Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新チャンピオン誕生-パリ 11/6最終日
2005年11月07日 (月) | 編集 |
優勝おめでとう

奇妙な組み合わせ

Tomas Berdych, Marat Safin and Ivan Ljubicic

@Getty Images


らいよんちゃんねるらいよんちゃん♪いや~かわいいなぁあれ。あれはガオラのキャラなのか?それとも大阪の毎日放送のキャラクターなのか?4ちゃんだから毎日放送かな。あのキャラはかなりツボだ…一番ウケるのが、ヨン様らいおんちゃん。「…よんだ?」めっちゃ爆笑だ。

BNP Paribas Masters

決勝

Tomas Berdych(CZE) 6-3 6-4 3-6 4-6 6-4 ⑥Ivan Ljubicic(CRO)

あールビ負けちゃった~(T T)。ファイナルセットに持ち込んだんだけどねぇ…。2セットオールに追いついて、しかもベルディヒの膝が悪くなりだしたとこでは、「おぉこりゃマドリッドの逆パターンか!」と思ったんだけどなー…。ベルディヒ最後よくがんばりました。

やっぱウィーン、マドリッドのときと比べるとややルビも調子が落ちていたかなあ。サーブは相変わらずすごいけど、マドリッドのときのあの思い切りがいいショットが最初あんましなかったですね。ナルやナダル戦ではがんがん決まっていたリターンエースも今日はほとんどなかったし。だから1stサーブが入らないと苦しくなる。そこはコースと球種、緩急うまくつけてしのいでいた感じもしたけども。ベルディヒが緩いボールを打ちにいってミスする場面が多かったから、そのあたりも考えてたのかな。

でもやっぱり全般的にはベルディヒのほうがストロークは圧倒してましたね。速さ、切れ、コース、どれをとっても上回ってた。とくにショートクロスみたいなアングルショットの切れ味は素晴らしい。身長が高いと打点が高いから叩き込みやすいっていうのもあるのかな。

立ち上がりまだルビにエンジンがかかりきっていないとこでいきなりベルディヒが先にブレイク。やはり立ち上がりというのは難しい…。2セット目はルビも結構エンジンがかかってきて、ベルディヒを追い詰めそうな場面もいっぱいあったのだけど、最後の詰めで攻め切れなくて結局ブレイクできない。そんなこんなしてるうちに終盤になって、ちょっとサービスの調子が悪くなったところで1チャンスをまたベルディヒにもっていかれてしまいました。

でもマドリッドのことがあるし、全米のアガシみたいなこともあるから、ここから逆転もあるかも…と思っていたら、ほんとに3、4セットとっちゃった!いやはや2セットアップってめちゃくちゃ有利なはずなんだけどなあ…。3セット目くらいからルビもやっとハードヒットが決まりだして、そしてベルディヒにミスがちょっと多くなりましたね。ミスは誰でもするものだけど、ベルディヒの場合はすんごいゆる~いボールをうちにいってアウト、ネット、ていうのが多いからすごくエラーの印象が強くなってしまう。やはり緩いボールというのは自分でパワーをこめないといけない分難しいよね。

今日はどちらが勝ってもおかしくなかったし、ルビもマドリッドのときほどよくはなかったけど悪くもなかったと思う。ベルディヒもよかった。ただ、勝敗を分けたのは、大事なポイントでのサーブかなあ。ルビはエースもたくさんあったしサーブ自体はよかったけど、大事なゲームでエースがとれなかった。一方ベルディヒはルビほどエースは多くないけど、30-30みたいなやばそうなとこでエースとかいいサーブが入ってた。そこらへんの差だったような気もします。

「鍵はスタートだった」とルビは語ります。「彼はとてもいいプレーをして僕にできることがあまりなかった。チャンスがもらえなかった。相手がよすぎたね」。

ベルディヒは膝を痛めて一時は足をひきずってプレーしていたくらいだからファイナルセットの展開はちょっとびっくりだなあ。すごく痛そうだったのに。でも、怪我していることが必ずしも不利とは限らない。体に問題があるとその部分に気がむいて余計なことを考えなくなるから、かえって無心でプレーできる、ていうところはあるかもね。そして動いているうちに体がまただんだんほぐれてきて、ていうか。しかし、アンディは怪我して負けちゃったのに、ベルディヒは怪我しても勝つなんてね…。なんか切ないなあ。

切ないといえば、ルビ…あ~かえすがえすも残念だなあ。マドリッドでは2セットアップから逆転負け、そして今度は2セットダウンから追いついて最後結局負け…お客さんも最後はなんかベルディヒ応援してましたね。あれはちょっと辛い。マドリッドのときは相手が地元の選手だから当然だけど、今回はどちらもフランス人じゃないのにぃ~。やっぱ若くてかわいいベルディヒに肩入れしたくなるのかなあ。ルビちょっと強面だしなあ。なんか完全にヒール役になってしまっている…笑顔はルビもかわいいんですよ(^^)。

まあでも、ルビにはマスターズカップという舞台があるし、なんといってもデビスカップ決勝という大きな舞台も待っている。TMCとデ杯決勝両方に出るのは今年はルビだけなんだから。チェコはデ杯プレーオフも負けちゃったしね。幸運がうまく振り分けられたというとこなのか。しかしベルディヒ接戦にほんと強い!5セットでファイナルに行ったら最近全部勝ってるね。よっぽど精神力が強いと以前書いたけども、コーチも「彼は大事な場面で決してナーバスになったりしない。とても重要なことだよ。すぐにトップ10に入るだろうね」。ナダル君もシンシナティで負けた後「彼はきっとトップ10に入るようになる」と言っていたし。だからこの結果にも王者もナダル君も驚いてはいないでしょう。

う~む…やばい…こりゃほんとうに相当強くなりそうだなあ。もう要注意人物じゃなくて危険人物って言ったほうがいいかも(笑)。ルビも「彼を語るには危険という言葉が一番ぴったりだ。何をやってくるかわからない。すべてのことができるから」と評しているし。しかし、最後も怪我をかかえながら本当によくがんばりました。勝った瞬間コートに倒れこんで本当に嬉しそうでしたね。トロフィーを掲げる姿がなんだか少々ぎこちなくてそれも初々しくてかわいかった。そのうち慣れるよ。これで気持ちよ~く休みに入れますね。優勝おめでとう!

「一番いいシーズンの終わり方ができたよ」そう静かに語るベルディヒくんは、コートの中でも物静か。若いしまあときどき表情を変えるけれども比較的淡々とプレーするタイプの選手ですよね。ガールフレンドはWTAの同じチェコのLucie Safarovaという人だそうです。コーチ曰く「彼は静かな人間だよ。お祭り騒ぎが好きな男じゃない。彼は本当にテニスに集中しているし、ルーシーの存在もその助けになっているよ」。…なぁんかやな言い方だなあ(笑)。まあ淡々とプレーするのとアクションが激しいのは選手の個性というか、人それぞれであるので特にいい悪いはないと思いますが。実は私も基本的には試合中に表情があまり変わらず静かな人が好きだったりする(もちろん例外はあるが^^)。闘志を内に秘めている感じが、なんかいいんだよね。その典型だったのがサンプラスなんだけど。ルビも結構その部類に入るよね。

そしてそして表彰式、出た~サフィン!その髪型は…グーガ2世?くるくるパーマがますますくるくるになってさらにバージョンアップしている…サフィンは短髪のほうがかっこいいのになぁ。第一あんなに伸ばしてたらうざくてプレーしづらいだろうに。あ、今はプレーしないからいいのか…。来年までに切っておくように!今回は表彰式が放送されてよかった。試合が長引いて、あ~またカットされるのか~と気が気じゃなかったぞ。


というわけで、今年もツアーはTMCを除いてすべて終了。選手のみなさんお疲れさまでした。TMCとデ杯決勝に出る人以外は、待ちに待った(?)オフ突入ですねー。みんな何して遊ぶのかな?旅行…は普段してるけどやっぱり旅行とかいくのかなあ。家族サービスも大切ですよ。濡れ落ち葉にならないように。若者はやっぱり元気に遊ぶのだろうか。この際だからはめはずして思いっきりやるがよいよい。んでおもしろい話題を誰か提供してくれ。おじちゃん軍団はたっぷり休養して今年の疲れをとっておくれ。

結局第1シードは決勝進出して26勝0敗という記録を作りましたねー。それから、ツアータイトルは王者ロジェ君とナダル君が11ずつ。すごいな…しかもAMS4つづつとりあってるっていうのがすごい…そしてそのロジェ君とナダル君に2年かけて1回ずつ勝ったベルディヒが3人目のAMSチャンピオン、か…やはりこのシナリオが現実になったか。世の中うまくできているものだ…。
あとはTMCとデ杯決勝を残すのみとなりました。ルビはその両方に出るんだから、すごいこと。今回もまた決勝で負けてしまいましたが、再起のチャンスはまだまだ残されています。これからもめげずにがんばっておくれ!栄冠はきっといつか君に輝くよ。

関連記事
Berdych upsets Ljubicic in thrilling Paris final(Reuters.co.uk)
Berdych enhances reputation as giant killer(Reuters.co.uk)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
>mayさん

や~サフィンはいつも楽しませてくれますねえ。プレーしてなくても存在感はバッチリ。
ベルディヒは本当にかわいらしい女の子みたいなお顔。女装させてみたい~。あの顔であの豪快なショットっていうのも意外性があって魅力ありますね。これからもっと人気でてくるでしょうねー。まだ20才だからこれからどんどん進化してもっと強くなるかと思うと、末恐ろしいです…。

らいよんちゃんは私相当はまってしまいました。大阪の人いいな~。

>ゴランさん

らいよんちゃんいいですねー。さすが関西!という感じです。あの顔の表情がたまりません。

ベルディヒ、私の中ではジェームス君と並ぶ「危険人物」になってます(笑)。ふつうは格下で若手だし、決勝進出で健闘しつつ敗退、という予想になると思うのですが、そこを勝って優勝してしまうというあたり、ちょっと大物の香りが確かにしますね…。

ルビチッチは本当に残念だけど、彼の場合はマスターズカップにデビスカップとまだまだ舞台はたくさん用意されているし、そこでまたがんばってくれることを期待しています。しかしデ杯はイバニセビッチがダブルス出るとなると、どういう布陣でいくんでしょうかねー。それも今からすごく楽しみです。

>よしぶーさん

私はサファロバのことは知りませんでした(汗)。あっちの人は○○バ、ていう人がやけに多くてもう覚えきれない…。WTAのサイトで見ましたがとてもかわいいですね。ベルディヒ君も隅に置けませんなぁ~。今年はフォレストヒル以外にもクレーのエストリルでも優勝してますね。ん~まさにお互いに励ましあいながらがんばってる、て感じですね~いいですねぇ~。恋人が女優やモデルとかじゃなく自国のテニス選手っていうのが素朴でまたベルディヒらしいですね。

最近テニス選手同士の恋愛って増えましたね。やっぱレイトン&キムの影響は大きいのかなー。しかしお互い全く別々にツアーがあるわけで、すれ違いになりやすくてなにかと大変でしょうね。ミルカやハークルロード(←今は復帰してるけど)みたいにどちらかがキャリアを犠牲にしないと長く続くのは難しいかもしれませんね…でもサファロバまだ18才だし、ランキングもぐんぐん上がってきてるし、個人的にはあっさりやめたりしないでがんばって欲しいなあと思います。
2005/11/07(月) 19:43:02 | URL | さっち #-[ 編集]
あ、今サファロヴァ情報を確認したら、前哨戦優勝していました(笑)
うろ覚えで書くものじゃなかったです(反省)
2005/11/07(月) 16:15:32 | URL | よしぶー #-[ 編集]
さすがさっちさん、特ダネ情報ありがとうございます。
ベルディッチとサファロヴァですか・・・うっしっし。
サフォロヴァといえば、USOの前哨戦でFまでいきミルザと戦って注目浴びた選手ですね。
フルセットで敗れてしまったんですけど・・。
で、USOで1回戦ディメンティエヴァとやって負けたけど、「この選手いい選手だなー」としかと心に刻まれたので覚えています。
そうなんだ・・・なんだかお互いはげましあっているのかーいいなー。

まさか、ミルカとフェデラーのように、ベルディッチがビッグになるにつれサファロヴァがサポート役に回るなんてことは・・・・と考えるのは早すぎますね。(笑)

2005/11/07(月) 16:11:13 | URL | よしぶー #-[ 編集]
ライオンチャンネル,ライドオンタイム
ライオンチャンネル,あれ近畿以外の人は分からないんですよね(笑)
関西ではしつこいくらい放送されているので,当たり前に思ってしまっていました.
「ライオンチャンネル,ライドオンタイム」と繰り返し放送されているうちに,自分も口ずさむようになってしまいました.
今年から放送されていますね.

ベルディヒですが,末恐ろしさを感じてしまったのは自分だけでしょうか.
来年,彼が大きなステージに一気に出て行く雰囲気がすごくあります.
この感覚は2003年のTMCで,フェデラーがアガシに勝ったときと似ています.
あの試合に勝利した後,数字上のナンバーワンはロディックであったにも関わらず,来年は彼の時代になるだろうなという感覚がありました.

ステパネックの試合と全く違い,強打でエースを連発する試合振りに,器の大きさを感じてしましました.
(フェデラーのアガシ戦でもストロークでアガシを圧倒していた点に驚きました)
本当に危険な存在ですね.

ルビチッチは本当に切ないですね.
5セット負けはやはりつらいでしょう・・・
でも,今年はTMCの決勝はいい試合をたくさん見れたと思っています.
コリアとルビチッチには勝手に助演男優賞を贈りたいです(笑)
デビスカップではきっといいことありますよ(笑)

2005/11/07(月) 10:10:48 | URL | ゴラン #-[ 編集]
imperial tennis☆
きたきたきたーマラトー!!なんじゃありゃあ!!(<頭)爆笑。

いい試合でしたね!感動しました~☆リュビが最近ずっと維持していた鋼鉄のパーフェクトプレイを引き出せなかったのは残念でしたが、ベルディヒ鮮やかですねーあのアングルショットはため息出ます~。久々に目を奪われるプレイスタイルっていうか・・オネエチャン顔なのに凄い(笑。しかしマラトはヘアが以下省略。
ベルディヒは今まで強さの中に不安定なイメージがありましたが、もうもう、いっちゃいますかね!来期が楽しみですね☆リュビ共に期待します。(リュビの笑顔はほんま素敵です)

らいよんチャンネル、あれ、気になってました!眠くなったときあれで目が覚めてましたよぉ~。
2005/11/07(月) 08:51:08 | URL | may #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
フェデラー、昨日上海についたそうで・・・。NO1のフェデラー、上海に着いたのもNO1・・・というニュース(笑)とりあえず練習もハードにしているそうなので、楽しみ楽しみ。******************************ベルディッチ、エントリー..
2005/11/08(火) 07:19:59 | よしぶ2002のカリフォルニア道
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。