Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チェンナイ&ドーハ 1/4
2006年01月05日 (木) | 編集 |
3連覇するぞ!

Carlos Moya

@Yahoo!sports


Chennai Open

チェンナイは結構番狂わせは少なく順当にシード選手が勝ちあがってますね。昨日はベスト8入りをかけての2回戦が行われました。

2回戦

②Radek Stepanek(CZE) 3-6 6-0 6-4 Prakash Amritraj(IND)

いきなり今日のATPサイトにステパネクの写真がでかでかと載っていたなあ。地元インドの…何て読むのかな…アミリ…やめた、Amritrajにいきなり第1セット失ってしまいましたが続く2セットめは逆にベーグル。浮き沈みの激しいゲームだ…でも最後はなんとか自力の差でステパネク勝ちました。やはりランキングが低くても、地元選手というのは恐い存在です。このAmritrajはカリフォルニア育ちで、お父さんはインドではレジェンド的存在のプレーヤーだったそうです。

⑦Bjorn Phau(GER) 1-6 6-2 6-4 Michael Berrer(GER)

Phauはパウさんと読むのね。こちらはドイツ対決となりましたが、これも第1セットを失ったパウさんがシード選手の貫禄で逆転勝ち。パウさんは去年日本のAIGオープンでジネプリに勝ちましたね。パウさんの顔はどうみてもアジア人だけども、お父さんがインドネシア人で、お母さんがドイツの人らしい。だからアジアの大会にもよく出るのかな。インドには親近感もあるでしょう。ビヨンていうのは絶対ボルグにあやかってつけたに違いない。根拠ないけど。

③Carlos Moya(ESP) 3-6 6-3 6-4 Justin Gimelstob(USA)

タイトルホルダーのモヤちんは1回戦に続いてフルセットでの勝利。厳しい戦いが続きます。今日の相手は…あ、こいつか…そういや去年中国の大会でもナダル君を相当苦しめてたっけ。あとウィンブルドンでレイトン相手にいい試合してましたね。しかし最後はモヤちん勝ってくれた。よかったよかった。

第1セットを落とした後、続く第2セットで6と8ゲーム目で連続ブレイクしてフルセットにもちこんだモヤちん。そして最終セットでは煮詰まってきた第9ゲームで決定的なブレイクをあげ、そのまま次のゲームをキープして勝利。しかし結構危なかったね。「今日はギメルストフがうまく打っていてタフだったよ。でも最後はチャンスをものにできた」。

モヤちんもティム同様、輝かしい2004年と対照的に去年は散々なシーズンでした。特にクレーシーズンではプエルタ君にことごとくやられてたっけ…。そして肩の怪我もありました。2004年スペインNo.1としてチームをデ杯優勝に導いてからまだ1年ちょっとしか経っていない。その間にどんどん若い選手に追い越されてしまいました。元1位のモヤちんですが、今後は、トップ10入りを目標に置いているようです。

Qatar ExxonMobil Open

①Roger Federer(SUI) 7-6(2) 7-6(5) Fabrice Santoro(FRA)

ここドーハの2回戦、昨日全米2回戦の再現、と書いたけど、まさに内容も、スコアまでそのまんま!白熱した試合になりました。いやしかし、サントーロ、王者戦になると、めっちゃがんばるね(笑)。

でもそれでも、どんなに苦しめてもサントロはどーしてもロジェ君からセットがとれません。今日も、サービスゲームは1つも落とさなかったのに、相手も落とさなかった。サントロはブレイクのチャンスさえもらえませんでした。そのサントロ自身は6回のブレイクピンチを全部しのぎきってタイブレークにもちこみましたが…。やはりこのへんが王者としてのロジェ君のすごいとこなんだろう。もう少しでとらえられそう、手が届きそうなんだけど、結局最後は届かない。でも、簡単にいかないからこそ、戦いがいがある、ていうのもあるかもね。

勝ったロジェ君さすがに疲労困ぱい(笑)のようです。「他のどの選手とも違う。フォアでスライスを使う奴なんて他にいないよね。あれでだいぶペースが狂ったよ。(彼とやるときは)いつもおもしろい試合になるね」。ロジェ君自身も楽しんでいるようです。それが一番大切なことなのかもしれないね。

②Nikolay Davydenko(RUS) 6-3 6-4 Robin Vik(CZE)

今年このブログ初登場!ニコちゃん3号です。去年はほんっとにこのニコちゃんのこといっぱい書いたなあ。今年もよろしくね。
んでニコちゃん、なかなかいいスタートをきったようです。1回戦もストレート勝ち、そしてこの2回戦もほぼ危なげなく準々決勝進出をきめました。去年このドーハで準決勝まですすんでいるニコちゃん、ぜひともポイントを守りたいところだね。

Marcos Baghdatis(CYP) 6-1 3-6 7-5 ⑧Feliciano Lopez(ESP)

今日もドーハでは番狂わせ。去年スイスのバーゼルで大活躍したマルちゃんことバグダティスが、シード選手のF-Lo君を敗る金星です。フルセットで最後までもつれましたが、よくがんばりました。こうやって少しずつ上位選手に勝つようになっていくことで、じわじわ力をつけていくんだろうね。今年の全豪も大いに期待したいところです。

Tommy Haas(GER) 6-2 7-6(5) Tim Henman(GBR)

そして…あ~ティム負けちゃったか…相手がハースだもんなあ。しゃあない。元トップ5選手同士の対戦となったこの2回戦、髪を切ってすっきりしたハースが勝ちました。(髪は関係ないか…)ティムがネットにつくチャンスをハースがあまり与えなかったのが勝因のようです。やはりティムは、ネットプレーがポイントのようですね。ハース曰く「タフな試合だったけど、なんとか集中しようと心がけた。自分のゲームにとても満足しているよ。今の僕には何もかもが新しい。新しい年、新しいコーチ、新しい髪型、新しい目標…すべてのプレーヤーとって危険な存在になりたいね」。ティムはベストのテニスができなかったけど、それはハースがそうさせなかったからからだと、勝者を称えていました。

しかしハースのこの髪…慣れてないだけかもしんないけど、なんかおっさんぽくないか…いやいやいやすいません冗談です。ん~なんだかちょっとだけネプチューンの名倉っぽい…よく見ると全然違うんだけど、角度によっては…ハースファンに怒られそうだが…。でもなんかソフトないい感じになりましたね。

関連記事
Federer Breaks Santoro Spell to Reach Quarterfinals(ATP)
Stepanek Rallies to Upend Amritraj in Second Round(ATP)

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
>アイリーンさん

新しい服装や髪型っていうのはどうしても最初は違和感があるもんですよね~。アンディのラコステ同様(笑)。だからそのうちなじんでくるんだとは思うんですが。でもやっぱハースは長髪のほうがかっこいいと思いますやっぱり。そうそう、ちょっとラフターっぽかったんですよね。でも今は…。

モヤちんベスト4ですね!全部フルセットってのが危なっかしいけど、でも勝ち進んでるからいいですよね!ナダル君の分まで兄貴には頑張ってほしいですv-91
2006/01/07(土) 09:20:54 | URL | さっち #-[ 編集]
ハースの髪
あけましておめでとうございます。
今までairi-nnと名乗っていましたが、他のTennis blogにカキコする時と統一させていただくことにしました。
最初はただ単純にひらがなで入力したつもりが直接入力になっていただけなんですけどv-12
今年もいっぱいお邪魔させていただくと思います。

ハースの髪型、さっちさんも違和感があったようですね。
今までのラフターを思い出すイイオトコ風のポニーテールがお似合いだったのに、平凡になっちゃって残念です・・・

大好きなモヤさまには得意のチェンナイで復活して欲しいですねv-10
バモヤ~v-237

2006/01/06(金) 23:59:02 | URL | airi-nn(アイリーン) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。