Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


優勝おめでとう
2005年10月03日 (月) | 編集 |
Thailand Open

またやろうね

Andy Murray and Roger Federer

@Yahoo!sports



決勝

①Roger Federer(SUI) 6-3 7-5 Andy Murray(GBR)

王者ロジェ君またまた勝ちました~おめでとう!これで今年初めて、出場5大会連続優勝を果たしました。今日は今をときめくマレイ君との対戦ということで世界中で注目されていたことと思いますが、見事若者を退けて王者の貫禄をみせましたね。

マレイ君はやっぱり初めての決勝戦ということで、緊張もあったのかな。最初のサービスゲーム、40-15からブレイクされてしまいました。第4ゲームでようやくキープできて、「ちょっとリラックスできた」とのこと。しかし王者相手にサービスダウンは痛すぎる。ロジェ君がそのまま第1セットを持っていってしまいました。

第2セットに入ると、また先に王者が最初のゲームでブレイク攻撃をしかけ、これで勝負あったかにみえましたが。そこはやはりマレイ君もがんばります。第6ゲームでブレイクバック!「hanging tough」されたロジェ君は、「流れを彼に持っていかれないように注意しないといけなかった」と語っています。そして、第11ゲームでは大事な勝負どころきっちりポイントを決めて、とどめをさすブレイクに成功。このあたりはやはり百戦錬磨の王者と初めての決勝進出との経験の差もありましたかね。

ロジェ君はショットの多彩さでマレイ君をほんろうし、試合を優位にすすめ、マレイ君のフットワークを乱し、コートの隅に追いやり、サーブでもボディ攻撃で体勢を崩したりと、いろんな手を使って若者に容赦なくおそいかかりました。…て書くとなんかひどい人みたいだ…(笑)でもそれが王者だもんね。当然です。若い人に勝負の厳しい洗礼を浴びせるのも、王者の務め。

しかし、負けたとはいっても、今日のマレイ君は内容的にはいい勝負してました。勝ったロジェ君は、今日の試合内容としては昨日のじゃこ戦ほどは満足してなかったみたいです。「彼に最初からプレッシャーをかけていきたいと思っていた。もっと早く終わらせたかったけど、彼に反撃の機会を与えてしまったのがちょっと残念だね」。ん~シード選手のじゃこ君やその前のミュラー戦よりもこのマレイ戦のほうがちょい苦しめられたという感じだったのかな。

そして伸び盛りの後輩に暖かい先輩らしいアドバイスも送っていました。「彼はショットのレパートリーをたくさん持っているね。とても質の高いものを持っている。でも、その潜在能力をどうやって出していくのかを学んでいく必要があると思う。これから一生懸命やったらいい選手になると思う」。そのへんは、これからですよね。そしていいコーチがそれを助けてやることも必要だと思う。でもいずれにしても、王者ロジェ君も「とても感銘を受けた」とこの若い挑戦者をたたえていました。

マレイ君のコメント。「僕はまだ若い。これからも一生懸命やっていれば何年かのうちに結果はついてくると思う。決勝に進めたことはこれからの僕にとってとても価値あるものになると思う」。ウィンブルドンに続いてまたひとまわり大きな自信をつけました。

そして今度は勝った王者ロジェ君です。えーと、記録が…いっぱいありすぎて…う~ん。とりあえずこれでまた第1シードが決勝で勝ちましたね。ロジェ君自身も決勝戦では24連勝。シーズンの連勝も31と、95年のムスターの35にあと4と迫りました。この95年のムスターの記録は今年ほんとによく引き合いにされるね(笑)。今年はクレーのナダル君がたくさん記録を作ったからそれでたいがいこの年のムスターが登場したけども、ロジェ君の記録のときにまでこうやって登場するとは。95年のムスターって、(ロジェ君+ナダル君)@2005年=ムスター@95って感じか?すごかったんだなああ。

今日は記者がへんな質問をいろいろしてました。「歴史的名勝負で負けるのと、しょぼい試合で勝つのとどっちがいい?」…そんなの答え決まってるじゃん!アホみたいな質問じゃ。ロジェ君「そりゃ勝つのがいいさ。今年の全豪ではサフィンと4時間半の試合をやったけど、結局最後は敗者としてコートを去ることになった。勝つほうがいいね。」

次の質問。「勝つのにうんざりしてない?」…。ロジェ君「うんざりなんかしてないよ。1つ1つのポイントをとるために一生懸命やってる。いろんなことにチャレンジしてきて自分自身この記録にびっくりしてるんだ」。

次の質問。これは結構まとも。「アジアでもっと大きな大会が開催されるのはどう思う?」ロジェ君「アジアでマスターズシリーズがあると素晴らしいね。ヨーロッパと北米にある中のどれかがアジアで開催されるようになるのはいいことだと思う」。そりゃあいいことだ!中国がマスターズシリーズの開催に積極的に働きかけているらしいが。マスターズカップもあることだしね。

というわけで終わってみれば王者ロジェ君の2連覇、というきわめて順当な結果だったのだけども、内容としてはマレイ君の活躍でメディア的には(?)かなり盛り上がったかな。スリシャパンもSFまで勝ち上がってくれたしね。こうなると次は誰が、いつこの最強王者を負かすのか!?ていうのが楽しみになってくるが。私としては、このあと最初にロジェ君に勝つのは○○○君であって欲しいと思ってるので(なぜ隠すんだ)、それまでは絶対に他の誰にも負けないでおくれ、ロジェ君。このあと上海でマスターズカップ会場の披露セレモニーに出るそうで、なかなか忙しいね…ゆっくり休ませてあげたいとこだわ。とりあえず体調には気をつけておくれ。お疲れ様~! 
Vietnam Open

相棒のミルニーに報告しなきゃ

Jonas Bjorkman

@Yahoo!sports


決勝

Jonas Bjorkman(SWE) 6-3 7-6(4) ③Radek Stepanek(CZE)

お~ビョークマンやりましたね!…ステパネクまた決勝で負けちゃったか…。嬉しいような、残念なような。でも、ビョークマンは今週とても調子がよかったし、ダブルスをやってない分シングルスへのモチベーションも高かったみたいだから、この結果は納得できますね。しかもステパネクには過去2勝負けなしで今日もかって3勝負けなしとステパネクはすっかりカモにされちゃってる感じです。

う~ん、どこを見ても試合のことが書いてないなあ…だからどんな試合だったかは全然わかんないんですけど(笑)すいませぬ。ステパネクの話によると、ビョークマンはキックサーブと早い動き、そしてリターン、ドロップショット、など多彩な攻めでステパネクを封じ込めたみたいです。ステパネクに自分のプレーをさせませんでした。ダブルス巧者のビョークマンとしたら、ネットプレーはお手のものだし、動きの早さはピカイチだろうね。

2002年のロッテルダム以来、実に3年ぶりのシングルスでのタイトル獲得となりました。そしておじちゃんプレーヤー(30代)として今年5人目のチャンピオンとなりましたね!ちなみにそのほかの4人は、アガシ、アーサーズ、ルゼ、カールセンです。

「2週間前のデ杯でも勝てて、自信はあった。今日も完璧な試合ができたよ。」若手を怪我で欠いた厳しいプレーオフでは、貴重なシングルス1勝目をあげましたもんね。「3人シード選手を破ったし、僕には経験もあるから、今日はリラックスしてコートに出れたよ。」今日の決勝の相手ステパネクに前日のSFで敗れたトーマスからは、対ステパネク戦への対策や激励をたくさんもらったそうです。そしてそれが今日とても役に立ったらしい。「トーマスに感謝したいと思う」。

一方ステパネク、これで3回くらいかな、決勝にすすんでまだ優勝できません。ん~初タイトルが遠いね…力は十分あるのだけど。「今日はヨナスが完璧な試合をしたよ。自分のプレーをさせてくれなかった。でも今週はすばらしいテニスができてうれしいよ」。ステパネクがいつか必ずタイトルがとれますように。

これで第1回のベトナムオープンは終了。決して裕福な国ではないベトナムでの開催は、いろいろと壁も多かっただろうし、チケット代も地元の人にとってはそんなに安くはなかったようで、お客さんの数はあまり伸びなかったらしい。ですが、トーナメントディレクターのAmit Naorさんは、「思った以上に満足できた」と語っています。3年間はベトナムで開催することが決まっているようなので、これからゆっくり時間をかけて成長させていけばいいのではないかと思う。とにかく身近でテニスのよさを知ってもらうことが大切でしょうしね。結果がすぐに表れない地道な努力が必要になるでしょうが、ぜひともベトナムでテニスが人気がでるといいですね。「初めての開催で、大変いい反応が得られた。ベトナムテニス界とベトナムでのATPの未来は明るいと思っている」。

Campionati Internazionali di Sicilia

ぼくちん土が大好き

Igor Andreev

@ATP


決勝

Igor Andreev(RUS) 0-6-6-1 6-3 ⑥Filippo Volandri(ITA)

おお~アンドリエフ君今度こそ!優勝しましたね~おめでとう~2週間前は準優勝でしたが、今度こそは!またここで準優勝だったらちょっと悔しいもんね。足の怪我もあったろうに、よくがんばりました。

昨日、アンドリエフ君が勝つには先手必勝がいいんじゃないかと書いたけど、先手どころか、第1セットはなんとボランドリにタコくん(ベーグル)食らっちゃった~。ありゃりゃ。この時点ではボランドリ優勝が濃厚だったのかもしれない。

でも、最初のセットあっさりとられたから逆によかったのかもね。タイブレとかで競って落としたりしたら長くなるし、精神的にもきつくなる。今日は第1セットは16分で終了しました。そして第2セットではいきなり最初のゲームで反撃ののろしをあげるブレイクに成功します。「あそこで流れが変わったね。あそこが試合のポイントだった。」。第1セットは体調の準備があまりできていなかったというアンドリエフ君でしたが、そこからだんだん調子も上がってきて、徐々に試合を支配していくようになります。そして、第2セットあっさり奪いとると、ファイナルセットも4-0とアンドリエフ君が勝利に大きく近づきます。

私はこのブログの中で何度柔道の神永昭夫さんのこの言葉を引用したかなあ。「一度勢いをつけさせると、それは自転車が坂道をすべり降りていくようなもので、止めるのは難しい」。今日もまさにそんな試合でしたね。第1セットあんなにボランドリが圧倒してたのに、セットが変わってこんなにも流れが変わってしまうなんて。終盤ボランドリも1ブレイクをあげて粘りましたが、もはや相手に傾いた勢いを止めることはできませんでした。

「第1セットあんなひどいとられ方をした後で、冷静に集中していられたのはよかった。」。アンドリエフ君は、自身が今年出場した最初と最後のクレーの大会で優勝するというなかなか粋なことをやってくれました。最初がバレンシア、そして最後がパレルモ。間ちょっとあまり結果が出ない時期もあったけど、シーズン終盤にまた調子を上げてきましたね。「クレーのシーズンが終わってしまうのは悲しいけど、今の好調を次のインドアの大会まで続けたいと思う。今日はベストのテニスができなかったのにこうやってなんとか勝つ方法を見つけることができたから、よりクレーに適応できてる、ていうことかな」。クレーでは完全に自信をつけましたね!来年は、ぜひもっと大きな大会、マスターズや全仏に期待したいところです。

一方、最初圧倒的リードを保っていたのにまさかの敗北のボランドリ。う~んどこに落とし穴があったのかなあ。今回はボランドリが強いかと思ってたけど。しかも去年につづく2年連続準優勝。しかも地元。しかもデ杯をけった後。「スタートはとてもよかったけど、彼のような選手相手だと、全部のポイントで100%の力で戦わなきゃいけないっていうことだね」。そうだね。最後のマッチポイントをとるまで、勝負は決まらない。どんな内容でも、どこに落とし穴が待っているかわからない。長い試合時間の中で常に集中し続けるというのは難しい。どうしてもどこかで気持ちに隙ができてしまう時間帯はある。今日のボランドリはまずいタイミングでそれが出てしまったのかなあ。でも、こう言っていましたよ。「いつかきっとここで優勝する、約束するよ」。

しかし決勝戦でタコ食らって優勝するのって珍しいね。初めてではないのだろうが…そのあたりの記録がATPに記述されるかと思ったけど、書いてなかった。あ、去年のRG決勝はガストン君が2タコ食らった後に優勝したっけ。それくらいかなあ。あとはあまりよく覚えてない。

というわけで、これで今年のクレーは終了~!あーなんだか淋しいなあ。今年のクレーといえば、なんといってもナダル君の大活躍、感動のRG優勝(T T)、そして、ガスケ君がロジェ君を破って、モンフィス君が初優勝をして、プエルタ君が復活して、ナダル君とコリアが5時間以上の試合をやって、私はそれを朝まで徹夜で見て翌日会社でへろへろになって、…いろいろあったなあ…走馬灯のように記憶がよみがえ…って振り返るのはまだ早い!今年の総括はシーズン終わってからたっぷりやる予定ですから。クレーのお話はひとまず終了。インドア、ハードに気持ちを切り替えて、次はいよいよ日本が舞台です!やっぱ地元だから今週はがんばりまっせ~。

関連記事
Federer Keeps Winning and Winning and Winning(ATP)
Bjorkman Breaks Title Drought at Vietnam Open(ATP)
Bjorkman wins Vietnam Open, first title since '02(ESPN)
Slow-Starting Andreev Rallies to Win Title(ATP)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
>あやさん

クレーは長い試合が多いし番狂わせも起こりやすいから、スリル満点で心配ごとも多いけどやっぱりおもしろいですね~。来年が待ちきれません。フェレロは今年はタイトル獲得はならなかったけど、今年はツアーに無事復帰していい戦いをしたということで、来年にむけていい復活の年になったのではないかと思います。

それにしてもスペイン勢が日本にほとんど来てないのは寂しいですねぇ~…G-ロペス君も今日負けちゃったみたいだし…。たのみのアルゼンチン勢も直前で欠場ラッシュ…。AIGをクレーにしたらいっぱいくるかも!?(ありえない)
2005/10/03(月) 23:02:45 | URL | さっち #-[ 編集]
私も寂しい
さっちさん、こんにちは
クレーはいろいろありましたね。ロジャーが2敗したのもクレーだし.....
今年はナダル君とガトにほとんどタイトル独占されちゃった。
来年は○○○○もひとつくらい取り替えそうね(私も隠す(笑)

遅ればせながら、励ましのお言葉ありがとうございます。(スレ違うけどここで言わせてもらいます)

AIGの記事楽しみにしてますね!
2005/10/03(月) 22:21:37 | URL | あや #bBmFigmc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。