Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メッス 最終日
2005年10月10日 (月) | 編集 |
やっと優勝できたぁ~

Ivan Ljubicic

@Yahoo!sports


Open de Moselle

決勝

③Ivan Ljubicic(CRO) 7-6(7) 6-0 ⑥Gael Monfils(FRA)

今年何度も決勝進出しては王者ロジェ君にタイトルを阻まれてきたルビ、やっと、5回目の正直で優勝を決めました!おめでとう!今回は王者がいなくてよかったね(笑)。今までもっていた唯一のタイトルも、やはりフランスのリヨンでした。

ルビの圧勝かなと思ったんだけど、オープニングゲームはモンフィス君に、いままで破られてなかったサービスをいきなりブレイクされるという驚きの展開。…こりゃひょっとして?とモンフィス君に期待が集まったけど、そこはやはりルビ、すぐにブレイクバックしてタイにすると、そのままタイブレークになりました。そのタイブレークもかなりの接戦。しかしルビがなんとかやっとこさそのタイブレをとり第1セット先取しましたね。

しかしモンフィス君がこんなにルビに対抗するとは…これなら第2セット以降はどうなるか??と思ったら、モンフィス君がそこから崩れてしまいました。ダブルフォルトがらみで2回連続サービスゲームを落としてしまうと、眠れる獅子をおこしてしまったモンフィス君はルビの勢いを止めることはできませんでした。結局第2セットはタコ勝ち(ベーグル)でルビがストレートで優勝を決めました。

ランキングや実績からも、自分のほうが優勝候補で有利だと感じていたルビ、それが序盤の力みになりブレイクされてしまったようです。「ナーバスになってしまった。第1セットはいいテニスができなかった。フィジカルな部分が大きかったね。」メンタルの不出来をフィジカルでカバーした、ていうとこなのかな。「第1セットが終わってから、エネルギーが戻ってきたのを感じた。よりリラックスできたし動きもよくなった」。

「今週はサーブが信じられないくらいよかった。2ndサーブでもちょっと積極的におしていったんだ。それがうまくいったね。」「ここでタイトルがとれたのはすばらしいよ。今年は5回決勝にすすんだけど、ここフランスはすばらしい気分になれるよ。2001年はリヨンで勝てたし、マルセイユでは決勝までいけたし。フランスでは他にもいくつか大会があるから、そこでも同じようにうまくやりたいね」。

一方、第1セットは予想以上の接戦でルビを十分苦しめたモンフィス君。でも、今日はちょっと力が足りなかったのかな。「第1セットはすべてをだしきった。そして僕が体力的に疲れてしまったのを彼(ルビ)はわかってたんだ。すごくたくさん走らされた。第1セットを(接戦で)とれなかったのは精神的にこたえたよ。第2セットはあまりに早く過ぎてしまった。体力的にもベストの状態じゃなかったし、僕にできることはあまりなかった。」「ひょっとして彼(ルビ)のほうが勝利への思いが強かったのかな。僕はリスクを背負うことを十分にしなかったし、サーブもよくなかったし」。

でも、モンフィス君は今週十分な活躍でした。同僚のガスケ君にも勝ったしね。「ここに来てこんなにたくさん勝てるとは思ってなかったよ。それほど自信はなかった。だから今週のことは僕にとってとても大きいよ」。

ルビは今年はじめはすごい活躍ぶりで、マスターズカップも…?と期待しちゃったけど、やっぱり苦手のクレーシーズンからちょっと調子が落ちちゃったよね。でもそんなルビが復活してきたきっかけは、やはりデ杯での快進撃じゃないかな。今年は2回目のブラザーズそろっての決勝進出、マリオは惜しくも敗れブラザーズそろっての優勝はなりませんでしたが、兄貴のルイジ、じゃなかった、ルビは見事優勝を決めました。こりゃ来週のマスターズはますますブラザーズから目が離せなくなってきましたね。

関連記事
Ljubicic Eases Final Heartache with Metz Title(ATP)
Ljubicic ends four-year title drought in Metz(Reuter.co.uk)


”Finally it has happened to me, Right in front of my face
My feelin's can't descri-ibe it, Finally it has happened to me
Right in front of my face, And I just cannot hi-ide it
(ついに私にやってきた、私の顔の前にそれがある この気持ちはとても表現できない ついにやってきた… とても隠せない)”

-♪Ce Ce Peniston「Finally」
この曲を聴く
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。