Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オークランド、シドニー準決勝
2006年01月13日 (金) | 編集 |
写真がちょっとでかいな

Jarkko Nieminen

@Getty Images


コメントにもありますが、全豪のドローが発表されましたねー。なかなか見所たくさんのようである…。ましかし私は前日にしか展望を書かないので、日曜日にそこらへんはどどーんと素人展望をご紹介予定。女子のほうもありますしね。

Heineken Open

準決勝

Mario Ancic(CRO) 6-3 6-1 Stanilas Wawrinka(SUI)

なんかさぼっている間にいつのまにか準決勝になっている。マリオ君が決勝進出、という見出しをいろんなサイトで見て、やったー!て思ってたら…相手が…スタン君じゃないの!!えーっこんなとこまで勝ち上がってたのか(ごめん)。あぁ~…素直に喜べなくなっちまったよぅ。うぅ~知らなかったよぅ~。この3日ほどいろいろあったので…もっとちゃんと応援しちゃればよかったぞ…すまぬ。でも1月からベスト4だなんて、スタン君今年は幸先いいですね~。

やはりランキング21位のマリオ君が実績通りの力の差をみせつけて快勝したようですね。スタン君はエラーが多くなってしまったようです。マリオ君は強いサーブを武器に、効果的なネットへの詰めもスタン君に十分プレッシャーをかけることができました。スタン君は第7ゲームにブレイクバックしたようですがその次の自分のサーブをキープできませんでした。第2セットに入っても流れは変わらずマリオ君は2ゲームブレイクして4-1と流れを完全に自分のものにして、最後のゲームもブレイクで締めました。

「スコアは楽そうに見えるけど、とてもきつかった」とマリオ君。先の準々決勝では去年優勝のゴンちゃんを破っています。「作戦どおりのプレーができてとてもうれしい。積極的にいけたのがとても満足してるよ」。いい内容だったですね。

⑦Jarkko Nieminen(FIN) 6-4 6-7(4) 7-6(4) ⑥Olivier Rochus(BEL)

一方こちらは大熱戦でした。去年準優勝のオリビエ君がんばりましたが、最後タイブレークで3ポイント差で惜しくも敗退…じゃこ君こういう接戦結構ものにすることが多いね。3時間近く、マッチポイント10回目でやっと勝利を決めました。

お互い譲らない激しいラリーがつづいて、2人とも1ポイントごとにコートの隅から隅まで走りまわってがんばりました。

じゃこ君は、ファイナルセット先手をとって、第10ゲーム、そして第12ゲームでもマッチポイントがあったそうです。しかしオリビエ君が意地の反撃をみせてタイブレークにもちこみました。そのタイブレークはオリビエ君が先にリードしたようですが、今度は逆にじゃこ君が意地をみせて反撃し、最後は逆転して試合を決めました。

「2人とも全部のポイントでよく戦った。第10ゲームと第12ゲームのマッチポイントを決められなかった以外は、とても楽しくプレーできたよ」。充実したじゃこ君の勝利の言葉です。「僕のマッチポイントで、オリビエが信じられないプレーをした」。追い込まれたときは、失うものがないから開き直れる。リーチをかけたほうは失うものがあるから恐くなる。でもじゃこ君最後よく決めました。

ということで。マリオ君はジャパンオープンのことがあるから、あのときの教訓を明日の決勝でぜひ生かしてもらいたいです。2人ともがんばれ!

Medibank International

女子は一足早くエナンが優勝を決めましたねー。ローランギャロス優勝以降調子を落として心配されていましたが、ここに来ていい形で全豪を迎えることができそうです。最近ちょっとキムに押されてたもんね。エナンだって負けてられんもんね。やっぱオフシーズンのアフリカ旅行が効いたかな?こりゃ全豪は女子はますます混戦で楽しみになりそうだなあ。

準決勝

⑧James Blake(USA) 6-4 6-2 ②Nikolay Davydenko(RUS)

おーブロガージェームス決勝進出!こりゃATPのブログ書いた人は活躍するっていうジンクスができそうだ。「オレも書きた~い」ていう人が続出するかも(笑)。

第2シードのニコちゃんは最初リードしてたのに自分のサービスをキープできませんでした。4-2から結局ジェームス君が4ゲーム連取で逆転。第2セットも、ジェームス君はいきなりサービスをブレイクされちゃったのに、リターンがよかったらしくあっさり逆転できました。エースの数もジェームス君7、ニコちゃん1、内容でもジェームス君が圧倒してたみたいです。

Igor Andreev(RUS) 6-2 2-6 6-2 Andreas Seppi(ITA)

アンドリエフ君も勝ちました。ハードコートでも調子いいね。今日はレイトンを破ったノリノリセッピで、途中雨の中断もあったりでなかなかリズムが作れなかったみたいですが、よく我慢しました。

セッピはQFでレイトンに大逆転勝ちしたけども、今日は再現なりませんでした。第2セットとられたアンドリエフ君が、ファイナルセットに入って一気にギアをあげて立て続けにサービスブレイクに成功してセッピを突き放しました。

アンドリエフ君はロシア人で初めてのシドニーファイナリストだそうです。…カフェルニコフもサフィンもやってなかったのね。「僕にとって新しい経験だ。今シーズンはいい準備ができたし、ゲーム内容をもっと改善していきたい。今週今までやってきたことをまたやって100%力を出したい」。

アンドリエフVSブレイクといえば、去年の全米2回戦で当たったばっかりだね。あのときはノリノリジェームス君が圧勝だったけど、アンドリエフ君もその後モスクワで優勝してまた自信もつけてるし、こないだみたいなワンサイドな展開にはいかないだろうなあ。ジェームス君はノリノリになるといいけどやっぱし立ち上がりちょっと悪いときがあるもんなあ。アンドリエフ君としてはそこをついて先手をとりたいとこでしょう。勢いにのるとジェームス君は止められそうにないからね。

といってもまあ私は…ん~どっちでもいいな…(笑)まあジェームス君好きだけど、アンドリエフ君のほうが前から好きだったので…までもどちらが優勝してもうれしいです。ブログやってる分ジェームス君が優勝すると面白そうな感じもするけど(^^)。

関連記事
Ancic Reaches Grand Finale(Heineken Open)
Nieminen to meet Ancic in Auckland Open final(Reuter)
Blake into Final as Andreev Battles the Rain(ATP)




今日の1曲
Step In The Name Of Love/R. Kelly
ジェームス君はR&BやHip Hopを主に聴くようである。私と音楽の好みが一緒で嬉しいな♪今日は彼がよく聴くというR.Kellyの中からこの曲をご紹介しよう。R.Kellyは前にご紹介したことありますねー。これは、いつものエロエロ路線のR.Kellyには珍しく曲もPVもさわやかです。ミドルテンポの曲にのせてKellyが相変わらずの美声をたっぷり聴かせてくれます。老若男女、船の上で楽しくダンスしてるのがとってもほのぼのしててよい。んでみんなそろって白い服着てるのもとってもきれいね。グランドスラム前のパーティーとかでさー、選手みんなでこーいうダンスとか踊ったら楽しかろうにね。(PVを見る(要WMP)


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。