Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


黄昏サラウンドのPESは素直にかっこいいと思う
2005年09月13日 (火) | 編集 |
あんだけ毎日テニスの大会のことを書きまくっていたのに、いったん書く気が萎えてしまうと一気に書くのが億劫になってしまう。いかん…でも、気持ちは萎えてないんですが、決して。中国が気になるな…あぁぁナダル君が中国にいるなんて!こんなに近くに…手を伸ばせばすぐ届きそうな(届かんて)。ましかし、さすがに全米で突っ走って疲れたので、ちょいと休憩。そのうちまとめてハイライト書く予定です。

それに他にやることがある。音楽ネタがすっかり放置状態…ビルボードチャートがすっかり滞っている…8月27日って…いつの話じゃ!それに、ごえもんもなんとかして連れ戻さにゃならん。やることがいっぱいある。

というわけで今週はちょっとテニス関連の記事は一休みしてその代わり音楽記事強化週間。今回は、久々にヘビーローテーションの更新。2つともリリースが8月なのでちょっと遅めのご紹介なんだけど、まあ全米があってたということで、許しておくれ。

邦楽 グッジョブ!/RIP SLYME

今回の邦楽は、8月末にめでたく発売されたリップスライムのベストアルバム「グッジョブ!」をまるごとフィーチャーです。

まHip Hopという音楽のジャンルは日本人にはあまり馴染みがないけれど、じゃあどういう音楽よ?というのを説明するときに彼らの名前を出すとわかってもらえやすい。Hip Hopという概念をより噛み砕いて日本人にわかりやすい形で提供してそれが最も成功したアーティスト、といえますね。

まあHip Hopという世界は、ちょっとひねくれ者の集団でありまして、いわゆるアンダーグラウンド的なものをよしとする傾向にあることが往々にしてあるので、リップみたいにメジャーになって大成功してポピュラーになった人たちが悪く言われる傾向にあるのはどうしても避けられない。「ウケ狙い」「大衆迎合」などと、コアなヒップホップ好きを自認している人たちかがこぞって彼らを非難しているのはみていてなんだか滑稽だね。まあこういのはロックとかでもそうなんだろうけど。売れるとキライになる、ていうやつですな。

ん~でも私はそんなに悪くないと思うけどなあ。さすがに毎日聴くとちょっと飽きるけど、いっつもかっつも、英語の放送禁止用語オンパレードの、悪口言い合いの、エロエロ路線の、銃声の音がしまくりの濃厚な本場アメリカのヒップホップばっかり聴くのも結構疲れるんだ。そゆときにたまにこういうライトなものを聴くと、なんだか新鮮で、ほっとするよ。

んでこれはジャケットがかわいい。以前シングルのジャケットでもやっていたけど、赤塚不二夫さんが似顔絵描いてるんだよね。んで初回限定版にはメンバー5人分の似顔絵ジャケットが。これがかぁいいんだよね~。思わずジャケ買いしてしまった(笑)。あ、もちろん曲がよいから買ったんですけどね。でも通常版なら買ってないかもなあ。好きな曲は「楽園ベイベー」「JOINT」「黄昏サラウンド」。

グッジョブ!アルバム曲部分視聴
RIP SLYME official HP




洋楽 All The Way/Craig David

一方こちらはがらっと変わって本格R&Bの登場です。この人にはいろんなコピーがついてるね(笑)。「キング・オブ・2ステップ」(そういや2ステップって流行ったねぇー。懐かしい)それから「イケ面フェイス」「二の線スウィート・ヴォーカル」、んで世界中の男性陣の涙を誘う…ってそりゃちょっと言いすぎだろ~?いくらなんでもこれ聴いて泣く男って、ちょっと情けなさ過ぎる。

話がいきなり飛びましたが、クレイグ君はアメリカじゃなくUKの歌手ですね~。現在24才。コピーにもあるように、なかなかイメ面くんでアーティスト仲間からも結構人気ある。(私は顔は好みじゃないが)UKの人だけどアメリカでも大人気。でも顔よりやっぱりあの甘~い歌声がサイコ~。そして、曲がね~、なんつーか、適度にセクシー、適度に爽やか、適度にねっとり、でもまったりすぎないのでくどくない、適度にポップ、エロは、ん~ほんのちょっと、でもしっかりR&B色はだしてます、そんな感じかしらん。

とにかく、これが今風の王道R&Bです!て感じね。んであまりマニアックすぎないので、いろんな人に楽しめる。Joe君みたいにねっとりすぎないし、R.Kellyみたいにエロ全開でもない。んで、バラード、スロウジャムばっかりじゃなくてテンポの早い曲もある。もちろん歌唱力はピカイチ。だから、R&Bのツウにも彼を好きな人は結構多いし、ライトなR&Bファンにも、結構受けるんじゃないかなあ。日本でも去年ライブやったりして(MTV主催のスーパードライのライブに出てなかったっけ)だんだん名前も浸透してきたもんね。クレイグが好き、というと、へぇ~結構R&Bすきなんだぁ~、て思う。

2000年に出した1stアルバム「Born To Do It」が大ヒットしました。私もこれ持ってる。この中に入ってる「Fill me in」ていう曲がめちゃかっこいいのよね~。あの流れるようなメロディーとリズムがたまらんわ…今聴いてもツボです。これ聴いていっぺんに好きになったわ。あと「7 days」もなかなかよろし。PVのつくりがおもしろい。テーマは「人生をやり直せるとしたら」。なんかこのPVのつくりって、Yellowcardの「Ocean Avenue」にちょっと似てるね。曲そっちのけでPVに見入っちゃう。これも必見。

今回ご紹介するのは、8月末に発売された彼のニューアルバム「The Story Goes」からの1st シングル。これまたミドルアップチューンのさわやかR&Bナンバー。くどすぎず、さわやか、でもちゃんとR&Bしてます!ていう感じ(笑)。コアなねっとりまったりR&Bが好きな人には物足らなく感じてしまいそうなくらい爽やか。でもとってもいい曲ですよ。R&Bツウの人にも、洋楽を知らない人にも、楽しめる曲だと思います。ぜひ聴いてみてくださいな。

PVフル視聴①(要Quick TIme)
PVフル視聴②(要WMP)
①はちょっとつながりにくいことがあるので、そのときは②でどうぞ。でも、①のほうが音がいい。どちらもブロードバンド推奨です。


ついでに、過去の彼のヒット曲もサイドバーにリンクしてあるので興味ある方はぜひPVフルでどうぞ。

Craig David official site
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。