Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年最後!デ杯決勝展望
2005年12月01日 (木) | 編集 |
ついに2005年最後のテニスの試合がやってきてしまうのか…まあ12月もエキシビジョンとかはあるんだと思いますけど、そういうのを除くとこれが最後。最後は、いよいよデビスカップ決勝です!去年決勝に進出したスペインとアメリカをそれぞれ1回戦で破った、スロバキアとクロアチアが見事決勝まで勝ち進んできました。

というわけで、両チームのこれまでの戦績をまとめてみた。

スロバキア

1回戦 3-0 スペイン
K.Beck 6-4 7-5 6-3 F.Lopez
D.Hrbaty 6-3 6-4 6-7(7) 6-3 F Verdasco
Beck/Mertinak 7-6(3) 6-4 7-6(8) Costa/Nadal

2回戦 3-1 オランダ
D.Hrbaty 6-1 5-7 6-4 6-3 R.Sluiter
K.Beck 7-6(5) 5-7 7-6(3) 4-6 2-6 P Wessels
Beck/Mertinak 5-7 6-3 6-4 7-5 P.Haarhuis/M.Van Gemerden
D.Hrbaty 6-3 6-1 3-0 - Retired P.Wessels

準決勝 3-1 アルゼンチン
D.Hrbaty 6-3 5-7 5-7 3-6 D.Nalbandian
K.Beck 7-5 6-4 6-4 G.Coria
Beck/Mertinak 7-6(5) 7-5 7-6(5) Nalbandian/Puerta
D.Hrbaty 7-6(2) 6-2 6-3 G.Coria

いずれもスロバキアのホーム、Sibamac Arena国立テニスセンターでやってます。これが一番の勝因じゃないかしらん(笑)。1回戦では去年の優勝国スペインを3-0と一方的に破りました。あぁ…スペイン負けちゃった…ナダル君のシングルスが見たかったな…いや別に出た2人がどうとか言うわけじゃなく単にナダル君の勇姿が見たかったというだけ(ダブルスは出ましたが)。このサーフェスだからナダル君が出たって結果は同じになってたかもしんないし。シングルスに選ばれなくても彼はそんなことで不満を呈したりすることはない。それどころかむしろ、2人が選ばれてよかったと一生懸命応援してました。そういや去年の決勝でもフェレロをさしおいて自分がシングルスに出ることにひどく恐縮してたっけ…。決して自分が自分が、て出しゃばったりすることは絶対にない。常に他の人をたてている。トップ選手になった今でもその気持ちは変わってないでしょう。うぅなんてかわいい子なのじゃ…よちよち。

あっいかん、話がこんなに脱線してもうた…ついつい。閑話休題~。えーと、スロバキアの話だったっけ。ダブルスのベック&メルティナクが負けなし3連勝。やはりダブルスは大きな鍵になりそうだ。速いサーフェスというのはやはりなかなかダブルス巧者じゃないと勝つのは難しかろうからね…そういう意味でドーハ優勝ペアを初戦で破ったのは、ベックとメルティナク2人にとって大きかったかも。シングルでは、ドミニクとベックが1敗ずつ。2回戦以降はR5にもつれる前にドミニクが決めてしまっています。さすがNO.1です。

クロアチア

1回戦 3-1 アメリカ
I.Ljubicic 6-3 7-6(0) 6-3 A.Agassi
M.Ancic 6-4 2-6 1-6 4-6 A.Roddick
Ljubicic/Ancic 3-6 7-6(8) 6-4 6-4 B.Bryan/M.Bryan
I.Ljubicic 4-6 6-3 7-6(11) 6-7(7) 6-2 A.Roddick

2回戦 3-1 ルーマニア
M.Ancic 6-1 4-6 6-4 3-6 4-6 A.Pavel
I.Ljubicic 6-3 6-2 7-6(3) V.Hanescu
Ancic/Ljubicic 5-7 6-4 6-7(9) 6-4 6-4 Pavel/Trifu
I.Ljubicic 6-3 6-4 6-3 A.Pavel

準決勝 3-1 ロシア
M.Ancic 5-7 4-6 7-5 4-6 N.Davydenko
I.Ljubicic 3-6 6-3 6-4 4-6 6-4 M.Youzhny
Ancic/Ljubicic 6-2 4-6 7-6(5) 3-6 6-4 Andreev/Tursunov
I.Ljubicic 6-3 7-6(6) 6-4 N.Davydenko

すべての勝利にルビがからむという徹底ぶり。いっや~こうやって並べてみるとあらためてすごいわ~。ほんとに全部勝ってるもんね。シングルス2戦にダブルスに、計9勝。マリオ君がまだシングルス初日で勝ち星を挙げられていない。ルーマニアのパベル戦がチャンスだったけども…。
1回戦の強豪アメリカ戦が目をひくけど、その後も決して楽な試合ではなかった。それを戦い抜けたのは、ホームアドバンテージでお客さんの後押しがあったからなのはたしかでしょうね。

それでは、続いてはこの2カ国、出場予定選手と展望を。
決勝:スロバキアクロアチア

開催地:スロバキア・ブラチスラバ Sibamac Arena National Tennis Centre(ハード・インドア)

ともに国ができて十数年という若い国同士で今回初顔あわせとなります。去年は両国ともプレーオフを勝ち抜いてWG残留を決めました。そして決勝進出も2カ国とも初。フレッシュな対戦となりましたね。ちなみに勝ったほうは、デ杯の歴史の中で12国目のチャンピオンとなるそうです。


出場予定選手:
スロバキア…ドミニク・ハーバティ、カロル・ベック、ミハエル(?)・メルティナク、カロル・クチェラ

クロアチア…イバン・ルビチッチ、マリオ・アンチッチ、ゴラン・イバニセビッチ、イボ・カルロビッチ

なんつってもゴラン!(笑)。出るかも出るかもと言われてたけど、本当にメンバー入りしましたね~!実際にプレーすることはあるのだろうか…。まあシングルスで出ることはないでしょうが、…ということはダブルス…しかし今までブラザーズでやってきたしなあ。イバニセビッチのメンバー入りは、戦力というより(すいません)チームリーダーとして精神面でのサポート、という意味合いがやはり大きいのじゃなかろうか。

もっとも、ゴランはプレーする気まんまんです。「準備はできてるよ。僕はお飾りでいきたいわけではないし、過去の栄光に対するご褒美として行きたいとも思ってない。この6年間一生懸命、できるトレーニングをすべてやってきた。ウィンブルドンで3回戦までいった去年よりずっといいプレーができると思うよ。肩も悪くないしね。今現役バリバリの奴らだって、僕を倒すのはそんなに簡単じゃないと思うよ。」「アウェーだからっていう意味では相手のスロバキアが有利だけど、僕らにはイバン・ルビチッチがいる。マリオも、番狂わせの要素は充分秘めているし。僕らが勝つ可能性は60%くらいかなあ。コートの外でも雰囲気はとてもいい。僕がいなかったら、ちょっと重苦しくて、ナーバスになってただろうね」。

なんだかすごく威勢がいいけど(笑)、これは決して彼のうぬぼれではない。クロアチアのエースとして活躍を期待されているルビチッチは、2001年にイバニセビッチがウィンブルドンで優勝を決めたのを、スイスのグスタードで知って感激のあまり赤ん坊のように大泣きしたそうな。そしてゴランに勇気づけられたルビはそのグスタードでロジェ君を6-1、6-2で破った。「あの日は誰にも負ける気がしなかった」。

イバニセビッチという存在はクロアチアにとってとても大きなものである。今までルビとマリオのブラザーズでここまで勝ちあがってきた。ゴランがいくら調子がよいとはいえ、このブラザーズに入り込む余地はないかもしれない。しかしPilic監督はこう言います。「彼(ゴラン)はクロアチアテニス界に今まで多くのことをしてきた、だから彼に来てくれるように頼んだんだ。もし優勝できたら、デ杯優勝メンバーとして彼の名前が刻まれるのはとてもすばらしいことなんだ。そして彼がいつもそれを今までずっと夢見てきたことを我々は知っている。」

実際大方の予想はクロアチア有利という見方が大半のようです。もちろんホームはスロバキアだけども、個人の対戦成績などをみても、そしてルビチッチの今年の躍進ぶりを見ても、戦力という点ではどうしてもクロアチア有利と見ざるを得ないところはある。スロバキアのサーフェスは今年スペインやアルゼンチンがさんざん苦しめられた速いサーフェスだけども、今回の相手のクロアチアチームは、今までの相手と違って、決して苦手なコートではない。

スロバキアをひっぱるエースのドミニクはそれでも、「プレッシャーは相手にある」と敢えて言います。「優勝候補は相手のほうで、彼らは勝たなくちゃいけない立場にある。僕らにはプレッシャーはない。」「ITFのウェブサイトをみても、8割の人がクロアチアが勝つと言っている」。あのアンケートのことね…やっぱ選手もあれ見てるんだ…。

対戦成績がルビに対して0勝5敗のドミニクですが、「もちろん厳しい試合になると思う。でも僕らの地元。たくさんのお客さんが味方についている。すべてがうまくいくことを願うよ。そしてベストを尽くす」。「みんなルビチッチのことを言ってる。でも、ルビチッチがクロアチアなんじゃない。彼はチームの中の一人の人間にすぎないんだから」。たしかになあ。”大事なのは3つ勝つことだよ、誰が勝つかじゃなくてね。僕らはチームだから。”て以前ナダル君がイタリアとのプレーオフの前に語っていたことを思い出した。

ルビも同じようなことを考えています。今9連勝で、今度もし3つ勝てばマッケンローの記録に並ぶか抜くかするらしいけども、「記録のことなんか全然考えてない。とにかく優勝したいんだ。たとえマリオがシングルス2つ勝って僕が2つとも負けてダブルス勝つということになってもかまわないのさ」。そりゃそうだよね!とにかく3つ勝つこと、それが一番大事なんだよね。

ここらへんが、ATPの個人の大会と違うところなんだろうなあ。だから、対戦成績や個人成績がいいからといって、必ずしもクロアチアが有利とは言えないでしょう。なんといっても、ホームがスロバキアっていうのがね。普段あまりぱっとしない人でも、デ杯になるととんでもない力を発揮するということはよくある。(いや別にスロバキアの選手が普段ぱっとしないと言っているわけではありません)

しかしそんな一縷の望みを持つスロバキアには不安材料がある。No2として勝つには絶対必要な戦力であるベックが、どうやら膝の怪我がまだあまり回復していないらしい。ベックはダブルスにもメルティナクと組んで出ることが予想されているだけに、ちょっと心配。んで場合によっては、今年この試合が終わったら引退を表明している259位のクチェラがベックの代わりに出場するかもしれないとのこと。…これでますますクロアチア有利に…?

…と、話がこれだけならまだよかったのだけど、なんか今日すんごく気になる記事がありましたね~。クロアチアキャプテンのPilicが会見でベックがクチェラに変わるかもしれないという話をしたときに、もちろん膝のことも言っていたけど、それ以外に、「ベックがアルゼンチンとの準決勝の際に薬物検査が陽性だったと聞いている」。…えええ~っ!?うっそ。こりゃ寝耳に水じゃ~。もちろん公式に発表されたことではないので何とも言えない話なのだが…。なんかプエルタ報道といい、こうやって公式発表以外のとこから話が出てくるという事態が続きますね。これは、薬物使用の発覚が遅すぎるという関係者の意思表示なんでしょうか。しかし公式発表じゃないだけにどこまで信用していいものやら…。どうかガセネタであってくれ~。しかしそうなるとベックはやっぱり出ないのかな。

というわけでまたいつものごとくなんか長々書いてしまいましたが…すいません。ま最後だし、いっか。と自分勝手に納得しておいて。私はやっぱクロアチア応援したいなあ!スロバキアも頑張ってきたしいいチームだと思うけど、やっぱマリオブラザーズとゴランとカルロビッチと、みんなで抱き合って喜びを爆発させる姿を見たい!去年のスペインはほんとみんな喜びを爆発させてましたね。あれを今年はクロアチアにぜひやってほしい!デ杯は一人が強くても勝つことはできない。監督、控え選手、そしてお客さん、みんなの力がないと勝てない。個人スポーツのテニスだけど個人の力だけではどうにもならない。いくら強いとはいえクロアチアが決勝に来れるチャンスはそうたくさんはないでしょう。この絶好のチャンスを絶対にものにしてほしい!がんばれクロアチア!

関連記事
An email conversation with Goran Ivanisevic(The Independent)
Ljubicic a cut above in the cup(Telegraph)
Hrbaty says Slovaks are dark horses for Davis Cup final(Yahoo!sports)
Ljubicic the key to Davis Cup final outcome(Reuters.co.uk)
Beck rumour casts shadow over Davis Cup final(Timesonline.co.uk)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
>あやさん

あと数時間で始まりますね~。結構クロアチアの2連勝を期待しちゃったりしてるんですが…お客さんを味方につけてスロバキアチームがどこまで踏ん張れるか、ていうとこでしょうが…。

>やっとさっちさんと味方になれましたね(笑)

あははは~ことごとく敵味方でしたもんね~野球までも。今度こそ力を合わせて(?)一緒に応援しましょうね~。
2005/12/02(金) 21:04:22 | URL | さっち #-[ 編集]
いよいよ今日から
シングルス1はルビですね~対ベック戦。
アウェーだからでしょうか?
マリオ君はハーバティに3連勝中だからルビが初戦勝てばちょっと楽に戦えるかな?

でもスロバキアの地元ですからね~
地元の応援のパワーは侮れませんよね。

私もクロアチア応援で行きます。
やっとさっちさんと味方になれましたね(笑)
2005/12/02(金) 19:06:03 | URL | あや #bBmFigmc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。