Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今週の大会-ATP
2005年10月28日 (金) | 編集 |
Tim Henman and Andy Murray

@Yahoo!sports



FC2が2ちゃんねるのトラフィックを超えたらしい。…FC2ってそんなにメジャーだったっけ??(すいません)たしかにブログだけじゃなくて掲示板やらカウンターやらアンケートやらいろいろサービスやってますからなあ。しかしインターネットをしない人でも知っているほど知名度抜群の「2ch」を超えるとは、さすがですな。ブログやアンケートなどを作成の際はぜひFC2をご利用くださいませ。て何宣伝してんだ。やっぱ一応お世話になってますからねぇ…。

というわけで話を切り替えて。今週は3大会か。カーペットシーズンですなあ。来週のパリもカーペット。あぁもうそろそろホットカーペット出そうかしらん。

Davidoff Swiss Indoors Basel(スイス・バーゼル/インドア・カーペット)

そういえばさー、バーゼルっていえば、ちょっと前にNHKの「世界美術館紀行」でバーゼル美術館のことが特集されてた。芸術が王族貴族のためのものだった時代に市民が誕生させた世界初の美術館ということで紹介されてましたね。ロダンの彫刻やゴーギャンの絵もあるなかなかグレードの高い美術館のようだけど、時代の流れに巻き込まれて絵が海外に流出しそうになるたびに市民や市が税金をつぎ込んで絵を守り、特にピカソの2枚の絵(「2人の兄弟」「座るアルルカン」)の流出危機の際には市民の寄付と市の税金でその2枚の絵を、総額20億円相当で買い取ったんだって!!すごい。そして無事に今でもバーゼル美術館にその絵は飾ってあるそうな。いい話だ…。

バーゼルの市庁舎もちょっと写ってたけど、これがまたおしゃれな建物。赤い建物で、中にはすごい豪華な絵が飾ってあった。無味乾燥な福岡市役所とはえらい違いだ…。公共の建物にそういう美しい絵があるというのは、心が豊かになるよね。優れた芸術がある街というのは、そこに住む人の感性が豊かであるという証拠でしょう。

う~む。美をこよなく愛するバーゼルで育ったロジェ君のプレーがあんなに芸術的なのはそういう理由なのであろう…。なんちて。市民の誇りであるというこのバーゼル美術館にはきっとロジェ君も行ったことがあるに違いない(勝手に推測)。

んで、バーゼル市内にはおもしろい噴水がたくさんあるそうな。それもちょっと紹介されてた。きっとロジェ君も子供の頃はその噴水で水遊びをしたに違いない(また勝手に推測)。

…とまあここまで前ふりしといてなんですが、その王者ロジェ君は出てません。がく。足の怪我の回復具合はどうなんでしょうか。テニスをし始めるのが来週から、という話もあったが…。んでナダル君も欠場。これはマドリッドのときから言われていた膝の腱炎のためでしょう。とにかく休んでくれてよかった。

まあそういうわけで、世界ランク1位と2位の欠場でまたおさむい大会になりそうだったのが!その2人の欠場を補って余りあるビッグな対決がありましたね。んもう今週前半はこれ一色って感じで多少食傷ぎみだが。

1回戦
Andy Murray(GBR) 6-2 5-7 7-6(4) Tim Henman(GBR)

同国人での世代対決といえば、スペインのモヤVSラファ、イタリアのセッピVSサングネおじちゃん、あとフランスのガスケVSグロージャン、なんかがありましたっけ。異国人同士ではラファVSアガシ、なんてのもありましたね。その中でも最も大きな話題を呼んだ対決となりました。

いつかはこの日がくるとは思っていたが…。んもう今週のニュースはこれ一色。マレイVSヘンマンマレイVSヘンマンマレイVSヘンマンマレイVSヘンマン…もういいちゅうねん。んで結果は。ファイナルタイブレという劇的な内容でマレイ君が勝ちましたか。ティム負けた…。

第1セットいきなりマレイ君が4ゲーム連取して、第2セットもマレイ君がサービス・フォー・ザ・マッチでティム絶体絶命のピンチだったけど、これであっさり終わるわけにはいかない。なんとか第12ゲームまでもちこんでなんとかとりかえしましたね。しかし最後はファイナルタイブレで最後は撃沈…。ティムはこれでもうQFにだいぶ進んでないんじゃないかなあ。今年ティムが8強に残った大会、いくつあったっけ…(悲)。ウィンブルドン以降のティムは9戦2勝。一方のマレイ君は同じウィンブルドン以降、出た大会の初戦はすべて突破しており、バンコクでは決勝まで進んでいます。また、ティムは98年にルゼに負けて以来初めてのイギリス人相手での敗北を喫してしまいました。

ティムはマレイ君とこの大会の少し前に一緒に練習していたそうですが、そのときからひょっとして対戦するかもしれないという予感がしていたそうです。

「間違いなく僕にとって最も大きな勝利だよ」。マレイ君は語ります。「最も尊敬の念を抱いている選手に勝つということは僕にとってとても意義あることだし、とても感動的なことなんだ」。

「今日はイライラしていたしがっかりした。今までやってきたように対処することは今日はできなかった。アンディのほうがうまくやったよ」。

今日のTimes Onlineの記事の最後にはこう書かれていた。
「まだ終わったわけではない。しかし、終わりの始まりであるということは、両選手とも知っている」。

②David Nalbandian(ARG) 6-3 7-6(4) Ivo Karlovic(CRO)

あら。マドリッドでやったばっかりなのにこの2人…。また当たっちゃったのか~。ナルもついてない。しかし今回もまた勝てましたね。やはり。だから早いラウンドでカルロビッチと当たって負けた場合ドロー運がなかった、というのは言い訳にすぎないのだ。こうやってちゃんと勝つ人がいるのだから。ナルよくがんばりました。

2回戦
Kristof Vliegen(BEL) 7-6 7-5 ①Guillermo Coria(ARG)

あっ…!!コ、コリア負けちゃってる…がーん。ぢくじょぉ。今回はロジェ君もナダル君もいないということで第1シード、しかもクレー以外のサーフェスで唯一とってるタイトルがここバーゼル、優勝のチャンスは大ありだったのになぁ…予選あがりのベルギーの選手にストレート負けしてしまいました。

どうもサービスゲームがまずかったらしい。第2セットも先にブレイクに成功したコリアでしたが、その後自分のサービスでダブルフォルトなどで自滅してしまったようだ…。第10ゲームでは2つのマッチポイントをしのいだコリアでしたが、最後は力尽きました。

第1シードのビッグネームを破ったことはビリーゲン(?)にとっても大きな勝利となりました。「僕のキャリアで一番大きな勝利になったね。」。過去にはナルやクライチェックも破っているこのビリーゲンはコリアに対してもチャンスはあると信じていたようです。

今シーズンは肩の不調もあってあまりいい結果が出ていませんでしたが、この勝利は来年以降のカムバックに向けて大きな弾みになるとしています。

ベルギーというと、キム、エナンという2大巨頭がいるため男子の選手はほとんど記事にならないんだとか。まあそりゃぁね…たまにオリビエ君が話題になったりはするが…。「みんな僕にトップ50に入ってくれっていうんだ。でもそのたびにもうちょっと時間をくれって僕はいつも言うんだ。もしベストの状態なら、きっとなれる-2、3年以内には」。…時間はそんなにあなたを待ってはくれませんよ。
St. Petersburg Open(ロシア・サンクト・ペテルブルグ/インドア・カーペット)

「北のベニス」とも言われる水の都。世界で最も美しい街の一つであるこの街の、その美しさに心を打たれない人はいないでしょう、だって。へぇ~そんなに美しいのか。ここにはエルミタージュ美術館がありますね。ん~さっきのバーゼルといい、今週は芸術の街ぞろいですなあ。

1回戦
①Nikolay Davydenko(RUS) 6-2 6-1 Lukas Dlouhy(CZE)

どの大会でも最近第1シードですねぇニコちゃん。それだけにもっとたくさん優勝しててもよさそうなんだけど、これがなかなか。今シーズンはまだ優勝1回ですね。ま1回するのも大変なんだけども。この人の動向はとりあえず要チェックですなあ。1回戦は無事に突破。優勝でもしないかぎり大幅な得点アップが望めないので、せっかくマスターズパリ前に出ているのだから優勝したいとこですがニコちゃん。ルビが猛追してますが、優勝すれば20ポイントアップできるからかなり楽になるはず。

「調子がすごくいいとはいえないけど、来週のパリに向けていい結果を出したいね。もちろんここ地元で勝てればいいね。来週にむけてまた自信がつくし」。

Kenneth Carlsen 6-7(4) 7-6(5) 6-4 ③Max Mirnyi(BLR)

あ~ミルミル負けちゃってる…う~ん。カールセンってそんなに強かったっけ…。2時間半の熱戦をカールセンが制しました。そういえば今年のメンフィスでも決勝で当たってましたね、この2人。んでそのときもカールセンが勝ってミルミルタイトル逃したんだっけ…あ~なんかすごい昔のことのような気がするが、まだ半年ちょっと前のことなのね。

「終わった瞬間、ひどい負けだと思った。とてもタフなゲームで、疲れもあって僕には難しかった。ファイナルセットの第1ゲームが勝敗を分けたね」。そこでミルミルが惜しいところでブレイクできなかったのでしょうね。そしてすぐ次の第2ゲームで逆にブレイクされて、勝負あり。

2回戦
②Thomas Johansson(SWE) 6-2 6-2 Andrei Pavel(ROM)

トーマスが勝ってキャリア300勝達成しました~おめでとう!2002年に全豪優勝した後は、一時は膝を手術したりして再起不能かと言われたこともあったけど、よく復活してくれましたよね。そして今年はウィンブルドンでベスト4進出。ヨアキムやソダーリングが怪我に泣いた今年のデ杯ではチームをひっぱってWG残留にも大きく貢献しました。今は全豪優勝した頃のレベルに戻ってきているらしい。そりゃ楽しみじゃ。いつも応援してるけどなかなか優勝できないトーマスだけど、これからもひそかに応援してるのでがんばっておくれ。そろそろまた優勝してほしいなあ。


Grand Prix de Tennis de Lyon

フランス第2の都市リヨン。パリが東京ならリヨンは関西、なんだそうな(笑)。おー、あのサン・テグジュペリが生まれたところなのか!そしてその名前のついた空港がリヨン市内にあるそうな。んでやっぱりある、リヨン美術館。そして大阪同様食いだおれの街らしい。しかし来週がパリだからリヨンだと調整がしやすそうですな。というわけで強豪がいっぱいそろってます。

Mario Ancic(CRO) 6-2 7-6(5) James Blake(USA)

お~マリオ君がジェームス君をとめた!勢いに乗ると手がつけられなくなるジェームス君ですが、マリオ君が止めるとは…。2003年のデ杯の雪辱果たしましたね。試合通じて1回もブレイクピンチがなく、タイブレークは接戦でしたが、5-5からマリオ君が一気に決めました。「彼(ブレイク)はこの何週間かすばらしいプレーをしていたからね。タフな1回戦だったけど、本当に集中できていたよ。僕もこの何週間かいい内容だったしね」。

Olivier Rochus(BEL) 4-6 7-5 6-3 Mariano Puerta(ARG)

あら~っ。オリビエ君がプエルタ君に勝っちゃいました。う~ん。マスターズカップを目指してがんばり続けているプエルタ君でしたが。やはり得意のクレーみたいにはいかないね…。オリビエ君は16こもエースを決め、2セット目以降はブレイクピンチなく、第12ゲーム目でブレイクして追いついた勢いをファイナルセットでも持続しました。これでプエルタ君のマスターズカップはさらに厳しくなったか。

Vincent Spadea(USA) 7-6 (5) 7-5 Ivan Ljubicic(CRO)

さすがにこれで4週連続のルビ、力尽きましたか。しかし勝ったのがスピーディアっていうのがちと意外。ルビに言わせると、スピーディアはルビのサービスリターンをうまく返す数少ない選手の一人なんだそうな。だからドローを見たときやな感じだった、らしい。

「先週のマドリッドから回復する時間がなくて、エネルギーがなくなっていた。全て出し切ったけど十分じゃなかった」。

もちろんルビは来週のパリに参戦予定。それに向けて休養できるから、かえってよかったんじゃないかなあ?やっぱ大事なのは来週のマスターズでしょう。「木曜にはパリに行く予定だよ。トップ8シードまでに入れば火曜か水曜までは試合がないから、休めるしね。ドローを楽しみにしてるよ」。

①Andy Roddick(USA) 7-5 6-3 Thierry Ascione(FRA)

アンディはこの1回戦で地元のアシオーネを破ってこちらもキャリア300勝を達成!おめでとう~現役選手の中で2番目に早い到達だそうです。んで最速は、レイトンで、392試合目に達成。アンディはというと…393試合目…ということはあのマドリッドで勝ってれば一緒だったのか…。。。

アンディは昨日も勝ってベスト8入りですね。とりあえず君の場合は優勝が至上命令じゃ。厳しい注文だけども、常に優勝を期待されるのはトップ選手の宿命です。

Gael Monfils(FRA) 6-4 6-3 ③Gaston Gaudio(ARG)

お~モンフィス君が勝ちましたか。まガストン君はクレー巧者ではあるけれども。第2セットは一度もブレイクピンチなく第4ゲームでブレイクしてそのまま試合を決めました。来週のパリも地元だし、ガスケ君も怪我でいない分彼にかかる期待は大きいでしょう。大変だろうががんばっておくれ。次は予選から勝ち上がった選手だから、モンフィス君チャンスあるかも。

この大金星について、モンフィス君はこんなこと言ってます。「彼(ガウディオ)はウォームアップのときから、ゲームに入ってない感じがした。集中してなくて、僕をからかっていたんだ。それは試合を見に来たお客さんに対しても恥ずべきことだ。だからやっててちっとも楽しくなかった」。

関連記事
Murray record his "biggest win"(Eurosport)
Coria ousted by Belgian qualifier in Basel(Reuters.co.uk)
Murray Triumphs in First Meeting with Henman; Coria Advances to Second Round(ATP)
Tours-St.Petersburg
Carlsen Shakes First-Round Horrors to Upset Mirnyi in St. Petersburg(ATP)
パリが東京ならリヨンは関西、ほんま、おもしろいでー リヨン、着倒れ食い倒れ(All About)
Monfils Tops No. 3 Gaudio; Grosjean Defeats No. 5 Robredo(ATP)
Ljubicic tumbles out of Lyon(Eurosport)
French teenager Monfils stuns Gaudio in Lyon(Reuters.co.uk)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
>asukamura2002さん

そういえばバーゼルの凱旋のときにあの市庁舎も写ってましたね。すんごく人がいっぱいいてすごい迫力だったけど、普段はあんなにのどかなところなんですねぇ~。

マジョルカ音楽祭ですかぁ。29年前っていうことは…当然ナダル君は生まれてませんね(笑)。もう一回しげるちゃんがそこにいくことはないのかなあ。そういえばマジョルカっていえばサッカーの大久保選手が所属してますね。なんだかナダル君のファンになってから異常に「スペイン」と「マジョルカ」に反応しているちょっとやばい私…。

写真でしか見たことないけど本当に景色が綺麗そうなとこですねマジョルカって。ナダル君がはしゃぎながら釣りしているのが目に浮かぶようだ…(悦)。
選手それぞれ生まれ育った背景がいろいろ違うのも個性あふれてて面白いですね。

そうですか!ロジェ君元気そうで、よかったよかった(^^)ほっとしました。あとはレイトンとサフィンですかね…サフィンは結局最終戦まで出れませんでしたね。あんまりサフィンの情報入ってこないけど大丈夫なんでしょうかね…?なんか去年のコリアの状況そのまんまなのが心苦しいです。レイトンは赤ちゃんはいつ産まれるんでしょうか。心置きなくレイトンがTMCに参加できるためにも、早いとこ産んで欲しいですね(笑)。といってもこればかりはなんともしようがないんでしょうが…。
2005/10/29(土) 20:54:44 | URL | さっち #-[ 編集]
こんにちは。さっちさん。
私もそのバーゼルの番組見ました。RogerがWinの後に凱旋した市庁舎も映ってましたね。Rogerみたいなplayerが育つのもわかる気がしますね。
昨日TV観てると、松崎しげるが出ていて、29年前に彼はマジョルカ音楽祭に出たんですって(今でもあるのかなあ~)。地中海に浮かぶとっても綺麗な島だって言ってました。なんかラファが釣りしてる姿が浮かんできました(笑)。
Rogerは怪我の具合が思わしくなかったんだけど、月曜にザルツブルグに治療に行ってからは信じられないくらい良くなって、なんとか上海に間に合いそうです。やっぱりみんなベストの状態で見たいもんね。サフィンの具合はどうなのかしら?
2005/10/29(土) 08:46:30 | URL | asukamura2002 #-[ 編集]
いつかは海外へ!
>ゴランさん

…そういえばATP Tennis Showにつくりが似てますね(笑)。今気が付きました。

たしかにテニスのことを書くようになって、世界各地についての知識、関心が増えました。大会のことを書くために地名を書くと、「じゃあそこはどんなところなのだ?」という感じで自然と手がググってしまうというわけです…。

バーゼルのときも、テレビで見た瞬間、「バーゼル?バーゼルといえばロジェ君!しかももうすぐバーゼルで大会がある!こりゃネタになる!」とかいうかなり不純な動機で見てしまいました…。NHKさんすいません。

一度でいいから私もグランドスラムに行ってみたいなあと思います。私は全豪が一番好きなので、ぜひオーストラリアに行きたいです。場所も日本から近そう(?)だし。遅い冬休みとかいう感じでいけば、不可能でもないかと…(汗)。とりあえず来年は無理ですが、いつか必ず行きたいと思ってます。そしてそこでナダル君が優勝でもしてくれたらいいなぁ…とていうことは彼が現役でしかも強いうちに実現しなくてはなりませんのであまり悠長に構えてもいられませんが…。でもその前にAIGに来年はいけるようがんばります(笑)。

2005/10/29(土) 07:03:51 | URL | さっち #-[ 編集]
海外情報について
さっちさん,こんばんわ.

最近忙しくなって,テニス関係の情報ほとんど入手できていないです.
ヤフーとATPぐらいしか見れてないです.
そんなときにさっちさんのブログ,ほんと助かります.
毎日ATP Tennis SHOWを見ているような状態で情報に遅れなくて済みます.

さて,海外のこといろいろ書かれていましたが,自分もそういう経験あるわって思いました.
テレビで海外の情報を見ると,今まではふーん程度だったのですが,テニスの試合がある場所ってことになると目の色が変わるようになってしまいました.
バルセロナといえば,去年ロブレド,今年はナダルだなとか,グスタードといえばフェデラーでっかい笛を吹いていたな,とか全部テニス関係で海外の情報に興味を持つようになりました(やばいですね・・・).
いつもATP TENNIS SHOWで試合の紹介の前にちょっとした都市の紹介ありますよね,あれもすごく影響されました.

休みが取れたら,絶対海外でテニスの試合を見るぞ!と思うのですが,時間がなかなか取れずに実現していません.
死ぬまでには一度はウインブルドンに行きたいと思っているのですが.

これからもテニス以外の情報(リオンは日本の大阪とか)も期待しています!
ちなみに私は大阪です.

テニスのことも書きたかったのですが,また今度書かせてもらいます.
2005/10/28(金) 20:57:43 | URL | ゴラン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。