Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ATPランキング更新 9/12
2005年09月12日 (月) | 編集 |
全米終了しまして、2週間ぶりにランキング更新。結構変動ありあり。

9/12付

1位 ロジャー・フェデラー 1210p  
2位 ラファエル・ナダル 853p
3位 アンディ・ロディック 548p
4位 レイトン・ヒューイット 490p
5位 アンドレ・アガシ 455p
6位 ギジェルモ・コリア 403p
7位 ニコライ・ダビデンコ 378p
8位 マラト・サフィン 346p
9位 ガストン・ガウディオ 344p
10位 マリアノ・プエルタ 301p


上位1~4位は変動なし。ロジェ君、1210p…ぽかーん。。。。さ、次次!

さすがアガシ、全米準優勝で一気に上位にきましたね~!これでマスターズカップがぐっと近まりました。去年はあと一人、というとこでGS特典を持っていたガストン君に出場をさらっていかれてしまったので、今年はぜひアガシに出場して欲しい。やはりアガシがいるほうが盛り上がるしね。

グランドスラムが全部終了したということで、気になってくるのが残り6つのマスターズカップ出場枠の行方。出場権のルールがまだよくわからないけど、去年と同じと仮定するならば、ロジェ君が全米優勝したことで、サフィンのマスターズカップ出場はほぼ決定ですな。なぜなら、他の3つのGSをとっているのがすでに出場を決めている上2人だからです。だから、サフィンは20位以内に入っていれば、グランドスラム特典が適用されるので、9位以下でも優先的に出場権を得られる。

だから、他の選手は、出場権を得るには、8位ではなく7位以内にはいらなければならない。とすると…アガシ、コリア、ニコちゃんが今のとこ有利かなあ。ガストン君とプエルタ君はクレー巧者なので、11位以下の選手にもまだまだチャンスがある。マスターズシリーズのマドリッドとパリ、あそこで最後の出場権をめぐる熾烈な争いが繰り広げられることでしょう。個人的には…ガスケ君応援したいな。でもゴンちゃんとかもおもしろそう。ナルもおととし以来の出場を狙いたいとこです。去年はマスターズマドリッドとパリをサフィンが2連勝して一気に200pゲットして出場を決めたので、あの2大会は大きな山となるでしょう。


そのほか注目
12位(←14位) リシャール・ガスケ 266p
14位(←19位) ダビド・ナルバンディアン 258p


全米でなかなかいい成績を出したこの2人が一気に順位を上げてきました。このあたりにくるとたくさんポイントを得ないと順位が上がらないからなかなか大変。ナルはデ杯もあるからなにかと大変だろうけど、ナルのプレースタイルは私は結構好きなので、ぜひがんばって欲しいところです。


20位(←33位) ロビー・ジネプリ 229p

お~!ジネプリがこんな上位に上がってきました。こりゃうれしい。マスターズカップはちょっと厳しいけど、でもデ杯メンバーにも選ばれたしね。んでエントリーランキングも21位です。これなら大会によってはシードがつくかも。

28位(←37位) ジェームス・ブレイク 176p

この人も全米大活躍、ジェームス君。こちらも急上昇です。エントリーランキングでも34位。ヨアキム抜かれてしまった…。でも、これでジェームス君もう全豪は予選いらないね。ことによってはシードもつくかも。うん、それがいい。初戦でシード選手がジェームス君と当たったりしたらそのシード選手はかわいそうすぎる。もうちょっとシード安全圏まで上がってきてほしいなあ。

36位(←54位) ヤルコ・ニミネン 144p

じゃこ君は「ヤルコ」と読むみたいですね。WOWOWの放送でそうなっていた。までもここではじゃこ君です。彼も全米ベスト8で大きく順位を上げました。このへんの選手にとっては、エントリーランキングのほうが重要なのでまたまたそっちを見てみると、お~こちらも36位。だいぶ上がってきましたな。ビッグネームキラーで知られるじゃこ君だけど、そろそろ自分がビッグネームになりつつある。ていうのはいいすぎかな。

43位(←49位) サビエル・マリーセ 130p

アガシに健闘したサビエル君も着実にランクアップしています。マイアミでの罰金の傷もだいぶ癒えました。

48位(←53位) ニコラス・マスー 111p
51位(←65位) ダビド・サングネッティ 109p


ニコちゃん1号がようやくトップ50入り。今年初旬がちょっとつまづいちゃったからなあ~。でもがんばってます。
サングネッティもモヤちんに勝ち、スリシャパンを大熱戦の末に破って4回戦入り。大きく順位をあげました。

62位(←75位) アルノー・クレメン 87p

お~クレメン!君はいつまでGS予選を戦わなくちゃならないのだ??というわけで当然エントリーをチェック。73位か…ん~全豪は、どうなのかなあ~。マスターズシリーズも、本戦ストレートインが、微妙な感じだ…クレメンがんがれ。

ところで。

エントリーランキングの上のほうを見てみると、なかなかおもしろいことになっている。

1位 ロジャー・フェデラー 6975p
2位 ラファエル・ナダル 4360p
3位 マラト・サフィン 3255p
4位 アンディ・ロディック 3125p
5位 レイトン・ヒューイット 3085p
6位 アンドレ・アガシ 2640p
7位 ニコライ・ダビデンコ 2175p
8位 ギジェルモ・コリア 2015p
9位 ダビド・ナルバンディアン 1915p
10位 マリアノ・プエルタ 1737p
11位 ガストン・ガウディオ 1725p
12位 リシャール・ガスケ 1634p

全米を欠場したサフィンが3位に上がって、アンディとレイトンがダウン。これはもちろん去年と今年の全米の成績の差によるものです。サフィンは去年も全米1回戦負けだったので欠場しても大してポイントは動かなかった。アンディとレイトンは逆に去年いい成績だった分ダウン幅も大きい。特にアンディの1回戦負けはイタイ。までもその分来年は大きくアップできるね。レイトンは、せっかくがんばったのに、ドロー運がなくてSFで王者と当たってしまった。ナダル君は3回戦負けなのに、去年が2回戦負けだったから、またまたポイントアップ。ん~なんだかすべてラファにいい方向に作用している…こりゃいい。

しかしレイトン、このままじゃ全豪第5シードになっちゃうよ!ロジェ君と決勝どころか、最悪の場合QFで当たっちゃう。

アルゼンチン勢相変わらず固まってます。8、9、10、11位に仲良くならんでます。んでコリアがアルゼンチントップ!ニコちゃんの背中もそんなに遠くないね。

んでそのすぐ下にはガスケ君。うむ、ガストン君、プエルタ君とはわずかの差。この後のがんばり如何では、トップ10入りもかなり濃厚だ!ガスケ君がんばれ!

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
おかえりなさい
どこに返事を書いたらいいのかよくわかんないのですが、とりあえずここに。
無事のご帰還なによりです!いいなぁぁぁぁぁ~~~うらやましすぎますぞ。私も行きたかった…すばらしい経験をされたようで。私も一度は生で見てみたいものです。それまでは地道にここでがんばることにします。
2005/09/15(木) 22:24:32 | URL | さっち #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/09/14(水) 21:02:29 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。