Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


テニス選手が飲んでいた育毛剤はもうすぐ日本でも発売されるよ
2005年10月11日 (火) | 編集 |
ん~この記事はテニスのカテゴリに入れるべきかちょっと迷うなあ。以前ドーピング問題にゆれるプエルタ君のことを書いたときに、「しまいにはMariano Hoodが飲んだ育毛剤がでたなんてばかばかしい話まで出てきてる」と書いたが…なんとそれは本当のことらしい!まじかよ。

Hood本人がまず認めているし、ITFからもローランギャロスの際に陽性であった旨の通知があったらしい。…じゃあなんでプエルタ君には通知がないのか?やっぱあれはガセか?

…とまあ想像はふくらむばかりですが、プエルタ君のことはちょっと置いといて。んでそのMariano Hoodが飲んだという薬剤。ステロイドでも利尿剤でもなく、…育毛剤…ってさあ…。「フィナステリド(一般名)」というお薬です。

この薬はこのように海外ではすでに発売されていますが、日本では未発売でした。しかし、なんとタイムリーなことに、今日10月11日に、日本でもそのフィナステリド(商品名プロペシア)の輸入発売が厚生労働省により承認されました。12月から一般発売されるそうです。

フィナステリドは、脱毛症の治療薬としては国内初の経口内服薬となります。アメリカのメルク社が、約270億円売り上げてるんだって。へぇ~。ハゲの悩みに国境はないということか…。いままでは日本では個人輸入などされていたそうですが、そのあまりの人気ぶりに、副作用などを心配した厚労省が今回国内発売承認に踏み切ったそうです。

その人気の理由は、高い発毛効果、だそうです。治験を担当したある大学の先生は、「市販の育毛剤を市場から駆逐してしまう可能性さえある」といっているそうな。…そんなにすごいのか?実際、外用薬の「リアップ(一般名ミノキシジル)」よりはるかにしのぐ効果、というお医者さんもいるそうな。しかし、そのリアップとの併用でより効果が高まるとも言われているらしい。海外ではリアップとこのフィナステリドを併用するのが標準的、らしい。Hoodもそうしてたのかな。

ところで薬といえば副作用が気になるところだけど、重大なものはなく、プラセボと比較しても統計的に有意差はない、とのことです。また、これは育毛剤、ということで男性ホルモンに影響を与えるお薬ですが、性機能を含めて安全性は高いとのこと。

いや~ハゲに悩む男性にはめくるめくパラダイスのようなお話。なんかいいことずくめだなぁ…しかしあんまりうまい話には落とし穴がありそうだが。知らないけど。この薬は、リアップみたいに薬局でどこでもは買えません。医師による処方箋が必要です。しかも、生活改善薬であり(病気の治療のためじゃないということ)、保険もききません。いわば、バイアグラと同じ扱いになるそうです。お父さん、残念でした。それでも、大人の常用量(ま子供は飲まんか)で1ヶ月6000円前後になるんじゃないかって。そんなにめちゃ高くは、ないかな。そして、バイアグラ同様、男性にしか処方できないらしい。だから私は手に入れることができない。いらんわ。

…なんで私ぁこんなに詳しいんだ?実は私は医療に関連のある仕事をしているので、お医者さんや看護師さんに知り合いも多いのです。んで、このフィナステリドのことをなんかの拍子でちらっと聞いてみたら、この話が載っている雑誌を見せてくれたので、それを参照しているというわけだ。

================================

で。Hoodに話を戻すと、彼は9年間にわたって髪の毛を増やすためにこのフィナステリドを飲んでいたらしい。ちなみにこのフィナステリドは去年の11月から、他の薬と混同して禁止薬物が判別しづらくなるということでこれまたATPの禁止薬物に指定されてます。今までは禁止じゃなかったからよかったけど、これで困ったHood。ドーピングにひっかかるのはいやだ!でもハゲはもっといやだ!悩みに悩みぬいた末にフィナステリドを飲み続けることを選択したHood。(←このへんフィクションです)全豪のときはうまくすりぬけたようですが、今回はさすがに逃れられませんでした。たしかに髪が薄いというのは辛いことでしょう。しかし、体が資本のテニス選手ともあろうものが、見てくれを気にするあまり自分の一生を棒に振るかもしれないようなことをするなんて。しかも国にとってもとんでもない赤っ恥。浅はかだ。大ばかもんじゃ!

そこまでしてハゲを治したかったというHood。ドーピングの危険を犯してまで飲むほどだから、よほど効果があったのか!?…ん~写真が…なかなかないね。ATPのプロフィール写真は、肝心のとこできれてて頭が全然うつってないんだもん。んで下記のEurosportの記事にあるHoodの写真は、いつのころなのかなー。できたら最近のと9年前のと両方比較して見たいね。相対的にどれくらい髪が増えてるのか、全然変わってないのか。あるいは逆にハゲが進行してるのか(そりゃ悲しすぎるぜ)興味あるなあ。しかし9年間もよく飲み続けたね。その根気を別のとこに生かせばよかったのにね。


関連記事
Mariano Hood tests positive(The Telegraph-Calcutta)
Hood admits to drug use(Eurosport)
日本でもプロペシア[フィナステリド]が発売に! 飲む育毛剤を試してみましょう(All About)
のむ発毛薬の輸入承認 国内初、年内にも発売へ(Yahoo!Japan)
日経メディカル9月号(本なのでリンクなし)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんにちは。

そうですね、このプロペシアは厚生省で認可されましたね。かなり反響を呼んでいるようですが、不思議なものでこのプロペシアはもともと男性の前立腺癌の薬として開発されたものとか。

それが男性の脱毛症に効くことが分かり今では男性脱毛症と師弟まではかなり有名ですね。

医学は分からないものですね、しかしこのプロペシアも副作用があると聞いていますが。勿論リアップ等もそうですね、しかし効果というてんではどちらもかなり効果があるようですね、
2009/05/11(月) 09:47:33 | URL | 俊介 #Ok/uTRgQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。