Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デ杯 決勝 最終日
2005年12月05日 (月) | 編集 |
優勝おめでとう

Croatia Team

@Yahoo!sports


う~すごい寒さだ…昨日からとにかく風が強くて寒くてたまらん。まだ12月に入ったばかりだというのに!うぅぅ~出かけたくないよう。しかし海の向こうのスロバキアでは、こんな寒さを吹き飛ばすような熱い熱い戦いが行われましたね。いよいよ終わったか…最終日もドラマチックな展開となりました。やはり決勝戦、一筋縄では行きませんでした。

R4.Dominik Hrbaty 4-6 6-3 6-4 3-6 6-4 Ivan Ljubicic

ドミニクがついにルビを止めた!いやこれはびっくりだ…クロアチアが王手をかけ、登場するのは今年デ杯10連勝と最強の男ルビチッチ。誰もがここでルビの勝利とクロアチアの優勝を信じて疑っていなかったでしょう。しかし世の中、何が起こるかは本当にわからないね…。

ルビは朝起きたときから体調が悪かったようです。「今朝起きたとき、首が全然動かなかった。今までそんなことは一度もなかった。13時に誰がプレーするのか決めなくちゃならなかった。僕の人生で最も難しい選択だった。プレーするか、しないか。そして僕はトライすることに決めたんだ」。

しかし第1セットはルビが先手をとりました。第3ゲームで早くもドミニクのサーブを破ると、自分のサービスはしっかりキープして、第1セットを先取、これで誰もがこのままルビの勝利とクロアチアの優勝を確信したでしょうが…。

第2セットに入ると今度はドミニクが先にブレイクし、明らかに勢いが変わっていきました。そのブレイクを守って第2セットをとりかえすと、逆にルビはトイレ休憩に立ち、胃の中のものを戻してしまったそうです。「胃腸がおかしくて、気分が悪かった」。実際ルビはこのセット以降も疲れが見え始めていました。なんといっても、今年これが105試合目なんだそうな。ATPでも連戦を重ねて、マスターズカップも出場し、そしてデ杯では一人で3連勝を続けてここまで勝ちあがってきた…身体的な疲れと、優勝目前というとてつもないプレッシャーが最後の最後でルビにおそいかかります。第3セットも4-4からドミニクに一気に持っていかれてしまいました。

しかしそれでもルビはまだ頑張り続けます。明らかに疲れで精彩を欠いていたものの、相変わらずすごいサーブは健在だったそうな(^^)。そしてサービスゲームは比較的楽にキープできて体力温存できたのか、第8ゲームでドミニクのダブルフォルトをきっかけにブレイク成功!そして第4セットをとりかえし、いよいよファイナルセット突入!

フィジカルの差が最後は勝負を分けたようです。ルビは相変わらずサーブゲームを比較的楽にキープできていたけども、長いラリーになるととても苦しいようでした。そして4-5で迎えたサービスゲーム、0-30のピンチから一時は40-30に戻したものの、ゲームポイントを決めきれずデュースにもちこまれてしまいます。そして、2回はマッチポイントをしのいだものの、もうこの時点のルビにはそれが精一杯でした。3回目のマッチポイント、ルビのバックハンドがネットにかかると、会場は興奮と狂喜で大混乱となりました。

大方の予想を見事にくつがえすドミニクの勝利。もちろんルビに疲れはあったでしょうが、ドミニクのほうにもプレッシャーはとてもあったはずです。「成功の鍵は、デビスカップということさ。僕自身、どうしてデ杯になるとこんなにいいプレーができるのかわからないよ」。

ルビ、最後の最後で力尽きたか…でもよくがんばりました!まだまだ、これで2-2、いよいよ勝負は最後R5に持ち込まれます。まだシングルスで勝利に貢献する勝ち星を挙げられていないマリオ君、最後にチャンスがやってきましたよ!がんばるのじゃ!この結果は続きで。
 
R5.Mario Ancic 7-6(1) 6-3 6-4 Michal Mertinak

やった~やりました~!マリオ君ついにシングルス勝利!そして、クロアチア初優勝~!いや~ほんとに、めでたいうれしいねぇ(T T)。

R5はスロバキア側ベックが怪我で出れず、さらにクチェラがメルティナクに変更となりました。ランキング165位のメルティナクと22位のマリオ君。メルティナクにとっては大変な責務となりました。しかしそれは一方マリオ君の必勝が義務付けられたものでもあり、プレッシャーはマリオ君のほうが大きかったかもしれません。特に、これは普通の個人の大会ではない。デビスカップという魔物が住んでいる。

第1セットはその魔物が顔を出したかと思われるような展開。メルティナクが本当によくがんばりました。ブレイクピンチも4回しのいでタイブレークに持ち込みました。しかし今日のマリオ君はさらにそこからギアをあげてきましたね。力で魔物を封じ込めます。タイブレークは7-1と圧倒すると、第2セットはいきなり第2ゲームでブレイクに成功しその後メルティナクにもブレイクバックのチャンスがありましたが見事に退け、第2セットをものにしました。

メルティナクも最後まで戦いぬきました。リードされた第3セット、第6ゲームでブレイクバックに成功して3-3に戻しましたが、そこで力尽きました…。マリオ君が終盤にとどめを刺すブレイクをあげて、そのまま勝利。これでクロアチアの優勝が決まりました!

今までルビの3連勝の影でいつもシングルス負けていたマリオ君が、最後の最後でこんな大きな勝利を手にするとは…ドラマチックだよなあ。だからスポーツは見ていておもしろい。ルビとしても、自分ひとりで勝つよりこうやってチームメイトと勝利を分かち合うのは嬉しいことなんじゃないかなあ。

スロバキアも破れはしましたが、とても素晴らしい戦いぶりでした。なんといってもR4のドミニクの勝利!あれはびっくりだ。例のデ杯ホームページのアンケートでも82%の人がルビチッチが勝つ、と予想していたけども…見事にひっくりかえしましたね!その力を普段の個人の大会でも出してくれ…。やはりベックを怪我で欠いたのは痛かった。特に勝負がR5にまでもつれて、ベックが出場していたら、と考えると…。しかし、それでもベテランのクチェラやメルティナクも最後まで素晴らしい戦いをみせてくれました。

クロアチアはこれで当然デ杯初優勝。98年にサッカーW杯で国が3位に入って以来のスポーツ界の快挙と言えるでしょうね。こりゃ相当うれしかろうねぇ~。プレーはできなかったけど、ゴランの存在も大きな力になったことでしょう。トロフィーをうれしそうに掲げる姿はこっちまでなんだか幸せな気分になってくるね~(^^)。1回戦でアメリカを破ったときから、私は君らを応援しておった。だからとってもうれぴい~(T T)。クロアチアチーム、優勝おめでとう!


…というわけで。ふう~これで今年の私の試合報告も全て終わった…長かったような、短かったような。この1年いろんなことがありましたね。なんといってもナダル君の大活躍、そしてロジェ君の連勝街道、ガスケ君やマレイ君の大躍進、ジェームス君の復活、アガシの全米決勝進出、そしてルビの大活躍、今日のクロアチア優勝。いろいろな出来事が走馬灯のように…?(考えて見れば走馬灯って見たことないな)よみがえる…。たくさんのいろんなヒーローが生まれ、ここに書き記してきた。
前に「敗者の勇姿」という記事の中で、選手と同化して泣いたり感動したりすることは感性を豊かにするものだと書いた。映画を見るのと同じだよね。でも映画はフィクション。スポーツは、筋書きのない現実のドラマ。だからより胸をうつ。ヒーローは、あなたの心の中にも必ずいるはず。今年すごく輝いたヒーロー、あまり十分に輝けなかったヒーロー、いろんなヒーローがいると思うけど、少なくとも、あなたの中では常に輝いていたはずだ。そして、ヒーローに夢を託し、一緒に喜んだり楽しんだり、悲しんだり、ときには涙を流すことによって、人生はより豊かなものになる。このブログが多少なりともその助けとなりましたならば幸甚でございます。一年間どうもご愛顧ありがとうございました。

関連記事
Davis Cup official

”And they say that a hero can save us, I’m not gonna stand here and wait. I'll hold onto the wings of the eagles, Watch as we all fly away.
(ヒーローが僕らを救ってくれるという 僕はそれをじっと待つつもりはない イーグルの翼に乗って 僕らが飛びたつのを見てくれ)”

-♪Chad Kroeger and Josey Scott「Hero」 from OST「Spider-Man」
(この曲を聴く)


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
今年も終わり
>ゴランさん

ゴランさん優勝おめでとうございます(笑)。すばらしいチームワークでしたね。

>さっちさんのガソリンの元になったナダルに感謝しないといけませんね(笑)

あははは(汗)たしかに…わかりやすい奴ですもんね私って…来年はもう少しハイテンションとローテンションの幅を少なくしてもうちょっと淡々とやりたいと思ってますが(自信ない…)。

これで休みたいところですが、最後の一仕事が残っていますので…それは詳しくはこの次に書く記事で…うふふ…。でもテニス関係で新しいニュースを書くのは今年はもうやらない予定です。(超びっくりニュースがない限り)。来年また楽しいニュースをたくさん書けるといいなあと思います。
2005/12/05(月) 19:24:11 | URL | さっち #-[ 編集]
お疲れ様でした
この一年間、ブログお疲れ様でした。
最後がゴラン率いるクロアチアの優勝ということで、本当にいい一年でした。

このブログで知識を得て、
一年間楽しくテニスを見ることができました。
さっちさんのガソリンの元になったナダルに感謝しないといけませんね(笑)

年末はゆっくりしてください。
ナダル同様さっちさんもきっと疲労が溜まっていますので、TMCのフェデラーのようになる前に休んでくださいね(笑)

来年はまずはヒンギス復帰のニュースからスタートでしょうか?
楽しみにしております。

2005/12/05(月) 11:42:06 | URL | ゴラン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。