Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第1回さっち杯ATPアウォード結果発表 その2
2005年12月22日 (木) | 編集 |
今朝は極寒だったのでネットをチェックするまもなく出勤。んでまさに寒さに身を切られるような思いで(笑)疲れきって帰ってきて、インターネットを開けてみるとコメントが…。がーん。例のプエルタ君のニュースが。昨日の夜はカラタンチェワのニュースだけだったのになあ。さすがにこれはスルーできん。というわけで近くこのニュースについても詳しくお伝えする予定ですが。まずは!乗りかけた船、じゃなくて、書きかけた記事を仕上げてしまわなければ。というわけで、ATPアウォードの結果発表ようやくお伝えします。ハプニング賞までのパート1は前の記事をごらんください。そして演技賞以降の後半部分をここでお伝えします。中間発表から逆転しているのもありますね。

このアウォードは本家のATPやWTAアウォードをヒントにして、手法はアカデミー賞やグラミー賞を真似て作ってるのだけど、やはりノミネートは5つというのがちょうどよいようですね。あまりノミネートが多いと票がばらけ過ぎてしまうし、少ないのもあまり面白みがない。5つというのは、多くの経験から導きだされた一番ちょうどよい数字、ということなのだろうね。

んではパート2をどうぞ。
演技賞

Taylor Dent



(67%)最強の顔を持つ男デントが、これまた他を寄せ付けない圧倒的な得票で見事受賞です!いやはや。あの顔は一度みたら忘れられんよなあ。普通にしてるとちょっと織田裕二に似てなくもなさそうな感じもしないでもないようでかっこいいのになあ。あとサーブした直後のポーズもちょっとおもしろい…しかし来年はぜひ、テニスそのもので話題になるべく頑張っていただきたいものである。

ニュース賞

TMCけが人続出、5人欠場


(13%)これも最後のマスターズカップの欠場ラッシュがダントツでした。まこういうものに賞っていうのもへんな話だが、それだけ大きな問題だということでしょう。ダブルス問題もあるけど、シングルスでこんなことがあってたら当然誰もダブルスには出なくなるんだし。
んでそのTMC棄権となってしまったナダル君だけども、まだ足の怪我はあまりよくないようで、スペインのなんとかマスターズは欠場しましたね。ことによっては開幕戦のチェンナイも出ないかもしれないって…ううう。しかし、全豪前に怪我をちゃんと治してもらいたいので、そのためならそれもありかもね。早くナダル君の足が元気になりますように。よぅし初詣に行ったらこれをお祈りしようっと(他にないのかよ)。

ファッション賞

Rafael Nadal


(45%)おぉぉ~接戦でした。追いすがるドミニクをなんとか交わしてナダル君が2つめの受賞です。ん~ちょっぴりドミニクに勝たせてやりたかった気もするな…。ましかし、ナダル君自身の活躍とともに話題沸騰(?)となった7分丈のパイレーツパンツはやはり受賞するにふさわしい。マッケンローが着るとステテコにしか見えないのになあ。ナダル君が着るとどうしてああもかっこよくなるんでしょ…うふふ。ちなみに最近はあの7分丈穿いてませんでしたが来年からまた着るようです。来年はどんなおもしろいウェアを誰が着てくれるんでしょうか。楽しみ~。

縁の下の力持ちで賞

Mirka Vavrinec


(16%)こちらもミルカさんとトニおじさんの一騎打ちでしたが、No.1の王者を支えたミルカさんが見事受賞となりました。ほんっと今年も彼女の姿がよくTVに写りましたね。んで、太ったとかやせたとかいろいろ言われてましたが。有名人が恋人っていうのも何かと大変だ。まあ心が通じ合っていればいいのは確かだだけど、やはりああやって世界中に顔が写るわけなので、もうちょっと容姿に気を使ってもいいのじゃないかとも思うけども。
そしてグラフのほうが強いかと思ったけど、トニおじさんが意外に(?)票がのびましたね。今年ほんとにトニさんもよくTVに写ったもんねえ…。親子や兄弟や親類がコーチを努めるのはいい面も悪い面もあるんでしょうが、このトニさんは実にいい方向に出てますね。まもちろんおじさんだけの力じゃないんでしょうが…ローランギャロスの決勝の後の二人の抱擁のシーンは泣けたよ…。

コメント
・ミルカ。一応フェデラーのマネージャーらしいですが、どちらかというと私には「ロジャー。をプロデュース」って感じが・・・(わかこさん)

うまい!山田く~ん座布団1枚もってきて~


デビスカップ賞

クロアチア優勝


(12%)これはほぼ順当な結果となりましたね。やっぱり優勝したクロアチア、フレッシュチャンピオンに続く2冠です。そして次点が、だいぶ離れてはいるけど、レイトンVSコリア。来年はどんなバトルが見られ…いやいやもう見なくていいっす。コリアが他の選手と仲がいいっていうの、あまり見たことないよなあ…アルゼンチン選手ともあんまり仲良くなさそうだしなあ…。

コメント
・アメリカ初戦ホームでまさかの敗退 ロディックが絡むとどうしても選んでしまう・・・久々にアガシが復活したのに、勝利を収められませんでした。結局アメリカに勝利したクロアチアが優勝したので、複雑な気分・・・(わかこさん)

アガシにアンディにブラ兄弟、最強のドリームチームと言われしかもホーム。誰が負けるなんて予想したでしょうか。それだけクロアチアがすごかったということでしょうね。そのクロアチアが優勝したというのは納得という気もします。


Player of the year(MVP)

<男子> Roger Federer
<女子> Kim Crijsters


<男子>

(35%)男女ともほぼ順当な結果ですが。男子はナダル君が意外にたくさん票集めましたね。ロジェ君が圧倒するかと思いましたが。やはり今年のナダル君はNo.1といってもおかしくないくらい十分なものだった。でも、さらに上がいた。このことはナダル君にとって幸運なことだと思う。頂点を極めてしまったら、その後目指すものを見つけるのがとても難しい。でも、彼にはまだ目指すものがある。それがすでにあるかないかの差は、とても大きい。

コメント
・今年,最も華々しい印象を残したのはNadalくんですが, player of the yearとなれば,年間4敗しかしなかったあの人になっちゃいますね. USオープンでのBlakeの復活劇,Agassiの勇姿ははずせない出来事ですし,Davis cupでのLjubicicの活躍も特筆すべき出来事です。(clioclioさん)

4人ともにMVPを上げたいくらいですね。でもやっぱり王者フェデラーは素晴らしかった!

<女子>

(80%)女子は、年間NO.1のリンゼイを抑えてキムがこちらは圧倒的な得票で受賞。おそらく来年のATPとWTAのアウォードでもMVPはこの2人で決まりでしょうなあ。キムとしたらWTA選手権でNo.1を決めてすっきりした形で今年を終えたかったと思いますが、そこはピアースががんばったということですね。女子は来年いよいよヒンギスも復帰してきて、女子はますます混戦模様。またベストマッチがたくさん生まれそうですね。

コメント
・Kim,Henen-Hardenneの復活やMauresmoの悲願の優勝もあって,群雄割拠状態になりましたね.観てる方に取っちゃおもしろいことこの上なしです.ここに来年復帰するHingisが割って入る...のは無理かな,やっぱり.(clioclioさん)

いやいやわかりませんよ~ヒンギスの素晴らしいテニスは今でも私たちの心を捉えて離れません。最初からいきなりは難しいだろうけど、パワー重視の今の女子テニス界にまた新たな風を起こしてくれるんじゃないかとひそかに期待しています。そしてぜひ来年のカムバック賞にノミネートしたいと思っています。


好きな選手

<男子>
Rafael Nadal 7票
Marat Safin 7票
Roger Federer 6票
Richard Gasquet 2票
Andy Roddick 1票
Lleyton Hewitt 1票
David Nalbandian 1票
Juan Carlos Ferrero 1票
Henri Luconte 1票


まこれはいわゆる人気投票ってやつですが。中間発表の時点では王者ロジェ君とサフィンがトップでしたが、その後ナダル君が票を集めてトップで終了。そしてタイでやはりサフィンも。サフィンの人気はすごいです。

コメント
・誰がなんと言おうと私はロディックを応援しています!私の勝手なロディックの来年の目標は、GSタイトルを取る事!長続きする彼女を作る事!!・・・頑張れ!!! (わかこさん)

あんなにかっこいいアンディにガールフレンドがいないというのが不思議です。でも、できたら業界の人じゃなくて一般人がいいなあなんて…。

<女子>
Kim Crijsters 9票
杉山愛 3票
Justine Henin-Hardenne 3票
Steffi Graf 2票
Amerie Mauresmo 2票
Elena Dementieva 1票
Lindsay Davenport 1票
Sania Mirza 1票
Maria Sharapova 1票
Anastasia Myskina 1票
Daniela Hantuchova 1票
Maria Kirilenko 1票
Hana Mandricova 1票


こちらはキムが2位以下を大きく引き離してダントツで票を集めました。特に中間発表以降ほとんど票をひとりじめしていた感がある。そして2位には我らが杉山さんも、そして元女王グラフの名前も挙がっています。やはりグラフを超える真の女王はまだ現れていないような気が私もするなあ。そのほか、ミルザやキリちゃんといった若い選手の名前もありますね。そして…LuconteとMandoricovaは同じ人による投票です。う~む、名前は聞いたことがあるが…Luconteはローランギャロスとか見に来てましたね。

そのほかコメント
・こちらのブログに出会って普段気にかけていなかった選手の新たな一面を発見したり、試合の結果に一喜一憂したりで今シーズン楽しく観戦できました。ありがとうございました!試合の後はさっちさんの歯切れよいかつひたむきなコメントを見ないとなんだかすっきりしないので、来年も身体とナダル君メンタルに気をつけつつぜひがんばってください。(raraさん)

…(汗)どーもすいません。歯切れよいっていうより歯に衣着せないというか…来年はもう少し歯に衣を着せてやわらかく(笑)いこうと思ってます。今年は一喜一憂、いや百喜百憂したような気分です(正直来年シーズンはじまるのがこわい)。「ナダル君メンタル」…負けるのを見る覚悟はできています…(あやしい)
・海外に住んでいるのでほとんどの試合をTVで見ていますが、それぞれの試合や選手について独自の見解で詳しく書かれているので、いつも楽しみに見ています。(marylinさん)
日本ではテニスはほとんど有料放送じゃないと見られないというのがとても悲しいです。テニス人口は多いのに…だからあんまり試合みれないのに勝手にいろいろ書いてしまっていますので、何かご意見がありましたらぜひお越しくださいませ。
・是非来年も実施していただきたいです。その時はステパネクを・・・。賞の名前は・・・そうだなぁ、『いろんな意味で強烈賞』でノミネートは、ステパネク、デント、バグダティス、ゴンザレスあたりで(笑)彼らに勝る『強烈』な選手の登場を来年も心待ちにしています。 (kyokaさん)
ステパネクを今から何の賞にノミネートしようかなあ…ふふふ…考えただけで笑いが…おっともちろんベストマッチや番狂わせでもいいんですが…来年はぜひデントと演技対決してもらいたいもんです(笑)。
ごえもんにオセロで勝てる日が来るまで頑張ります(一度も勝ててない) (kyokaさん)
ははは~(←余裕の笑み)いつでもかかっておいで~(byごえもん)
・来年も感動する試合が多くあるといいな…。さっちさんの熱い&ナイスなコメントか゛沢山読める事を期待しています! (匿名さん)
適度に熱く適度にクールにがんばりたいと思います!

そういうわけで、無事にアウォード終了することができました。協力していただいた皆さん本当にありがとうございました。後で考えて「こういう賞を作ればよかったかな」「こうすればよかったな」と後悔することもたくさんありましたが、まあ最初というのはいろいろと至らない点がどうしても出てきてしまうものですね…。「第1回」とあるけども、第2回があるのかどうかは極めて怪しいが(笑)、また2回目を開催できるように、そして次はもっといいものにできるべく来年も精一杯がんばりたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくおねがいします。受賞した選手も、受賞しなかった選手も、みんなよくがんばってくれました。おかげでとてもテニス観戦を楽しむことができました。来年はもっとたくさんの選手を登場させたいな。そのためにも選手のみなさんどんどんがんばっておくれ。そしておもしろい賞も作りたいなあ~。アイデアなどもありましたらぜひお待ちしています。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。