Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年一年間ありがとうございました
2005年12月27日 (火) | 編集 |
あぁ~やっぱり…ナダル君1月のチェンナイ欠場だってさ…しくしく。ま予想はしていたから驚いてはいませんが。それに「この何週間かハードに練習はしていた」らしいから、プレーできないわけではないんでしょうが、大事をとって、ということのようである。確かに一番大事なのは全豪だから、そこに万全の状態で臨むための前向きな欠場ととらえれば、そんなに悲しむことではないんだけどね。ね!と、理屈ではそう自分に言い聞かせていても、やっぱり、「pull out」の文字を見るとなんとなくくらぁい気分になるね…。足は本当に大丈夫なのか!?本当に全豪間に合うのか?あぁぁもう~ぢぐじょう~。こんなときにぃ~。せっかくの年末年始なのに気になって楽しく過ごせないじゃないのさ!

来シーズンが始まるのが楽しみ、て言うのは強がりで、正直言って、恐い。また一喜一憂(百喜百憂?)の日々が(笑)待っているかと思うと、気が重いよ…。時がこのまま止まってくれたらよいのにね。いっそのこと、ナダル君のことをちょっとでも嫌いになることができたら、どんなにか楽に見れるだろうか。…今からこんなんじゃあシーズン始まったら大変だなこりゃ(笑)。やば!

とまあ今年も終わりになってちょっとへこみ気味な(またかよ)私ですが(笑)、今年はブログのおかげで楽しい思いがたくさんできました。応援してくださった方々、激励の言葉をくださった方々には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。足を向けては寝れません。今年テニス記事で明け暮れたこのブログ、最後の締めもやはりテニスネタで。人生、出会いがあれば別れもある。といったらちと大げさかな。楽しみな若手選手がたくさん出てきた一方で、コートを去っていった人たちもたくさんいました。テニスネタにたんまり情熱を注いできたこのブログ、今年最後の記事は、そんな、ひとつのピリオドを打った人たちの特集です。

一応「retire」と明確に表明した人だけをご紹介してます。だから、マスターズカップのとき「やめるかも~」て言っていたけどはっきりしてなかったWayne Blackとか、引退がささやかれてるけどはっきり明言されてないマルチネスとかはどうなのかなあ~。はっきり「やめる」と書いてあった記事がなかったので一応除いてますが。Blackは1月に子供が生まれるらしいから、マイホームパパになりたいとか言ってたっけな…このままフェードアウトしちゃうのかなあ。あと、引退するかも、て言ってたコスタやサントロは来年も続行するようですね。

こうやっていろんな辞めていく人を見ていると、終わり方も人それぞれです。満足のいく形で最後を飾れた人、怪我やアクシデントでラケットを置くことを余儀なくされた人、なんとなく後ろ髪ひかれる思いを断ち切れない人、笑顔でコートを去っていった人、完全燃焼できた人、まだ火はくすぶっているけれどもう一度その火を燃やすことができないと悟った人…。ここに紹介した人はほんの一部、一度もスポットライトを浴びることなく去っていった人も、いやそういう人のほうがたくさんいるはずです。全ての人をご紹介したいところですが、さすがにそりゃ無理なので…。抜けている人が多数あると思いますので、他に思いついた人がありましたらコメント欄にでも記していただけると嬉しいです。

彼らにとって今年は、人生が大きく変わるターニングポイントであったのは間違いないでしょう。でも、あくまでひとつの通過点。まだまだ終わりじゃない。この先に、どんな素晴らしい人生が待っているかわからない。それは自分自身が決めていくこと。彼らのこれからの未来が、光輝くものであることを、祈っています。でも、とりあえず今は、おつかれさまでした。ゆっくり休んでね。

というわけで、ちょっと早いですが、年末いろいろ忙しいので、今年の記事はこれでおしまいです。一年間ありがとうございました。来年はいつから始めるかわかりませんが、そんなに遅くなく始められると思います。来年もどうぞよろしくおねがいします。それでは皆様、よいお年を~♪ほ~た~るの~ひ~か~り~まど~の~ゆ~き~、ふ~み~よむ~つ~き~ひ~か~さ~ね~つつ~、いつ~しか年~も すぎ~のとを~ あ~け~てぞ~け~さは わか~れゆく♪
Sargis Sargsian
32才 アルメニア
通算成績 155勝207敗
獲得タイトル シングルス 1('97 Newport)
ダブルス 2('03 Bucharest, Washington)


・30才でアルメニア人最高の年間ランキング39位を記録(2003年)
・アリゾナ州立大学の奨学金をもらいアメリカで修業、同大学初のNCAAチャンピオンとなる
・ブラッド・ギルバートを通じてアガシと知り合い以降アガシの親友

「キャリアのピークはみんなそれぞれ違うんだ。僕は22歳までツアーに出てなかったから、30才を過ぎてベストのテニスができているのは驚くことじゃないよ。ここまでくるのに少し時間はかかったけど、今はやれると感じている。トップ50なんてアクシデントでなれるものじゃないからね。」
-2004 issue of DEUCE Magazine


Silvia Farina Elia
33才 イタリア
通算成績 469勝370敗(シングルス)
獲得タイトル シングルス 3(いずれもストラスブルグ) ダブルス9


・2002年5月に自己最高の世界ランキング11位を記録
・2003年ウィンブルドンでベスト8
・去年までの4年間はすべてランク25位以上で終了、今年は28位、13年連続トップ100入り

「いい思い出がたくさんある。始めたときはこんなに高いランキングになれるなんて思ってもいなかった。主人の愛情と支えに深く感謝したいと思う。」

「怪我から復活して自分自身を証明できたことは本当に誇りに感じている。今年のアメリアアイランドでのリンゼイ(ダベンポート)との決勝戦は私の誇りよ。あんなレベルでまた戦えるなんて思ってもいなかった」。


Simon Larose
26才 カナダ

・6年間デ杯メンバー入り
・2003年8月、TMSカナダ大会で3回のローランギャロスチャンピオンのクエルテンに勝利
・去年7月、自己最高の世界ランク189位を記録
・今年2月、パーティで吸い込んだコカインが検査で陽性になり2年間の出場停止処分を受けたのを機に引退を表明


「大きな間違いを犯してしまった。友達数人といったパーティで、知らない人たちがタバコを吸っていた。それがコカイン入りだったなんて、検査が陽性になるまで気づかなかった」。

「ほとんどずっと怪我ばかりしていた。(今回の処分は)もう辞める潮時だというサインなのかも知れないね。こんなふうに終わりたくはなかった」。


Marc Rosset
34才 スイス
通算成績 433勝351敗
獲得タイトル シングルス 15 ダブルス 8


・92年ローランギャロスダブルス優勝、同年オリンピックでシングルス優勝、金メダル獲得
・95年世界ランキング9位まで上昇
・92年デビスカップ決勝進出
・今年デ杯キャプテンを辞任
・引退後は元トップ10プレーヤーのメドベデフとともにレストランを経営する計画

「ロジャー(・フェデラー)が僕に、もはやデ杯キャプテンではないと告げに来たとき、彼はこんなことを言うのはすまないと言っていたよ。」
「たしかにがっくりきた。でもデ杯なんてたかだか1年のうち4週間くらいのことだしね。僕の最終目標じゃないから。」

「これから自分が直接的にテニスと関わっていきたいのかどうか、僕自身よくわからない。(大会運営など)組織としては関わるかもしれないけど、選手を相手にする仕事(コーチなど)は、もうやりたいと思わないよ。それにテニス中心の生活スタイルにも戻りたくない」。


Daniela Bedanova
22才 チェコ
通算成績 138勝109敗
獲得タイトル シングルス1 ダブルス1


・2000年にWTAツアー初優勝
・2001年全米でベスト8入り
・8月のポーランドでの大会以来、痛めていた手首の怪我が悪化し戦列を離れる

「もう終わりだわ。この1年怪我と戦ってきたけど、戻ることはできなかった。まだ22才だからすごく未練が残るでしょうね、そうしたらいつかまたチャレンジするかもしれないわね」。

「でも今は違う人生を見つけなくちゃならない」。


Karol Kucera
31才 スロバキア
通算成績 293勝244敗
獲得タイトル シングルス 6 ダブルス4


・世界ランキング最高6位を記録
・今年デビスカップ、スロバキア代表として初戦からメンバー入り、決勝戦初日でシングルスに出場

「(デ杯決勝初日の後)今年ほとんど試合をしてなかったから、この試合に向けての準備はとても難しかった。でもこの2週間、すごく一生懸命練習してきた。たくさんの時間をコートで過ごしたよ。だからとても気持ちよかったし、自分のプレーに満足してる。」。


Magdalena Maleeva
30才 ブルガリア
通算成績 439勝290敗(シングルス)
獲得タイトル シングルス10 ダブルス 5 


・1989年プロ転向
・マレーバ3姉妹(Manuela、Katerina)の最年少、最後の現役選手だった
・1990年ローランギャロスで史上初めて3姉妹でシングルス本戦出場を果たし、93年には全豪、全仏とウィンブルドンで3姉妹そろってシード選手という快挙
・92年全米でシングルスベスト8進出
・1995年自己最高の年間世界ランク6位
・1998年に肩を傷めて戦線離脱しランキングが115位まで下降、しかしその後復活し2000~2004年はトップ30以内をキープ
・2004年長年のボーイフレンドと結婚

「姉妹だからできた、なんて私たち3人とも誰も当時は思っていなかったけど、今振り返ってみたら、自分たち姉妹をとても誇りに思う。」

「肩を怪我した後もう一度やると決めた自分をとても誇りに思っているわ。そこであっさり辞めることもできたでしょう。でも一生懸命練習して、復活して最初にトーナメント優勝できたことはとても大きかった。」

「いままで本当にテニスを楽しむことができた。すべての人に感謝の伝えたい、特に長い間支えてくれたファンの人たちに。テニスが終わってこれからの新しい人生がとても楽しみよ」。


Todd Woodbridge
32才 オーストラリア
通算成績 244勝236敗(シングルス)
獲得タイトル シングルス 2 ダブルス 83(歴代1位)


・ウッドフォードと組んだ「ウッディーズ」でウィンブルドンダブルス5連覇、それ以外にも1回優勝 ウッディーズで61のタイトル獲得
・2000年にウッドフォード引退後はビョークマンと組みさらにウィンブルドン3回優勝
・全米3回、全豪3回、全仏1回の男子ダブルス優勝、ミックスダブルスも含めるとグランドスラムで計22のタイトル獲得
・シングルスでは97年にランク19位を記録
・くまのプーさんに顔が似ている

「ここ(ウィンブルドン)に来たときは引退するつもりじゃなかったんだけど、とてもいい思い出が強く残っているここが引退にふさわしい場所だと感じたんだ」。

「ダブルスではいいパートナーを見つけることと、正しいポジションをとることが大切だと思う。」


Alan Millsさん

・23年間に渡ってウィンブルドンのトーナメントレフェリーを努め、今年を最後に引退
・雨が降るとかならずこの人がコートに出てきて中止の決定を下すので、雨男と言われて嫌がられていたかわいそうな人
・マッケンローとの舌戦は年に一度のウィンブルドン名物になっていたらしい


「確かに雨が一番やっかいな問題だったね。そのせいで夜はよくうなされてたよ」。

「アランへ。君はいつも僕を公平に扱ってくれた。僕がそうされるに値しないときでさえも。たとえレフェリーだとしても、君はいい人さ。」
-Jon McEnroe


岩佐 徹さん(アナウンサー)

・フジテレビに入社、その後フリーに
・92年にWOWOWテニス中継がスタートして以来実況を続けてこられ、その冷静かつ的確な描写で多くのテニスファンの支持を得る
・特に解説の柳恵志郎さんとの名コンビはテニスファンの大きな楽しみでした
・今年の全米オープンを最後にWOWOW実況に終止符
・勝手に載せちゃってすみません。お気を悪くされましたら削除しますので。(岩佐さんはたぶんこのサイトは見てないでしょうが。ファンの方でも結構です)写真やコメントも載せたかったけど著作権のことがあるのでやめました…

(写真はすべてGetty Images Editorialより)

Magdalena Maleeva ends career at Zurich Open(Girls Talk Sports)
DAVIS CUP: An interview with: KAROL KUCERA(noticias.info)
End Of An Era: Maggie Maleeva Retires(Tennis Week)
Woodbridge to retire(THE AGE)
Rain men retire(Timesonline.co.uk)
Rosset Retires(Tennis Week)
Larose Retires After Two-Year Suspension For Cocaine(Tennis Week)
Larose retires after positive cocaine test(SA Tennis)


”I will remember you
Will you remember me?
Don't let your life pass you by
Weep not for the memories

I'm so afraid to love you, but more afraid to lose
Clinging to a past that doesn't let me choose
Once there was a darkness, deep and endless night
Gave me everything he had, oh he gave me life

Remember all the good times that we had?
We let them slip away from us when things got bad
Clearly I first saw you, smiling in the sun
I want to feel your warmth upon me, I want to be the one

(私はあなたのことを忘れない あなたは私のことを覚えていてくれるかしら 人生をやり過ごしてはいけないわ 思い出のために嘆き悲しんではいけない

あなたを愛するのはこわい でも失うのはもっとこわい 選択の余地のない過去に縛られて かつては深く終わりのない暗闇だった 彼は持っているすべてを、人生を私に与えてくれた

共有したすばらしい日々のことを覚えてる?悪いときのことは忘れてしまえばいい 初めてはっきりと見たときのあなたは 太陽の光の中で笑っていた あなたの暖かさを肌で感じていたい)”

-♪Sarah McLachlan「I Will Remenber You」
この曲を聴く(要WMP)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
新年初
新年あけましておめでとうございます。年末年始にかけていろいろとコメントありがとうございます。

>あやさん

こちらこそ昨年はあやさんにフェレロ情報そのほかいろいろと教えてもらいました。

テニス記事も真っ青の…いえいえ正直言うと恥ずかしすぎてテニス関係者にはあまり見られたくない(笑)

家事と育児とブログの両立は大変だと思いますがこれからもがんばりましょうね!

>丁稚さん

おぉ丁稚さんご無沙汰です!昨年は丁稚さんにとっては新しいご家族が増えてとってもよい一年だったのではないでしょうか。頼もしい(笑)奥様とお子さんたちとの奮闘ぶりをこれからも期待してます。ブログのほうも楽しいお話待ってます!

>airi-nnさん

今年はテニス以外にもW杯やオリンピックもあるし、スポーツ界はいろんなことが起こりそうですね。書くことがいっぱいあって忙しくなりそうです。でも一番心配なのはナダル君の怪我…あ~頭が痛い…テニスネタで落ち込んだら他のスポーツに逃げようと思います(うそ)。今年もよろしくおねがいします!

>CATさん

ナダル君今年はどうなるんでしょうか…しょっぱなからなんだか危ういですよね…一日も早く彼の姿がコートで見れるように祈ってます。お互いにブログもがんばりましょうね。

>よしぶーさん

そーなんですよ、なんだかナダル君全豪出場が危うい…どんなニュースが来ても驚かないように今から心の準備しときます(笑)。よしぶーさんのプレーヤーならではの視点はとっても勉強になります。今年もいろいろと学ばせていただこうと思ってますのでよろしくおねがいします。
2006/01/03(火) 13:51:36 | URL | さっち #-[ 編集]
さっちさん、あけましておめでとうございます!
今年も遊びに来ますので、よろしくお願いします!
さて、ナダルですけど・・心配ですよね・・・祈るしかないっす。
では、では^^

2006/01/03(火) 08:13:36 | URL | よしぶー #-[ 編集]
遅くなりましたが
あけましておめでとうございます。

いつも楽しい記事をありがとうございます。
いつまでも一緒にラファを応援しましょうね。

さっちさんがお気にかけていらっしゃる全ての方に、良い年となりますように。
2006/01/02(月) 22:34:50 | URL | CAT #-[ 編集]
良いお年を!
さっちさん、楽しくて詳しい情報を一年間届けてくださってありがとうございました。
来年は、自分のペースを守って負担にならない程度に更新よろしくお願いします。

良いお年を!
ナダル君の怪我も早く治りますようにv-282
2005/12/31(土) 23:22:59 | URL | airi-nn #-[ 編集]
よいお年を
今年はお世話になりました。来年もまたよろしくお願い致します。

テニスブログの王道を歩かれるさっちさん、ご苦労も多いと思いますが来年も楽しくて興味深い記事をお願いします~。
2005/12/31(土) 14:48:25 | URL | 丁稚 #WzzJX4NY[ 編集]
来年もよろしくお願いします
いつも思いますが、スポーツ選手って引退した後の人生の方が圧倒的に長いんですよね。
ひとそれぞれ第2の人生があると思いますが幸多かれと祈ります。

今年はさっちさんのブログに出会えてうれしかったです。
どうやってここにたどり着いたのか全く記憶にないんですが......
そこらのテニス雑誌も真っ青のクオリティの高い試合記事やインタビュー、テニスニュースとナダル君への愛情あふれる記事を楽しませてもらいました。

来年も楽しみにしています。でも更新が大変なときは無理しないでくださいね。
2005/12/30(金) 17:58:10 | URL | あや #bBmFigmc[ 編集]
お世話になりました
>ゴランさん

そういえば吉田選手も今年引退でしたね。
書きながらアガシやグーガやティムのことが頭に浮かびました。まグーガはまだ20代だから引退はまだまだだろうけど、やはりアガシとティムは引退が最も近い選手なのかなあという感じがします。逆にサントロとかビョークマンとかは、結構年いってるのに(笑)、全然引退っていうイメージないですね。

コスタのあれはたしかに私も、あんな思わせぶりな発言しといてそれかよ、ていう感じはちょっとしましたね(笑)。まあ一旦はやめる気持ちに傾いてたのが、また気が変わったんでしょうかね。引退というのはとても勇気がいるものでしょうから、なかなか決断できないのかもしれませんね。(デ杯キャプテンに選ばれなかったから現役続行したなんていうことはないと思いますが…)

ゴランさんのひとつひとつの言葉をいつもありがたく感じています。記事にコメントがつかなくても全然かまわないといいながら、やはりなんらかの反応があるというのは嬉しいものだし期待している部分もあります。それはブログを書いている人なら誰でも思っていることと思います。
今年ももう終わりですね。来年もすてきなテニスの話題をたくさんお届けできるようにがんばりたいと思います。こちらこそ来年もどうかよろしくおねがいします!
2005/12/29(木) 01:24:06 | URL | さっち #-[ 編集]
お疲れ様でした
今年一年お疲れ様でした.

年明けはホップマン・カップなど諸々新情報が入ってきて更新が大変になると思いますので(笑),今しか休むときないですよ(笑)
さっちさんもテニス選手並みの忙しさですね.

今回の引退リストにありませんでしたが,
日本の吉田選手も辞められましたね.
私も詳しくはないのですが・・・

コスタとサントロはどうやら継続みたいですね.
サントロ&ロドラの変わり者コンビは今年で解消だそうですね.
仲良し同士で好きなペアだっただけに残念です.
でも,サントロのトリッキープレーは好きなので,続けてくれるのは何かうれしかったりします(アガシの現役続行よりうれしいです).

逆にコスタはなんだそりゃって感じですね.
いつも何か発言に含みがあるし,続けるのかよって感じです.
(昔に何か嫌なエピソードがあって以来,コスタが好きじゃなくなりました.何だったかは忘れてしまいましたが.そういうこともあってRGの決勝ではフェレーロに勝って欲しかったです)

ATPのHPの表紙でグーガが出ていましたが,来年グーガが引退ということにならないで欲しいです.
今のところ復活できそうな見込みは薄そうで辛いですが・・・
ナダルVS体調万全のグーガでRGの決勝なんてことになれば面白いでしょうね.

来年はどんな年になるんでしょうね.
また来年もよろしくお願いします.
2005/12/28(水) 21:02:49 | URL | ゴラン #-[ 編集]
他にも…
>パレさん

あぁ~そうでしたか!スルアガもやめちゃうんですねー。たしか何かのグランドスラムの大会でベスト8に入りましたっけ。カレンスという選手はよく知らないな…。追加して書きたいところですが、時間的余裕がないのでご容赦ください…。
2005/12/28(水) 08:14:02 | URL | さっち #-[ 編集]
初めまして
いきなり感じ悪いと思いますがスルアガとカレンスもよろしくお願いします(笑)
2005/12/28(水) 01:21:46 | URL | パレ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。