Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビルボードチャート
2005年10月19日 (水) | 編集 |
いかん。またビルボチャートがおざなりに…というわけで、ようやく更新。いかんなあ。

10月22日付

シングル

1位 Gold Digger/Kanye West feart. Jamie Foxx
2位 Photograph/Nickelback
3位 Shake It Off/Mariah Carey
4位 My Humps/The Black Eyed Peas
5位 Like You/Bow Wow feat. Ciara


ご無沙汰していた割にはあんまり変わってないなぁ…ま、シングルはこんなもんですかね。ニッケルバックが上がってきてますね。アルバムのほうも絶好調の彼らですが。「Someday」を彷彿とさせるようなストリングスが心地よいミドルバラード。最近泣かせるねぇチャド。

1位は…そろそろ10週くらいかな?ずいぶん長いことトップを走っている。あんまり強力そうなのが下にないから、もうちょっと突っ走るかもね。あとは、アルバムの勢いも手伝ってニッケルバックが1位奪還、ていう可能性もなくはないが。

そのほか注目

7位 Soul Survivor/Young Jeezy feat. Akon

わ!こんなとこまで上がってきてたのか。前に紹介したことがありますね。あのくらぁ~い曲。Akonの声って、いいんだけど、なんかくらぁ~い気分になるね。ダークな雰囲気をかもし出すには最適かも。

8位 Run It!/Chris Brown

アメリカでは「ネクスト・マイケル・ジャクソン」というコピーまで付いているほどの、新しいR&Bのスターとして注目されているらしい彼。年齢が…16才か!若いな~。てことは平成生まれか?ん~たしかにHMVに書いてあるとおり、テビン・キャンベルっぽい。しかしルックスはあまり好みじゃないなあ。私はTray Songzのほうがすきだな。

このクリス君、歌はもちろん、ダンスもなかなか、いわゆるアッシャー→マリオの系統ですかな。んでもうすぐそのデビューアルバムも発売されるそうだけど、そのリードシングルであるこちらは、PVも見たけど、さすがに16才、声がかわいいね!今はやりのヒップ系R&B。ラップにも合いそう。アッシャー君とはちょっと系統が違うような気もするね。んで今をときめくScott Storchプロだって。やっぱり。最近スコット大人気ね。蟹みたいにそのうち自分で歌うようになったりして。現在赤丸つきで上昇中。Chris Brownていう名前もキャッチーで覚えられやすそうだし、まさに今流行りのR&Bって感じで、こりゃ人気でそうですなあ。ひょっとして蟹を蹴落とすのはこれになるかもしれないね。


アルバム

1位 All The Right Reasons/Nickelback


シングルでも2位につけているニッケルバック、その曲も含めた久々のアルバムが1位スタートです。前回のアルバムのときは2位スタートだから、今回1位で嬉しかろうね。1週間で31万枚売上げました。ロックバンドの屋台骨と言われるドラムが今回から変わってますね。3 Doors Downのメンバーだった人が今回から加わっているようです。

2位 The Day After/Twista

惜しい!惜しくも1位なりませんでしたが堂々の2位初登場です。シングルの「Girl Tonite」も好調の早口ラッパーTwistaの新譜。今回はタイトル英語なのね…。(前回は「Kamikaze」)私このアルバム結構好きです。

3位 Real Fine Place/Sara Evans

どうやらカントリーの人のようですね。あまりよく知らない。ちなみに米ピープル誌の「最も美しいセレブ50人」2005年版に選ばれてます。あのマリア・シャラポワが選ばれたやつですな。どれどれ。う~む、確かに美人だ…。天は二物を与えず、なんて大嘘じゃ。

4位 All Jacked Up/Gretchen Wilson

先週の初登場1位でした。この人もカントリーらしい。さすがに強いね。女性カントリーシンガーにはソングライターから提供された曲を歌う者がが多いけれども、この人は基本的に作詞作曲のスタイルだそうな。Amazonのレビューに書いてあった人の文章をパクると、「彼女が歌うのはナッシュビル・サウンドであっても、90年代中期から続くポップでキャッチーなカントリーではないこと。アンチShania Twain的なホンキートンクの応酬だ。Terri Clarkのような姉御肌をも醸しだし、Dixie ChicksのNatalie Mainesにも似た声質で力強く歌う。必要以上にトゥワングしていなく、聴きやすいナッシュビル・サウンドを完成させた。これを聴かずしてカントリーを語るなかれ! 」…だって。この分野には不案内な私には全くわからない話なのだが。でも私シャナイア・トゥエインって結構好きなんだけどなー。


5位 Wildflower/Sheryl Crow

こちらも先週の初登場2位でしたがやはり新作に押されて早くもトップ5崖っぷち。さすがにシェリル・クロウは知ってます。結構すき。一番好きなのは、「My Favorite Mistake」だな。何年か前に出たベスト盤は持っている。日本では「Soak Up The Sun」が売れましたね。でもあれのサビのとこ聞くと、必ず「あ~、ほの坂田さ~ん」て聞こえちゃうから、あまりあの曲は聴けない…。そんなシェリルの久しぶりのオリジナルアルバムです。シェリルの日本のサイトは、結構充実している。

ところでシェリルといえば!あの自転車のアーム・ストロングと婚約したそうですね~!あんなにキレイなのにちっとも男性関係の噂がなかったシェリルが、ついに、か…。この新作にもその彼の影響が強くでているそうな。恋をすると女性は変わるからね、ふふふ。


ポストUsher、Chris Brownデビュー!(HMV Japan)
Here for the Party [from US] [Import](Amazon)
Sheryl Crow official site
シェリル・クロウ、婚約!(BARKS)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 ポストUSHER登場。若干16歳のChrisBrownのデビューアルバム、「ChrisBrown」。 最近のチャートを見ていると、RihannaにCiaraにMarioにBowwowに、そしてJoJo……。10代のシンガーが続々とヒットしているが、またもや10代のスターが誕生した。しかも「ポストUSHER」と謳...
2005/11/04(金) 00:48:33 | SOULTRAIN
ぶらぶらしてて来ました(=゚ω゚)ノ
2005/10/19(水) 21:23:08 | ぶらぶら散歩中♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。