Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


よっしゃぁ~!!
2005年10月16日 (日) | 編集 |
パナマウンガ~!

4回、2ランを放ち、一塁を回るソフトバンクのズレータ

@Yahoo!Japan


やったぁぁぁ~ソフトバンク今日勝ちました!これで2連敗のあと2連勝、逆王手かけちゃいましたよん♪ふぉっふぉっふぉっ。てまだ優勝決めてないのにこんなに喜んじゃいけないんでしょうが…。

今日も先制点はロッテ。1回表にいきなり点入れられちゃった…はあ~。しかし前の3戦いずれも先制点をとったほうが負けています。そしてホークスもすかさず2回裏にズレータが同点ホームラン!…またソロか…ましかし、序盤で追いついたというのは大きい。1点差というのは危ないだけにリードしているほうも気を引き締めるから隙がなくて意外に大きな1点になってリードされている方にのしかかってくる。だから序盤ですぐに追いつけたのは大きかった。

しかし、またもロッテに1点が!あーまじかよ~がく。そして和田くんはこの回で終了。やはりあまり調子よさそうじゃなかったね。肩がよくなっていなかったのかなあ。和田くんの素敵な笑顔がみれなくて残念だわ。

今日のホークスはとられたらすぐに追いつくことができました。1点とられてすぐのその裏の攻撃、松中さんの登場。打ち気にはやってうまくいかなかったことが多かったけど、今日は我慢しました。そして価値あるフォアボールを選びました。そしてそのフォアボールが今日の勝利につながりました。次のズレータがまたまたホームラン!これで一気に3-2と逆転です!

テニスでは相手のサービスをブレイクした後の自分のサーブキープがとても重要になる。それをキープしてこそ前のブレイクが生きるのだから。野球も一緒です。点をとってリードした後の守りが大変重要になる。そしてさっそく山場がやってきました。直後の5回表、このイニングは試合通じての一番のポイントとなりましたね。

先発の和田くんをあきらめて5回からは以前のロッテ戦で好投した高橋がマウンドへ。しかしやはり新人で大舞台での経験不足もあったのか、あまりうまくいかずに無死1、2塁とまたピンチ。ここで王監督はなんと高橋をすっぱり下げちゃった。まだ打者2人にしか投げていなかったのに。でもこの采配が今日はズバリ的中。王監督の判断のよさが見事に表れました。

そして高橋の後をうけて頼れる吉武がマウンドへ。無死1、2塁、ふつうはバントで送ってくる、というのは野球に疎い私でも考えた。そしてそのとおりバントしてきて、そして吉武は迷わずサードへ矢のような送球!ちょっと高めにそれて一瞬ひやっとしたけどサードがちゃんと捕って3塁アウト!!!ここが今日の試合の一番のポイントでした。

ヒーローインタビューでは「最初からサードを指そうと考えていた」という吉武だけど、ほんとにそう考えていたのかな?おそらく捕手の的場がサードに投げるよう指示したんだと思うけど、本当に迷わずサードに投げていた。あそこでちょっとでも躊躇していたら間違いなくセーフで満塁になっていただろうね。吉武には覚悟があったんでしょう。見事なフィールディングでピンチを救いました。

その吉武のナイスプレーもありその後はロッテも無得点。一方のロッテの投手も4回以降はまたすばらしいピッチングでこれまたパーフェクト。ホークスは追加点をとってさらに有利に立ちたいとこでしたがなかなかそれができませんでした。しかし、1点差という微妙な緊迫感がお互いにいい影響になったのかな。もちろんリードは大きいほうがいいに越したことはないけど、昨日みたいなこともあるしね…。

今日はソフトバンクの中継ぎ陣もがんばりましたよね。王監督の継投策もうまくいきました。そしてロッテの投手も見事なピッチング。やはり点のとりあいよりこういう投手戦のほうが、「いつ均衡がやぶれるのか…」という緊張感があって見ていておもしろい。テニスでいうと、キープキープが続いてタイブレーク、ていうのと同じ心境かな。あれもかなりドキドキもんだしねぇ。

そしていよいよ9回表ロッテの攻撃。さすがに昨日のことがあるから安心どころか、心配でたまりませんでした(笑)。とにかく一発でれば同点だから、ちょっと大きなあたりが出るたびに、うげっ!!ていう感じで。しかし馬原くんのストレートがよく走っていました。馬原くんはドラフトNo.1で鳴り物入りで入団した当初は先発が期待されて本人もやる気まんまんだったけど、最初あまりうまくいかなかった。そのまま埋もれてしまう選手も多いなか、よく後ろへ行って才能を開花させましたよね。もうすっかりホークスの守護神です。三瀬もがんばらんとね!ちなみに馬原くんは入団当初すでに結婚していて奥さんがめっちゃ美人。ミスなんとか、という人じゃなかったけ。馬原くんイケメンだからねえ…女が放っとかんよね。でも私はむねりんのほうが好き。誰も聞いてないって。

そしてなんとか1点のリードを守りきってホークス勝利!これで逆王手じゃ~!!そしてヒーローインタビューは先ほどの吉武と2ホームランのズレータ。…あぁぁっ!!ズレータのインタビューのとこで中継が終わっちまった~!なんてことだ。今日はテレ東系列で全国放送だったけど、やっぱ東京人はわかっとらんねぇ~。ズレータのヒーローインタビューこそハイライトなのに(笑)。「パナマ運河」(他にもあったけど忘れた)などの名(迷)言を生んだズレータのお立ち台は生でやってほしかったぞ。

このプレーオフ、1~3戦は全国中継がなく、地上波は地元福岡のローカルだけ。それもローカルだから9時には終了しなくちゃならない。今日と明日は全国放送されるみたいだけど、放送するのはネット局が一番少ないテレビ東京系列、しかも行われない可能性もあった4、5戦。いまのプロ野球の実情をよくあらわしているよね。まあもちろん世の中には野球に興味がない人だってたくさんいるし、ましてや地方で行われるパリーグの試合なんて放送する価値もない、と東京のテレビ局はどうやら判断したようだ。悲しいことだが。私は東京に住んでないから関係ない話だけど、関東にだって九州出身の人は多いはずだ。しかも千葉はロッテの本拠地。3戦でロッテが勝っていれば、31年ぶりのリーグ優勝を地元でみれないという信じられない事態になるとこだった。そこんとこどう考えてるのかね、テレビ局さんよ。もう「巨人大鵬玉子焼き」の時代は終わったんだよ。

福岡はローカル局に力があるのか、7~9時の枠を使って全国放送の番組をつぶしてまで結構独自にソフトバンクの中継を地上波でやっている。それに対して抗議がくることはほとんどないし、逆に昨日の9回裏の放送をしなかったことに抗議が来ていたらしい。地元とチームが完全に一体化しているからだ。もちろん野球に興味がない人もたくさんいるだろうけど、ここでは「そういうもんだ」という意識があるから誰も何も言わない。

特にテレビ東京のネット局であるテレビ九州(テレQ)はよくソフトバンクの試合を放送しているよね。まあテレ東はマイナーだから全国放送をつぶしてもそれほど影響ないっていうのもあるけど(笑)。それが評価されたのが、おととしの阪神との日本シリーズ。あれで第7戦がテレビ東京で放映されたのはテレQのそれまでの努力をホークス側が評価したから、といっても過言じゃない。そしてホークスはその7戦目で見事優勝、テレビ東京初の快挙となった。もちろんネット局が少ないということから、見れない局でやるということに全国からは抗議も多かったみたいだけれど、その影には地元局の地道な努力があったのだ。

パリーグは、球団の本拠地が全国にバランスよく散らばっている。北海道に東北、関東2つ、関西、そして九州。3つが関東にかたまっているセリーグと比べても理想的な感じ。だからこそ地元と球団が根付いて信頼関係も強くなるし、地元メディアも地元の人々や球団の力になろうと努力する。今のプロ野球に必要なのはそういうことじゃないだろうか。首都圏というのはいろんな人が集まるから、そういう意味ではここ九州や東北や北海道など地方のほうがそういうことはやりやすいかもしれないね。とりあえず、ただの1球団の元オーナーでしかない石頭のナベツネじじいの言うことに振り回されてるようじゃ、セリーグはいずれパリーグに人気でも追い越されるよ。阪神などの株問題やドラフトも含めてプロ野球にはまだまだ課題が多く残されている。伝統に守られているものほど、伝統に縛られて時代から取り残される危険も多いと言えるのだ。そこんとこをどこまで頭をやわらかくして考えることができるか、野球関係者の力が問われる時期ともいえますかな。

まあそんなことはともかく、明日ですよ明日!!明日で本当に勝負が決まってしまう。うぅぅ久しぶりに胃が痛くなってきた~。とにかく!ソフトバンク勝ってくれ!それだけです。 
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。