Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キム優勝おめでとう!@全米オープン9/10
2005年09月11日 (日) | 編集 |


Kim Clijsters

@Yahoo!sports


女子 決勝

④Kim Clijsters(BEL) 6-3 6-1 ⑫Mary Pierce(FRA)

よかった…ほんとによかった。今日までの道のりは、とても長かった。でも、ついに、努力が実ったね。私もうれしいよ(T T)。今までの4度のファイナルで負けたときのキムは今日はいませんでした。自信に満ち溢れ、力強く、決して崩れない。とても頼もしいものを感じました。

今日はピアースは最初から積極的に打ってきましたね。SFのマリア戦みたいな。でも、キムは持ち前の守備力でよくしのぎました。そして一瞬の隙を突いて見事な切り替えし。そんな動じないキムに、ピアースのほうが先にミスを重ねてしまった。第1セット中盤からは、キムも打ちだして、ウィナーもどんどん決まるようになった。守備力に加えて攻撃力までアップしたら、ピアースとしたらちょっと苦しかったでしょう。

スコアは開いてしまったけど、ゲームの中では見ごたえのあるラリーもあったし、ピアースの積極的なハードヒットもところどころうまくいっていたけれども、やはりピアースは今日はエラーが多かった。やっぱり体調もいまひとつだったみたいで、力を出し切れなかったようです。というか、キムが力を出させなかった、というべきなのかな。

「まだちょっと信じられないのよ。去年あんなに長く休んだ後で、こんな気分を味わえるなんて」。過去何度もGS決勝で敗れ、去年は手首の怪我にレイトンとの別れ、いろんな意味で中身の濃い一年となりました。しかし、神は乗り越えられるものにこそその試練を与える。キムは、ちゃんと乗り越えました。「あのとき何回も決勝で負けたのは、まだ私が勝つべき時じゃなかったということかもしれない。グランドスラムをとれなかったことが特に、戦い続けるモチベーションを作ったのよ。」

あんなに嬉しそうな表情のキムは見たことない。GS初優勝なんだからそれも当然か。笑顔のキムはほんとにかぁいいなぁ~。トロフィーをもらって掲げるしぐさが、慣れてなくてちょっとぎこちない感じだったのも、初々しくてよかったなあ。そのうちきっと慣れるよ…。んで!賞金が、すごい。USオープンシリーズ優勝してるから、なな~んと、1億×2=2億!!当然男子の優勝者より多いです。うれしいおまけがつきましたね。

一方の負けたピアース、フレンチに続くストレート負け…今回は、あのときほど一方的じゃなかったけど、まあスコア的には似たようなものになってしまいました。決勝で当たる相手が強すぎる、というか…しかも、なんだか世間がキム応援っていう感じにもなってて、かわいそうな感じもあったなあ…私もキム応援してしまった…ごめんよう。でも、今年のGSで2回決勝に進んだのは、30才のピアースと29才のダベポート、だけなんだよね。ベテラン2人、とても健闘していると思う。来年は、リンゼイとピアースの2人にどれでもいいからGSとって欲しいような気もするなあ。そゆこともちょっと思いました。でも、今日は、やっぱしキムが勝たなくちゃいけなかった、とも、思う。

…というわけで。女子のGS終了。今年は、なな~んと、ロシア選手が1人もどのGSにも決勝に進めなかったという信じられない結果となりました。去年は4つのうち3つを制覇、ロシア対決も2回あった。1年でこうも変わるとは。ただし、マリアちゃん以外の選手がちょっと最近元気ないかな~、という気もせんでもないね。

んで、優勝者は、ウィリアムズ姉妹にベルギー2人。…あれ、数年前に戻った?(笑)姉妹は、マスコミに叩かれることもあるけど、それでもこうやって2人ともGSをとるところが、すごい。ん~姉妹VSベルギーという図式がまた復活してきましたなぁ~。もちろんロシア勢もだまっちゃいないでしょう。そして、ベテランのリンゼイとピアースにも期待したいし、イバノビッチやバイディソワ、カラタンチェワみたいなピチピチ10代もまた力をつけてくるでしょう。あ、モレスモ姉さん。忘れるとこだった(笑)。もうそろそろどっかでGS勝たないと忘れられちゃうよ~。男子みたいな絶対的王者がいないから、結構上位は混戦ですな。女子もなかなかおもしろい感じになってきました。来年以降がまた楽しみです。

(男子は続きを読む以降に) 
男子 準決勝

⑦Andre Agassi(USA) 6-4 5-7 6-3 4-6 6-3 Robby Ginepri(USA)

これまたフルセットになったか。長い試合が多くて2人もお疲れ様です…。ジネプリ、がんばったけど、惜しかったねぇ~。第4セットとったときは、いけるかも!!と、ちょっと眠かったのが目が覚めたけど、やはり、勝負師アガシ、大事なところで集中を高めて、きっちり決めますなあ。

ジネプリは今日は序盤こそセットとられたけど、ハードヒットがうまくいっていましたね。コントロールもよかったし、とにかくボールが深くて、スーパーショットも何本もあった。そしてよく走りました。アガシに振られても懸命にボールを追いかけていく姿は本当に感動ものだったよ。逆にアガシはいまひとつ動き、ショットともキレがなくて、エラーがとても多かった。ま2人とも5セットの試合を何試合もやってたから、疲れがたまっていたのだろうけど、中盤はやや淡白な展開になってましたね。サーブ4つだけゲームキープ、ていうのもいくつかあったしね。同じ5セットマッチでも、ジェームス戦とはずいぶん様相が違っていたようです。

までも淡白にもなるよね。だって、ジネプリはこれが4連続、アガシは3連続の5セットマッチなんだもん。いくら体力には自慢があるって言ったって、ちょっとそりゃきついよね~。そんな中、ジネプリはアガシにセットを先行されてもよくがんばってくれたと思います。最後ファイナルセット、ちょっと疲れが出てしまったけど、もう仕方ないと思う。アガシも、今日はいまひとつピリッとしなかったけど、でも最後はやはり経験、自力の差で押し切ったのはさすがでした。

しかし、内容がどうあれ、おととしの全豪以来の決勝進出、アガシにとってはもう喜びいっぱいです。「僕がファイナル進出だよ、すごいことだよね」。10代の選手のようにアガシは言ったそうです。「35才で決勝に進んだということは、まだまだやらなくちゃってことだよね」。

一方のジネプリ、最後は力尽きましたが、素晴らしい戦いでした。アガシからセットを初めて奪ったのだし。なんてったって、5セットマッチ連続4回。あらためてジネプリのフィジカルの強さを存分に示しましたね。そして、グランドスラム準決勝進出。何かと目をかけてきたジネプリがこんなに活躍してくれて、私は本当に嬉しかったです。

「誰にたいしても食らいついていけると思うよ。誰と一緒にコートに入ろうが、おびえたりしない。僕には未来がある」。

①Roger Federer(SUI) 6-3 7-6(0) 4-6 6-3 ③Lleyton Hewitt(AUS)

いや~すばらしい試合だった!ロジェ君の素晴らしさがまた一段と増した試合だったし、レイトンの健闘も光りました。「どうせフェデラーのスコ勝ち…」と思ってテレビを見なかった人、残念でした(笑)。とても見ごたえのある素晴らしい試合となりました。

今日はレイトン最初から積極的に攻撃してきました。特に2ndサーブのリターンはことごとく打ってきたし、ラリーもレイトンが優位にたってポイントをとることも多かったし、ネットにもより積極的に出て行きました。ロジェ君のほうは、調子はそんなに悪くはなさそうだったけど、ちょっとレイトンに押されぎみながらもなんとかかわしてきっちりキープ。押しまくっていたレイトンが序盤ちょっとミスが出たところワンチャンスでブレイクしてセットを先取するあたりは、さすがです。

圧巻だったのは、第2セット終盤と第3セット序盤の攻防です。第2セットは、レイトンの攻撃が功を奏してロジェ君もミスが目立ちはじめ、第10ゲームでは15-40と2つセットポイント!…しかし。今日もまたこのパターンか。そこから王者は強かった!決してレイトンが悪いんじゃなく、ロジェ君がピンチになってからすばらしいスーパーフォアハンドをみせてくれました。

これでピンチを脱したかに見えたロジェ君ですが、今日はサービスゲームが安定しません。第12ゲームでまた15-40、またまたレイトンにセットポイント2つ!!今度こそ決めるでしょ~。…あらら!!また王者挽回!すごい!このあたりはもう興奮しまくりでした。いや~、すごいとしかいいようがない。「神の領域」と解説の丸山さん言ってたけど、ほんとそういいたくなるよね。そしてタイブレーク、それまでちょっとミスも目立っていたロジェ君のプレーがここで一気によくなった。ミスしていたバックのクロスショットも見事に決めて、タイブレークは圧勝。

第2セットは計5回のセットポイントを落としてしまったレイトン、この展開はちょっと辛いよね…あぁこれで終わりか…誰もがそう思ったでしょう。でも、昨日のキムVSマリアみたいなこともあるし、まだまだわからんよね~と思ってたら、本当にそうなった。第2ゲームは実にデュース9回!第4ゲームもデュースになって、それをなんとかしのいだレイトン、ついに、第10ゲームのセットポイント、今度こそ、ようやく王者からセットがとれました。

レイトンは2セットダウンになっても決してあきらめずに、懸命に王者の放つ容赦ない厳しいボールを追いかけ、食らいついていきました。それがみのって、久しぶりにロジェ君から1セットゲット。しかし、やはり、王者はさらにその上を行っていました。第4セットに入るとまたさらに一段とプレーのレベルを上げ、あんなに不安定でデュースばっかりだったサービスゲームをきっちりキープするようになり、段々レイトンを追い詰めていきます。レイトンは、それに耐え切れず2連続ダブルフォルトしてしまい、ついにブレイクされてしまいました。これで決まりました。

でも、今日の試合はほんとおもしろかったなぁー。この2人の最近の対戦で一番見ごたえあったんじゃないかなあ。レイトンよくがんばったけど、なんだかロジェ君のすごさをまた一段と見せ付けられた、そんな感じです。お客さんも、うなってましたもんね(笑)。でもレイトン今日は本当にいいファイトあふれるいいプレーしました。途中は本当に、「…まさか本当にレイトンが勝っちゃったりして!?」とかちょっぴり一瞬だけ思ったよ。でも、レイトンはきっと落ち込んではいないでしょう。負けたらまた挑戦するだけです。アンディ同様、20敗しても30敗しても挑戦しつづけていたら、そのうちどこかで勝てる日もくるよ、きっと。

というわけで、決勝は私がまったく予想していなかった(笑)、あ、王者は予想してましたが、ボトムハーフがね。まさかアガシが決勝に残るとは思わなかったなー。アガシすごい!といわなくちゃいけないんだろうけど、うーん。素直にそういえないひねくれ者の私。63人がよってたかってレジェンドといえども35才でがんばっているアガシに一人も勝てないなんて!ま、対戦したのは6人だけど、間接的にいうと、63人てっことで…。やはり歩く伝説に引導を渡すことは、なかなか難しい…やっぱりロジェ君、君しかいないね。君は男子テニス界に君臨する王者なのだから、ここでアガシに負けるなんてことは、許されんよ(笑)。いやほんと、ここでアガシに負けるようなことがあれば、王者の名がすたります。勝って欲しいというより、勝って当然、だす!

あ、厳しすぎますかねぇ?ごめんよぅロジェ君。しかし、やはりこの伝説アガシをここで倒すのも、王者としての使命だと思う。確かにおじちゃん軍団は応援している。アガシにもまだまだがんばって欲しいと思っている。しかし、子は親を超えなくちゃならない。若い世代が上の世代を超えていかなきゃ、社会というのは発展していかない。経験にまさる上の世代を若い世代がパワーで超えていくことで、どんな社会もよりよく発展していくものなのじゃないかと、思う。

まそういうわけで、100%、いや200%ロジェ君応援モードで明日はTVにかじりつき。しかし、月曜の朝5時か~。つ、つらい…。しかも、5時ってビミョ~な時間ね。2時間くらいで試合が終わってくれれば最後までみれるけど、3時間越えるようなことがあれば、途中で出勤しなくちゃならん。ん~ロジェ君、勝つだけじゃなくて、スコ勝ちしてくれると嬉しいんだけど…ありゃ、また厳しい注文つけてしまった。でも、君ならきっと私の無理な注文にも応えてくれるだろう。全幅の信頼を寄せているからね。がんばれ、ファイト~、C'mon Roger~!!

関連記事
Clijsters wins Open in grand fashion(Yahoo!sports)
Age is served in Agassi's win over Ginepri(ESPN)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
おわってしまった
>わかこさん

キムは試合が終わった後迷わず家族のところに行きましたね。途中手すりの上で真顔で落ちそうなのを怖がっていたので、こっちまで怖くなっちゃいましたが…。

男子決勝、結果は予想とおりだけど、内容的にはかなりいい試合になりましたね。やはりアガシのがんばりが大きかったと思います。早くも全豪が待ち遠しいですね~!
2005/09/12(月) 18:51:07 | URL | さっち #-[ 編集]
ほんとに嬉しい
クライシュテルス悲願の初優勝!!やりましたね。何故かこんな大事な日に出かける用事を入れてしまって、もう家を出なきゃ・・・でも見たい!というのを繰り返しつつ、なんとかセレモニーの途中までは見ることが出来ました。家族の所へ行って抱き合ってる姿を見て思わず涙してしまいました。本当に良かったな~。
後は男子決勝を残すのみですね。私的にはアガシを応援していますが、どちらにしてもいい試合になることを祈っています。
2005/09/11(日) 21:34:41 | URL | わかこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
“アンドレ・アガシvsロビー・ジネプリ” 3-2(6/4.5/7.6/3.4/6.6/3) またまたフルセットの末にアンドレさんがやってくれましたぁ!!!キャッキャッ アンドレさんの笑顔・笑顔・笑顔!!!嬉しい~!!! 他の言葉は何もいりません~! ロビーくん、素晴らしい試合をありがとう~
2005/09/11(日) 23:11:00 | テニス観戦...しましょ?!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。