Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今週のヘビーローテーション
2005年10月02日 (日) | 編集 |
久々ヘビーローテーションの更新。

邦楽 赤い電車/くるり

くるりの9月22日に出た新しいシングルをご紹介。今回は、ズバリ電車が大テーマ。「赤い電車」といえば…九州でいうと~、昔の特急かもめ、とかかな…(今は白くなってしまった)。ここでの赤い電車とは、そう、「京急電車」のことです。これはもともと京急電車のCMソング(首都圏のみ)として使われていたそうだけどあまりに人気で問い合わせが殺到して急遽リリースしたらしい。

縁もゆかりもない人たちが、どこかへ行くその途上にちょっとだけ空間を共有する場所、それが電車という舞台。みんななんらかの目的を胸に秘めながら、つかの間の移動時間を楽しんでいる。(楽しんでない人もいるかな)そんな電車独特の雰囲気がよく表れてる、とてもほのぼのとしたあったかいいい曲です。

くるりは「赤い電車」京急のあったかくてスピーディなイメージが伝わればいいなと思いこの曲を作ったんだとか。普段もよく利用してるのかな。愛着もあるのでしょう。そのメンバーの岸田さんはこんな風に言ってます。「地方から東京へ出てくる人たちにとって、最高のファースト・インプレッションになって欲しいと思います。」。確かにこれ言えてる!東京にいくことなどめったにない私のような地方の人間にとって、京急とは、「空港から都心にいくときにのる電車」というイメージしかないもん。まあ山手線に出るにはモノレールをよく使うときもあるが…(笑)。でもま、品川方面にいくときには絶対京急のほうが便利よね。実際、福岡でも「羽田からはぜひ京急へ!!」ていうCMがよく流れてる。それにモノレールより京急のほうがちょっと安いかな。同じだっけ。忘れたが。最近はiPodなど聴いてる人も多いから、京急に乗ってるときにこれを聴く人が増えたりして。かなりはまれそうですよ。

今回は、邦楽にしては珍しくネットでPV全編が見れます。というわけでさっそくご紹介。こちらです(要WMP)。なんかこのPV見てると、「電車でGO!」思い出すなー。あれ難しいんよね。たいがいうまく止まりきらん。それと、Chemical Brothersの「Star Guitar」もちょっと彷彿とさせますね。曲が終わっても、最後電車が終点まで行ってとまるまでPVは続くのでそこまでしっかり見てくださいね。

あ。今週は有明でテニスの大会がありますね。…あそこはちょっと京急は使えんなぁ…残念。もし機会があればぜひ京急をご利用してみてくださいな(なに宣伝してんだ)。PVを見て予習してから行くとおもしろいかもよ。

クルバビロン


洋楽 Charlie, Last Name Wilson/Charlie Wilson

いや~秋もだんだん深まって参りました。…といいつつ昨日福岡33度だったんだよな…まそれはおいといて。秋ということでちょっとしっとり大人のバラードが聴きたくなりますな。というわけで今回は前回とはがらっと雰囲気かわって大人モードで。チャーリーの5年ぶりという久しぶりの新アルバムと同名シングルの紹介です。輸入盤はすでに発売されていましたが、今週国内盤が発売されるということで、ここでご紹介。

チャーリーといえば、最近ではスヌープのアルバムに大フィーチャーされてましたね。スヌープのクールなラップにチャーリーの骨太のボーカルがいい感じでした。そして今度はチャーリー自身が主役です。彼はGap Bandのボーカルですね。Gap Band…なつかしい…最近ではヒップホップのサンプリングネタとしてのほうが有名のような気もせんでもないけど、すばらしいR&Bグループです。当然ラッパーからも多大な尊敬を受けています。スヌープなんて、チャーリーの甥っ子を自認していたんだとさ。…確かにちょっと顔つき似てるな…。

この力強いパワフルな歌声はいいねぇ~!なんつーか、渋くて、ん~よろし。秋も深まる時期にはこの渋くて大人の味たっぷりのチャーリーはぴったんこですな。んで今回のアルバムは、チャーリーを尊敬してやまないR.Kellyやヒップホップ界の人気者Scott Storch、あとスヌープのアルバムでも共演してたジャスティン(ティンバレーク)、BEPのウィル、早口Twistaなど、ゲスト陣もなかなか豪華です。こりゃちょっと買いですなあ。

んでこのアルバムからの1stシングルは同じタイトルチューンのこの曲。プロデュースはR.Kelly。ケリー節入ってます。たまらんですなぁ~。ねっとり度はケリーにしてはちょい抑え目ですが、しっとり度は抜群。夜景を見ながらワイングラスでも揺らしながらぜひお聴きくださいませ。

あと、スヌープのアルバムにも入ってる、さっき言ったジャスティンとスヌープと共演してる「Signs」のPVも一緒につけときますのでこちらも楽しんでくださいませ。


Charlie, Last Name WilsonのフルPV
SignsのフルPV

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
まずはこちらをクリック~♪☆人気ブログランキング☆有名ブログ☆ランキングへ最近ハマッテいる ソウルフル な一枚のご紹介~~{/onpu/}Charlie Wilson の【 Charlie, Last Name Wilson 】01. Magic02. Charlie, Last Name Wilson03. So Hot [feat. Twista]04. Let's Chil
2005/11/05(土) 00:50:13 | ◆走食見聞録 《ブログ》◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。