Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ATP 試合結果 7/6 -グスタード-
2005年07月07日 (木) | 編集 |
Allianz Suisse Open

今日のガスタードはまたも雨模様。予定されていたロペス君VSスタラーチェの試合は明日に延期になってしまいました。

あら~っ!ルビ…負けちゃった…う~ん。なんかルビ最近だめだなぁ…今年初旬のあの勢いはどこにいったのだ!?ほんとに最近勝ててない。どっか体の調子でも悪いんだろうか?来週は大事なデ杯2回戦が控えているというのに…心配だ…。ルビを破ったのは、セッピ。ハンブルグでベスト8に入る活躍をみせたのも記憶に新しいセッピは、第2ゲームで先にブレイクして先手をとりますが、ルビも第6ゲームでブレイクバックしてタイブレーク突入しました。

それを7-4でとると、第2セットも3-0とセッピの勢いは止まらず。その後は自分のサーブをしっかりキープして、トップ20選手に大きな殊勲の星をあげました。「トップ20選手に勝ったのは、初めてじゃないかな。とれも嬉しいし、ここでまだプレーできる。今日は長い一日だったけど、夕方には試合ができてよかった。僕はイタリアの北のほうの出身だから、こういう寒い気候には慣れてるんだ。彼(ルビ)はベストのプレーヤーの1人だし、僕は失うものは何もないから自分のゲームをするだけだった。チャンスが僕にたくさん来たね。」久しぶりに「失うものは何もない精神」の力をみましたね。

ルビは負けたけど、第2シードのガストン君はちゃんと残っています。サグネッティに各セット1つずつブレイクしての快勝です。「今日はとてもいいプレーができてうれしいよ。今日は一日中待たなきゃならなかったし、それがとてもきつかった。でも素晴らしいプレーができたから、そのことは僕には影響しなかったみたいだね。」

もうひとつ行われたのは、サバウ(?)とサージャン(??)の試合。ルーマニアのサバウがATP初の準々決勝進出を決めました。今年チャレンジャーで地元のブカレストを含む2勝をあげているサバウは、ここでも躍進。初めてのベスト8進出です。

試合結果 2回戦
②Gaston Gaudio(ARG) 6-2 6-2 Davide Sanguinetti(ITA)
Andreas Seppi(ITA) 7-6(4) 6-3 ⑤Ivan Ljubicic(CRO)
Razvan Sabau(ROM) 6-4 6-4 Sargis Sargsian(USA)


関連記事
Seppi Stuns Ljubicic in Gstaad; Faces Gaudio Next(ATP official)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。