Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリスマスソング特集-洋楽編その2-
2005年11月26日 (土) | 編集 |
クリスマスソング特集第2弾は、オリジナルソング集です。昔から歌い継がれてきた名曲のみならず、アーティストたちそれぞれが作ったオリジナルのクリスマスソングでも、素晴らしいものはたくさんあります。あまりにも人気が出て半ば定番化しているやつもあるよねー。こういうオリジナルのやつは、シングル化されてるのもあり、PVなど作られてるのもあるからフルで聴けるのも結構あります。

My Gift To You/Alexandar O'neal

とにかくすんばらしい。これは彼のクリスマスアルバム「My Gift To You」からのタイトルチューンですが、このアルバムがね、んもうたまらんごつよかとですたい。(なぜいきなり博多弁)一番好きなクリスマスアルバムは何かと聞かれたら、まずこれを挙げる。とにかくこれ聴いてると、ほんとにクリスマス気分になれますよ。この曲ねー、イントロのメロディーからもういきなりクリスマスモード全開。んでロマンチックなメロディーにアレックスのナイーブなお声もはまるとやめられない。

んでこのアルバムに入ってる他の曲も全部いい!「Our First Christmas」もオリジナルだけど、これもキャリン・ホワイトのバックコーラスがんも~ムード満点ですわ。あと「Remenber when」の荘厳な感じもいいですなあ。アレックスの声は細め。声質としてはキース・スウェットみたいなタイプかな。んでそれを包むぶ厚いボリューム感たっぷりのアレンジはまさにジャム&ルイスって感じですなあ。
とにかくんもうこのアルバム最高に好きなのさ~。しかし残念ながら廃盤になってしまったという記事をどこかで見た。…こんなすばらしいものがなぜ廃盤になどなるのじゃ!世の中間違っておる!…おっと興奮してしまった…。(アマゾンの記事に2002年にリマスターされたとあるので再販されたのかな)しかし、店頭にはあまり置いてないでしょう。こういうときネットショッピングって便利やね。AmazonやHMVで通販で買えます。ちょこっとだけ試聴もできますよ。(Amazon試聴


Christmas Time Again/Ashanti

続いても超おすすめの一品。アシャンティかぁいいなあ。もう大好きです。甘い声も素敵だし風貌がねー、美人さんなんだけどそれに加えてかわいい!ていうか。嫌みが全くないかわいさがありますね。こういう女性になりたかった…(過去形)。私が男ならもうハートをわしづかみにされておるところである。このジャケットもステキ☆

そんなアシャンティが出しているクリスマスアルバムからの1曲。これはオリジナルだと思いますが、そのほかにも昨日書いた定番ソングもたくさん歌ってます。ささやくように歌うのがまたたまらん…「This Christmas」とか、最初は抑えぎみに歌ってるのが途中から声を張りあげて一気に盛り上がるところなんかは流石ですなあ。この「Christmas Time Again」と「The Christmas Song」と「Hey Santa」がメドレーになったやつがMTVでPVフル試聴できますので、ぜひごらんになってみてください。きっとあなたもアシャンティの魅力にとりつかれてしまうことでしょう…。

Merry Christmas, Happy Holiday/*nsync

最近はもっぱらジャスティンのソロ活動しか目にしないけども、このインシンクもクリスマスアルバムだしてます。これもなかなかいいですよ。特にこのアルバムの4曲目に入ってるこれは、とても好き。ポップでキャッチーで、彼ららしい明るいナンバーですね~。この曲も含めてアルバム全曲、インシンクのオフィシャルサイトで聞けるので、ぜひ聴いてみてください。(ここから→上のメニューでMultimedia→Audio Jukebox→ジャケットの上のポップアップのうち上のほうのやつのアルバム選択で「Home for Christmas」を選択)



このほか続きにもいろいろとご紹介。

8 days of Christmas/Destiny's Child

うわ…若いな3人とも…。2001年リリースか…解散ベストアルバムが大ヒット中のデスチャですが、彼女らもクリスマスアルバムだしてます。その中からオリジナルのこの1曲。PVも作られてるからシングルになったんだっけ。そういやエミネムの「Just Lose It」のPVででてくるあの場面は、この曲のPVをパロったやつなのかなあ。(Amazon)


Last Christmas/Darren Hayes(of savage garden)

これはごぞんじワムのオリジナルだけども、あまりに定番化しすぎてもういろんな人が歌ってますね~。あの2人はこの曲だけで一生遊んで暮らせるんじゃないだろうか…。まそんなことはともかく、この名曲をカバーしているものの中で私が好きなのは、ダレンのバージョン。Savage Gardenはオーストラリア出身の2人組グループ。アメリカでもかなり人気でましたが、アルバム2枚だして解散しちゃいましたね…。今はダレンがソロでやってます。いやダレンの声ステキだわ…この人も結構タイプなのよね…ふふふ…もちろん!声が好きなんだけど…ルックスも好みだわ…。切ない歌いっぷりが、たまりませんわ~。はっきり言うと、私ゃワムよりこっちが好き。コンピレーションアルバム「A Rosie Christmas」に入っております。ちょこ~っとだけ試聴可。(Amazon試聴)


Christmas Time/Backstreet Boys

最近長い休養の後復活アルバムを出したBSB、彼らは…クリスマスアルバムっていうのは出してないように思うけども、しかしいい~クリスマスソングを歌ってますよ。それがこれ。いろんなオムニバスのクリスマスアルバムによく入ってます。この「Platinum Christmas」の他にも、昨日ご紹介した「superstar christmas」にも入っている。バラードが好きな彼ららしいやさしいメロディーの歌になっている。特にサビと終わりの部分がいいね。しかしBSBほんとに最近バラードばっかり歌うよなあ。「♪エ~ビバ~ディ~(everybody)」みたいな元気の出るやつが好きなんだけどなあ。 (Amazon試聴)


My Christmas List/Simple Plan

今度は元気なやつを。これはシンプルプランのデビューアルバム「No Pads No Helmets Just Balls」の最後にシークレット・トラックとして入ってる。クリスマスと全く関係ないところにこそ~と入ってるのが、いいよね。んでこの曲がまたなかなかいい。Blink182やGood Sharotteみたいな系統かな。楽曲の良さでは彼らが一番好きかも。聞きやすいロックって感じです。(Amazon)


My Grown-up Christmas List/Natalie Cole

どーしても「ナット・キング・コールの娘」という枕詞が先にたってしまうというのは切ないが仕方のないことである。しかし彼女はそれをそのことから決して逃げずに受け止めた上で自分なりの世界を追求していっているように思う。彼女もクリスマスアルバム「Magic of Christmas」だしてます。これはロンドン交響楽団をバックに使っているというたいへん贅沢な(笑)布陣。しかしナタリーの声はその壮大な演奏に本当によくマッチしているよなあ。その中の1曲。これはデビッド・フォスター作の美しいバラードです。ほかの人も歌ってるからこれは定番ソングなのかな。あと、このアルバムには最新技術を駆使してお父さんと冥土を越えてデュエットしている「The Christmas Song」もある。ナットキングコールのと聴き比べてみるのもおもしろいかもね。(Amazon試聴


Give Love on Christmas Day/SWV

かつてはTLCと肩を並べるほどの人気を博していたSWVですが、もう解散して何年になるっけ…かなり経ちましたね。でも彼女らの残した曲は今でも愛されつづけてます。そのSWVが出したクリスマスアルバムからの1曲。これはオリジナルじゃないかな…よくわからんが。バラードナンバーだけどとってもききやすい。やっぱコーラスワークは聴いてて心地いいね。(Amazon試聴)


Sleigh Ride/TLC

んで今度はそのTLC。SWVがわりと正統派コーラスグループとしたら、TLCはヒップホップ色が強い感じですね。どっちかというとTLCのほうがカリスマ性はあったかな。レフトアイが亡くなってしまったのは本当に残念です。私TLCの何が好きかって、あのレフトアイのラップが一番好きだったのだ。もう彼らが復活することは永遠にない…かなしいよぅ。そんなTLCのクリスマスソング、これはR&Bファンの間ではもうおなじみですね。「そりすべり」という邦題がついているけども。これもさっきBSBのとこで紹介した「Platinum Christmas」に入っている。やっぱレフトアイのラップのとこが一番好きだな。もちろんT-BozとChilliも好きだけどね。(Amazon試聴)


Baby, It's Cold Outside/Jessica Simpson with Nick Lachey

去年でたジェシカのクリスマスアルバム。なんか勢いに任せて買ってしまった…。その中で一番好きなのが、この曲。夫婦ネタでだいぶ売り込んでいたジェシカですが、最近このニックと離婚することになったそうです。ありゃりゃ。これを出した当時は一番ラブラブだった時期なのかなあ。CDはコンピュータと違って削除はできないしね…。別れただんなとのこういうデュエットも永遠に市場に残ることになってしまう。までも、ニックとの結婚はジェシカにとって決して無駄ではなかったはず。人生のいい経験として、思い出として必ずや貴重なものになることでしょう。そしてこれを乗り越えてさらに強くたくましい女性に成長していってくれるでしょう。

なんか話がへんな方向へ…。ん~別にあてつけてるわけじゃないんだが、やっぱこのアルバムの中ではこの曲が一番好きなんだよなあ。(Amazon試聴


Christmas Time/Christina Aguilera

んでお次は幸せな人のお話。アギレラちゃん、3年前から付き合っていたジョーダン・ブラッドマンとつい最近結婚いたしました。おめでとう~。今ごろラブラブ気分いっぱいだよね。なんかジェシカの離婚とタイミングが合いすぎだぞ…。そんな彼女もクリスマスアルバムを出してます。そしてこの中に入ってるこちらの曲。BSBのとは同名異曲です。これをライブで歌ってる姿がMTVでみれます。しかし細い体だよなあ~。どこからあんなすごい声が出てくるんだ?ちゃんとご飯食べてるのか…。ときどきこぶし入ってます。(Amazon試聴)


Where are you Christmas/Faith Hill

カントリー界からも1曲。いろんなクリスマスアルバムに入ってますが、もともとはジム・キャリーの主演映画「グリンチ」の主題歌でサントラに入っていたものです。マライアが作った歌なんだってね。やっぱ楽しいクリスマス、一番大切な人と過ごしたいよね…この曲を聴くと本当にそういう切ない気持ちになります。これはPVがフルで見れます!とてもいい曲なので、ぜひどうぞ。(アルバムをAmazonで詳しくみる


Let It Snow/Boyz Ⅱ Men

はーもう疲れてきた。これで最後にしよう。最後を飾るのは、男性ボーカルグループとして最も成功した彼らですね。特にバラード系で勝負する人たちはたいていクリスマスアルバムを出している。彼らも例外じゃない。一時は飛ぶ鳥を落とす勢いで出す曲出す曲全部1位とかになっていたけども…。マイケルが脱退して3人になってからはやっぱりちょっと勢いがなあ。4人の時代に一度福岡にきた彼らのライブを見に行ったけど、そのときちょうどマイケルが腰痛で出れなくて、3人しかいなかったのさ(T T)。そしてその後マイケルは本当にいなくなってしまった…あのときはもちろん3人になるなんて考えてなかったでしょうが、今考えればあの腰痛は暗示めいたものだったのか…。私は特に低音で一番目立たないマイケルが一番好きだったので、3人になってからのBoyz Ⅱ Menには正直あまり興味がない…。

んでそのクリスマスアルバムの中で一番好きな曲が、これ。シナトラの「Let It Snow~」とは全然違うもので彼らのオリジナル。これがやっぱ一番よい!さむ~い夜にはこれがぴったんこはまる。ムードたっぷりで、いうことなし。(Amazon試聴) 


まあそういうわけで。思いついたものをつらつらあげてみましたが。ほかにもいろいろあるんでしょうが、きりがないからね…。クリスマスが嫌いな人にとってはすんごくつまらない記事だったでしょうが(笑)。私もかつてはクリスマスなんてあんまり好きじゃなかったけど、最近はこの時期のクリスマスモードはそれほど嫌じゃない。まあ確かにキリスト教徒でもない人間が騒ぎ立てるのもどうかっていう考えもあるけど、別に仏教徒だから楽しんじゃいけないっていうのもおかしな考えだよね。クリスマスはもはや宗教行事じゃない。みんなが楽しむ権利がある。へんに斜に構えるより純粋に楽しむほうがお得だよ。音楽が好きっていうのもそれの助けになっている。クリスマスソングには普通の曲にはない独自の良さがあるし。この時期しか楽しめないので、どっぷりこれらのクリスマスソングにつかることにするよ。

あ。邦楽編も近日中に必ずお送りしますので。日本の曲も結構いい~の、たくさんあるよね。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
クリスマスですねえ
>わかこさん

「Platinum Christmas」はかなりおすすめです。オムニバスとしては内容がかなり濃いと思うので、買うとしたらこれはよい商品だと思いますよ(決してまわし者ではない)。

同じメロディーでも歌う人やアレンジでこうもかわってくるものか、て思いますよねー。聴き比べるととてもおもしろいです。

ケリー…この頃はショートカットがトレードマークでしたよね。今じゃすっかりロングヘアが定着してしまいましたが。たしかに、ミッシーをちょっと細くしたような感じですね(笑)。ついでに言うとこのビヨンセは化粧が濃くてなんかちょっと違和感ありますね…今のほうがキレイだと思います…やっぱ恋してるからかな~?Jay-Zとはこの頃はつきあってたんでしたっけ~よく覚えてません…。でも最近はRihanna登場であの2人もちょっと怪しい雰囲気になってますよね~。
2005/11/28(月) 19:43:27 | URL | さっち #-[ 編集]
世はクリスマスなんですね
色んな人がクリスマスソングを出してるんですね!この中ではアシャンティのアルバムとデスチャの曲しか知りません。
手始めに聞き易そうな「Platinum Christmas」から聞いてみようかな♪

このジャケットの写真だと、デスチャのケリーが心なしかミッシーに見えるのは私だけでしょうか?
2005/11/28(月) 17:47:32 | URL | わかこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今年もすっかりクリスマスシーズンなわけですが、そんな季節に聞きたい1曲が、Pogues featuring Kirsty Mccoll "Fairytale of New York"です。ポーグス(Pogues)は、1982年に結成されたアイルランド出身のバンドで、リードボーカルのシェイン・マガウワン(Shane
2005/12/11(日) 17:34:16 | 脳内 iPod
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。