Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全米オープン 最終日
2005年09月12日 (月) | 編集 |
優勝おめでとう
やったぜ!

Roger Federer

@Yahoo!sports

男子 決勝

①Roger Federer(SUI) 6-3 2-6 7-6(1) 6-1 ⑦Andre Agassi(USA)

That is what champions do.

ESPNのこの文章が全てを表していると思います。まさに、王者のテニス、私が王者としてロジェ君に一番期待していたものを実践してくれました。私は展望のときに、「窮地に陥ったときこそ王者の一番強い部分が発揮されると思うし、それが見たい」というようなことを書いた覚えがあるが、それを準決勝、そしてこの決勝と、まさにそのまま見せてくれた。

実際、今日はアガシが本当にいいプレーをしました。第1セットこそサービスの調子が悪くて1ブレイクでもぎとられたけど、最後のセットポイントも粘りに粘ってロジェ君セットをとるのに苦労していた。あのへんからアガシの勢いが増してきた気がする。

アガシは準決勝のあと、王者対策としてこゆことを言っていた。「とにかく、コーナーに、コーナーに、コーナーに打って打って打ちまくる、それしかない」。そして、やや弱いバックを攻めてかく乱し、フォアでの打ち合いもペースを変えて、アングルショットを使って、ネットに詰めて驚かせる。その作戦は第2セットに入って見事にはまりました。あんなにネットに詰めるアガシはあんまり見たことなかったし、ラリー戦でもロジェ君のミスを誘い、だんだんアガシが主導権を握っていきました。そしてそれにやや動揺してしまったか、ロジェ君がミスも重なってサービスゲームを落としてしまい、アガシが第2セットをゲット!やべ!

このあたりでは、、「ままままさか…」とちょっぴり焦ったけれど、でもそれほど心配はしていなかった。だって、きっとこの劣勢を挽回してくれると信じていたから。冒頭にも言ったとおり、追い込まれたときこそロジェ君が一番力を発揮するところなのだ。だから先にブレイクされたけど、絶対にブレイクバックしてくれると信じていたよ。そしてそのとおり、すぐにブレイクし返して、勝負のタイブレーク。

昨日のレイトン戦もそうだったけど、勝負を分けるタイブレーク、ここ!!というところでプレーのレベルを一段と上げることができる。それが彼の強さ。しり上がりに、まるでタイブレークにあわせるかのように調子を上げて、一発勝負のタイブレークで一気に爆発!あのへんはもう「神の領域」といってもいい。タイムマシンで見てきたんじゃないの??といいたくなるような絶妙な試合運び。そしてタイブレークで一気に波に乗って、その後はアガシに反撃の余地を与えませんでした。

しかし、アガシ…昨日と全然違うやんけ!あの準決勝はなんだったんだ…(- -;)やはり、強い選手とやるときというのはおのずと自分のプレーのレベルも上がるというもの。だからロジェ君とあたる選手は結構みんないい戦いするよね。自分と戦うときに限っていいプレーされるんだから、ロジェ君もきついよね。でも、そこをピシっとはねつけちゃうところ、さすがだわ。

ここでアガシに謝らなければいけないことがある。「決勝でアガシが王者に対抗できる余力が残っているとは思えない」て書いてしまったが…。アガシ恐れ入りました~!余力残ってないどころか、途中まではかなり押してました。別に過小評価してたわけでは…まそういうことか…いずれにしても、すまなかった~!いやはや、やはり歩く伝説、信じられない力が残っていたなあ。ほんと、アガシ素晴らしい戦いでした。ここまでのドローは決して楽じゃなかった。それを、少ない体力を最大限有効に使って、経験と戦術で勝ち抜くあたり、これは王者ロジェ君も言っていたように、「最後の生きる伝説」。

勝った瞬間のロジェ君は、ウィンブルドン優勝のときとは対照的でした。感極まって涙したあのときとは違い、子供のように飛び上がって無邪気に喜びを表現していましたね。本当に、プレッシャーから解放されてのびのびやってたんだなあということがよくわかった。

そんな最強王者に、アガシは最大級の賛辞を送っています。「今まで対戦した中で最高のプレーヤーだ」。「たしかにピート(サンプラス)はすばらしかった。でも彼にはまだ対抗する余地があるし、何をやらなくちゃいけないかもわかった。そしてそれができれば自分の流れにもっていくこともできた。でも、ロジャーにはそんな余地はない」。これって~、サンプラスよりロジェ君のほうが上、とアガシ自身が言っているようなもんだ。まあ単純に比較はできないけれど、実際2人ともと対戦している伝説くんアガシからこんなこと言われたら、もう感激ものだよねぇ~。

いや~しかし、よかったよかった。いつもそれほど肩入れしてないときにいっぱい勝って、せっかく応援してるときに負けちゃったらもうしゃれにならんもんね。だから絶対に勝って欲しかったよ。あーほっとした。ロジェ君ありがとう~!そして優勝おめでとう~!

というわけで。男子も今年のGS全て終了。ロジェ君最初の2つはとれなかったけど、さすがに後半の2つは連覇しましたね。これで「王者が強すぎてつまらない…」なんていうのはちょっと考えが浅い。(ま私もついこの間までそう言ってたんだけど…あははは…反省~)

ウィンブルドンのときに彼自身が言っていた、「負けてもおかしくない試合で勝てるようになった。」この言葉が今の彼の状況を一番よく表していると思う。ロジェ君が圧倒的に強いのではない。彼だって人間、調子が悪いときもあるし、対戦相手も全力で向かってくる。結構苦しいゲームもいっぱいある。技術的に多少差はあるだろうけど、全く対抗できないってことはないでしょう。じゃあこんなに他の選手とロジェ君を分けている差は何か。それは、何度も書いてるけど、「困難な状況を挽回する力」、それが一番だと思う。レイトンやナダル君みたいに感情をあらわにしないから見えにくいところだけど、やはりこのあたりのあきらめない精神力も、彼が世界一、だと思う。そのようなことを考えれば、つまらないなどという言葉は出てこないはずですよね。

だからといって他の選手がそれに甘えていいってことも当然ないよね。どうやったらこの王者を倒せるか。どうやったら挽回できないようにできるのか。それは何度も負け続けていく中でそれぞれが見つけていくしかない。特にアンディとレイトンね(笑)!アンディがロジェ君に勝てる日は果たして来るのだろうか…いや、きっと来る!く~る~きっとくる~きっとくる~♪(こんな締めでいいのか…?)

関連記事
... And just like that, Andre's finished(ESPN)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
>mayさん

私も内心はちょっぴり心配でした(笑)。でも、今までの活躍ぶりを考えたらきっと大丈夫、て言い聞かせてました。アガシ応援の風潮が強かった中、よくがんばってくれたと思います。

これで2週間の全米も終わってしまいました。2週間って結構あっという間だけど、なんだかすごく長かったような気がしますね。いろんなドラマがありましたからねぇ~ナダル君も負けたしねぇ~(泣)。私自身もいろいろありましたが、あのときは本当に心温まるコメントありがとうございました。

>ラファ党はひとつ壁を乗り越えメンタルタフネスを手に入れましたね

たしかにこれはいえますね。今までちょっと勝つのに慣れすぎてたのかもしれませんね。ん~でもやっぱり負けるのを見るのはいやだなぁ~(笑)でも心の準備は、ちゃんとできそうですね。

ガスケ党、いいですね!党首は、やっぱしブッチさんかな、でもkyokaさんもガスケ党の中心人物の一人。お二人とも左のサイドバーでブログやってらしゃるのでぜひ行かれてみてください。

>masatoさん

はじめまして!トラバ&コメントありがとうございます!世間がアガシ応援の風潮でしたが、しかし見事な戦いでしたね。以前から「サンプラスの後継者」と言われて久しいロジェ君、あんまり比較されるのも大変でしょうが、でももう誰とも比較しようがないくらい絶対的な強さですね。

今後はぜひmasatoさんのブログにもお邪魔させていただこうと思ってます。これからもよろしくおねがいします!
2005/09/13(火) 18:14:58 | URL | さっち #-[ 編集]
フェデラやってくれました!
トラバさせてもらいました。フェデラの優勝に素直に喜んでいます!今となれば、他の選手と比較するのを好まないかもしれませんが、サンプラスの後継者として男子テニス界を引っ張っていますね。これからより、レベルがあがってくると思います。また、全仏初出場で驚かせたクエルテンのような若武者がでてきてほしいと思っています☆
2005/09/13(火) 05:25:26 | URL | masato #-[ 編集]
長文スミマセン;
さっちさん、全米05お疲れさまでした!
ラファ敗退時にコメントさせていただいたmayです。

わーいロジャーが勝ったv-257
ほっっっっ・・・。
本人よりプレッシャーかかってどうする私って感じでしたょ(^^;
トーナメント中盤から、アガシの切ないほど純粋な想いが伝わってきていたので、
ファイナルも正直、アガシ頑張って!!とエールを・・・
・・・送ったのは1セット目だけで、2セット目からは
ぃや、、そないがんばらんでもいい、ほら背中いたぁなるで?な?
ていうかロジャーいっけぇぇーーーv-42
みたいな・・・全然信用してませんよね(笑。
私もさっちさんのように応援できるようになりたいです。

初戦から(サフィンがいるから開戦前から?)
波瀾だらけのスラムでしたが
終わってみれば感動感動大感動☆でした。
全ての選手たちにお礼を言いたいところです。
ラファが負けたときは世界の終わりを感じたものですが・・・。
さっちさん、ラファ党はひとつ壁を乗り越えメンタルタフネスを手に入れましたね!(笑。

しかしこの感動にはさっちさんが日々発信して下さったレポートやコメントが切っても切り離せません。
本当にいつもありがとうございます。
これからも期待してます☆
次、ガスケ党を新設しませんか?(笑
2005/09/12(月) 23:25:19 | URL | may #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(写真上下) http://sports.yahoo.com/ten <優勝 
2005/09/13(火) 05:22:11 | 「和縁の輪」 / 椙田正人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。