Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ATP 試合結果 7/5-ニューポート-
2005年07月06日 (水) | 編集 |
Hall of Fame Tennis Championships

今年のニューポートはとにかく、マレイマレイマレイマレイ。マレイ一色。いや~メディアっつーのはなんというか…ついこの間までは、ナダルナダルナダルナダルって感じだったのにさ(笑)。ATPのレポートみても、ニューポートだけ記事が多いこと多いこと。まったくよう。

そういうわけで、ひねくれ者の私はこの人からスタート。第1シードのデントです。注目されようがそんなことよりなんとしても優勝したいでしょうデント、今日の初戦はなんとかストレートで勝ちました。…しかし、うーんもうちょっとスコ勝ちかと思いきや。9つもダブルフォルトを出してしまいました。しかし相手にも助けられてブレイクはされずに、なんとかタイブレで第1セットをとると、第2セットでも3つのダブルフォルトをだしながらなんとか第3ゲームで得た1ブレイクの差を守って初戦突破しました。「今日はちょっとおかしかった。すごく苦しかったよ。暑かったり寒かったりしたしね。(第2セットの)大きなブレイクで立ち直れたよ」。(←訳あまりわかりません)…ニューポートの芝は最高!と言っていたはずなんだが…話が違うじゃないか~(笑)!もたもたしてるとマレイ君に優勝をさらわれちまうぞ。デントがんばってくれ~。ん~だんだんデントにも情が移ってきたな…しかしあの顔が好みというわけでは決してありませんから!!ここは強調しとかないと。でもキャラとしてはなかなかよい。

この大会は、過去29年間1回も第1シードが優勝してません。デントは2002年に優勝してますが、そのときは何シードだったのかな?「僕が早々にニューポートを引き払うことになっても、それがここでは当たり前のことなんだろうね。プレッシャーはないよ。満足いくプレーができれば戦っていけると思う。第1シードだからって優勝できるってもんでもないしね。」

お次はそのマレイ君。ヨーロッパ(主にイギリスかな)の取材陣が多数きているという大注目の中、WCをもらっての出場となりましたが、見事に期待にこたえて1回戦突破です。各セットとも1つずつブレイクし、自身は3回のブレイクピンチをしのいで、堅実に勝ちました。しかし本人は、「サーブに集中できなくて、あまりリズムがよくつかめなかった。リターンゲームがよかったと思う」と語っておりましたね。

クイーンズ、ウィンブルドンと負け方も惜しい敗戦だけに周囲の期待も大きくてもう大変な騒ぎになってるマレイ君だけども、「こういう状態になるのは何年か前からわかっていたよ。」ほんとか!?でも、「たくさんの人から期待されてるのはわかってるけど、そんな簡単なことじゃない。いいプレーヤーがたくさんいる。そのうちの1人に勝つことだけでも僕にとってはすごく大きな勝利なんだ。このレベルの大会にそんなに慣れてないから、ひとつひとつ取り組んでいくしかないんだ」。

そのマレイ君との2回戦での対戦が楽しみにされていたんだけども…ジェームス君が負けてしまいました。あ~ぁ。勝ったのはデュピス。最初のサービスゲームで2つのブレイクピンチをしのいだデュピスが、今度はジェームス君のサービスゲームを2回もやぶり第1セット流れをつかみました。第2セットもその流れは変わることなく、約1時間でデュピスの勝利となりました。

ウィンブルドンでは予選から勝ち上がってダブルス優勝、しかも決勝ではブラ兄弟を破っての優勝という大活躍だったムーディー。場所と種目を変えての登場ですが1回戦勝ちあがりました。彼が次のデントの相手。ムーディーはダブルスも出てますが、今回は違う人と組んでますね。んでウィンブルドン優勝ペアのフスも違う人と組んで出てます。この2人のダブルスでの対決がみられるかも興味あるところ。

この人を忘れちゃいけませんな!でもなんかいつも忘れそうになる…ルゼ。すまん。しかも去年の優勝者なのに。さすがに今日はそのチャンピオンらしい…とはちょっと言えんな…う~んルゼ今日は危なかったです。負けそうでした。予選あがりのUros Vicoに第1セットを5ゲーム連取でとられてしまい、第2セットも5-5。ここで第11ゲーム、7回のデュースの末やっとこさルゼがブレイク!これで流れが変わりました。んでファイナルセットも同じように第11ゲームでルゼがブレイクして、やっとこさ勝ちを収めました。ん~2連覇に向けて早くも暗雲が…。

そのほかの結果。スロバキアのクチェラとメルティナクがともにアメリカ勢を破って2回戦進出です。ドイツのバスケ、ウィンブルドンはシングルス本戦出れなかったけど、ここの芝では勝ちました。バスケはARAGワールドカップ優勝の立役者で、ついこの間ハレではナダル君に勝ってます。なかなか調子がよさそうだ。そのウィンブルドンではアンディを大いに苦しめて日没の際のごたごたでも一役買った(?)ブラキアリも1回戦突破。ボゴモロフは負けちゃいました。


試合結果 1回戦
①Taylor Dent(USA) 7-6(3) 6-4 Amer Delic
③Greg Rusedski(GBR) 2-6 6-4 6-4 Uros Vico
Daniele Bracciali 7-5 6-3 ④Cyril Saulnier(4)
⑦Paul Goldstein(USA) 6-3 1-6 6-3 Dick Norman
Antony Dupuis 6-2 6-4 ⑧James Blake(USA)
Andrew Murray(GBR) 6-4 7-5 Gregory Carraz
Michal Mertinak(SVK) 6-4 6-7(4) 6-3 Bobby Reynolds(USA)
Karol Kucera(SVK) 7-6(8) 7-6(1) Jeff Morrison(USA)
Robin Vik 4-6 6-1 6-3 Frank Dancevic(CAN)
Dusan Vemic 6-2 6-3 Alex Bogomolov
Alexander Waske(GER) 7-6(5) 4-6 6-4 Gilles Elseneer
Wesley Moodie(RSA) 6-4 6-4 Yeu-Tzuoo Wang(TPE)
Florin Mergea 6-2 6-2 Brian Wilson


関連記事
Murray Finds More Success on Grass; Top Seeded Dent Also Through(ATP official)
Dent tops fellow American Delic in first round(ESPN)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
僕の参加してるラッツサークルでは、今まで男4人・女の子3人の計7名で主に活動していたのですが、この時期になって、女の子の内の2人が就職活動とのかけもちがきついので、引退することになり、残る女の子も1人じゃ寂しいということで、3人そろってラッツサークルを卒
2005/07/07(木) 00:29:01 | 小江戸っ子の競馬単勝予想!!
7月4日から3つの大会が開催されている。 《Synsam Swedish Open スエーデンオープン》 (バスタード・クレーコート) トップシードのRナダルはクレーコートでは全仏を含め24連勝中!芝の大会では活躍できなかったけど...クレーでの連勝記録は一つ増やして2回戦進出したら.
2005/07/06(水) 21:24:02 | テニス観戦...しましょ?!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。