Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小さな巨人オリビエ・ロクス
2005年09月23日 (金) | 編集 |
Olivier Rochus

@Getty Images


このあいだやっとこさノウルズのbiofileの日本版(笑)を完成させたと思ったら、またまた新たなBiofileが載ってるぅ~!Malinowskiさん…ちょっとペース早くないかい…?実際、このScoop Malinowskiさんのbiofileのサイトにいくと、Tennis Weekに載ってる以外にもたくさんのおもしろそ~なBiofileがたくさん。ジェームス君にサントーロ、サビエル君…うぅぅ全部読みたいぞ。そのうちこれらの人々も順次掲載予定。ましかし、今回は、デ杯も間近ということで、しかもひそかに応援しているほかならぬオリビエ君なのでこりゃあいち早く書かなくては~!今日はまたまた祝日でお休み♪というわけで。


身長165cm。ATP一背の低いオリビエ君が、身長208cmのATP一長身のカルロビッチを3月のマイアミで破ったことは、大いに話題になりました。実際厳しい接戦だったのですが、タイブレークではそのカルロビッチの頭の上をロブで抜いたり、オリビエ君の技が大いに光りました。その後どっかの大会でもう1回この2人は対戦して、またまたオリビエ君が勝ってます。それ以外にも、モヤちん、サフィン、フィリポなど、大きな選手にもまったく動じず勝利をおさめてきたオリビエ君。ATPにはなくてはならない存在になっています。

もちろん背が低いという要素が彼を有名にしているということは彼自身も十分わかっています。そのうえで、こういってます。「背の高さは関係ないよ。小さくても、いいプレーができればトップ10にもトップ5にもなれる。高いレベルでプレーすることは可能なんだ」。

アメリカでは、ハイネケンバーで高校生と間違えられたり、過去にはボールボーイと間違えられたり…。「ときどき、ボールボーイかと聞かれるし、ジュニアの選手かってよく聞かれるね。ジュニアの大会に出てるの?てね。しょっちゅうあることだよ」。

そして今週末、地元ベルギーに大国アメリカを迎えてのプレーオフ決戦が行われますね。

過去には今をときめく王者ロジェ君とジュニア時代はダブルスを組んで、ウィンブルドンジュニアダブルス優勝を飾ったこともあります。ロジェ君とオリビエ君の仲はもうすっかり有名になりましたね。ロジェ君曰く、「彼はほんとにいい友達だしいい奴だよ。ジュニアのころはいつも彼にやられてた、そして成長して僕が強いサーブを打てるようになってから彼に勝てるようになった。彼はいいプレーヤーだよ。キュートなテニスをするよね。いつも対戦するのが楽しみなんだ。」。

そんなオリビエ君は現在ランキング29位、3兄弟の真ん中で上のクリストファもATPプレーヤーですよね。今週のデ杯にも一緒に選ばれてます。オリビエ君自身は、2000年のパレルモでのタイトルがあります。今までに破ったのは、サフィン、モヤちん、フィリポーシス、マリオ君、など。
Olivier Rochus 1981年1月18日生まれ 24才 ベルギーのNamur生まれ

子供のころのヒーロー
僕にとっては、ピート・サンプラスだよ。

趣味
ゴルフだ。ほんとにゴルフ大好きなんだ。よくやってるよ。

ニックネーム
”Oli(オリ?)”。

好きな映画
難しいな…映画好きなんだ。「セブン」とか。警察ものは全部好きだよ。

好きな音楽
USとボンジョビは全部好きだな。U2は本当に好き。

小さい頃のテニスの思い出
学校に行ってたときかな、兄貴(クリストフェ)と一緒だった。放課後いつも兄と家の庭でテニスをやってたよ。いつも2~3時間くらい。5時間くらいやることもときどきあった(笑)。いい思い出だね。

試合の前の心境
緊張するね。何が起こるかわからないし。コートに出て気分がいいときも、ナーバスになるときもある。でも一旦試合が始まったら、気分は良くなるんだ。とにかくベストを尽くすだけだからね。そしたらもっといい気持ちでプレーできる。

最初の仕事
8才まで学校に通ってた。それからプロのテニス選手になりたいと思うようになったんだ。

最初に買った車
シエトロンだよ。19才のときに買った。ブルーのやつで、一番最初の車だった(笑)。いい車だよ。

好きな食べ物
イタリア料理が好きなんだ。それとアイスクリームもね(笑)。

好きなアイスクリームのフレーバー
チョコレート&バニラ。

素晴らしかったテニスの思い出
一番感動したのは、2年前のウィンブルドン。4回戦まで進めたんだ。それから2002年のときにも当時世界2位だったサフィンに勝てた。そのほかは、2000年にパレルモでタイトルがとれたとき。Nargisoに決勝で勝ったんだ。すばらしい思い出だよ。そしてマリーセと全仏のダブルス優勝できたこともね。

最も辛かった思い出
1回戦で負けたときは本当に辛いね。あと、6-0、6-1、6-2とかで負けたときもとても悲しい気分になる。毎日練習してきてるのにボールが全然打てない。とても辛いよ。

親しいATPの友達
兄貴さ。それとロジャー・フェデラーもよく知ってる。彼はとてもいい友達だよ。あとはフランスのロドラとか。同年代だしね。

おもしろい選手
一番おもしろい奴はAndrew Ilieていう選手だよ。彼のプレーは見ててほんとクレイジーだよ(笑)。

手強い対戦相手
いいプレーヤー、強いプレーヤーがたくさんいるからね。一人はあげられないな。みんなタフだし強いよ。

子供の頃の夢
僕の国、ベルギーのためにデビスカップを戦うことさ。今僕はチームの一員だ。デ杯をプレーしたいと強く思うよ。兄貴と一緒に、準決勝や、決勝を戦うことが夢だった。

好きな観光スポット
わからないなあ。あんまり遠くには行ったことないんだ。モーリシャス共和国なんかいいなあ。いい島だよ。2週間くらい、いい天気で、すばらしいだろうね。

おもしろいテニスの思い出
ときどきEメールをもらうんだ。女の子からだったり、たまに男からもね(笑)。おもしろいメールもときどきくるよ。

人間として最も大切なもの
誠実さが一番だと思う。

Biofile: The Olivier Rochus Interview(Tennis Week)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。