラーは本当に強い選手にはいいプレーしますね。ニューヘブンはあんなにあっさり負けてしまっていたのに…。これだから初戦はこわい。でもジネプリならきっと勝ってくれるんじゃないかと期待しています。

いろんな試合がみれるから、序盤にいくほうが楽しそうですよね。クレメンの勝ちは私もうれしい。好みとしたらフェレロよりクレメンなので(笑)。そういえばクレメンも最近ミュラーに競り勝ってましたね。アンディに勝って、クレメンに負ける…不思議なものですね。

サントーロの粘りに王者がどう対処するのか、とっても楽しみです。
2005/09/01(木) 08:31:01 | URL | さっち #-[ 編集]
アンディおつかれ
はじめまして!ありがとうございます。

アンディの負けはどこの記事でも大きく報道されていますね。地元のNo.1の初戦敗退は、地元のメディアにとってもスポンサーにとっても大きな誤算だったでしょう。これでアンディの今年のGSは終了してしまいましたが、また心も体もリフレッシュして全豪に臨んでくれることを期待してます。

>胃がキリキリと痛むなんて、辛いだけどやめられない(^^;)

同感です(笑)。もう辛いからって手で顔を覆っても、やっぱり指の間から見ちゃうんですよねぇ~…。私も以前はライブスコアを見るのは苦手でしたが、たとえ何をしたって勝つときは勝つし、負けるときは負ける。負けたって別に悪いことじゃない、また次があるんだし、と開き直って最近は見ることができるようになりました。だから今日もがんばってみて応援してくださいね!
2005/09/01(木) 08:20:22 | URL | さっち #-[ 編集]
やってしまった。。。
得意のハードコート、しかも地元の全米でまさか1回戦負けするとは思いませんでしたね。もちろんミュラーも実力者というのは十分承知ですが、ランキングを見てもミュラー程度の相手だったら順調に勝ってたはずですね。
デイセッションは観戦に行きましたが夜は別のチケットが必要なので家で観戦しました。

ミュラーのタイミングの早いストロークの展開にロディックは完全に押されていました。何かロディックは技術的に見直すところがあるはずだと思いました。さっちさんは期待していないと言っていますが、自分は完全に応援していました。笑 それだけに残りの2週間(笑)は寂しいですが、去年のヨハンソン戦とは違い、納得のいく負けだったのであまりに押されていた最後の方は笑うしかありませんでした。v-11何か新しい事に挑戦して出直して来い、という感じです。笑

それ以外ではサントロ、ロクス兄弟、そしてクレメンの試合を生で観て来ました。兄が負けてしまったのは残念ですが、オリビエの身長の差を感じさせないストロークは圧巻でした。それとサントロの粘っこさにメルツァーもお手上げだったのも笑えました。クレメンは応援していましたが、競り負けるだろうと予想していたので遅めに行ったら何と2セットアップの3-1。。。。予想外の展開にもっと早くから観とけばよかったと後悔しました。フェレロの顔で応援しているファン(勝手な想像)が多そうだったので少しざまあみろ、というクレメンの活躍でした。笑

2005/09/01(木) 08:06:21 | URL | サントライズ #-[ 編集]
初めましてv-116

さっちさんのコメントに「そうなんだよねぇ~」v-424って、同感する毎日。更新を心待ちに楽しく読ませていただいてます!
Andyの1回戦敗退・・・ショックです。悪い予感が的中。帝王ロジェ君の強さだけが際立つ大会になって欲しくないのになぁ~。なんかナダル君に2回戦が心配になってきた。シンシナティでは、仕事の途中にこっそりとLiveをチェックしていたら負けてしまったので、今回は我慢しようかと・・・。でも気になるんですよね!試合を見ていても見ていなくても、胃がキリキリと痛むなんて、辛いだけどやめられない(^^;)
2005/08/31(水) 23:58:36 | URL | mi-ko #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。