Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年最初のヘビーローテーション
2006年01月09日 (月) | 編集 |
テニス記事はたくさん書いてるけど、よく考えたら音楽記事はこれが最初か…書くヒマがなかった…これも本当は昨日の日曜に書く予定だったのに。

というわけで今年最初のこのコーナーですが。今まで邦楽・洋楽と1つづつご紹介してきましたが、ちょっと変更。ていうか、邦楽であんましめぼしいものがないので2つとも洋楽を紹介することにした。いや今日昼間っから何かないかなあとぼーっとMTVをつけて見てたけど、どうも邦楽でピン!とくるものがない。ちょっといいかなあというのは2つ3つあったけども、洋楽のこの2曲のどっちかを差し置いてでも紹介したいとまで思うものはなかった。なのであえなくボツ。洋・邦かかわらずいいと思ったものを書くのが一番だもんね。もちろん日本のやつでいいなーと思うのが出てきたらそこで書くことにする。

というわけで今回は洋楽2連発。

Nasty Girl/The Notorious B.I.G feat.Diddy, Nelly, Jagged Edge&Avery Storm

去年末に発売された亡きビギーのアルバムからのシングル曲。もちろん天国からレコーディングするわけないので、ストックされていた未発表曲なんでしょう。いかにもパーティチューン、て感じで聴いてて楽しい気分になれますね。

The Notorious B.I.Gが何者かに射殺されたのは、忘れもしない1997年3月9日。犯人は未だにつかまってないけど、当時西と東で争ってたしその半年前に西代表の2パックがこれまた殺されてるし、だから西側が報復したんじゃないかとかいろんなことが言われてるが。ま、ビギーがもうどうやっても戻ってこないことだけは間違いのない事実である。デビューしてまだ3年しか経ってなかったんだね…なんかもっと長くやってたような気がするなあ。それだけ存在感があったというこでしょうね。そして今も。

んでこの曲のPVは、ビギーの一番のよき理解者であり友人のパフィーが中心になって製作されたのだけども、うわ~い我らがファレルも参加してるぅ~!(別にだから選んだわけじゃないけど)歌ってなくてもかっこいいわ…声なしだけど他にもアッシャー君やFat Joe,
ナオミ・キャンベルもいますね。

声ありでは、相変わらず女子をはべらせてるNellyやなんか久しぶりに見るJagged Edge、そしてAvery Storm。そしてこの曲が1stシングルになってるビギー名義のアルバム「Duets: Final Chapter」もいろんな人が参加してますねー。なんと2パックまでが共演。でも、こんな形じゃなくて、生きた2人の真の共演を見たかったね。

「Nasty Girl」PVを見る(要WMP)


Road To Zion/Damian Marley feat.NAS

これは白状しよう。NASがフューチャーされてるから選んだ(笑)。だってNASの声好きなだも~ん。このDamian Marley、そう、あのボブ・マーレーの子供。マーレー一族の最年少息子で27歳。…げっ、年下なのか…。2001年に出したソロ・アルバムが翌年のグラミー賞で「ベスト・レゲエ・アルバム」を受賞してますね。

んでそのダミアンが昨年9月に出した「Welcome To Jamrock」と同名の先行シングルが大ヒット。んでそれに続いて出された2ndシングルがこれです。アルバム発売直後からこの曲は高い評価を受けていたようなので、シングル化されたのも当然というとこなのかな。プロデュースはStephenとDamianのマーレー兄弟。サンプリングしてるのが、ジャズのElla Fitzgerald“Russian Lullaby”だそうな。(私はその曲よく知らないが)なんかこの哀愁ただようバックトラックいいなあ~。これ聴けば聴くほど味がしみてくるように好きになってくる。やっぱNASのフロウはよいよい。PVは留置場が舞台でNASがいるっていうのが妙にリアルだ…いやいやNASはそんな悪いことはしません。あと、留置場にはラップはしてないけどThe Gameの姿もありますね。こっちはもっとリアルだ…。

「Zion」ていうのはユダヤ民族をあらわす言葉でもあり天国という意味もあるね。そういやローリン・ヒルの息子の名前がZionじゃなかったっけ…(ローリンの歌にZionてついたのがあったね)。

「Road To Zion」PVを見る
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
うれしい
>わかこさん

音楽記事へのコメントありがとうございます!

NASの声っていいですよね~あのちょっぴりハスキーな感じがなんとも耳に心地よい…♪
ほんと、好みが似てますね☆

ファレルの新しいアルバムもうすぐ発売ですねー。もう待ちくたびれた…これが発売されたあかつきにはどどーんと特集やりますのでお楽しみに~。
2006/01/11(水) 23:00:51 | URL | さっち #-[ 編集]
読んでいるだけの立場なのに、毎日の更新の多さになかなかついていくことが出来ていません笑
私もNASの声好きですよ~♪
またもや好みが一致しましたね☆
2006/01/11(水) 20:01:04 | URL | わかこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。