Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヘビーローテーション更新
2005年10月10日 (月) | 編集 |
とうとう3連休も終わってしまいましたねぇ…といっても私は休みでもなかったんですが。しかし明日からは通常勤務だから、やっぱし辛いな。

休み中に書いとかないとまたズル休みしそうなので、今のうちに。
最近男性アーティストが続いていたので、今週は女性アーティストでそろえてみました。

邦楽 かざぐるま/一青 窈

あーこの「窈」を打ち込むのが大変だったぞ。手書き入力せにゃならんかったじゃないか。ご存じない人のために言いますと、「ひとと よう」というアーティストです。「もらい泣き」などの曲でブレイクしましたね。紅白にも出たっけ。このほど9月21日に新しい曲を出しました。これは先週のくるりより早く出たのだけれど、今週や先週発売されたやつの中にあんましめぼしいものがなかったので、ここでご紹介することにした。

この曲は、今公開されている映画「蝉しぐれ」の主題歌というか、イメージソングですねー。この「蝉しぐれ」は前にNHKで放送されたドラマと同じ物語です。私は去年の年末の再放送のときに見ました。親がこのドラマが好きで見てて、「あんたもこれ見なさい!」と言われて、「えぇぇー時代劇なんて興味ないよぅ~」と思いながらなんとなく見たのですが、…これがねえなかなかおもしろくて。泣ける…いい話じゃないですかぁ~。特に、自害させられたお父さんの遺体を必死で運ぶ文四郎とおふくちゃんの姿なんて、もぉー涙なしでは見れませんわ…(T T)。んでこのドラマはモンテカルロのなんとかっていうすごい賞(どのくらいすごいのかよく知らんが)も受賞したそうな。

んで今度は同じ監督さんがそれを映画化。主役の文四郎役が、…染五郎??あの女たらしがこんなプラトニックな恋愛模様を演じるのかい?なんかイメージが…まいいか。私はドラマのイメージが強いので、つい内野聖陽さんと比較しちゃうなあ。内野さんはすばらしくよかった。んで文四郎の友達役をするのが、今ちゃん(今田耕司)と、…ふかわりょうだって!ぷぷぷ!笑ってしまった…こんなシリアスな映画に出ていいのか?しかしあの文四郎の友達役というのは、ドラマのときもコミカルに描かれていたので、意外とあっているのかもね。こういうお笑い芸人がシリアスな映画に出るというのもなかなかよいものだ。

んで、柄本明はドラマに続いての登場。この人はこういう小悪役にはもってこいだね。(映画では悪役なのかはわからない)大ボスとかドン、とかじゃなくて、その子分でずる賢くて意地の悪~い役、ぴったり。たしかビートたけしの「座頭市」でもそういう役やってたっけ。んで、ドラマで重要な役どころだった矢田作之丞&淑江が映画のキャスト紹介に出てない。カットされてるのかなあ。もしそうなら残念だなあ。あの役どころはドラマでは重要だったんだけど。村上弘明さんかっこよかったなぁ…。

「20年人を想いつづけたことはありますか」…ない…(爆)。いろんな権力闘争に巻き込まれて両想いなのになかなか結ばれない2人の物語はなんとも切ない…う~。こういうメロドラマは苦手だったはずなのだが。最後には一応文四郎とおふくは結ばれるんだけど、ん~ハッピーエンド、というのとはちと違うかなあ。どう違うかは、映画を見てお確かめください。ちなみに原作は藤沢周平さんです。

なんかかざぐるまの話っていうより蝉しぐれの話になってしまったなこりゃ。まあいいか。この曲はこの切ない映画のイメージにぴったりです。「ただ遠くはなれても 君が笑うため どこ吹いた風でした くるりかざぐるま 待つことも恋でした くるりかざぐるま」…ん~たまりませんわ。一応この曲のPVが30秒だけみれます。でも蝉しぐれの映画の予告編のほうが実は長くてたくさん聴けるかも。


「かざぐるま」PV試聴(45秒)
「蝉しぐれ」映画予告
映画「蝉しぐれ」ホームページ

洋楽 Nakid Truth/Lil' Kim

う~む、プラトニックな「かざぐるま」のあとにこれって…まずくないか?あまりにギャップがありすぎる…まこのブログはなんでもあり、良く言えば幅広い、しかし一貫性がない、ということでお許しくだされ。

この人は今刑務所に入ってます。だは!いきなりそんなんかよ。いやいや本当なのです。2001年にマンハッタンのラジオ局Hot97の外で起こった発砲事件に巻き込まれ、友人をかばうために偽証を行ったとして7月に有罪と実刑が確定してまして、9月19日から366日、どこかの刑務所に入っております。しかしムショに入る前に新作を作っておくなんて、なんともはや…。反省する気あるのか?という気もせんでもないが。その新作が発売。日本盤は今週発売されます。

このアルバムは発売前からとにかく話題が沸騰しまくりです。なんといっても、Hip Hop誌「Source Magazine」でマイク5本獲得、しかも女性ラッパーでは初、というのがね。ま前作でも4.5本だったらしいので、そんなに驚くことじゃないのかな。よくわからん。

Lil'Kimはビギー(The Notorious B.I.G)の愛人としても有名でしたね。一応ビギーにはFaith Evansという奥さんがいたのだけれど、キムとビギーの関係はもう半ば公認という感じでした。そんなビギーが銃弾に倒れ、キムもだいぶ落ち込んでいたようだけど、持ち前の不屈の(?)精神で復活し、最近では映画「ムーラン・ルージュ」の主題歌を4人で歌ったりして、がんばってましたね。

ビギー関係以外でも、同じ女性ラッパーのフォクシー・ブラウンとの確執、整形手術とまあなんでもありというか、なんというか。曲はとにかくエロエロ路線まっしぐら。R.Kellyもまっつぁお、という感じでとにかくそゆ姿勢を貫いておりまする。気持ちいいくらい一貫している。世界平和やプラトニックラブなんてキムの辞書にはありません。

今回のアルバムは、派手さはないけどじっくり聞かせる、ていう感じかなあ。最初の「Hard Core」のキャッチーさから比べるとずいぶん雰囲気が違うというか、コアな感じになっている気もする。アルバムからのリードシングルは「Lighters Up」。PVも見れますが。…とりあえずそのライター遊びはやめなされ。危ないです。まそれはともかく、この曲はなかなかよい。Nellyみたいに歌いながらラップスタイルですね。たしかにちょっとLauryn Hillに声質が似てるかもね。ゲスト陣としてはSnoopやTI、The Gameといったビッグネームも入ってるし、なんとビギーとも冥土を越えて共演してます(「All Good」)。

個人的には、女性シンガーをフィーチャーしている「I Know You See Me」とか「Gimme That」とかがすきかなあ。このくらいテンポがあってキャッチーなほうが私は好みかな。特にGimme thatのようなトラックは好き。といってもまだちょこっとしか聴いてないからよくわかんないんだけど。歌詞も、自分のゴシップや裁判のことなどなんでも言いまくっているらしい。こりゃ日本盤を買って歌詞を読んでみたいところであるが、ネットで実は全部聴けるので、CD買うかどうかは…決めてない。もうちょっとネットで聴いてもっと気に入ったら、買うかも。

このアルバムは以下のサイトから全部聴けますので、興味ある方はぜひ。といってもまあこのブログにくる人の半分以上はHip Hopなんて知らないし興味もないだろうから、「なんだこりゃ」て感じだろうけど(笑)、世の中にはこういう音楽もあるのだということだけでもわかっていただければ、幸いです。

「Lighters Up」PV
「Naked Truth」アルバムフル視聴

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ファレル最高
>わかこさん

おお!テニスの話題がほとんどだから数少ない音楽ネタへの反応はとても嬉しいです。ファレルが好きなのですね!趣味が合いますなぁ~。ファレルかっこいいですよねv-343そういえばもうすぐ(11月かな?)ファレルはソロアルバムがでますね。(延期してなければ)その際は絶対にこのコーナーでたっっぷりご紹介予定ですので、お楽しみに。

蝉しぐれ、面白かったようですね。泣けますよねぇ~。内野さんは以前NHKの朝の連続ドラマ「ふたりっ子」に出てましたね。んで民放の何かのドラマにも最近出ていたような気がします。上川隆也さんと似たような感じの、NHKが好きそうなキャラですよね(笑)。2人とも私は結構好きです。

たしかにアメリカは自由の国らしく、かなりゆるいですよね(笑)。MTVとか見てたら日本のスタッフの必死の努力が感じられます…。キムは刑務所内でも独房じゃなくて他の人と一緒のところに入ってるらしいですね。いじめられたりしないかな…ていうかキムだといじめる側だったりして!?ムショ内でへんなことして刑が延びて出てくるのが遅くならないことを祈ってます…。
2005/10/11(火) 21:43:38 | URL | さっち #-[ 編集]
こんばんわ
以前何度かコメントさせて頂いてるロディックファンのわかこです。
私の周りにはテニス好きや音楽の趣味が合う友達があまりいないので、テニス&音楽の話題もあるここのブログはとても貴重な存在です!音楽界での私のアイドル(?)ファレルの事を以前かっこいいと仰っていた時は、好みが似てる!!と一人でびっくりしてました。

蝉しぐれ見てきましたよ~♪かなり年齢層高めでした!笑
ドラマは見てなかったんですけど、内野聖陽さんはついこの間までNHKで藤沢周平作品の同じ監督のドラマに出ていましたね。監督お気に入りなんでしょうか?私はドラマを見てないせいか、染五郎のぶんしろうは特に違和感を感じなかったんですが、映画本編の前の予告で、「阿修羅城の瞳(だったかな?)」のDVDの宣伝をやっていて、その時「案外かっこいいじゃん」と思ったからかも知れません。そして、ぶんしろうが父親の遺体をふくと一緒に運ぶシーンでは私も涙してしまいました・・・。テニスを見ていて泣いてしまう人間ですから、あれはかなりきましたね。

かなり、長くなりますが、もう一つどうしても言いたい事が!!
刑務所に入るちょっと前のLil' KimをMTVのアワードで見たんですが(プレゼンターでした)、その時もずっと裁判&刑務所ネタでした。こんな事日本では考えられないですよね!!何か問題があると、映像カット・モザイク処理され、何もそこまでしなくても・・・と思うこともしばしば。自由の国アメリカほど、ゆるいのもどうかと思いますが、もう少し寛大になってもいいのではないかなぁと思ったので☆

長々と失礼しました。それでは、今後も更新頑張って下さい!!
2005/10/11(火) 20:52:54 | URL | わかこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 現在塀の中の元祖ビッチ・ラッパー、Lil'Kimの「NakedTruth」。 先日Trinaを紹介したので、やっぱりこの人を紹介しないと……。 さて、最初に書いたように、現在Lil'Kimはお勤め中です。(早期保釈の可能性があるとかニュースで報道されていたっけ) ご存じない方のた...
2006/01/17(火) 21:33:57 | SOULTRAIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。