Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近のアンディ
2006年01月12日 (木) | 編集 |
@Getty Images


昨日は取り乱してどうもすいませんでしたm(_ _)m。情けない。ああいうことを書いたあといっつも後悔するんだよね…まだまだ精進が足らんようである。

気分を変えて、今日はいつもと路線を変えてみる。ナダル君がオーストラリアからいなくなってしまった今、私の頼みの綱はアンディ、君である。君が活躍してくれりゃあ私は救われる。こうなりゃ全豪はアンディメインでいくぞー!久しぶりのアンディメインのグランドスラム…昔はアンディが一番好きだったのにね…人の気持ちなんて移り変わるものなのさ…(開き直り)。でも、今でももちろんアンディも大好きな選手のひとりです。

いっときますけど、アンディってマレイ君じゃありませんからねー!ロディックのことですよ、もちのろん。

今年アンディのこと書くのこれが初めてだな…だって前哨戦ちっとも出てないんだもん。今週メルボルンのエキシビに登場してますが、エキシビだけで大丈夫かなー。心配だなあ。アンディだって、去年のパリ以来試合してないわけだし。怪我はあんまり大したことなかったようですが。

去年のシーズンオフのアンディはチャリティーやってましたね。例のジェームス君のチャリティーでも美声(?)を披露してましたね。アンディって顔もだけど特に思うのは、声がとってもかっこいい。私はこう見えても結構声フェチなのだ。アンディの声って低くて、セクシーで、ん~目を閉じて聴いていると気持ちいい…。歌のほうは…うまいのか下手なのか正直よくわからない…。

んでその今週のエキシビジョンでは、ドーハ決勝進出のモンフィス君に6-2、6-2で勝ったという記事を見た。まあエキシビだし、モンフィス君は先週の疲れもあろうから、あんまり参考にはならないが、でもとりあえず負けるよりいいもんね(笑)。今年1勝目ー!。

あと自分のチャリティーもやりました。毎年やってるアンディのチャリティー、今年で5回目だそうですが、メインゲストにライオネル・リッチーを迎えて行われました。

オークションでは、アガシと1時間テニスができる券が3万ドルで、アンディと夕食をご一緒できる券が2万ドル、3月のアカデミー賞を生で見れる券が2万ドル、などいろいろなよだれものアイテムが競りおとされたようで、計150万ドルの収益があったそうな。あと、子供たちと一緒にテニスをやったり、クーリエやビーナスやグロージャンなどとエキシビジョンをやったりもしたみたいですね。

参加ゲストは、ライオネルおじちゃんのほかにはフィギュアスケートの金メダリストのSarah Hughesとか、2005年のミスアメリカ、など。アガシも参加予定でしたが、怪我のため欠席となったそうです。しかしアガシは来年とさ来年のこのチャリティーのエキシビジョンへの参加を約束しているそうで、また今年のチャリティーのために7万5千ドルの寄付をしたそうです。アンディとアガシのエキシビジョンっておもしろそうね。去年インディアンウェルズでの津波チャリティーや全米前のプレイベントなどもあったしね。来年はぜひ2人の共演をみたいものです。

そんなこんなでオフシーズンなにかと忙しかったアンディですが、年もあけていよいよ本業のテニス始動のときがやってきました。コートの外のアンディもいいけど、やっぱりテニスしてる姿が一番見たい。その今年の戦いへの意気込みを、去年アンディが語っている記事をとっておいたのでここでご紹介。
アンディの今年のスローガンは、”Constant aggression”。これはアンディファンのla merさんの記事に詳しく載ってるのでそちらをぜひ参照してほしいとこだけども、去年の12月のクリスエバートアカデミーのUSTA campでアンディ本人が言っていた。

「僕の一番の問題点は、受身になったときなんだ。常に積極的な気持ちをもっていれば、もっとよくなると思う」。

その言葉の背景にあるのは、去年の全米でのミュラー相手の1回戦敗退です。「受身になりすぎてしまった。(あの試合で負けた後)一番僕が悩んだのは、負けたことじゃなく、自分のテニスを見失ってしまったことだった」。

ビッグサーブが身上のアンディだけども、その反面リターンゲームがなかなかうまくいかなかった。去年のアンディのサービスキープ率は93%とATPでトップの成績だったけれども、逆にリターンゲームのブレイク率は22%だった。そのブレイク率で去年トップの成績だったのが、ナダル君の39%。サービスゲームのほうが有利なのは当然だけども、どんなにサーブがキープできてもどこかで相手のサービスをブレイクしないと、セットをとることはできない。

1stも2ndも、ブロックするだけのリターンから相手の有利にベースラインからのラリーを展開され、持ち味であるフォアの強さを生かせないでいることが多かった。だから、2006年のアンディは、「スーパーアグレッシブに」リターンゲームを戦う、という強い意気込みで臨んでいく構えなのだ。シーズンオフに、コーチのゴールドファインと2006年の方針について相談した際、このリターンゲームでのアグレッシブさというのが一番多く話し合ったことだそうです。

アンディのサービスゲームが強いということそのものだけでも、対戦相手は自分のサービスゲームにプレッシャーがかかる。そこに、アンディが強いリターンを返すようになれば、相手としては特に1stサーブからプレッシャーがかかる。

だからといって、来たサーブを何でもかんでもがんがん打つ、というわけではもちろんない。ビッグサーブ、いいサービスを打つ選手はたくさんいる。アンディとしては、ボールをしっかり見極めて、ちょっとでもチャンスになると思うボールが来たら逃さず叩く、というふうにしたいところでしょう…ちょうど、鷲や鷹が、上空から獲物を狙ってチャンスを逃さずピンポイントですばやくしとめる、て感じで(たとえがへんだな)。アガシみたいなリターンが理想だけども…そこまでアンディに求めるのはさすがにちょっと求めすぎかな…。

しかしこりゃあちょっと楽しみね。今年のアンディは、サービスももちろんだけど、リターンに要注目ですねー。王者ロジェ君よ、アンディのスーパーリターンを首を洗って待っておるがよい!がははは~

「すべて気持ちの問題だ。なんとかつなごうと思っていたら、そういうプレーしかできない。それを超えたいんだ」。

関連記事
Roddick plans more risk, seeks more rewards ahead(KRT Wire)
Roddick's Charity Weekend Raises $1.5 Million(ATP)
今年はもっと積極的なアンディが見られる?(la mer|アンディ・ロディック)




今日の1曲
Say You Say Me/Lionel Richie
アンディのチャリティーにこの人が出てきたので今日はこのおじちゃんをご紹介。グラミー賞5回も受賞してるR&B界の重鎮だけど、活躍したのは主に80年代で、最近はあんまりよくわかんないなあ。
ライオネル・リッチーっていえば、ダイアナ・ロスとの「Endless Love」なんかも有名(マライア・キャリーがのちにルーサーとデュエットしてカバーした)だけど、これも代表曲。私にとっちゃ、これよこれ!このセイユ~、セイミー~♪このフレーズ。…私が中学生くらいだったかなあ…とにかくまだ子供の頃にこの曲がすごく流行ってて、まだ洋楽をよく知らなかった当時の私だけども、「へぇこれいい曲だなあ」と思ってかなりよく聴いていた。だからアンディのチャリティーの記事を見たとき、あーセイユーセイミーおじちゃんだぁ♪とすんごく懐かしい気分に浸ってしまった…。ここに書くために久しぶりに聴いたけど、ん~やはりよい曲だ…。

んでこれがフルで聴けるサイトを探したけどなかなかなくてさー。80年代の歌だから当然PVとかみれないし、あーあ、て諦めかけてたところで、やっと見つけた!映像はなくて音だけだけどちゃんとフルで聴ける。しかしさすがに音がめちゃめちゃ悪い(笑)。イントロのところとか音がしわしわになってる(^^;)。でもフルで聴けるだけでもありがたい。というわけでぜひどうぞ。途中で曲調が変わるとこがなかなかおもしろいね。(曲を聴く・歌詞の上の再生ボタンを押すと聴けます・ただしReal Player必要)



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
今年もよろしく
>la mer さん

ご無沙汰してます。今年もよろしくおねがいしま~す!

アンディの声ファンが多いのは嬉しい♪たしかに目玉のおやじじゃちょっとねぇ(笑)でもそれもちょっとおもしろそう…(^^)

日本ではシャラポワ&フェデラーびいきだからどれだけアンディを放送してくれるかわかりませんが、TVに念力を送ってアンディを応援していきたいと思います。
2006/01/14(土) 17:16:08 | URL | さっち #-[ 編集]
声いいですよね。
さっちさん、こんにちは。
とってもとっても遅いのは分かっておりますが明けましておめでとうございます!

トラバありがとうございました。

アンディの声いいですよね。私も声フェチなのであの低い声は魅力的です(笑)

>ライオネル・リッチー
情報ありがとうございます。おお~懐かしいな~。

2006/01/14(土) 16:18:39 | URL | la mer #-[ 編集]
アンディがんばれ
>アイリーンさん

ローマでのベルダスコ相手の試合の自分のマッチポイントで判定を自ら覆したのは記憶に新しいですね。あれで結局逆転負けしちゃったけど、とても潔くかっこよかったと思います。選手仲間からは時に悪く言われることのあるアンディだけど、私はとっても好きです。

去年誰もがベストマッチと断言したあの準決勝、その主役のサフィンが今年の全豪にいないというのは寂しい限りですね…でもこんだけ悪いことが続いたあとはきっといいことが待っているに違いありません。楽しみに待ちましょう。

>わかこさん

アンディは、ちょこちょこ怪我はするけど大きな怪我で長期間離脱、ていうのはあんまりないですよねー。それはとてもすばらしいことだと思います。フィジカルは問題なし、ということで、あとは精神面なんですかね…。

ファンであれば結果を期待するのは当然のことです。私はアンディには全豪は当然優勝して欲しいと思ってます。去年のアンディは、もちろん悪い結果ではなかったけど、やっぱり2003年の栄光を知っているだけにそれ以上を求めてしまいますね…。でも誰でも人生山あり谷ありだし、アンディの本当の山はこれからだと思います。今年はアンディやってくれそうな気がします!(かなり希望的観測)
2006/01/12(木) 23:34:06 | URL | さっち #-[ 編集]
ナダルは本当に残念でしたね。
アガシ、ナダル、サフィン・・・と人気選手が続々と欠場し、やっと復帰してきたクライシュテルスも出場が微妙みたいで怪我の具合が心配です。
その点ロディックは大きな怪我をする事もなくGSはずっと出場しているので、例え結果を出せなくてもそれだけで嬉しい・・・かな?笑

ここ最近は以前の様なアグレッシブさが見えず、かといって安定している訳でもなく・・・見ていて不完全燃焼という所がありました。
同じ負けるならガンガン攻めて、その結果負ける方がよっぽどいい!(負ける事が前提みたいな言い方だけど)
今はまだ試行錯誤している時なんですよね。
いきなり直ぐに結果を出せ!というのも酷なので、全豪はとにかく暴れ回って欲しい!
もちろん、プラスいい結果が付いてきたら言う事ないんですけどね☆
というか、なんだかんだ言って結果を期待しているんですけどね・・・

ちなみに・・・私も自他共に認める?声フェチですが、ロディックのちょっと見た目とギャップがある低い声、好きです!
2006/01/12(木) 20:09:23 | URL | わかこ #-[ 編集]
アンディの声
こんにちは!
アンディの声がステキってわかります。
ちょうど良い低さでセクシーですよねv-345
ラコステのウェアも似合ってると思うし、ジャッジにフェアな所が(たまにそれが原因で負けるけど)好印象です。

さっちさんがナダル君の欠場でガックリきたのと同じように、私もサフィン欠場で力が抜けてしまいました・・・
でもテニス自体が大好きなので、全豪はバッチリ見るつもりです。
2006/01/12(木) 16:51:08 | URL | アイリーン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
絶対ファンになってませんな・・・ご存知かもしれませんが、目玉おやじとは古いアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくるキャラで、確か主人公鬼太郎のお父さんです。「オイ!キタロウ!」とやたら甲高い声で話します。何をいきなりこんな話を・・・と思われるのでご説明しますと
2006/01/14(土) 16:34:26 | la mer | アンディ・ロディック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。