Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベスト4けって~い
2005年09月17日 (土) | 編集 |
今日の踊るヒット賞

Igor Andreev

@Getty Images


BCR Open Romania

準々決勝

Igor Andreev(RUS) 4-6 6-1 6-1 ①Mariano Puerta(ARG)

やった~アンドリエフ君が勝ったぞぅ~!!!や~こりゃうれしい。今日の踊るヒット賞は間違いなくこれですな。半分以上負けを覚悟していたからなぁ~。昨日の夜結果を見たときは本当に小踊りしそうになったぞ。というわけで今日の写真も当然アンドリエフ君。しかしこの大会での写真が見つけられないのでやむなくデ杯のときのものを引用。第1セットは46分かかって最後のゲームでブレイクされちゃって失いましたが、その後は圧倒しましたね。第1セットと第2セットの間に何かあったのか…?そのくらい一気に流れが変わりましたね。

今年は4月にバレンシアで今をときめくナダル君にクレーで土をつけて優勝し、「ナダルにクレーで勝った」という枕詞がついて回ってるアンドリエフ君だけど、その後いまいちパッとしませんでした。しかしデ杯でも最後の勝利者となって活躍し、自信は持っていたと思います。そして去年も大活躍できたこの大会、やはり今年も存分に力を発揮できています。


「またここに戻ってこれてうれしいよ。去年のいい思い出がたくさんあるからね。」「体調もよかった。今日はタフな試合で最初のセットは落としてしまったけど、第2セットからちょっと戦術を変えたんだ、そしたら彼(プエルタ君)に少しミスがで始めた。それからもいいレベルでプレーを維持できたよ。今日の勝ちは本当にいい勝利だよ」。うんうん、なんといっても第1シードを破ったんだもんね!こうなったら当然去年よりいい成績をあげもらわないとね~!だって今年ナダル君にクレーで勝ったたった2人のうちの1人なんだもの。

一方、プエルタ君は、オランダでもQFでミナルに負け、今日も。このQFがやや鬼門になっています。第2セットからアンドリエフ君が力強くいいプレーをしたと称えています。しかし、「ここには優勝するために来たから、この結果はがっかりしているよ」。

④Victor Hanescu(ROM) 6-4 6-4 Ruben Ramirez-Hidalgo(ESP)

お客さんにとっても今日はうれしい一日となりました。地元のハネスクもベスト4入り。相手は、アカスソではなく、そのアカスソに大金星を挙げたスペインのRamirez-Hidalgo。う~ん金星を挙げた次の試合はなかなか難しいものだ…。しかし自力でまさるハネスクが勝ったのもまあある意味順当ではあるのだけど。各セット1回ずつサービスブレイクを果たしたハネスクが、1時間17分で試合を決めました。

ハネスクはこの地元の大会で初めてのベスト4入り。「すごくうれしいよ。今日は最初から最後まで安定してできたし。ゲーム内容にも満足しているよ」。次のSFも同じようにプレーできたら、とはいいながらも、やはりアンドリエフ君の今日のプレーには相当警戒を持っているようです。でも、ハネスクだってRGベスト8、対抗する力は十分ある。決して相手を過小評価していないハネスクには十分チャンスがあるでしょう。

③Andrei Pavel(ROM) -7-5 7-6(4) Florian Mayer(GER)

こちらも。パベルも地元の声援を受けてがんばりました。成長いちじるしいメイヤーを厳しい勝負ながらもストレートで打ち破りました。ん~全米敗戦からはもうすっかり立ち直れたかな。「とても競った試合だった。ほんの数ポイントが僕のほうに勝負をわけた、そんな感じだよ。メイヤーはとても危険だしいいプレーヤーだね。まだ21才だけど、経験もすごくあるし。だから勝てて本当にうれしい」。9歳年上のパベルがんばりました。

これでベスト4のうち2人がルーマニア人。お客さんも関係者も大喜びでしょうね。「amazing!」とパベルも喜んでる(笑)。「ビクターもとてもすばらしいプレーをしてるよね。いままでの試合全部快勝してるし。僕の場合はそういうわけには行っていないけど。でも、できたら2人とも、どっちか1人でも決勝に進みたいよね」。ルーマニア同士の決勝、てことになったら盛り上がりそうだね。この2人がSFで当たらなくてよかった。

Florent Serra(FRA) 6-3 6-1 ⑦Paul-Henri Mathieu(FRA)

さっき、大金星を挙げた後の試合は難しいと書いたけれど、それを実践した人がいます。ボランドリを破ったセラ、第7シードのマシュ~くんにストレート勝ち。しかも結構あっさりと…。う~んマシュ~くんどうしちゃったのかな。フランス人対決となりましたが、セラがうれしいATPツアー初のSF進出を果たしました。

中国の結果は「続きを読む」以降で。


China Open

なんだか時差がこんなに少ないのってヘンな感じね。いつも夜中や早朝にスコアを見るのに慣れているせいか、「昼間…?見れんじゃないか…」て感じになる(笑)。まあ昼間は仕事しているので、昼休みでもないとね~。まあ強引に見ることもできないこともないけれど、やはりそこらへんは公私混同したくないし。それに、私が仕事一生懸命がんばってれば、神様も応援してる選手を勝たせてやってくれるのじゃないかという阿呆なことを考えてしまうものなのです。ついでに今日も仕事で~す。あ、でもナダル君の試合は夜だからいいのか。でもこの大会のHPのスコアボードはかなりしょぼいからなぁ…。ATPのUpdate scoreのほうがよっぽどましな気がする。

準々決勝
⑥Juan Carlos Ferrero(ESP) 6-2 3-6 6-3 ③David Nalbandian(ARG)

お~フェレロがハードコートでの力を発揮しました!全米ベスト8のナルに全米1回戦負けのフェレロが勝つのだから、やはり上位の戦いは熾烈だよね…。過去の対戦ではナルの2勝0敗でしたが、フェレロがうれしいナル戦初勝利です。「過去2回負けてるけど、どっちも接戦だったし。今日はとても安定していたよ」。会心の勝利です。

去年のブランクから完全に立ち直ったと思われるフェレロ。しかしドロー運も悪くて、なかなか大きな大会で結果を出せていません。今年はまだタイトルなし。でも力は十分にある。特に最近はハードコートでの活躍が著しい。特にドバイでの王者戦とか、シンシナティでのアンディ戦とか、とてもいいプレーをしてるよね。でもいずれもランキングのためもあり早いラウンドで上位選手と当たって負けてしまっています。「このシーズンを待ち望んでいたよ。ここからが僕のキャリアの再スタートだ。きっとトップ10に戻れると信じてる」。

一方ナルは、デ杯前に勢いをつけたかったところですが。まあこれでデ杯に向けて早めに調整ができるからいいのかもしれないけど、勝って自信を得ることが一番の調整とも言えるもんね…。どうせならナルに勝って欲しかったような気もちょびっと。だって、ナダル君とナルはまだ対戦がないんだもの。フェレロとはもう何回もやってるしね。ラファVSナルを見てみたいなあ。しかしまたおあずけになってしまいました。そしてフェレロはラファに4度目の挑戦となりました。挑戦つっても、なんか強そうだぞ…やばい。

④Thomas Johansson(SWE) 7-6(3) 6-3 ⑧Carlos Moya(ESP)

第4シードのトーマスが順当勝ち。しかし相手はモヤちん…なぜか番狂わせのような気がしてしまうのは私だけか。しかしトーマスも今年はウィンブルドンでも活躍したし、なかなか調子はよいようです。Tennis Weekの記事を掲載して以来トーマスにもちょっぴり情が入っているので、ちと嬉しい感じもする。

トーマスはデ杯プレーオフにも出場しますね。ヨアキムもソダーリングもいないのでこのトーマスの負担が大きくなるけど、なんとかがんばってWGは死守してもらいたいもんです。ビョークマンとおじちゃん軍団のパワーでがんばっておくれ。そいえばこの大会は来週のデ杯出場者が数多く出てますね。みんな来週もがんばってね。

2回戦 
②Guillermo Coria(ARG) 6-1 6-0 Toshihide Matsui(JPN)
準々決勝
②Guillermo Coria(ARG)  6-4 1-6 6-2 Mikhail Youzhny(RUS)

コリアがんばりました!…まあ2回戦はあまり苦労しなかったんだけど…松井選手がんばりましたが、やはり世界の壁は厚かったか…しかしここで日本男子選手の名前を書くのは初めてのような気がする。ここまでよく勝ち上がってくれたと思います。また日本人の名前をここに書ける日がくるといいなあと思います。

そしてダブルヘッダーになってしまったQF、やはり1日2試合ということで疲れもあったのでしょうか、力のあるユーズニーとフルセットになってしまいましたが、最後の力を振り絞って勝ち抜きましたね。「最初の試合(2回戦)は早く終われて休むことができたけど、2試合目(QF)は大変だった」。

2回戦
①Rafael Nadal(ESP) 5-7 6-4 6-4 Justin Gimelstob(USA)
準々決勝
①Rafael Nadal(ESP) 7-6(3) 6-2 Peter Wessels(NED)

コリア同様ダブルヘッダーになってしまったナダル君。こっちはもっと大変でした。2回戦が2時間半もかかる熱戦になってしまったからです。しかしよかった…!とりあえずこのギメルストフにだけはずぇったいに勝って欲しかったのだ。だから雨で延期になったときにや~な予感してたんだけど、予感が外れてホッとしたぞ…。他の選手ならいいんだ。ベッセルにしても、フェレロにしても、みんな勝ちたいと思って懸命にがんばってるんだから、もしラファに勝ったとしても素直に相手を称えられる。しかしこの、ギメ野郎、こんな口先男だけにはそんな気にな全くなれん!私はこのギメが大嫌いなので、この勝利はまじでほっとしたよ…こいつに負けてたらまたショックで倒れるとこだった。私がなんでこのギメが大嫌いかというと、…インターネットをよく見る人になら多分おわかりでしょう。

まとにかくこれでQF進出。んで夜遅くに今度はベッセルと対戦。相手もダブルヘッダーだったのに助けられました。最初のセットこそタイブレークの接戦になりましたが、それをとって勢いにのると第2セットは寄せ付けませんでしたね。

「今日は4時間近く試合やって、もうほんとに疲れたよ」。おぉぉ…よくがんばったねぇ…すりすり(腕をさすってあげてるつもり)。「最初はまずいプレーだったけど、夜の試合は、それが改善できたからよかったよ」。

…しかし。2時間半の熱戦の後に夜中12時近くまで試合させられたあげく、次の日にフェレロと対戦させるかぁ?…しどい。そういえば今年のブラジルでも、雨で試合が流れてダブルヘッダーになって、あのときはすごく暑くて試合も接戦つづきでへとへとになってましたよね、ナダル君。でもあのときあそこでがんばって優勝できたことが今年の快進撃につながっている。ん~今回はどうかなぁ…厳しい…。

ナダル君自身は、「フェレロは素晴らしいプレーヤーだけど僕は恐れたりはしない。今日の4時間の試合で疲れはあるけど、自信も持てたし明日も勝つ自信はある」。さすがに疲れがピークに達して興奮状態で状況がよく飲み込めてないのかもしれない(笑)…そんな簡単にはいかんと思うぞ…。でも、今のナダル君にはとにかくハードコートへのコンプレックスを失くすこと、これが一番大事なのだ。今日の2勝でそれが改善できたことは、とてもよいことです。あぁ今日のフェレロ戦はどうかなぁ!めちゃくちゃ心配だ…。でもとにかく、今日も試合ができるということで、とにかく前だけを見てつきすすんでおくれ!

う~む。こうなったらコリアとナダル君に勝たせてやりたいなあ。そして決勝でぜひ対戦してほしいものだ。しかし2人とも厳しい相手が待っている…。なにより2試合戦ったあとの体力が心配じゃ。あぁ私のこの体力を半分でも2人にわけてあげたいなぁ!…こんなしょぼい体力じゃダメか…。応援することくらいしかできないけれど、2人の勝利を心から祈っている。2人ともがんばっておくれ!Vamos,El Mago and Rafa!

関連記事
Andreev Stuns Puerta; Romanians Move Into Semis(ATP official)
UPDATE 2-Ferrero grinds past Nalbandian in China(Reuters.co.uk)
Nadal sets up Spanish clash(Eurosport)
Nadal, Coria both win twice Friday at China Open(ESPN)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
英語漬け
>英語力がさぞ堪能なんでしょうね

…それは大きな間違いです…(笑)。だいたいはわかりますが、特に選手がしゃべってる話し言葉などになると、???となることも多いです。英語が母国語の選手の場合は特に。アンディとか向こうの人にしかわからないジョークを言ったりするので、ときどき全く意味不明のこともあります。ただ私は洋楽を聴くのがすきなので、歌詞を見たりして英語に対する抵抗はわりと少ないかなあとは思います。そうは言ってもやはり英語を読むのは2倍エネルギーがいりますね…。

テニスに関する情報はほとんどが海外のものです。でも、最近はテニスブログをされてる方が多いので、その方たちにもかなり助けられている部分も多いです。(サイドバーの方たちのブログなど)あとは岩佐さんのブログから情報を得たりもしてます。(岩佐さんWOWOW辞めちゃいましたね…v-406ブログだけでも再開してくれないかなあ)

左のサイドバーにあるBob Larsonさんのページはかなりいい情報が詰まってて集める手間も省けて便利です。

あ。ナダル君が優勝しましたね!嬉しい♪
2005/09/19(月) 00:21:29 | URL | さっち #-[ 編集]
そうだったんですか,全然知らなかったです.
ナダルが休もうが出ようがそれはナダルが決めることでしょうにね.

それにしても,よくご存知ですね.
自分も結構情報は集めているつもりだったんですが(日本語のものですが),完全に参りました.
ギメストロフのブログなんて全然知りませんでした.
よくそれだけの情報を入手されていますね.
英語力がさぞ堪能なんでしょうね.

自分も最近はできるだけ現地のニュースを見ようと,全米のインタビューを原文で読んだり,TOEIC勉強したりしていますが,なかなか分からない部分が多くて深い情報は分かりません.
これからも詳しい情報期待していますね!

って書いたらナダルとコリアの試合が始まったようですね!
2005/09/18(日) 20:39:58 | URL | ゴラン #-[ 編集]
うらめしや~(笑)
ありがとうございました!スコアは見ずに過ごしたので、「こ、こわい…」と思いながら恐る恐るインターネットにつないだら、最初に飛び込んできたのがゴランさんのコメントでした。感謝、感謝、です。

フェレロが強そうだったので半分負けも予想してましたが、接戦とはいえストレートで勝ってくれるとは。全米からだいぶ立ち直ってくれたみたいで、嬉しいです♪

ギメルストフ、あいつはナダル君のことをコケにしたのです。「自分勝手な男、だ」なんてほざきおった。去年のウィンブルドンでナダル君が直前で欠場したことで、自分がLLで出れるチャンスがフイになったとか。…本戦出れないのはもともとあんたの実力がないからでしょ~が!自分勝手なのはお前のほうじゃ。しかも他にもアガシとかジェームス君も欠場したのに同国人にはお咎めなし。スペイン人のナダル君だけ攻撃したっていうのも許せん。

だいたいあの男がつけているあのブログも、選手の奥さんや彼女を引き合いにだして女子選手を揶揄したり、テニスの素晴らしさを伝えるのに他のスポーツをコケにしたり、自分が目立つためなら手段を選ばず、ていう姿勢が見え見えで嫌気がさしてましたが、ラファの一件でもう私はキレた!今度からあいつが出てくるたびにここで呪いをかけてやる…ふふふ…。

とまあこんな感じで、私は売られたケンカは買うタイプなので(笑)、たとえあの男がこれからいくらいい試合をしたりいい行いをしても絶対に心を開いたりはしません。まさに「口は災いのもと」を地でいっているような奴です。そのブログはSI.com内のサイトで見られると思います。(でも閉鎖するみたいなこと書いてありましたが)
2005/09/18(日) 01:49:15 | URL | さっち #-[ 編集]
ナダル勝ち上がりましたよ!
よかったですね.
コリアはモンテカルロ,ローマの屈辱を晴らせるでしょうか?

こう見ているとナダルはハードでも十分いい試合をしていますね.
調子が悪いとはいえフェレーロをストレートですもんね.
それを考えると全米のブレークはよくやったとしか言いようがないですね.
アガシ戦は勝っておかなきゃいけませんでしたね・・・

ところでギメストロフは何かあったんですか?
ヒューイットとウインブルドンで戦ったこと以外はあまり知らないので,もしよければ教えてください.

2005/09/17(土) 21:54:08 | URL | ゴラン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。