Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DEUCE秋号がきた
2005年10月11日 (火) | 編集 |
…のはいいんだけどさぁ…。本だけが郵便受けにばさっと入ってた。封筒もなにもなしで、本だけ。どゆことだ?ナダル君が表紙の夏号のときはちゃんと封筒に入ってたのに。年間購読契約したからってなめられてるのか(笑)。本の表紙に住所のシールがぺたっと張ってあって、まさに本がむきだしで郵送されてきたらしい。おかげでせっかくのレイトンの表紙が折り曲がって端っこがぐしゃぐしゃだ。んもう全くよう!そんなちゃんとした封筒じゃなくていいから、せめてJAF MATEみたいに穴あきでいいから包装して欲しいもんだ。ま表紙がレイトンだからいっか(ひどい!)。あ、くしゃくしゃなのはページの端っこだけなので。レイトンのお顔は守られてました(笑)。遠い海を渡ってよくここまで生き延びてきたねぇ…。

んで、中身を見てみると…今回もおもしろそうなネタがたくさん。ニコちゃん3号のミニインタビューや、…おっ!こないだゴランさんが言っていた、ハーネル(?Haehnel)の飛行機嫌いのことも書いてある。飛行機が大キライな彼がどうやってオーストラリアに行ったのか、詳しく書いてあるようなのでいずれご紹介予定。

小ネタでは…ティムのiPodには何が入っているか。ふぅん、ティムってこういうのを聴くのね…ふむふむ。それから、ムーディーやキーファーのかばんには何が入っているのかクイズ。お!ミルミル&ビョークマンペアの記事もある!こりゃうれしいな♪試合の日は何をして過ごしますか?コーナーはエンクビスト編。

おーフェリシアーノ・ロペス君の特集があります。この顔のアップは強烈だ…。レジェンドでは、引退したばかりのウッドブリッジ(ウッドブリッジは実はかなり好み)と、ムスターの特集が組まれています。あと新しくATPチェアマンに就任したAlex Kennisonさんのインタビューもある。もちろん表紙のレイトンも8ページの大特集。レイトンは髪短いほうがかっこいいね。

偉大な記録を残したボルグやレーバー、サンプラスなど10の記録特集。もちろんロジェ君のもあります。んでHEAD 2 HEADは今号はナルVSロジェ君です。ナダル君の特集もある。プレースタイルについていろいろ書いてある。

ハースがモデル美女と2ショットで登場してます。ハースは男前だなー。その次には、イーグルスの「New York Minute」にひっかけて、全米優勝した王者ロジェ君の大会直前のニューヨークでのスケジュール帳。例のNASDAQ市場に行った日のやつみたいです。さすが王者、分刻みになってます。これは誰の字なのかな。ロジェ君の字なのかな。「14:30 PRACTICE!!」と書いてあるが。

あとは上海のマスターズカップ会場の特集や、ガット張り職人さんの記事もある。アンディ(ロディック)のガットは、66なんだって。固そう!ちなみにティムは51。あと選手紹介のPROfilesは、ジンバブエのダブルスペアブラック&ウリエットと、…お~!ステパネクじゃないか!こうやってみるとなかなかかっこよく見えるぞ。こういう写真をもっとたくさんWebにも載せてくれ。

まあそういう感じで、秋号もなかなか楽しそうな内容になってます。といっても、当然まだ今日きたばっかだから全然内容読んでないんですけど。これからじっくり読んでネタ探したいと思います。

このDEUCEは本屋さんでも売ってるみたいです。福岡には売っているのかどうか知らないが、地方だしなさそうだし探すのがめんどいので私は夏号のときに直接メールで頼んじゃいました。欲しい人で本屋さんで見つからない人は今からでもメールでたのめば送ってくれると思います。(メールには名前と住所と自分のメールアドレスだけ書けばよいです)本の後ろのほうに年間購読申し込みハガキもついてるので、それを一緒にきた請求書と一緒に送りかえすと次の号は何もしなくても来ますよ。ただし通信契約するにはVISAかMaster Cardかアメックスのクレジットカードが必要です。

DEUCE Magazine Fall Issue紹介(ATP)
メールでの申し込みはこちらから



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
>ゴランさん

ハーネルの飛行機嫌いの話は近いうちにアップする予定ですので、お楽しみに(笑)。

日本のテニス雑誌は、海外の情報というよりも普段テニスを楽しむ人のためのテクニック的なものがほとんどだから、私はあまり読むことはありません。DEUCEは、確かに値段が高いのが気になりますが(汗)、オールカラーで写真も豊富だし、マニアックな選手にもスポットを当てているので、私のようなおたく的(?)ファンには垂涎ものなので、値段以上の価値があると自分を激しく納得させています…。

しかし最近ではインターネットでいろいろと情報が手に入るようになったので、このような雑誌社にとってもより質の高いものが求められる厳しい時代と言えるのでしょうね。
2005/10/12(水) 23:09:36 | URL | さっち #-[ 編集]
飛行機嫌いの彼について
Deuce面白そうですね.
大阪の大きな本屋で見かけると買おうかと迷うのですが,いつも高くて断念していました.
今回の内容を見る限り面白そうなので,買おうかちょっと迷っちゃいますね.

海外に行ったときは必ず外国のテニス雑誌を買って帰るのですが,日本と構成が全然違っていて面白いですよね.
日本は草テニスに力を入れた内容になっていますが,向こうはプロ選手に力を入れていますよね.
あと,海外は広告も多いですね.
その広告を見るたびに思うことは,日本のラケットは高い!ってことですね.

今年スペインに行ったとき,パリの空港でTENNISという雑誌を買ったのですが,フランス語で全く分からなくて家で絵本として置かれています(涙).
フランスだけあって表紙はガエル君でした.

ハーネル(?)はどうやってオーストラリアまで辿り着いたのか?めっちゃ気になります.
こんなことを気にしているのは私だけ?
ひねくれモノの自分は,こういう個性的(言い方間違ってるかもしれません)な選手には,活躍して欲しいなと思っています.

そういえば,フェデラーがNASDAQに行ったニュースはATP TENNISでも紹介されていましたね.
2005/10/12(水) 09:49:50 | URL | ゴラン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。