Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Tennis Masters Cup 2005 展望その2
2005年11月12日 (土) | 編集 |
これは誰でしょう?

@sports.sina.com




中国のサイトでおもしろい写真を見つけた。TMSに出場する8人の選手に中国服を着せたフィギュアを作ってんの。そのフィギュアというのはこちら。これ…うぷぷ…似てねーよ(笑)。デフォルメしすぎ~。しかも漢字表記だけだから、誰なのかが正確にわからないというのがミソ。ん~まあでもロジェ君とアガシはそれなりにはわかりますな…ナダル君のこれ…上の右端だけど…老けすぎじゃ!こんなおじちゃんじゃないぞ!19才じゃ!しかも顔が真っ青だし。でも30歳くらいになったらこんな顔になったりして。んで、あとは…下の左端はコリアかなあ…。んで下の右から2番目がルビかな…そういやアガシの人形はルビでもいけそうだな…その右がガストン君か…?ナルとニコちゃんは?ん~上の右から2番目がニコちゃん?それともひょっとして出場予定だったアンディかなあ。ということは、下の左から2番目がナル??それともサフィン?レイトン?どっちにしても全然似てねー!

追記:リンク先の写真を拡大してみたら、下のほうにちゃんと英語で名前が書いてあった。ルビと思っていた写真は違う人だった(上の写真)…やっぱし似てねーよ…まあ髪型は似ているが…。

というわけで、さきほどに引き続いてTMC展望その2。今度はGold Gruopです。例によってまたかなり長くなってます。一応各選手とも今年の総括をかねてるから、さらに長くなっている。特にナダル君のとこはか~な~り~すごいことになっているので、読む前にトイレを済ませておいたほうがよいかもしれませぬ。ページが重くて開きにくかったら、すいません…。
Gold Group

ラファエル・ナダル(スペイン)

今年はナダル君にとって本当に大きな一年になりましたね。「飛躍の年」なんていう言葉が野暮に聞こえてしまう。あんまり内容が濃すぎて何から書いていいのかわからんが…。

そんな一年の戦い、やはり節目となる場面はいくつかありました。最初は、レイトンとの全豪4回戦。地元で優勝候補のレイトンに対して互角以上の戦い、ほとんど勝ったも同然でした。試合は惜しくも敗れてしまったけど、あれでたしかな手ごたえをつかんだのは間違いない。そして2番目は、今年の最初に優勝したブラジルの大会、あれがすごく大きかった。気象条件が悪く、ダブルヘッダーもあり、厳しい試合もあって、本当にきつかったと語っていました。あそこで苦しみながら優勝できたことから勢いがついて翌週のアカプルコでも見事優勝。手ごわい相手と思われたカニャスにもストレート勝ちして、決勝戦も圧勝でした。アカプルコはIS ゴールドの大会だったから、「この大きな大会でナダル君優勝できたらいいなぁ…」なんて思っていたのが、なんだか遠い昔のようです。

あれがナダル君の今年のハイライトかと思ってたが、それは序章にすぎなかった…その次はマイアミ。あの決勝戦ね!まルビに勝った時点で私には相当驚きだったんだけど、あの決勝戦がまたね~よくがんばったよね。なんつっても相手が王者ロジェ君だもの。去年王者を破っているということもあり注目されましたが、試合は王者に最後うっちゃられてしまいました。しかしあのマイアミの活躍が、他の人が彼を見る目を、そしてナダル君自身を大きく変えましたね。

それから得意の土に戻ってからはもう言わずとしれた大活躍。モンテカルロ、ローマで優勝、ローマの決勝はほんとにいい思い出だよ(笑)。も~相当疲れた…あの試合を最初から最後まで全部通して見た私は自分自身を誉めてやりたいよ(笑)。そして!なんつってもローランギャロスの優勝!ロジェ君に勝って優勝したわけだから、正真正銘のチャンピオンです。初出場ながら優勝候補大本命ということでプレッシャーは相当大きかったと思いますが、本当によくがんばりました。

さすがにRGで疲れ果ててその後はやや失速したかに見えましたが、グラスで早く負けて休養できたのがよかったのか、夏のクレーシーズンも全勝、クレー連勝記録も注目され始めました。

それからまたまた大きな節目が。AMSモントリオール、ハードコートでどう戦うのか注目されましたが、これまた優勝しちゃったもんなあ。しかも決勝で破った相手がアガシっていうのがまた…なんかこういうめぐり合わせにナダル君はよくなるね。しかしやっぱりこのへんから徐々に今年頑張りすぎてきたツケが出始めることになる。

全米オープンでは3回戦でつわものジェームス君に敗れてしまいましたね。あれで勢いが止まるかと思ったのに、その後同じハードコートの中国でまた優勝しちゃう。すんごいなまったく。でもやっぱり、終盤になって怪我に悩まされるようになります。しかし最後のAMSマドリッド、これは地元の力と精神力で厳しい戦いを乗り切りました。

いやーすごい一年だったな。結局、89試合やって77勝12敗、勝率は88%。王者ロジェ君には及ばないけど、すばらしい成績です。しかもほんとたくさん試合したよね…がんばったかいあって、勝ち星もロジェ君を抜いて1位になりました。来年は、勝率でもロジェ君を追い越せるといいね。タイトル数は11でロジェ君と一緒です。

そんなナダル君ですが、髪を切りましたね!なんだか雰囲気がずいぶん変わったな…女性が髪を切るとすごく変わるけど、男性も変わるもんだなあ。しかもなんだか急に顔つきが大人っぽくなっちゃって。「少年」という言葉はもう似合わないかなあ。なんだかそれも寂しいなあ。プロフィールにある写真は今年のブラジルのときのやつでちょっと髪が短めのやつ。試合のときはこういう感じになるのかな。爪を噛んでる仕草がかわいいね♪この頃はまだあどけなさが残ってるけど、それはもうかなり少なくなっているに違いない…。

あと最近話題になってるのが、トニおじさんが語ったという例の話(笑)。んもうガールフレンドの話でどこももちきりです。中国の報道っていうのがかなり信憑性怪しいんだけども(笑)。実際あれが本当だとすれば、何故トニおじさんは今語るのだ?という気もせんでもないけど、きっと、あまりにも女っ気がないナダル君に対して、「ほんとはゲイじゃないのか?」というあほみたいな噂が飛び交っていたし、彼に言い寄ってくる女性もたくさんいただろうから、そういうことに釘を刺したかったんでしょう。

しかしロマンのある話よねぇ~。表舞台でスポットライトを浴びてみんなの注目の的になっているトップスターのナダル君、そしてそれを遠い故郷の島でひそかに見守るパートナー…誰も彼女の存在には気づいていない…でも彼の心の底にはいつも彼女の存在がある…遠く離れていても二人は強い絆で結ばれているのである…キャー~(><)興奮してしまうなあ。ていうか想像しすぎ。秘密にしてるっていうのがミソやね。秘密にしてあると余計に知りたくなるし、想像がたくましくなってしまうものである。なんかねー、アリシアの「Diary」そのまんまの展開なんだもの。しかもフューチャリングアーティストがトニーだし(笑)。これ以上ないはまり具合だ(笑)。きっとナダル君の彼女はこの歌を口ずさんでいるに違いない。…どうかな…スペイン人じゃやっぱ知らないかな…知らぬとは言わせぬ!こんな有名な歌なのに!ほんとにいい歌です。ご存知なかった人はこの機会にぜひ。特に秘密の恋をしている人はね…ふふふ…。これをどこかで引用したいとずっと思っていたが、なかなかその状況に恵まれなかった。しかしここにきて格好の獲物がやってきた(笑)。あ~この歌をナダル君に聴かせたいぞ!

あ。いかん。肝心のこの大会について書いてなかった…(汗)えーと。とりあえず膝のこともあるし超高速サーフェスってことで、それなりに頑張ってくれればよい。もちろん一番応援しているのは間違いないし勝ってくれれば嬉しいけども。それより膝が悪くならないように。それが一番かな。今年ちゃんとその膝を治して、来年がんばっておくれ。今年こんなにポイント稼いだんだから、来年は大変だよ~。私はもう全豪オープンしか頭にない…。

アンドレ・アガシ(アメリカ)

はー。やっぱりナダル君を書きすぎてしまった…これを全部読む人なんているのだろうか…まあ自分の記録として書いている部分も大きいので。

お次は!おん年35歳、長老アガシの登場です。私はアガシは去年あと1つで出場できなかったから、今年はぜひ出場してほしいとずっと思っていた。だからとっても嬉しいよ。やっぱアガシがいると華やかだもんね~。欠場者が多いけど、アガシがいるということで救われた気分になれる。

みんな怪我で大変そうだけど、アガシの大変さを考えればそんな文句は言えないよ。だってステロイド打ってまでがんばっているんだもん。年をとると、回復も遅くなるし、体力だって昔みたいにはない。そんな中今年もちゃんとこうやって結果を出している。アガシの今年の戦績は、49試合やって38勝11敗、勝率は77%とかなり高い。体力が許される範囲内の限られた大会と試合数でこれだけの結果を出しているアガシ、すばらしいです。他の人もアガシのスケジュール調整を見習ったらいいんじゃないのか?今年の省エネ大賞は、アガシかレイトンといえるでしょうね。(レイトンのはさらに試合数が少なくて(46試合)勝率も80%とこれまたすごい)

素晴らしい成績を出したアガシだけども、それは苦痛と忍耐の裏返しでもありました。ローランギャロスで1回戦敗退してウィンブルドンも欠場したときは、「こ、このまままさか…」という危惧もありましたが、その後地元に戻ってきて、得意のハードコートで優勝(ロサンゼルス)。そしてなんといっても全米オープンね!あれも2回戦以降は厳しい試合ばかりでした。カルロビッチ戦では本当にアガシの素晴らしさを再確認したし、サビエル(マリーセ)戦もかなり危なかった。しかし危なかったといえば!ジェームス君との準々決勝、あれはも~ほんとに負けると思ったが、あそこから逆転しちゃうなんてねー!しかも最後はファイナルタイブレ…終了間際の見事なリターンエース、あれが全てを物語っていた。

私は全米のときはアガシはそれほど活躍できないだろうと思っていた。しかし結果は全く逆になりました(笑)すいません…まこんな奴の言うことですから。アガシはどこまで頑張り続けるのだろう…応援したい気もいっぱいあるけど、いつまた苦難がアガシを襲うかと思うとなんだか恐い。しかしこの大会はアガシに注目している。もしアンディやサフィンやレイトンも出てロジェ君が絶好調であればアガシ厳しかっただろうけど、今大会はそこまでレベルが高くなさそうだし…(すいません)あの全米以降アガシ全く試合してないからやはり実戦不足っていう不安はあるけど、もともと速いサーフェスは得意なはず。アガシも結構いけるんじゃないかなと思っているのだけど。

ニコライ・ダビデンコ(ロシア)

最後の最後まで出場争いをしてて最後のほうはかなり注目されていたニコちゃんですが、7位終了ということで、こちらもうれしい初出場。今年の戦績は、82試合やって53勝29敗。勝率は64%です。ナダル君についで一番多く試合こなしてますね。

今年始めはほとんど注目してなかったけど、全豪でもベスト8まで進んだんだよね、ニコちゃん。そこでは体調が悪くなってしまって無念のリタイアだった。そして序盤のインディアンウェルズとマイアミでも思うような結果が出ず苦しんでいたニコちゃんですが、クレーシーズンに入るにあたり、ラケットとガットを変えました。テニス選手にとって命綱の道具を変更するというのは勇気がいるものだと思うけど、それがニコちゃんを大きく飛躍させましたね!バルセロナ、AMSハンブルグと大きな大会でベスト4進出、そしてローランギャロス直前のセンクト・ポールテンで見事優勝。そしてその勢いそのままにローランギャロスでも大活躍。このへんはインドアのルビを彷彿させる感じでした。去年のファイナリストのコリアの優勝の夢を打ち砕いて(涙)こちらもベスト4というとこまでのぼり詰めました。準決勝も、負けましたが素晴らしい熱戦をみせてくれました。

シーズン中盤からは第1シードなど大きなシードが付き始めて結果も期待されていきますが、なかなか優勝できませんでした。早いラウンドであっさり負けちゃったりしてたことも結構あったっけ。やはりクレーっていうのは過酷だしね…しかし春のクレーシーズンの貯金も効いて、見事今回TMC出場を決めました。

それからニコちゃんに関しては、ロシアNo.1になったというのも大きな出来事。もちろんサフィンが怪我でポイントを失ったから、ていう部分はあるけど、それでもニコちゃんもがんばりました。デ杯でもサフィンの穴を埋める大活躍。ロシアNo1の名に恥じないプレーを見せてくれました。

プレーとしては、ストロークが得意で早い展開での攻めがうまいという印象がある。あんまりニコちゃんの試合テレビで放送されないからよくわかんないんだけど、ショットの切れはなかなかです。今回ナダル君と初対戦ということで、そこらへんが注目です。

あとニコちゃんていえば、ガールフレンドとのアツアツぶりが私的にはやっぱインパクト強かったなぁ…。あんなにおくてで女の子の話さえしない、彼女の存在さえ秘密にしているナダル君とは対照的に、公衆の面前でブチュ~てやってるニコちゃんを見たときは正直ちょっとひいたよ…(汗)。ニコちゃんの新たな一面がみれてよかったです(笑)。別に恋人がいるというのは恥ずかしいことでもなんでもない。ナダル君もああいう風にやったらいいのに。絶対せんだろうな(笑)。

ガストン・ガウディオ(アルゼンチン)

最後の1人の紹介です!はー長かったな…最後は、ガストン君ですねー。去年に続いて2年連続出場です。去年のローランギャロスチャンピオン、という最高の肩書きを持っているガストン君、今年はやはりクレーでは大活躍。やはり去年のフレンチ優勝というのは彼を大きく変えました。序盤、全豪直後のチリと地元のブエノスアイレスで2週連続優勝。そのあとは体調をくずしてしまいやや心配されましたが、ハードのマイアミでは、3回戦で敗れはしましたが、アガシに対していい戦いをしてました。

しかしガストン君としてはクレーの大きな大会であまり結果を出せなかったのが痛い。クレーのAMS3つとも出場しましたがいずれもあまり満足のいく結果ではありませんでした。ローランギャロスはディフェンディングチャンピオンというプレッシャーはあったかどうかわかんないけど、ベスト16で惜しくもフルセットで逆転負けしてしまいました。

しかしその後がすごかったね。夏のクレーシーズンは、グスタード、シュトゥットガルト、キッツビュールと3大会連続決勝進出、そのうち2つで優勝。負けたのは現クレーキングのナダル君相手のシュトゥットガルト決勝だけだから、やはり彼がクレーNo.2と言えるんじゃないかな。他の選手相手にはクレーでは負けないという自信はたっぷりあるでしょう。

結構ハードでもがんばってるんだよね。モントリオールでもベスト8。しかしことごとくアガシに阻まれてしまう…パリでもベルディヒにやられてしまいました。ガストン君としては、終盤がインドアだったっていうのがちょっときつかったね。でも、大きな怪我もなくほぼコンスタントに一年通して活躍しました。くりあげ出場だけど、文句なしの出場でしょう。クレーコートスペシャリストの意地をこのハードでみせられるかな。

やっぱね~ガストン君といえばあの美しいバックハンド!私はシングルバックハンドをする選手がとても好きである。最近は男子でも両手バックが増えちゃって、ちょっと寂しい。どう考えても片手で打つほうが、絵になる。(まあそんなことでプレースタイルを選ぶ人はいないだろうが…)あのフォームがね~、かぁっこいいじゃ~ん。ロジェ君などもシングルバックだけど、バックハンドの芸術性、完成度の高さ、美しさといえばやはりガストン君が一番でしょう。片手で打って、頭をくぃっとかたむけるフォロースルーの仕草は、たまらん…。だから、エナンとかモレスモがすきなのさ。

ガストン君としても、コリアやナダル君同様この速いサーフェスはやりにくいかもしれないね。だいたいさー、なんでTMCっていつもハードコートなのじゃ?去年のガストン君みててもほんとかわいそうだった。あれがクレーだったら少なくともレイトンかモヤちんには勝っていたと思うぞ…しかも今年こんなにクレー好きが揃ってこの高速サーフェスでやることになるなんて、なんだか皮肉な話じゃ。ましかしそんなことを愚痴っても仕方が無い。みんなあまりこのコート好きじゃないみたいだけど、条件一緒だし、がんばるしかないよね。ガストン君は去年3敗だったから、今年はなんとしても1勝はしたいとこだね!あ、でもナダル君にはだめよ。勝つなら、アガシかニコちゃん相手に勝ってください。

あ~疲れた…ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。明日に備えて今日は早く寝るとするか…。

”Lay your head on my pillow, Here you can be yourself, No one has to know what you are feelin', No one but me and you,
I won't tell, your secrets, Your secrets are safe with me, I will keep your secrets, Just think of me as the pages in your diary,
I feel such a connection, even when you're far away, Oooh baby if there is anything that you fear, Call 489 4608 and I'll be there,

Only we know what is talked about, baby boy, I don't know how you can be driving me crazy, And baby you're in town, Why don't you come around boy, I'll be the loyalty you need, You can trust me boy…

(私という枕に頭をうずめてみて ここでは自分らしくなれるでしょ 私はあなたの本心を知れるというだけで幸せ 誰も知らない、私とあなただけの秘密
あなたの秘密は誰にも言ったりしないわ 私は口が堅いのよ あなたの秘密は私の心にしまっておく 私を日記の1ページだと思ってくれればいいのよ
あなたとの強い絆を感じるわ たとえあなたが遠くにいても ベイビー、何か不安に感じることがあったら 489-4608に電話して、私が話しを聞いてあげるわ
話した内容は私達しか知らないわ どうしてあなたにこんなに夢中になっちゃうのかしら この島に戻ってきたら 会いに来てよ 私とだったらあなたは安心できるはず 私を信じて…) ”

-♪Alicia Keys feat. Tony!Toni!Tone!)「Diary」
(この曲を聴く
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
語りすぎた…
>mayさん

すいませんねぇ長々と…もっと短くまとめようといつも努力してるのですが、なかなかうまくいかない…。読んでくださってありがとうございます。

ナダル君のあの話は中国プレスのフィクションという可能性も十分ありますので…噂というのはおひれがつくととんでもない方向へいくものですし。やっぱ証拠を見せてもらわないと信用できませんよねぇ~(笑)。しかしそういう謎めいたところもまたラファの魅力ですよね☆

いよいよあと3時間に迫ってきた~!(笑)昨日はセレモニーも行われていたようですが。今年最後だから、思い切り楽しみましょうね~♪
2005/11/13(日) 10:13:08 | URL | さっち #-[ 編集]
読む人いるの?なんて、、当然全部読んでます☆
も~~さっちさん、好きですっ!(?)
こんなに熱く愛を持って語って下さって、読む方としては幸せですょ☆

いよいよ明日から!!楽しみで仕方ありません~♪ロジャーの足、よくなってますように!アガシの背中、保ちますように!ガストンのテンション、上がってますように!ラファの彼女、夢でありますように!ってのは嘘です。
祈りつつ、寝ます~おやすみなさいっ☆
2005/11/12(土) 23:38:11 | URL | may #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。